保育士にとって大切なことを面接で質問されたときの回答例9選と対策

保育士にとって大切なことを面接で質問されたときの回答例9選と対策

保育士にとって大切なことを面接で聞かれたらなんと答えますか?

とても難しい質問で答えもないだけに、どうすべきか迷ってしまいます。

しかし、保育士の面接で聞かれることも多い質問です。

この記事では保育士の面接で聞かれる「保育士にとって大切なこと」について書いていきます。



目次

保育士にとって大切なことを面接で聞かれたときの回答例9選【質問の対策】

保育士にとって大切なことを面接で聞かれたときの回答例9選【質問の対策】面接でいろいろなことを聞かれると、どのように答えるか難しいもの。

特に答えのない「大切なこと」「あなたの考え」というのは難しいですね。

ここからは「保育士にとって大切なこと」について回答例を書いていきます。

1.子どもの健やかな成長のために保育を積み重ねる

保育士の仕事は子供を育てること。

そのため「子供の健やかな成長のため」という答えは良いですね。

日々子供たちのために保育を積み重ねて育てていく意識を持つことができます。

2.円滑にコミュニケーションを図る【子供・上司・保護者】

円滑にコミュニケーションを図ることができることも大切です。

保育園では、子供、同僚、上司、保護者などたくさんの人とコミュニケーションを取ることになります。

そのため、誰とでも円滑にコミュニケーションを図れることは大事です。

3.チームワークを大事にして保育に取り組む

保育は個人ではできません、

チームワークを大事にして取り組まなければ、うまくいきません。

チームとしてやっていくことが大切であると、言えますね。

4.保護者と意思疎通を図り一緒に子供を育てる

保育園の仕事はただ、子供を育てるだけではありません。

保護者と一緒に子供を育てていく意識が大事です。

そのため、保護者との連携や一緒に育てる気持ちを持つといいうことは大事ですね。

5.長期目線で子供の成長を考えて適切な保育をする

長期目線で子供の成長を考えることも大事です。

日々子供のために保育に取り組みますが、3月にどうなってほしいかを考えることは大事です。

そのため、長期目線で保育をすることは、保育士にとって大切なことです。

6.子ども一人一人の個性を把握し適切な関わりをする

子ども一人一人の個性を把握して、適切な関わりをすることも大事ですね。

保育園でクラスに入ると、違う性格の子供がたくさんいます。

そのため、個別への配慮も必要です。

適切に子供の様子をみて関わることが大事だといえます。

7.常に向上心をもって研鑽し知識や技術の向上に努める

常に向上心をもって、研鑽していくことも大事です。

保育園での保育も日々変化をしており、新しいことも入ってきます。

そのため、保育士として知識や技術の向上も必須なのです。

8.子どもの発達を理解し適切に対応できるスキル

保育士にとって、子供の発達を理解することは重要です。

子どもによって個人差がありますし、できることも違います。

子どもの発達や年齢に応じた、対応が求められます。

9.メンタルを安定させて日々落ち着いて保育に取り組むこと

メンタルを安定させておくこと。

そして、感情的にならず、気持ちを落ち着けて日々取り組むことですね。

メンタルの安定も保育士にとっては、とても重要なことと言えます。

保育士にとって大切なことを面接で聞く理由【必要な考え】

保育士にとって大切なことを面接で聞く理由【必要な考え】なぜ、保育士にとって大切なことを面接で聞くのか?

これには理由があります。

保育園としても、可能な限りマッチをする人を採用したいと思っているためですね。

保育の考えが保育園とマッチするか?

保育の考えが保育園とマッチするかを見ています。

自由な保育をしたいと思っている人が、規律の厳しい保育園に来ても考えに相違がでていしまいます。

考えにずれがあっては、保育の考えがマッチしないため避けるべきですね。

自分の中で保育士像を持っているか?

自分の中で理想の保育士像を持っているかも大事です。

実際に保育をする姿を見ることは、ほとんどありません。

そのため、どんな保育士像を持っているのかを確認するために、聞くことがあります。

どのような考えで保育士を目指しているのか?

どのような考えで保育士を目指しているのかを確認するためです。

保育士をする上で大事なことは、考えです。

保育士をして、保育に取り組むときに自分の考えやルールがでてきます。

どんな保育士になりたいと思っているかが大事ですね。

保育園からも大切なことを伝える質問

保育園としても、採用をする前にどんな人なのかをしっておきたいと思っています。

そのため「保育士にとって大切なことは?」という面接をしているのです。

答えがないだけに、自分の言葉で答えさせるねらいがあります。

どんな保育士になりたいかを知るため

どんな保育士になりたいのか知るために聞きます。

将来どんな保育士になりたいのか?また、どんなことを大切にして保育に取り組んでいるのか?

将来どんな保育士に育っていきたいのかを、確認するために聞いているのです。

保育士にとって大切なことを面接で答える注意点【自分の言葉が大事】

保育士にとって大切なことを面接で答える注意点【自分の言葉が大事】

保育士にとって大切なことを面接で答える注意点についても書いていきます。

保育園としてもあなたの考えを知りたいための質問なので、大事ですよ。

自分の言葉で思いを伝えよう【答えをアレンジ】

自分の言葉で思いを伝えるようにしてください。

ここで紹介をした回答例はあくまでも、答えの参考例になります。

あとは、あなたの中で落とし込んで、自分の言葉で答えるようにしてください。

答えがない質問【転職なら今までの考えを伝える】

答えがない質問に答えるのです。

つまり、どれが正解で、どれが不正解なのかということは関係ありません。

あなたの中での答えをそのまま話しましょう。

思っていないことを言わない【嘘をつかない】

あなたの言葉で回答をすることは大事ですが、嘘は言わないことです。

考えにないこと、思ってもいないことをいうと、入社が決まってから後悔をすることになります。

あなたの中にある保育観を伝えれば、問題ないので、嘘や偽りは辞めておきましょう。

保育士にとって大切なことを面接で聞かれたときは考えを伝えよう

保育士にとって大切なことを面接で聞かれたときは考えを伝えよう保育士にとって大切なことを面接で聞かれたときの対処法についてかきました。

回答に正解がない問題であるため、あなたの考えを述べましょう。

しかし、いきなり聞かれても困ってしまいますので、ここで紹介をした9つの回答例を参考にして下さい。

最近は、型にはまった回答ではなく、保育士の考えを聞くような質問がとても多いです。

そのときには、あなたなりの答えをすれば問題なし。

緊張をせずに自分の思いを伝えましょう。

人気記事 → 保育のお仕事の最悪は本当?口コミ評判について元保育士が暴露

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る