保育士がミスを隠す5つの問題点【対策と改善したい仕事の失敗】

保育士がミスを隠す5つの問題点【対策と改善したい仕事の失敗】

保育士がミスを隠す。

仕事をする上で絶対にやってはいけないことですね。

ミスを隠すことにより、あとで大変大きなことになってしまう可能性もあります。

この記事では、保育士がミスを隠す5つの理由について書いていきます。



保育士がミスを隠す5つの問題点【やらかした時は大変】

保育士がミスを隠す5つの問題点【やらかした時は大変】

保育士がミスを隠す問題点について書いていきましょう。

ミスを隠すということはあとで大変なことになる可能性もあるということです。

ミスを隠すことは絶対にさけるべき。

その理由を書いていきましょう。

1.トラブルが大きくなる可能性がある

2.隠したことがバレたら信用問題に関わる

3.職場の人からの信頼がなくなる

4.適切に対処をしても信じてもらえなくなる

5.ミスを隠すと職場にいずらくなる

1.トラブルが大きくなる可能性がある【小さなうちに解決】

まず、トラブルが大きくなる可能性があります。

小さなうちは解決できるかもしれませんが、大きくなればなるほど大変なことに。

もし、トラブルがあった時にミスを隠してしまうと対処ができません。

必ず報告をするようにしてください。

2.隠したことがバレたら保育園信用問題に関わる

ミスを隠していたことがバレた場合は、保育園の信用問題に関わります。

ミスを隠す保育園ということで、保護者からの信頼も得られなくなってしまいますね。

個人ではすまず、園全体の問題となりえますので気をつけたいポイントだといえます。

3.職場の人からの信頼がなくなる【仕事を回してもらえない】

職場の人からの信用もなくなります。

ミスを隠す先生は、評価も落ちますし信じてもらえなくなる可能性が高いです。

結果的には仕事を回してもらえない、信用をしてもらえないという結果になるでしょう。

4.適切に対処をしても信じてもらえなくなる【信用がなくなる】

適切に対処をしても信じてもらえなくなります。

ミスを隠していた場合は、今後の信用問題に関わります。

その後は対処をしていても、ミスを隠していた代償は大きいですね。

5.ミスを隠すと職場にいずらくなる【レッテルを貼られる】

ミスを隠すと職場にいずらくなります。

レッテルを貼られてしまいますので、働きにくいですね。

ミスを隠すということは、それほど大変なことだと理解をしておきましょう。

保育士がミスをしがちな失敗談【隠す気持ちはわかる何年目にもある】

保育士がミスをしがちな失敗談【隠す気持ちはわかる何年目にもある】

保育士がミスを隠す。

それは、どんなミスをして隠すことになるのでしょうか?

保育士にありがちなミスを書いていきます。

臨機応変に動けない【新人・新卒に多い問題点】

臨機応変に動けないなんてことがあります。

保育士の新卒や新人に多い問題点ですね。

色んなことに対処をして動いていくことが求められますので、それが出来ずミスをしてしまうこともあります。

→ 【保育士向け】臨機応変にうまく動けないできないときの対処法8選

ミスばかりが続いてしまう【伝達ミスは必須】

ミスばかり続いてしまいます。

ミスをすると「ミスをしないように…」と思って、さらに萎縮をしてしまいます。

最終的にはミスを繰り返してしまい、問題も引き起こしてしまうのです。

ミスをすると、さらにミスをしてしまう可能性もありますので十分気をつけましょう。

寝坊をして遅刻をしてしまう【自己管理の問題】

寝坊をして遅刻してしまうこともあります。

自己管理の問題があり、時にはやってしまいますね。

ミスの隠しようがありませんが、寝坊をしてしまうこともありますので、気をつけましょう。

先輩が怖くてミスを隠してしまう【報告は必須】

先輩が怖くてミスを隠してしまうこともあります。

中には「先輩に怒られる」「言うのやめておこう」と萎縮してなってしまうこともあります。

最後には大きなことになってしまう可能性もありますので、必ず報告をしておきましょう。

→ 保育士の先輩は怖い?ムカつく?後輩が悩む特徴と困った時の対処法

ミスをしても自分で解決できるという自信がある【若気の至り】

ミスをしても自分で解決できる。

そんな風に甘い考えを持っている若い保育士もいるのではないでしょうか?

現実はそんなに甘くはありませんが、自分で解決できるという自信から隠してしまうのです。

あとから大変な問題になったという事例もありますので、調子に乗ってはいけませんよ。

保育士がミスを隠すはダメ【5つの改善点】

保育士がミスを隠すはダメ【5つの改善点】

保育士がミスを隠すことは大問題です。

些細なことでも、上司や先輩に報告しておくべきですね。

ミスをしてしまったときの、対処法や改善方法について書いていきます。

1.些細なミスでも上司に報告をする

2.先輩や上司に相談をして解決方法を探す

3.嘘はつかずに適切に報告をする

4.ミスは学んだと理解をする

5.同じミスを繰り返さないように行動する

1.些細なミスでも上司に報告をする

些細なミスでも上司に報告をしましょう。

小さなミスでも、必ず伝えることで信頼関係も生まれます。

また、大きなトラブルになることなく防げますので、先輩や事務所へ報告をしておいてください。

2.先輩や上司に相談をして解決方法を探す

先輩や上司に相談をして解決方法を探しましょう。

もし、ミスをしてしまったのならば速やかに報告を。

きちんと謝罪をして、解決の方法や糸口を見つけるようにしておきたいですね。

3.嘘はつかずに適切に報告をする

ウソはつかずに適切に報告をしましょう。

報告をするときに大事なことは「事実」を伝えること。

ミスをしたことをきちんと報告をし、対処について適切に指示を仰ぎましょう。

4.ミスは学んだと理解をする

ミスをしたときに学んだと思いましょう。

ミスをすることは決してわるいことではありません。

自分が一つ大きく成長をすることができたと思えるものです。

経験にして、さらなる成長を感じてください。

5.同じミスを繰り返さないように行動する

同じミスを繰り返さないようにしましょう。

ミスを繰り返すということは、集中をして仕事ができていない証拠です。

ミスをしたら、次はそのミスをしないように気をつけられることが大事ですね。

ミスをしたら気分転換を【リフレッシュして頑張る】

ミスをしたら、気分転換をしてください。

ミスは誰にでもあり得ますが、時には怒られたりすることもあります。

そんなときにはお風呂にゆっくりはいる、おいしものを食べるなどリフレッシュしてくださいね。

保育士がミスを隠すのまとめ【必ず報告はしよう】

保育士がミスを隠すのまとめ【必ず報告はしよう】

保育士がミスを隠すことについて書いてきました。

ミスをするのは仕方ありませんが、隠すことは大きな問題です。

隠すことによりあとから大きな問題になり、トラブルになることもあるのです。

ミスをしたり、些細なことでも、上司や先輩に必ず報告しておいてくださいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る