保育士から子どもへの誕生日メッセージ年齢別例文【書き方のコツと注意点】

保育士から子どもへの誕生日メッセージ年齢別例文【書き方のコツと注意点】

保育士から子どもへの誕生日メッセージについて書いていきます。

担任を持つと、子どもに毎月のようにメッセージを書くことになりますね。

しかし、実際に書くとなるとどんなふうに書けばよいのか迷ってしまいます。

この記事では保育士が子どもへの誕生日メッセージの例文やコツ、注意点について書いていきます。



保育士から子どもへの誕生日メッセージ年齢別例文【テンプレート】

保育士は書き方に結構迷いますよね。

そこで、年齢別の例文を書いていきますので、迷った時の参考にしてください。

0歳児の子供への誕生日メッセージ【感動させよう】

0歳児は初めての誕生日。

なので、その嬉しさをしっかりと書いてあげましょう。

○○ちゃん、お誕生日おめでとう。

いつもニコニコで、○○あそびがだいすきだね。

せんせいも○○くんといっしょにあそべるのがとてもたのしいよ。

これからもげんきいっぱいたくさんあそんですくすくおおきくなってね。

だいすきだよ♪

1歳児の子供の誕生日メッセージ

次に1歳児。

少し成長がみられるので、その点も含めて書いてあげましょう。

○○ちゃん。おたんじょうびおめでとう。

あるくのがじょうずになり、きょうみしんしんでいつもおそとであそんでいるね。

なにかをみつけるとおしゃべりをしておしえてくれるのがせんせいはとってもうれしいよ

これからもいっぱいあそぼうね。だいすきだよ。

2歳児の子供への誕生日メッセージ

2歳児になると、より具体的な活動が見られるようになります。

そのため、詳しく書いてあげると喜ばれますね。

○○くん、おたんじょうびおめでとう。

おそとあそびがだいすきな○○くん。

いつもたんしいあそびをして、たくさんおしゃべりをしておしえてくれてせんせいはうれしいよ。

これからもたくさんあそんで、ぐんぐんおおきくなってね。

だいすきだよ!

3歳児~4歳児の子供のメッセージ

3歳児から4歳児になると、自分で字を読める子どもも出てきますので、ひらがなでわかりやすくかきましょう。

また、お友達を過ごす時間も増えるので、その点も書いてあげるとよいですね。

○○ちゃん、おたんじょうびおめでとう。

いつもやさしい○○ちゃん。

くらすのおともだちがないたり、こまっているといつも「だいじょうぶ」ってたすけてくれているね。

そんなこころやさしい○○ちゃんのことがせんせいはだいすきです。

そのやさしいきもちをわすれず、これからおともだちとたくさんなかよくあそぼうね。

○○ちゃんのことだいすきだよ

5歳児の子供への誕生日メッセージ【親からもあり】

5歳児になると言葉も理解し、読めるようになります。

また、カタカナなど文字を混ぜてもよめるのでおすすめですね。

○○くん、おたんじょうびおめでとう。

サッカーがだいすきな○○くん。いつもおともだちをさそってげんきいっぱいあそんでいてうれしいよ。

これからもサッカーたくさんがんばってね。

また、おどもだちがないているといつもやさしくこえをかけているやさしいすがたもせんせいはいつもみています。

これからもそのげんきさとやさしさをわすれずに、おおきくなってね。

しょうがっこうへいってもあそびにきてね。

保育士から子どもへのメッセージ!誕生日に書く時のコツ

保育士から子どもへのメッセージ!誕生日に書く時のコツ

保育士から子どもへのメッセージの例文を書きました。

ここからは、誕生日にメッセージを書くコツについて書いていきましょう。

何を書けばよいのか迷った時の参考にしてください。

最近出来るようになったことを書く

最近できるようになったことをかきましょう。

子供が保育園でできるようになったことを書いてあげると、親はうれしいものです。

コメントにできたこと、できるようになったことを書いてあげてください。

子供の成長を褒める

子供の成長を褒めましょう。

たくさん褒めてあげてください。

誕生日のコメントは子供の良いところをたくさん褒めてあげてくださいね。

子供のことが大好きな気持ちを書く

保育士が子供のことを大好きな気持ちをかきましょう。

先生が子供のことが大好きだという思いを伝えてあげてください。

「大好きだよ」と書かれると子供は嬉しいものですね。

他の子供と比べない

他の子供と比べないことです。

その子供のよいところをたくさん書いてあげてください。

個性をしっかりと見て書いてあげれば問題ありません。

これからの成長の期待を書く

これからの成長の期待をかきましょう。

すくすく大きくなってね、これからもたくさんおしゃべりしようね。など。

子供のこれからの楽しみな成長について書きましょう。

保育士から子どもへのメッセージを誕生日に書く時の注意点

保育士から子どもへのメッセージを誕生日に書く時の注意点

保育士から子供への誕生日メッセージ。

先生もすごく考えてかきますが、気を付けるべき注意点もありますので書いていきます。

子供ができないことを書く

子供ができないことを、できるかのように書く。

これはしてはいけません。

子供ができないことを書くことはNGなので、できる良いところをたくさん褒めてあげてください。

要望や勝手な期待を書く

要望や勝手な期待を書くのはやめましょう。

例えば、「○○ができるようになろうね」などです。

親にとって保育士から期待をされると、しんどいと感じることがあるかもしれませんので…。

ネガティブな言葉を使う

ネガティブな言葉を使うことは避けておきましょう。

子供の誕生日カードなので、良いことは前向きなポイントを書いてあげてください。

そのためにできることを書くようにしましょう。

保育士から子どもへの誕生日メッセージカード【おすすめのかわいいデザイン】

保育士から子どもへのメッセージカードのおすすめのかわいいデザイン

保育士から子供へも書く、誕生日のメッセージカード。

これのデザインはどんなものがあるのでしょうか?

先生たちのアイデアについて書いていきます。

飛び出すカード

飛び出すカードは喜ばれます。

開いたら、飛び出てくるデザインはとてもかわいいものですね。

作るのが大変かもしれませんが、楽しみにしておきましょう。

見開きタイプ

見開きタイプがおすすめです。

ひらいたら写真と、メッセージがあり、シンプルで可愛いタイプ。

先生たちも作りやすいので、おすすめと言えます。

メダル型で顔写真入り

メダル型にして、顔写真をいれてオリジナルな誕生日カードはどうでしょうか?

見た目もかわいいですし、首にかけられる点はかわいいですよね。

【誕生日編】保育士から子どもへメッセージを書くのまとめ

【誕生日編】保育士から子どもへメッセージを書くのまとめ

保育士から子供へ誕生日のメッセージについて書きました。

書き方ってすごく難しいですが、ここの書き方を参考にすれば問題なし。

迷った時の参考にしてくださいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る