保育士ワーカーの口コミ評判はしつこい?特徴と求人数と退会の方法

保育士ワーカー(WORKER)の口コミと評判を知っていますか?

実は保育士の転職サイトは人気を集めており、その中でも求人数や紹介数ではトップクラスにいるのが保育士ワーカーです。

なぜならば、保育士の転職サイトでも大手の会社で全国対応で15の拠点で対応をしていますし、担当者の親身になってくれるということで登録者も多いです。

しかし、私からすると「保育士ワーカーはおすすめしない」というのが結論です。

この記事では保育士ワーカーについて書いています。

記事を読み終えることで保育士ワーカーの特徴やメリットデメリット、口コミ評判が最悪な理由がわかります。

※保育士ワーカーを保育士として、紹介される側としてつかった実体験を書いています。



保育士ワーカーとは?3つの特徴を簡単解説

まずは保育士ワーカーの特徴を簡単に説明していきます。

保育士ワーカーは紹介型の転職サイトで別名エージェントなんて呼ばれたりもします。

登録をした保育士さんを、紹介をしてほしい保育園へ案内しその結果年収の30%をいただくいうビジネスモデルで運営をされています。

保育士ワーカーは全国対応で拠点も15カ所ありますので保育士の転職エージェントとしてはかなり大手ですし、紹介数もかなり多く利用者も多いですね。

運営会社は株式会社ティスメで保育士以外にも介護や看護の紹介も行っている会社ですので紹介会社としてプロ集団ですね。

もろん利用は無料で電話受付も平日は9時~21時間、土曜祝日は9時~21時まで行っています。

そんな保育士ワーカーの特徴は3つあります。

「求人数と非公開求人が多い」「コンサルタントの対応と仕事内容」「面接同行」ですので詳細を書いていきます。

求人数が多く非公開求人も多い

保育士ワーカーは大手の転職サイトです。

そのため、求人数の多さは圧倒的となっており約45,000件程度の保育園を抱えています。

そのうちの約1万件は非公開求人となっていることから表には出ていない求人をたくさん持っているのが特徴です。

支社が札幌、新潟、仙台、東京、横浜、大宮、名古屋、静岡、大阪、神戸、京都、高松、広島、福岡、熊本と全国にあることから求人の確保にも力を入れています。

しかし、利用者の口コミを見ていると「求人先がいつも同じ」という意見があり、求人数は多くあるけれども見込みも入れているようで本当に抱えている求人は少ない印象を利用者はもっていますので数字上は多めです。

コンサルタントの対応と仕事内容

次にあなたに仕事を紹介してくれるコンサルタントですが、最初のヒアリングは面談もしくは電話となっており、どちらも丁寧にこちらの希望を聞いてくれます。

そのヒアリングの結果あなたに最適な保育園を紹介してくれる形です。

保育士ワーカーのコンサルタントは他の会社と違っている点があります。

保育士とヒアリング、紹介をする人と保育園への営業や紹介は別の人がするケースが多いのです。

そのため、ヒアリングをした人と、面接の当日にあうコンサルタントが違うという話がよくあるのですが保育士ワーカーは違います。

面談者のヒアリングから自分が実際に見て話しをしてきた保育園もあるので最初から保育園とのつながりがある状態で紹介をしてくれます。

つまり、あなたのことを一人のコンサルタントがずっと担当をしてくれるので安心できます。

面接同行

転職エージェントを使うメリットは面接の情報を教えてくれる、同行をしてくれるという点です。

保育士ワーカーは平日の90%は同行をする割合を持っているためほとんどの場合はついてきてくれます。

土日は残念ながら同行はしてくれませんが、キャリアアドバイザーが面接時にフォローもしてくれます。

コンサルタントがヒアリングから営業をした保育園への紹介をするので面接合格率が高くなるのも他の保育士エージェントにはないメリットだといえます。

人気記事保育士転職サイト口コミ評判ランキング!おすすめ22サイトを徹底比較

保育士WORKERの口コミ評判は最悪な理由8選!登録は進めません

次に保育士ワーカーの口コミや評判を書いていきます。

これから転職をしようと思っている方の中には保育士ワーカーを選ぼうと持っている方もいるでしょう。

しかし、「実際に自分が利用した」「紹介される側として使った」「保育士ワーカーを使って転職してきた人を採用した」という3つの視点からも書いていきます。

しかs、口コミや評判はお世辞にも良いものではありません。

その理由が8つありますので、他の実際に利用をした保育士さんの情報もふまえて書いていきます。

営業第一で紹介料を取ることが目的

まず一番感じるのはこの「営業の収益」です。

コンサルタントは保育士さんに親身になっているように見えますが、本部から言われているのが「利益第一」の考えがありますので年収が高くなる経験者やスキルを持っている人から優先的に紹介をします。

保育士ワーカーは他の紹介会社と比べて紹介料は高いです。

保育士バンクやマイナビ保育士だと年収の25%程度ですが、保育士ワーカーは30%ですのでかなり高いです。

この営業や紹介料の結果がコンサルタントに反映される制度のようで「工程は評価されず数字のみ」「個人の売上にインセンティブが付く」「求職者よりも売り上げが最優先」というのが会社の考えです。

つまり、保育士さんの将来よりも紹介料の考えが強いですので最適な求人紹介よりも「売り上げが上がるもの」の方が優先順位が高いです。

(参考:転職会議「株式会社ティスメの評判・口コミ|転職・採用情報」)

採用側は年収のつり上げに注意

採用側に注意してほしいのは紹介料の釣り上げです。

保育園も保育士の確保に苦労をしているため、そこを弱みに思い紹介者の年収を意図的に釣り上げしてきます。

私も実際に経験したのですが、本人の月収希望額は25万円で「最初は23万円からでその後上げます」という言い方をすると保育士ワーカーとしては損をします。

そのため「いえ、本人は25万円にならないと就職しない」と言っていますと押してきたため最終的には25万円で契約。

後日本人から聞くと「私は23万円でよいといったのですが・・」と報告があり驚きました。

採用をした側としても「今後は保育士ワーカーは使わない」と決めた出来事です。

担当者によって対応が全く異なる

担当者のよって転職をサポートする質はバラバラです。

そのため「この人に任せておけば大丈夫」と思える人にであるかは運に任せなければなりませんね。

私も実際に紹介をされる側として利用したときに、コンサルタントが来たのですが「挨拶が適当」「目線が合わない」人が来たこともあります。

担当者によって「売り上げを上げるために頑張る人」ならば良いですが、「惰性でしている人」に当たると良い求人も紹介されない可能性もありますので不満も多いです。

募集終了の可能性のある求人を紹介

登録をしてヒアリングをしてすぐに紹介をされたら注意をしましょう。

「募集終了」「掲載終了」のギリギリの求人を適当に紹介されている可能性があります。

本当にヒアリングが活かされていない紹介もありますので、紹介をされた保育園をネットや実際に目で見て選ぶようにして下さい。

紹介は自分が持っている求人のみ

紹介先は基本営業がとってきます。

そのため、コンサルタントはヒアリングをしてマッチをする求人を紹介する流れなのですが、保育士ワーカーは自分がヒアリングをするコンサルタントから営業先まで一人でやっています。

そのため、他の紹介先へ行くと自分の売上や評価が下がりますので自分の持っている求人や協力しているコンサルタント内の求人を紹介していきますので範囲が狭かったり問題点も多いです。

もっとヒアリングでマッチをする求人を紹介してくれればよいのですがね。

電話がとにかくしつこい

保育士ワーカーの一番悪い評判がこの連絡です。

「解約したのに連絡してくる」「採用が決まったのに連絡してくる」「後日で結構ですと伝えたのに2日後に連絡してくる」などです。

中には「求人があるのですが」と他のコンサルタントが電話してくるケースもあるようでしつこい、対応が悪いという口コミはとても多いです。

転職後の対応はひどい

転職後の対応は何もしません。

つまり、保育士ワーカーは紹介をしたあとはどうでもよいみたいです。

私は他の転職サイトも利用しましたし、採用をした側でもあるのですが保育士バンク、保育ひろば、保育のお仕事などのコンサルタントは1ヶ月くらい経過をすると「どうですか?」と聞いたり、「本人に代わってほしい」と電話で会話をしたりします。

ミスマッチは保育園にも保育士にも紹介会社にとっても不幸なことであるため本来はケアをすべきですね。

しかし、保育士ワーカーは就職日と紹介料さえもらえば終了で、あとは一切連絡もありません。

ミスマッチも多く早期の離職者が多い

実はこれ私が経験したことです。

こちらもほしいスキルを持っている方であったため採用に至ったのですが、あとから「私が求めた内容を違う」ということで2日で退職しました。

その結果こちらは再度求職活動をしなければならず大変な思いをしましたが、そもそも求職者の求めている求人と、私の園が全く違うものであったためこのようなミスマッチが起こったようです。

ヒアリングの質の問題か?売り上げを最優先にしているためなのか?このようなミスマッチはとても多いですね。

紹介先へは同行が初めてのことも多い

紹介先へ同行をしてくれるのが保育士ワーカーの特徴です。

そのため、求職者を連れてくる際には紹介をする保育園や施設について概要や内部を知っているのかというとそれはありません。

実は私は保育士ワーカーから2人紹介をしていただきましたが、どちらもコンサルタントも初めて会いますし施設を見たこともないのです。

つまり、施設を見たこともそこの担当者に会ったこともないけれど紹介をしている可能性が高いです。

保育士WORKERの登録と解約の方法

保育士ワーカーの利用をするならば正直他の紹介サイトへ依頼をするほうが丁寧な印象です。

しかし、情報を仕入れるためにも登録をしておこうかという方もいますので紹介していきます。

もちろんすべてのコンサルタントが悪いわけではなく、中には親身になってくれる人もいるのですが差が激しいですのでそこは理解をしておきましょう。

登録は電話もしくは公式ページの登録ページから行いましょう。

するとキャリアコンサルタントからメールもしくは電話がかかってきますのでヒアリングの日程を調整すれば完了です。

その後履歴書と職務経歴書を持参して登録完了となります。

保育士ワーカーの解約の方法

解約の方法は電話もしくはメールになります。

もちろん保育士ワーカーで採用が決まっていればそれを反映してくれるのですが、もしそうでない場合は自分から電話やメールで「採用が決まったので解約したい」とちゃんと伝えましょう。

しつこくないか?など気になることもありますが、人によっては面倒なことに巻き込まれることもあるようです。

保育士ワーカーの口コミと評判のまとめ

ここまで保育士ワーカーについて書いてきました。

保育士の紹介会社はたくさんありますが、保育士ワーカーを正直おすすめしようとはあまり思えません。

それは経験上「よかった」と思える点が少ないです。

個人的には紹介会社はたくさんありますので、他の保育士紹介会社を使う、もしくは保育士ワーカーと併用をするというのがベストだと思います。

人気記事保育士の求人転職サイトをおすすめ3つに厳選【退職前に読むべき】

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る