仕事にストレスを感じる時とやる気が出ない時の情報まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

辞めたいと思う仕事のストレス

仕事をしている多くの人は「仕事を辞めたいな」と思うこともあります。

もちろんそれではダメなのですが、仕事がしんどくなってしまったり、ストレスを感じるようになると「辞めようかな」「この仕事には向いていない」「仕事の環境を変えてみようかな」なんて思うこともあります。

そんな風に書いている私も仕事をしていると毎日「辞めたいな」と思うことも正直ありました。

そんな仕事にストレスを感じるとき、やる気がでないときに読んでほしい記事をまとめていきますね。

仕事に行きたくない

仕事に行きたくない、しんどい、つらい、辞めたいと思うこともあります。

もちろんすべての仕事をしている人にいえることではないのですし、毎日仕事へ行きたくて仕方がないという人も中にはいると思います。

本当に少人数だと思いますがね・・・。

行きたくなくてもいかなければならない仕事の情報をいろいろとまとめていきますので参考にしてください。

仕事にイライラして辞めたい!ストレスの原因と5つの対処法

まずは仕事にイライラしたり、ストレスを感じる時に読んでほしい記事となっています。

仕事をしているとどうしてもストレスを感じます。

知らない相手と仕事をしなければならないということで人間関係でストレスを感じる人が最も多いです。

他にもやりたい仕事ではないけれどやらなければならない、不本意だけれども上司に指示のためやらなければならないなど仕事をしていくなかでいろいろなストレスはあるものです。

もちろんほかにも仕事をしていてイライラをすることがありますのでイライラとする原因や対処法について書いていますので仕事にイライラとしている人はぜひ参考にしてください。

関連記事

 

仕事に行きたくない辞めたい理由と対処法 つらいときは無理するな!

仕事に行きたくないときは誰にでもあります。

それが単純に「今日は仕事にいきたくないな」という程度ならばよいと思いますが、その程度ではなく精神的にしんどい、パワハラがあるので毎日イヤでも上司に合わなければならない。

そんな風に仕事をしていきたいけれどもなかなかうまくいかないというときの対処法について書いています。

私も上司と合わなくて毎日ストレスを感じることもありますし、うつ病になりかけたこともあるほど仕事にいけない経験をしたことがあります。

電車のたったの3駅に乗れないという精神的にしんどい状態になってしまったこともあるのです。

その時は1つ乗るたびに駅を降りてを繰り返し30分で着く道のりに2時間かけて通勤をしていたことを今でも覚えています。

仕事にいきたくない時に無理をすると余計にひどくなるのでやめておけという記事になります。

精神的に辛い状態の人には特に読んでほしい記事です。

仕事に失敗をする人の6つの特徴!失敗をしたときや怖い時の対処法

仕事に失敗をすると仕事に行きたくないとおもいますし、重大なミスをしたり、初歩的なミスを繰り返したりすると問題になるケースも多いです。

しかし、人間誰もが失敗をすることもありますしうまくいかないことだってありますので失敗をしやすい人や失敗をしてしまったときに対処法についてまとめてみました。

もちろんうまくいく時もあればうまくいかない時もあります。

そんなときには正直にすぐに上司にあるがままを伝え対処をしていくという方法が一番良いと思いますので、失敗をすることが多い人、失敗をしたときの対処法について書いていきましょう。

職場の人間関係で問題のある人の特徴とストレスへの対処法

次にこちらは仕事のストレスの原因の多くは「人間関係」になります。

仕事というのは基本的にしらないもの同士が毎日顔を合わせて仕事をすることになります。

もちろん気が合う人もいれば、気が合わない人もいますがそれでも合わせて仕事をしていかなければならないですよね。

また、その中でも人間関係をあえて悪化させようと思っているのかというくらいの人もいますので本当にストレスのピークになることもあります。

そんな職場の人間関係について書いている記事ですので仕事でイライラとしてしまうとき、人間関係にイライラとするときには参考にしてください。

やる気が出ない

次に仕事をしたいけれどもなかなかやる気がでないというときもあります。

私も仕事が嫌いではないのですがなんとなく疲れたな、しんどいなというときがあったりしますので実は過去にずる休みをしたこともあります。

でも、いつまでもやる気がでないと仕事になりませんし成果も残せないこととなります。

そのためにも仕事でやる気を出すための方法や気持ちを盛り上げるための方法について書いていきましょう。

仕事できる人の特徴15選!仕事ができない人は見習おう

仕事にやる気が出ない時こそ、仕事ができる人の特徴をみていきましょう。

仕事ができる人には共通点があり、疲れていてもやる気がなくても成果を残すことができます。

また、ほかにも仕事ができる人にはいろいろな特徴がありますのでその仕事ができる人の特徴についてまとめていきましょう。

私も仕事にやる気が起きないときはもちろんあります。

そんな時にはyoutubeで仕事ができる人をみて真似をしてみたり、上を目指している人の動画をみてテンションをあげて仕事に取り組むこともあります。

そんな仕事にやる気がでないときこそ仕事ができる人の特徴をみてやる気を引き出してみましょう。

仕事は段取りが大事!仕事ができる人がやっている7つの特徴

次に仕事の段取りについて書いていきます。

仕事をうまくこなしていく、うまくやっていくためには仕事の段取りが命となります。

私は仕事をしていくうえで準備が90%を占めると思っていますのでそこにポイントを置いて仕事をするようにしています。

そんな風に仕事をしていくためは段取り力をつけるようにすると仕事もはかどりますのでやる気もでてきます。

段取りを良くして、結果を残すと会社での評価も高くなりますので自分のモチベーションアップにもつながる。

つまりやる気も出てくるということになりますのでとても大事なポイントといえます。

ストレス解消の方法9選!ストレスを発散して心身を元気にしよう

仕事にやる気がでないならば思い切りリフレッシュをしてみることもとても重要です。

ストレスが溜まっている状態で仕事をしても良い成果を残すことはできませんし、うまく仕事をやっていくことは難しくなります。

まずは自分自身が感じていること、ストレスの原因などを考えて気持ちをリフレッシュさせてみましょう。

ストレスをうまく発散できず仕事をしていると気持ちがパンクしそうになってしまい最終的には疲れてしまうということもあります。

うつ病などになるとやる気が出ないどころではなく気持ちも乗っていかないということになりかねませんのでやる気が出ない原因がストレスなどならまずは気持ちを切り替えていきましょう。

私はストレスを感じている時には走ったり、食べたり、笑ったりするように意識をしています。

もちろん人によってストレスの発散方法はいろいろとあると思いますのでうまくリフレッシュをして仕事のやる気をとりもどしましょう。

仕事でストレスを感じることは誰にでもあるもの。

そんなときにうまくコントロールすることもとても大事な力になると思いますので、ストレスを感じているときには発散をしていくことが大事です。

 

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表 管理者

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
1981年生まれの37歳で保育士からWEBの世界へ飛び込みました。

経歴は認可保育園で8年保育士をして、認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきている異色感じです。

保育園では主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルスクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきています。

今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。
https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る