保育士が一人暮らしは生活できない?【リアル生活費と部屋の選び方】

保育士が一人暮らしは生活できない?【リアル生活費と部屋の選び方】

保育士が一人暮らしをすると生活できないと言われています。

そんな風に言われていますが、本当でしょうか?

しかし、たくさん一人暮らしをしている人はいますので、本当のところが気になります。

この記事では保育士が一人暮らしで生活について書いています。



保育士が一人暮らしは生活ができないと言われる理由【現実は可能】

保育士が一人暮らしは生活ができないと言われる理由【現実は可能】保育士で一人暮らしをしている人は多いです。

しかし保育士では「一人暮らしできない」なんて言われている理由があります。

給料が低く生活するので大変

保育士は給料が低くて生活をすることが困難であるためです。

保育士の給料の手取りは平均18万円。

つまり、他の仕事を比べてもあまりにも定収入で、一人暮らしをするには足りないと思われています。

給料が低いと、生活も苦しくなりますよね。

家賃補助など整っていない園も多い

家賃補助など整っていない保育園もたくさんあります。

家賃補助は一人暮らしの世帯に対して、保育園が補助をするというものです。

福利厚生に関しては、整っていない園もたくさんあるため、もらえない、少額しかないという園がたくさんあります。

保育士が一人暮らしできないはウソ!手取り18万円のリアルな生活費

保育士が一人暮らしできないはウソ!手取り18万円のリアルな生活費しかし、保育士の給料でも一人暮らしをすることが十分可能。

平均収入や出費を見てみると、贅沢をしなければ十分なんとかなるものですね。

保育士の平均年収は342万円です。

月給は20代で21万円、ボーナスが48万円で年収が303万円。

30代で月収が24万円、ボーナスが77万円で年収が371万円となっていますね。

そのため、現実的に保育士の手取りは18万円くらいとなっていますので、その給料で生活できるのかを見ていきましょう。

(参考:厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」)

家賃

家賃は給料の1/3に抑えるのが理想。

そのため、保育士の家賃の相場は5万円~6万円くらいが妥当な金額と言えるでしょう。

地域によってはもう少し抑えられる金額ですね。

光熱費

水道、ガス、電気を合算しても10,000円いかない位の金額が妥当です。

日中はほとんど家にいないため、そこまでかかりません。

食費・雑費

食費も安く抑えられます。

お昼は保育園の給食を安く食べられますので、便利。

夜は自炊などをすれば抑えらえれますね。

一日当たり1,000円が目安で、月30,000円くらいが妥当です。

あと、消耗品の購入に月2,000円くらいはかかるようです。

通信費

ネット回線をつなぐために、月1万円程度はかかります。

スマホの利用代と、ネット回線ですね。

ここの格安スマホにして、ネット回線付きのマンションに住めば、もう少し抑えられるでしょう。

交際費

交際費はプライベートの動きによって左右をされますね。

よく出かける、飲みに行く場合は月々20,000円~30,000円くらいかかるのが妥当な金額と言えます。

合算してみると、

項目費用
家賃50,000円~60,000円
光熱費10,000円
食費・雑費33,000円
通信費10,000円
交際費20,000円~30,000円
合計123,000円~143,000円

最低でも、生活をしていくためにはこれくらいの金額がかかると思っておきましょう。

貯金にも月に20,000円、ボーナスは半分貯金などをすれば、十分生活をして行けるレベルになるといえます。

保育士が一人暮らしを実現する方法【生活できないをできるに変える】

保育士が一人暮らしを実現する方法【できないをできるに変える】しかし、一人暮らしはいきなりすべきではありません。

落ち着いて仕事ができるようになったら、一人暮らしをすべき。

そのための方法を書いていきます。

貯金をして初期の費用を用意する

一人暮らしをするとなったら、貯金をして初期の費用を貯めましょう

家を借りるために敷金、礼金、保証料、前家賃、引っ越し代などが必要。

ワンルームで約20万円~30万円は必要です。

そこに、家具や家電などの購入も必要になりますので、初期にまとまったお金が必要です。

社宅のある園へ就職をする

社宅が用意をされている保育園へ勤務をするのも一つの方法です。

社宅があれば、そこに入居をすれば問題なし。

家賃は給料から天引きになりますが、保育園も負担をしてくれるので安く住めます。

住むために条件もあるので、よく確認をしておきましょう。

住宅手当や家賃補助がある園・地域に勤務する

住宅手当や家賃補助がある保育園へ勤務をしましょう。

手当も園によってさまざまで、5,000円のところもあれば、2万円くらいだしてくれる園もあります。

特に東京などは独自の支援策もありますので、それを見据えて転居するのも1つです。

就職する前に確認をしてもよいですし、エージェントに家賃補助が充実してる園をさがしてもらう方が良いかもしれません。

住宅借り上げ制度のある保育園へ勤務する

家賃補助ではなく住宅借り上げ制度のある保育園もあります。

これは国の制度で最大が66,000円ですが、国と市区町村が3/4と、保育園が1/4を負担してくれる制度。

一人暮らし世代にとっては、家賃が必要ないのでありがたいですので、この制度を活用している保育園はおすすめです。

収入を上げる【主任や園長・副業】

一人暮らしになる前に収入をあげましょう

例えば、主任や園長などの管理職になる。

副業をして別の収入を得ておくなどです。

収入を上げれば、それだけ一人暮らしの充実度が変わってきます。

家事のスキルを身に着けておく【自炊が基本】

一人暮らしのスキルは身に着けておきましょう。

特に自炊は大事ですね。

お金を安く抑えるための大事なポイントで、そこを抑えればお金もどんどんたまっていきます。

自炊、洗濯、掃除の3つは身に着けておきましょうね。

保育士の一人暮らしの部屋の選び方【女性は安いで選ばない】

保育士の一人暮らしの部屋の選び方【女性は安いで選ばない】保育士の一人暮らしは安ければよいという問題ではありません。

多くは女性なので、気を付けるべきポイントがあります。

セキュリティが万全な家を選ぶ

セキュリティが万全な家を選びましょう。

安アパートだと誰でも入れてしまいますので危険です。

安全面に気を付けた家に住むようにしましょう。

保育園から近い地域を選ぶ【30分以内が理想】

保育園から近い地域をえらびましょう。

一人暮らしの最大の魅力は、職場に近いところに住める点です。

無駄に通勤時間を書けないためにも、自転車、徒歩圏内にしておきましょう。

ピアノの練習ができるかを考える

ピアノの練習は保育士にとって必須。

そのため、練習ができる家をえらびましょう。

最悪、電子ピアノでイヤホンにしても可能だといえますね。

保育士が一人暮らしするメリットデメリット

保育士が一人暮らしするメリットデメリット保育士が一人暮らしをすることによる、メリットデメリットがあります。

そこについて書いていきます。

保育士が一人暮らしするメリット

保育士が一人暮らしするメリットは以下の通り。

・自分の自由に生活をすることができる

・友達や恋人を自宅に招きやすい

・通勤がラクな場所を選べば体の負担も減る

なんといっても、自由度は一人暮らしの最大の魅力だといえます。

通勤もかからない場所を選べる点は魅力的だといえますね。

保育士は一人暮らしするデメリット

次に一人暮らしのデメリットですね。

・家事などに時間がとられる

・自炊などご飯に時間がかかることも多い

・実家暮らしではかからない費用がかかる

どうしても、家事などの時間。

そして、一人で暮らす分のお金がとられてしまうという点はあります。

実家暮らしならば、給料の大半は自由ですが、一人暮らしの場合は生活費にお金がかかります。

相当な理由がなければ、実家暮らしをしてお金を貯める方が賢いでしょう。

保育士の一人暮らしは生活できないのまとめ【お金について考えよう】

保育士の一人暮らしは生活できないのまとめ【お金を考えよう】保育士の給料で一人暮らしをすることはできます。

しかし、お金もかかりますし、それなりの貯金も必要。

一人暮らしをするならば、家賃補助、社宅があるところへ就職する方が賢いですね。

特に新人は仕事に追われることになりますので、落ち着いて仕事ができるようになるまでは控えておく方が良いですね。

一人暮らしはできますが、よく考えてから行動をしましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る