保育士が3ヶ月で辞める原因と短期間で退職する問題点【対処法を解説】

保育士が3ヶ月で辞める原因と短期間で退職する問題点【対処法を解説】

保育士が3か月で辞める。

これだけ短期間で辞めるのには、理由と原因があります。

この記事では3か月で辞める原因や問題点、対処法を書いていきます。



目次
  1. 保育士が3か月で辞める原因とは?短期間で退職したい理由
  2. 保育士が3か月で辞めるデメリット【1ヶ月や半年ですぐ退職する問題点】
  3. 保育士が3か月で辞める時の対処法5選【上手な辞め方とは】
  4. 保育士が3か月で辞めるのまとめ【転職先を決めておこう】

保育士が3か月で辞める原因とは?短期間で退職したい理由

保育士が3か月で辞める原因とは?短期間で退職したい理由

保育士が3か月で辞めるには、それなりの理由があります。

もちろん、それが良いとは限りませんが…

この記事では保育士が3か月で辞める理由について、書いていきましょう。

1.保育が自分には合わない方針であった

2.労働契約と違い納得できない

3.人間関係がしんどくて辛い

4.病気になり保育士の仕事を続けられない

5.他に行きたい保育園が見つかった

1.保育が自分には合わない方針であった【辛い毎日】

保育が自分には合わない方針であった。

例えば、すごくゆったりと保育がしたいのに、厳しい保育園であった。

先生たちが厳しく子供に接することになる。

そんな風に保育のやり方が合わないと、しんどいと感じてしまいますね。

2.労働契約と違い納得できない【給料や待遇がちがう】

就職をするときの契約書と、違う。

これって実際に就職をしてみてあることなんですよね。

例えば、給料が違う、休みが違う、労働時間が違う。

様々な理由から「契約書と違う」という理由から、納得ができないなんてこともあります。

3.人間関係がしんどくて辛い【新卒の多い理由】

人間関係がしんどくて辛い。

そんな風に感じることがありますね。

気を使わなければならない、すごく言葉を選ばなければならない。

そんな風に感じるとしんどくなります。

特に新卒に辞めたいと思ってしまう人が多いようですね。

4.病気になり保育士の仕事を続けられない

病気になり保育士を続けられない。

身体的なもの、精神的なものなど様々なものがあります。

病気になってしまい保育士としての仕事が続けられないと感じると、辞めてしまう人も多いです。

5.他に行きたい保育園が見つかった【年度途中にもある】

他に行きたい保育園が見つかったというケースもあります。

就職をしたは良いけれども…

やっぱり転職をしたいと思うことが思うことがあり、3か月で退職をしてしまうことがあります。

保育士が3か月で辞めるデメリット【1ヶ月や半年ですぐ退職する問題点】

保育士が3か月で辞めるデメリット【1ヶ月や半年ですぐ退職する問題点】

そんな保育士が3か月で辞めると、どんなデメリットがあるのでしょうか?

実は、短期間での退職というのは色々なデメリットがあるのです。

そんな問題点について書いていきます。

すぐに辞める人だと思われてしまう【一週間や3日の人もいる】

すぐに辞める人だと思われます。

短期間での退職を繰り返すと、どうしても「短期間で辞める人」と思われがちですね。

3か月でも長い方なんて言う声もあり、中には1週間や3日などの短期間の人もいます。

ただし、いずれも「すぐに辞める人」と思われてしまうでしょう。

転職活動をしても採用が決まりにくくなる【再就職はキツイ】

転職活動をしても採用が決まりにくくなります。

やはり、短期間で退職をしているというのは印象がよくありません。

すぐに辞めるのでは?と思われ、なかなか就職が決まらないなんてこともあります。

保育士としてのスキルが身につかない【甘えは通用しない】

保育士としてのスキルは全く身に付きません。

なぜならば、3か月程度ならばこれから仕事を覚える段階です。

そのレベルでの話しなので、スキルは全く身に付きませんね。

履歴書に短期間での退職が残る【無理と感じられる現実】

履歴書に3か月で退職をしたという履歴が残ってしまいます。

短期間で退職をすると、履歴書に書かなければなりませんので、どうしても雇いにくさがありますね。

履歴書に一生残ってしまいますので、短期間での退職は気をつけましょう。

1年は続けて仕事をすることがおすすめ【3月末が理想】

1年は続けて仕事をする。

できるだけ、それを目指して仕事をするようにして下さい。

保育士という仕事だけではなく、他の仕事に就く際も同じようなことが言えます。

保育士が3か月で辞める時の対処法5選【上手な辞め方とは】

保育士が3か月で辞める時の対処法5選【上手な辞め方とは】

保育士が3か月で辞める時の対処法や方法について書いていきます。

上手な辞め方とは、どんな方法があるのでしょうか?

その点について、書いていきましょう。

1.病気の場合は診断書を提出して退職する

2.園長や主任に相談という形で持っていく

3.退職代行サービスを利用する

4.次にやりたいことを決めてしまう

5.転職エージェントを使って次の転職先決めて退職を申し出る

1.病気の場合は診断書を提出して退職する【円満退職につながる】

病気の場合は診断書を提出しましょう。

円満退職につながりますし、病気だと診断をしてもらえば、引き留めにはあいません。

病気の場合は診断書を用意しておきましょう。

2.園長や主任に相談という形で持っていく【理由を明確に伝える】

辞めたいとなったら、園長や主任に相談をしましょう。

理由を明確につたえ、退職をした旨を伝えるようにしましょう。

最初から辞めたいと伝えると引き留めの可能性もありますので、あくまでも「相談」という形で持っていってください。

3.退職代行サービスを利用する【辞められない時の裏ワザ】

辞めたいけれども、自分では言いにくい。

ならば、退職代行サービスを利用しましょう。

あなたの代わりにスムーズに退職手続きを進めてくれます。

お金はかかっても、辞めたいならば、上手に活用をしたいものですね。

→ 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

4.次にやりたいことを決めてしまう【バックレ・突然はダメ】

次にやりたいことを決めてしまいましょう。

バックレや突然の退職をすることは避けたいもの。

そのため、次にやるべきことを決めておき、辞めると伝えてくださいね。

5.転職エージェントを使って次の転職先決めて退職を申し出る

短期間で退職をしても、エージェントならば探してくれます。

もちろん、範囲は狭くなりますが、あなたの希望にそった求人を見つけてくれるはず。

あなたは無料で使えますので、エージェントに登録をして仕事をがんばってくださいね。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

保育士が3か月で辞めるのまとめ【転職先を決めておこう】

保育士が3か月で辞めるのまとめ【転職先を決めておこう】

保育士が3か月で辞めるときについて書きました。

どうしても辞めなければならない理由がある場合には仕方ありませんが、できるだけ年度末の退職を目指しましょう。

すぐに辞めると、辞め癖もついてしまいますので、就職先の選び方には十分気を付けるようにしてくださいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る