仕事の転職方法と退職する4つの理由!辞める前に探しておけ!

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

仕事を転職したい

仕事を転職したいと思っている方もおおいことでしょう。

最近は転職者にとっては求人が多いことからいろいろな求人が見つかるため探しやすいですし、好待遇な求人も見つかりやすいというのはメリットです。

特に運輸業や不動産業、福祉だと保育や介護など人材が不足している業界も多く仕事を選ばなければすぐに採用をしてくれる先も見つかるというメリットもあります。

しかし、いざ転職をしようと思っても方法もわからないですし、転職をしたけれども今よりも条件が悪くなってしまったりと失敗をしたらどうしようという不安もつきものです。

そこで、仕事を転職するときの方法や辞める前に仕事を探しておく方が良い理由について書いていきましょう。

転職をしたい理由

社会人になりたてのころは毎日「頑張るぞ」という気持ちを持っており、毎日やる気に満ち溢れた日々を送っていてもしばらくたつと仕事を転職したい、もしくは転職を考えるようになります。

まずは転職をしたいと思う方も理由について書いていきましょう。

このサイトでは保育士関係や子育てについてがメインとなっていますが、仕事に関する悩みや人間関係の悩みにもいろいろと書いています。

そこで共通をしているのは転職をしたい理由になりますのでまとめてみると、

・お金
・人間関係
・仕事の内容
・労働時間

この4つは常に上位におりますので、理由についても簡単に書いていきましょう。

仕事に行きたくない、辞めたい、やる気が出ないというほとんどの原因はこの4つにあるといえますね。

お金

お金に関しての問題は一番転職をしたい理由としては多くなっています。

お金はもっとほしい、自分の能力ならばもっともらえるという気持ちがあることや、業務内容とお金のバランスが取れていないということからなかなかうまくいかないことも多いですね。

給与は福利厚生に関する理由で退職をしたいと思っている方は多く、結果としてはやる気もどんどん失っていき少しでも条件の良い会社へと転職をしようという考えが働く傾向にあります。

また、今の会社の給与のアップや上司の年収など細かなことを見ていき、自分の理想と現実を重ねあわせながら結果としてうまくいかないということになると転職をしますね。

サラリーマンとして働いている限り、自分の時間を使って労働をした結果がお金になりますので、働く人の評価や希望を見た場合にはお金の理由が多いですね。

人間関係

次に多いのは人間関係になります。

仕事をしていくとなった場合に上司、後輩、先輩などいろいろな人とかかわることになるのですが、もちろんすべての意見があうことや、方針などが一致をすることはありません。

そのため、時には譲って、時には言い合いをしてというように結果としてはうまく人間関係を構築していかなければならない状態となります。

しかし、時には合わない人や陰湿な妬みやいじめなどの常駐化していることから中には苦痛を感じるような人間関係が原因になり、精神的な病気やうつ病気を発症するケースもあります。

うまくいかないことにより、悩んで転職をするということになる人が多く、人間関係でストレスを感じている社会人は実は世の中の40%にも上るといわれています。

女性の社会だと陰口でいろいろと言われたり、パワハラやセクハラなどの問題で仕事を辞めたい人も多く保育士ならばモンスターペアレントなど保護者対応もなかなか大変ですね。

関連記事職場の人間関係で問題のある人の特徴とストレスへの対処法

仕事の内容

仕事をしていく際にどうせならば楽しい仕事がしたいと思いますし、意欲がでる仕事をやっていきたいと思う人も多いでしょう。

しかし、結果としてはうまくいかないことも多く、やりたい仕事をして給料をもらっている人なんてほんの一握りになっていると言われています。

仕事をいうのは結局自分の一日のほとんどの時間を費やして向き合うものとなっています。

そのため、その仕事がある程度好きになる、ある程度納得できるものでない限りはなかなか仕事を続けていくことも難しいと思いますし、意欲もわかないことになります。

もちろん働くことはお金を手に入れるための方法

そのため、自分はやりたくないことでもやっていくんだという気持ちになれるのならばよいのですが、そこまで割り切れないとやりたくない、楽しくない仕事についていると転職も視野に入れる傾向にありますね。

労働時間

労働時間は日本の社会の大きな問題となっています。

昔の名残が今でも会社の中には残っており、毎日残業するのが当たり前で結果よりもいかに仕事をしているかということを問われる会社が世の中にたくさんあります。

しかし、毎日残業をすることにより一日の流れが通勤と仕事だけの毎日となりますので結果的には「何のために仕事をしているのだろう?」「自分の存在は?」と悩むようになります。

他にも毎日長い時間労働をすることで体への負担も大きくなることから、過労で倒れてしまったり、体調を崩して転職ができず療養をしなければならないということもあります。

平日は会社と自宅の行き来だけで、休日は寝だめをしたり体力を回復させるための時間となってしまう転職をしてワークライフバランスの取れている会社に転職をしたいと感じるようですね。

職場での評価

仕事をするとなった場合に大変なことになっているのですが、職場での評価というのは転職をするきっかけとなる場合が多いです。

例えば、実際に職場で結果を残していたとしても、上司の好みで対して結果を残していない人は評価をされていた場合はどうでしょう?

たぶん納得がいかないと思います。

もちろん平等に公平に評価を得ることができているのならばもっと結果を残そうと頑張れるかもしれないですが、そんな風に評価が正当にされていないと感じた場合には転職を考えることも多いようです。

転職を考える背景

結局簡単に転職をできてしまう世の中ですし、どこの業界でも比較的採用がされやすくなっている世の中です。

昔は最初に勤務をした会社で一生を過ごす終身雇用が一般的でしたが今では大手の会社でも簡単につぶれてしまいます。

そのため、今は「仕事やイヤだ」「やる気がでない」と思ったら簡単に転職をしてしまいますし、それが簡単にできてしまう世の中となっている背景があります。

また、転職は35歳が限界だと言われていましたが今では35歳~40歳くらいの年齢の人で仕事ができる人とを採用したい会社も多いです。

その理由はリーダーや管理職といった人をまとめることができる仕事に就ける人が多くなっているからですね。

今普通に会社で仕事をしている人の90%以上は「辞めたい」「転職したい」と考えたことがある人がほとんどですので、今の会社に疲れてしまったならば転職をするという選択肢はありだと思います。

しかし、その仕事を辞めた場合に逃げの転職ではなくさらなる成長や仕事の幅を広げるという意味で頑張ってみることは何よりも大事なことではないかと思いますね。

仕事を転職する方法

では、次の本題の転職をする方法になりますね。

転職の方法は人それぞれあると思いますが、個人的には主に3つの方法がありますので自分の中で最も適している方法で転職をしてください。

・転職エージェントを利用する。
・転職求人サイトを利用して求人を探す。
・スカウトサービスを利用して転職活動をする。

この3つの方法になりますので順番に紹介していきます。

転職エージェント

転職エージェントとは紹介型の転職方法として今は一般的な方法として人気を集めています。

これは自分の個人情報や経験ややりたい仕事、希望の年収など細かなことを希望して、その条件にマッチをした仕事を紹介してくれるサイトとなっていますね。

基本的には担当者があなたに就くことにより、紹介をしてもらえるサービスとなっておりメリットとしては転職のプロが徹底的にサポートをしてくれるという点になります。

会社選びから応募書類の添削、面接への対策の情報など細かなことをすべて教えてくれますがすべて無料で利用が可能です。

私も転職エージェントを利用したことはあるのですが、結果的には自分の希望の休暇や給与などが叶えらえる会社に転職はできましたし、非常に相談の乗ってくれることから助かった経験があります。

エージェントには得意としている分野、得意としている年齢層などがありますので自分の希望に合わせて選択して登録をしてください。

また、中には表には出ていない非公開求人へ応募をすることも可能となり、好待遇な転職もかなえられる可能性もあります。

エージェントならば一番人気のリクルートエージェントはまず登録をしておきたいところですね。

リクルートエージェント転職支援サービス

転職サイト

転職サイトは自分の今までの経験や能力などを登録をして仕事を探すという方法です。

方法は就職活動を同じ流れとなっており、登録をして自分の希望に沿った求人を見つけることで応募をします。

応募後に書類選考が行われて通過をすれば面接、採用試験へと意向をしていく流れとなっています。

自分の力で転職をしたい人、自分の気になる会社へ応募をしてみたい人に最適な方法と言われていますが、自力での活動をなりますのでそれなりの労力も必要となります。

いろいろな情報の中から選別をして、自分の条件に合うのかを見極めて利用をしましょう。

一番人気の転職サイトはこちらの「リクナビNEXT」にはまず登録をして情報を集めたいところですね。

スカウトサービス

これも転職サイトや転職エージェントと似ており、登録をして自分の経験や能力を入力するというところまでは一緒です。

しかし、それ以降は異なっておりあなたという人材がほしいという会社からのオファーを待つ形となりますね。

スカウトサービスを利用するメリットは、あなたのことをどのような企業が自分に興味があるか、?

また、自分の市場価値がどの程度か?などが客観的に分かってくるということが挙げられますので、転職活動をしたいならば待つとい方法もありかもしれません。

すべて利用をして好条件な転職先を見つけよう

この3つの方法があるのですが、利用をするならすべてを平行して利用をしていくことをオススメします。

その理由は転職活動はある程度の期間も必要となりますが、なかなか労力も必要な仕事となっていますので負担もかかります。

特に転職サイトとスカウトサービスが自力な部分も多いため、他にもタウンワークやハローワークなども見るようにしましょう。

また、結果としては仕事をうまくやっていく必要があるのかなと思いますので1つのサイトなどに絞らずにある程度は同時に利用をしていきましょう。

あとは、資格が必要な仕事ならば資格を取得してから転職サイトを利用するなどをするとキャリアアップも図れる可能性もありますので便利です。

仕事探しは簡単ではありませんが、自分の適性に合わせて活動をしていきましょう。

実体験は同時に活用

私も転職をした際にはすべて同時に活用をするようにしていました。

エージェントは2箇所に登録といておき、転職サイトで自宅で情報収集、ハローワークですぐに採用をしてもらえそうな情報集めていました。

最終的には転職サイトで見つけた情報をエージェントを通して紹介してもらい採用がきまりましたが結構な好条件となっていましたので本当によかったです。

転職をしたいと思った際1つの頼ることはリスクもありますので複数の転職エージェント、サイトを利用しましょう。

費用は無料なので利用をしない手はないですよね。

転職活動は仕事を辞めないことが基本

転職活動をしていくとなった場合に大事なことがあります。

それは、転職活動は今の仕事を続けたままにするようにしましょう。

中には仕事を頑張ってきたので、一度休憩をしてからゆっくりと仕事をしていこうと考える方もいると思いますがそれをするとなかなか次の仕事は決まらなくなるでしょう。

また、今仕事をしていないということは「仕事に就かなければならない」という状況に追い込まれることから条件も足元を見られて下げられる可能性もあります。

そうならないためにも転職活動は仕事をしながら続けましょう。

では、次の転職活動をしていく際の仕事を辞めている、続けているのメリットとデメリットについて書いていきます。

仕事を先に辞めた場合

メリットデメリット
・応募先の情報収集に時間をかけられる

・求職活動を最優先にできて、複数社の面接にも行ける

・リフレッシュして休息の時間が取れる

・資格の勉強にも行ける

収入が途絶えるため、最低3か月分の生活費は必要。

・期間が経過をすると、次の転職の条件を妥協しなければならない。

・仕事が決まらない場合はストレスも大きい。

・失業期間が3か月以上は転職活動で不利になる。

・自己管理が甘くなり、家族に心配をかける

仕事をつづけながらの転職活動

メリットデメリット
・ブランクなく次の仕事へ行ける。

・収入が途絶えることはない。

・希望の条件の転職先を待つことができる。

・転職先を決めるため、今の会社で引き止められにくい。

・業務に追われると、求職活動の時間が取りにくい。

・情報収集は業務後になるため疲労が溜まる。

・急ぎの求人へは応募ができない。

・今の仕事をすぐに退職できない。

・資格を取得することは難しい。

以上が仕事を退職してから、仕事を続けながらの仕事のメリットとデメリットになります。

実は私はどちらも経験しているのですが、今もう一度転職活動をするなら間違いなく仕事をつづけながら行うことにしますね。

その理由としては正式的な負担が明らかに仕事をづ付けている方がメリットも高いからですので、転職活動をするのならまずは今の仕事は継続して収入を持ちながらしましょう。

仕事の転職活動のまとめ

ここまで仕事の転職の方法についていろいろと書いてきました。

方法はいろいろとありますが、結論としては今の会社が仕事に何らかの不満を持っていることから転職活動をしたいと思っていると思います。

そのためには今の仕事を続けて収入源を持ちながら転職活動を続けていくことが一番ベストな選択になります。

急いで辞めたいからと言って妥協をして就職先を見つけたとしても、また同じことで悩まなければなりませんし、「こんなはずではなかった」と後悔をしなければならないかもしれません。

せっかく転職するのなら後悔しない形で成功をしてほしいと思いますので、ここに紹介をした情報を参考にしていただき良い転職活動をして、転職に成功をすることを祈ります。

何よりもコツとしては「無収入の期間を作らない」ことが重要ですよ。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る