人間関係がうまくいかない時の対処法まとめ!良くする方法はある?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

疲れる人間関係

人間関係に疲れる。

仕事や学校、夫婦など様々な中で人間関係というものは必須。

というよりは社会で生きていくために必須の項目が人間関係だといえます。

もちろんうまくいくときもあればうまくいかない時もありますし、疲れてしまったり、悩みすぎて精神的に疲れてしまうことも。

そんな風に書いている私も実は過去にうつ病になりかけたことがあります。

たった1人の人間関係がうまくいかなくなり、その人の顔を見るのもイヤになり、顔を見るのもイヤになりました。

誰もがうまくいくわけではないのですが人間関係をうまく構築していくための方法について書いていきましょう。

人間関係を良くする方法

人間関係をうまくしていく方法として大事なことは「無理をしない」こと。

そんな風に私も最近は思っています。

その理由として大事なことは「合わない人に無理に合わそう」「相手の機嫌をみて合わしている自分」と言うように無理をして相手に合わしていることです。

また合わない人ともうまくやっていかなければならないというストレスもかかっています。

そんな風な中でかかわりを持っていかなければならないというのが正直なところですが私は合わない人とは基本的に深くかかわりませんし、関係を切る場合もあります。

仕事の場合には必要な部分だけは合わしておき無理に仲良くしないようにしたりしていますので、人間関係に悩んでも無理をしないということがコツですよ。

無理をしてすべての関係を断ち切ってしまう人間関係リセット症候群と呼ばれる症状も最近はでていますしね。

そんな人間関係の記事をまとめていますので気になるものをぜひ読んでみてください。

人間関係に疲れた!相手とうまくいかない時の対処法5選

人間関係に疲れたと思う人も多いでしょう。

そんな時に読んでほしい情報になります。

もちろん人はいろんな人と関わっていかなければうまく構築していくことはできないのですが、そこでうまく自分でコントロールしていく力が求められます。

しかし、いつもうまくいくとは限らないんですよね。

そんなときの対処法についてまとめていますので参考にしてみてください。

嫌いな人との接し方と7つの特徴!職場で無視をしない人間関係の築き方

人と付き合っていると「この人無理」「この人嫌い」なんて言う人もいます。

これが学校のクラスメイトなどなら関係をもたないようにすればよいのですが、職場となると仕事上でどうしても関係を構築していかなければならないこともありますよね。

私も「この人あわない」「考え方がちがうな」と思うこともあるのですがそんな時こそ接し方を上手にしていくべきですね。

人間は100人いれば、100人と仲良くなれる人なんていませんので無理をせずに関係を構築していくことが重要です。

職場の人間関係で問題のある人の特徴とストレスへの対処法

職場で問題的な行動をする人っていますよね。

「なんでそうなるの?」「その発言おかしくない?」と思ってしまう人はどこの職場にでもいるものです。

いじめをする人、頑固な人、正当な意見を言うと逆ギレする人など様々な人間がいますが、そのような人は日ごろからそうやって生きている人なのであまり気にしないことです。

職場ならば仕事以外は基本的に関係がないということ。

でも関係は持っておかなければならないのでイライラしたときのストレスの対処法や解消をする方法について書いています。

関連記事

 

上司が嫌い!辞めたいときの部下の対処法

社会人になって多くの人が感じることが「上司が嫌い」です。

もちろん良い上司もいるのですが偉そうに指示をしてきたり、大声でどなったりされるとどうしてもしんどく感じることもありますよね。

でも、最終的な責任をとってくれるのははやり上司なのである程度は関係をしっかりと作っておく必要はあると思います。

「上司との関係がうまくいかないな」

「上司とうまくやっていけないから仕事をやめようかな」

「毎日上司に怒られてうつ病になりそう」

そんな上司に悩んでいる方に読んでほしい内容となっていますので参考にしてください。

関連記事

 

ゆとり世代の年齢はいつから?さとり世代との違いと使えない10の理由

「ゆとり世代だから」「あいつはゆとりだから仕方ない」「これだからゆとりは」なんていわれた経験を持っている人は多いはずです。

もちろんゆとり世代になりたくてなっている人なんていないんのですが、学校教育で土日や休みになり詰込みの教育から余裕をもった教育にうつったその世代に言われる言葉が「ゆとり世代」です。

すべてのゆとり世代がダメだというわけではないですし、しっかりとした考えや対応力を持っている人もいます。

しかし、中には仕事がまったくできない、みんなが理解できないような行動をするゆとり世代が問題となっていますね。

今新入社員の中には多くのゆとり世代が入社をしてきていますが、昔のように頭ごなしに怒っても、根性論や残業をすることが美学という話をしてはダメです。

むしろ欧米的な仕事のやり方に替えていかなければなりませんね。

そんなゆとり世代の特徴や関り方についてまとめています。

関連記事

 

外国人労働者と日本人が雇用をうまく活用する方法

ここ最近は国際化をしており日本の企業にもどんどんと外国人が入ってきています。

しかし、文化も言葉も考え方も異なる外国人と関係を構築していくことはかなり難しい。

そこでいかに関係を構築していくかという点、うまく仕事をしていくのかという点は難しいです。

その反面能力が高い人も多いですし、日本人として意見を言い合わなければならないこともありますのでそんな外国人と働いていく人へ向けて書いています。

私も外国人と関係を構築していくことで苦労をすることや、一緒に仕事をしていく中で大変なこともありますのでその体験談も記事に書いてみました。

仕事ができない人の特徴10選!イライラする時の対処法と接し方

仕事ができない人の特徴についてまとめた記事になります。

どこの職場にも仕事ができる人もいればできない人もいます。

そうやっていろいろな人間関係があってこそ職場なのですがうまくいくこともあれば、うまくいかない時もありますし仕事ができない人が傍にいるだけで、そしてミスをするとイライラしてしまうのも正直なところ。

私も仕事ができない人をいかにしてもらうかをずっと考えていましたが結論は無理なものな無理でした。

そのため期待をしないということをしていくことが必要になるといえますね。

そんな仕事ができない人と一緒に働いている人の悩みについて書いている記事です。

関連記事

 

コミュニケーション能力を高めると職場の人間関係もうまくいく

仕事や学校など人が集まる場というのは、結果的にはコミュニケーションをどのように取っていくかという点が重要となります。

しかし、コミュニケーションをうまく取っていく方法を専門的に知っている人というのなかなかいません。

そこで、私はNLPという心理学の資格をもっていますのでその中の一部について記事にしてみました。

人と人間関係を構築していくためにはテクニックも必要ですので記事を読んでうまくやってみてください。

一番のコツは「第一印象」です。

この点を意識して人間関係を構築していきましょうね。

新しい職場は不安と緊張で行きたくない!馴染むための9つの方法

次に紹介する記事は新しい職場に行くときの対処法になります。

転職などをするとなったら新しい職場へ行くことになりますが、そこでうまく人間関係と構築してくことは難しいですし、とにかく緊張してしまいます。

そんなときの対処法についてまとめた記事になりますね。

新しい職場で大事なことは「良い印象を持ってもらうこと」です。

そのために自分から挨拶をしたり、いつも明るい笑顔を心がけるなど基本的なことの他にも注意をしなければならないポイントもありますので参考にどうぞ。

新人教育の方法とコツ6選!マニュアルだけではない心構えが大事

新人教育を任される人も多いですが、最近は若い世代の考えが変わってきているということもありかなり困惑することもありますね。

そこでマニュアルだけではない新人教育の方法について書いています。

最近はすぐにセクハラ、パワハラ、モラハラと言われるハラスメントで訴える人も多く会社の先輩に当たる人たちは非常にこまっておりイライラとしてしまうことも多いです。

実はあまりにも気を使いすぎてストレスが溜まりうつ病になってしまう人もいるのだとか。

特に4月に多い新人教育についてコツや方法を書いています。

ほかにもこんな記事もあります。

仕事にイライラして「辞めたいな」「辞めてやる!」と思っている人は参考にしてください。

関連記事

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 11月 25日

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る