保育サービス企業ランキング 市場規模はどれくらいあるの?

保育に関するサービスを提供している会社はいろいろとあるのですが、その中でも大手の保育企業について紹介をしていきましょう。

ここ最近は保育園が注目を浴びています。

その大きな問題は待機児童問題となっていますね。

働きたくても子どもを預かってくれる保育園がない、見つからないという状態になっています。

そのため政府も社会福祉法人や宗教法人など決められてた形式の法人でしか保育園を作ることができなかったのですが、株式会社やNPO法人などの参入を認めたため、最近は保育企業も多くでてきています。

では、本題の保育企業ランキングについて書いていきましょう。

 
スポンサードリンク
 
   

市場規模はどれくらいあるの?

保育サービス企業は他の業種と比較をした場合には売り上げ規模が小さいのですが、日経流通新聞によると成長率がきわめて高く2012年の調査ではナンバー1になるほどの売り上げ規模となっています。

業界内で売上高1位はJPホールディングスで保育業界で始めて売上げ高100億円と突破した会社となっています。

次いでこどもの森が約73億円、ジャスダックに上場したサクセスホールディングスが約60億円、ピジョンも同様に約60億円となっていますね。

業界の主要企業は軒並み2桁成長をしており、上位の10社の昨年対比成長率の平均は約124%といわれています。

保育サービス企業ランキング一覧

純粋に保育事業をしているだけの会社のランキングと教育関係も含んでいるランキングの2つを紹介していきましょう。

・保育ビジネスランキング

1位 JPホールディングス

2位 こどもの森

3位 サクセスホールディングス

4位 ピジョン

5位 ポピンズ

6位 アートチャイルドケア

7位 小学館集英社プロダクション

8位 アイグラン

9位 テノ.コーポレーション

10位 コビーアンドアソシエイツ

11位 ライフサポート

12位 トットメイト

13位 明日香

14位 アルファ・コーポレーション

15位 アソシエ・インターナショナル

16位 ヤクルト山陽プティット事業

17位 アンティー

18位 アピカル

19位 クラッシー

20位 ママMATE

・保育、教育関係を含んだランキング

1位 ベネッセホールディングス・・4441億円

2位 ニチイ学館・・・・・・・・・2735億円

3位 学研ホールディングス・・・・990億円

4位 ベネッセスタイルケア・・・・936億円

5位 ソラスト・・・・・・・・・・630億円

6位 JPホールディングス・・・・・205億円

7位 リソー教育・・・・・・・・・196億円

8位 サクセスホールディングス・・117億円

9位 グローバルグループ・・・・・101億円

10位 こどもの森・・・・・・・・・100億円

11位 ピジョンハーツ・・・・・・・・64億円

(ピジョンの子育て支援事業)

12位 幼児活動研究会・・・・・・・・63億円

13位 アートチャイルドケア・・・・・61億円

14位 伸芽会・・・・・・・・・・・・31億円

15位 学研ココファン・ナーサリー・・26億円

このようになっていますね。

このランキングは2016年のものとなっていますが、教育関係も含まれているランキングとなっています。

次に保育事業サービスのトップ3の会社の特徴をまとめていきましょう。

JPホールディングス

株式会社JPホールディングス(ジェイピーホールディングス)は、愛知県名古屋市東区に本社を置く日本の会社です。

英称が同じ『JP HOLDINGS』で日本郵政グループの持株会社である日本郵政と間違えられやすいのですがこれは無関係です。

日本郵政とは無関係の会社となっていますが日本郵政グループと提携し、集配施設の集約化で各集配郵便局だった大規模郵便局の空きスペースに、保育所を運営する事業で協力することになったことで、2015年4月よりさいたま市のさいたま中央郵便局敷地内に認可保育園を開園しました。

そこから保育ビジネスに本格的に参入をし、今ではアスク(保育園)の名称で、首都圏を中心に保育所159施設(2015年(平成27年)4月1日現在)を運営している企業です。

 
スポンサードリンク
 
   

(うち認可保育園128施設、東京都認証保育園26施設、認可外保育園5施設)

最近では大阪などの関西地方へも参入をしてきており、拡大はどんどん広がってきています。

保育所のほか、学童クラブ55施設、児童館10施設を運営。

365日開園・年中無休を基本とし、延長保育・休日保育・一時保育・程度の問題であるが病気の場合の対応など保護者が保護者の都合で求めるサービスを提供しており保護者のための保育園として人気をあつめていますね。

保育の特徴

保育の特徴は、英語、クッキング、体操、リトミックの4つの教育プログラムと実践しており、それ以外にも、子どもたちに増えている食物アレルギー、小児喘息、突然死などの現代病を考え子どもたちにより良い食事を提供していき愛という思いから契約農家米として産地直送の給食を提供するなど、食育にこだわっている保育を行っています。

保育施設の運営だけではなく、法人を対象とした事業所内保育園および院内保育園の開設支援、保育事業者向けの保育園開設支援、社会福祉法人の設立支援などを行っており、総合的な保育事業サービスとして君臨をしている会社です。

こどもの森

こどもの森は1992年に創業し、これまでに20年以上も運営をしてきている老舗の保育企業となっています。

比較的安定をして事業を拡大してきており、東京と埼玉では初となる企業立の認可保育園を開設するなど、まさにパイオニア的な存在の保育企業となっています。

保育の特徴

こどもの森が特徴的となっているのは、認可保育園や認証保育園などの「施設型保育施」に特化をしていることで、事業所内、

院内保育園、などの法人取引は一切行っていません。

あくまでも個人の保護者を対象とした保育所事業にこだわり展開をしています。

保育の特徴は

・「見守る保育」→子どもの違いを認め、それに寄り添い見守ります。

・「環境による保育」→子どもが自発的に活動でき、安心感と落ち着きのある環境を用意します。

・「経験の保育」→自然や社会を通した様々な経験により、より良い発達を促します。

この3つの考えをベースとしており、地域に密着をした視野の広い保育を実践しています。

また、海外の保育園視察を含める年間80回以上もの研修を行うなど保育士の育成に力を注ぎ、保育士の質だけではなく職員の質の向上にも力を入れている会社となっています。

サクセスホールディングス

サクセスホールディングスは1989年に創立をしたサクセスアカデミーの持株会社として2010年に設立、2012年8月にジャスダックへ上場をしています。

施設数は受託保育事業(病院、大学、企業の事業所内保育園)における施設が約150箇所と公的保育事業(認可保育園、東京都認証保育園、学童クラブ、児童館などの施設)が54個所と他の企業と比べても受託保育事業の施設が多いことが事業特徴です。

「事業所内保育施設や院内保育園に強いサクセス」という印象が強く、法人からの信頼はとても厚い会社となっています。

保育の特徴

受託保育事業の特徴としては、なんといっても24時間365日体制です。

この点については病院からの需要が大きく、管理体制やシステムが他社と大きく差別化できているポイントといえます。

また、公的な保育事業においては地域一体となった快適な子育て環境づくりを目指しており、保護者や地域とのつながりを大切にした子育て支援サービスを実施しています。

両事業ともにあたたかな環境の中で、一人ひとりの心に寄り添い、人や物、自然との豊かな体験を通し「自ら考え行動できる子ども」「思いやりのある子ども」をはぐくんでいます。

以上は保育企業ランキングとなります。他にもいろいろな会社がありますがそれぞれに特徴も違いますので、転職を希望する場合には参考にしてみてくださいね。

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

ページ上部へ戻る