職場の人間関係で問題のある人の特徴とストレスへの対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

職場での悩みは人間関係

仕事をしていく中で精神的にしんどくなるのは「職場の人間関係」ですね。

これは社会人として生きていくためには絶対にありますし、人間関係を円滑にしてコミュニケーションをしていくことによりスムーズに仕事が進みます。

しかし、誰とでもうまくやっていけるというわけではなく時にはうまくいかないこともあると思いますので、職場の人間関係に疲れたときの対処の方法などについて書いていきましょう。

人間関係で避けるべき人たち

結局いろいろな人が集まって複数の人が仕事をしている組織が会社となっています。

中には優秀な人もいれば、仕事ができない人などいろいろな種類の人たちが協力をしていくことで相乗効果が生まれます。

その結果職場というのは成り立っているのですが、中にはあまり深く付き合いをしないほうが良い人もいますのでそんな人たちの特徴を紹介をしていきましょう。

いじめをする人

職場の中にはいじめを日常としている人もいることは事実となっています。

例えば、一人のターゲットを決めて自分が思うような結果にならないときには恥をかかせたり、罵倒したり、時には陰湿な陰口やあることないことの噂を広げるなどがありますね。

そんな人は自分を鼓舞したい、偉そうにしておきたいという気持ちがあるためそのような行動に出ることもありますが付き合いを深めるといじめを手伝うようにいわれたり、面倒なことをさせられる可能性もありますので適度な距離をとっておきましょう。

逆らうとあなたがいじめのターゲットにされ孤立をする可能性もありますので注意をしたいものですね。

特に女性が多い職場や部署で嫌いな人へ向けていじめをする人は多いと言われています。

すぐにかんしゃくを起こす

社交性に関しては持っているのですが、自分の思い通りにならない、自分は納得できないと大きな声を荒げて意見を言ったり、子どものようにわめいて会議や仕事が進まなくなります。

こんな風にかんしゃくを持っている人は、その場で話をしても無駄なのでその場は話を終わらせるようにしてあとで冷静にコーヒーでも飲みながら話をすると良くなります。

しかし、かんしゃくを起こされてその人に巻き込まれる可能性もありますので適度な距離を取っておくほうが無難といえますね。

頑固な人

自分の意見を持っているのは良いのですが、ほかの意見を聞き入れる余裕も器もないため何が何でも自分の道を押し通そうとする人です。

例えば、あるプロジェクトを進めている場合にみんながAという案で良いと思っているのに、頑固者の人は何が何でもB案と押し通そうとします。

多数決でA案に決まったとしてもその人は納得がいかず、意地になってB案で押し通そうとしますので仕事が円滑にスムーズに進みません。

譲歩すればいろいろな視点も考えもあると思いますが、なかなかそこまでいかないこともありますので頑固な人と仕事を進める場合にはある程度自分も覚悟をもって話し合いをしましょう。

また、自分も巻き込まれないようにするために責任はその人にとってもられるように話をもっていきましょうね。

要求が多い上司

管理職の今までなったことがない人や、自分はあまり動かないで実績を残してきた人に多いのですが部下には高いことを要求をしてくる上司になります。

例えば、同僚や部下に膨大な仕事を渡して残業をしないように支持を出したり、自分が上司に良い顔をするために締め切りよりもさらに早い締め切り日を設定したりと無理難題を求める傾向にあります。

他にも営業担当者にもとれすはずのない会社と契約を取ってくるように要求をしたりといろいろと大変なこともありますので、うまくバランスをとって仕事をしていかなければ体を壊すことになってしまいますので日ごろから注意をしましょう。

気分で動いている人

気分で動く人は注意をしなければなりません。

気分屋というのは日ごろから自分の気持ちや考えだけで動いている人が多く論理的ではなく感情のままで動くため注意をしなければなりませんね。

例えば、プライベートで彼女とうまくいっていないためイライラとしている場合に部下にもイライラとしている感情をありのままぶつけるので意味もなくものすごく怒らたり、自分が気持ち的に落ち込んでいるので無理矢理飲み会に誘われたりととにかく面倒くさいですし、感情で動かれるため一緒に仕事をしている人はしんどいですね。

これが上司ならば毎日の機嫌を確認してからしか話しもできないため一緒に働いている人はストレスを感じやすくなるでしょう。

すべてコントロールしてくる上司

基本的に人のことを一切信用していないため、あらゆることをコントロールしていこうという考えを持っている上司になります。

あなたが受け持っている仕事はすべて把握をしており「この仕事が3時まで」「この仕事は〇月〇日まで」と細かく指示を出されており、その場で確認も入ることが多いですね。

そのような上司は基本的にあなたのことや一緒に働いている人に好意は持っているのですが一切信用をしていないためすべて自分が把握しておきたいという欲求を持っていためそのような行動になります。

一緒に仕事をしている側としてはやる気を失うことになるかもしれませんが、上司になってしまった場合にはどうしようもないため結果を残して信用をしてもらうか?もしくはお金をもらうためと割り切る。転職するなどの方法で対応をしておきましょう。

嘘つき

必要なものを手に入れるためには平気でうそをつくのはこのような人の特徴となっており、なんでも嘘でごまかしてその場を切り抜けていこうとします。

部下の場合は的確な報告や書類がかえって来ないということになりますし、上司の場合には自分のミスも部下のミスと報告をされており「何が本当で何がウソなのか」が全く分からなくなります。

ウソをつく人は日常からウソをつくことに慣れているため平気でうそをついてなんでもいってくる場合がありますので、言っていることを半信半疑にしておき合わせておきましょう

気分を損ねるとウソの情報を言われたり、ないことを噂のように言いふらしたりする場合もありますのでコミュニケーションは適度のしておきましょうね。

何を考えているのかわからない人

いつもクールで何を考えているのかわからない人は注意をしなければなりません。

コミュニケーション能力が基本的に低いことから話もうまくかみ合いませんし、質問をしても「はぁ」「そうですね」など的確な返事もかえってこないことも多いでしょう。

こんな人には口頭で指示を出しても伝わっているのかわからないためメールなどで文字に残して話をしたり2人で話をするのではなく3人など第三者的な役割の人も付けておくとよいですね。

逃げる場所や方法を身に着けておこう

ここで紹介をした人たちはほんの一部ですが会社の中には必ずいると言われている存在の人たちになります。

自分は真面目に仕事をしているだけなのに、このようなタイプの人たちがいることにより自分自身が巻き込まれることになりますし時には知らない間にあなたの評価が下がっているということになる場合もあります。

また、ここに紹介をしたようなタイプの人と付き合いったり嫌いな人とも付き合いをすることになりますのでストレスを感じることも多いと思います。

人間関係は職場ではつきものなのですが、貯めすぎるとしんどくなりますし精神病やうつ病になる可能性もありますので無理をせずに適度な距離を取っておきましょう

会社はあなたを守ってはくれませんので自分の身は自分でまもるようにしてくださいね。

ストレスを感じたときに対処法

職場でストレスを感じている人はほとんどです。

逆にストレスを感じていないという人は上記の中に含まれているかもしれませんね。

そんな職場でストレスを感じたときに対処法について書いていきたいとおもいますので実践してみましょう。

ストレスを溜め込むと体調も悪くなりますし、気分も悪くなることも多いです。

そうならないためにもストレスを溜めこまないようにすることも社会人の1つの大事な仕事といえますので気を付けておきましょうね。

睡眠をたくさんとる

人間関係に気を使って、仕事もたくさんあって職場で疲れているためにストレスを感じるということはよくあります。

そんなときには思い切って睡眠をたくさんとるようにすることで気持ちもリフレッシュできますし、ストレスの軽減にもつながります。

寝るということで気持ちのリフレッシュもすることができますので、なんかしんどいな、疲れているなと思ったら何もしないで思い切って寝るというのは1つの選択肢だと思います。

運動をする

仕事が終わってから、週末にでも構いませんので運動をすることを心がけてみると良いです。

運動をして体を動かすと汗をたくさんかくことになりますので気持ち的にもリフレッシュすることができますし、ストレスの発散にもなります。

チームでするフットサルや野球、テニスなどでも良いですし、一人で手軽にできるランニングやウォーキングでもよいと思います。

日ごろから運動をするとストレスをため込まずにリフレッシュすることが可能ですね。

週末に予定をいれて思いきり遊ぶ

遊ぶという習慣はとても大事で気持ちのリフレッシュだけではなく、楽しみもできますのでそこへ向けて平日の仕事を頑張ることはできます。

また、週末に思いきり遊ぶことで楽しいことをすることで気分もリフレッシュできますのでストレス発散もできますね。

彼女(彼氏)とデート、男性同士での飲み会、女子会、キャンプやバーベキューをするなどなんでもよいので週末は思い切り遊ぶ日と位置付けても良いですが、夜中まで遊びすぎると次の日の仕事に影響がでますのでほとほどにしておきましょう。

ショッピングを楽しむ

ほしかった鞄、靴、洋服などほしかったものを思い切って購入して気分をリフレッシュしてみましょう。

すると気持ちの面でも落ち着けますし、ほしいものを購入したという物欲も満たされることになりストレス発散になります。

ただし、この方法を取り入れすぎるをお金も無くなっていってしまいますので金欠にならないように注意をしてください。

とにかく食べる

ストレスが溜まっていると甘いものが食べたくなる。

こんな風な人も多いのではないでしょうか?

そんなときは思いきって食べ放題へ出かけていろいろなものを食べましょう

ケーキにお肉、お寿司など好きなものをお腹いっぱいたべてリフレッシュしてみると良いですね。

しかし、こちらもあまりやりすぎると太りますし、お金も結構かかることになりますのであくまでも適度にしておきましょうね。

職場でストレスを解消する方法

週末や自宅に帰ってからストレスを解消する方法を紹介しましたが、会社でイライラが止まらない、あの人に腹が立って仕方がないという場合もあるでしょう。

そんなときに会社で気持ちを落ち着ける、ストレス解消法を最後にご紹介します。

アドバイスとしては場所を変えるというのがコツですよ。

トイレへ行ってこもる

これ私もよくやりますが、会社でどうしようもないというときにはいっそのことトイレに立ちましょう。

女性ならば少しこもって、男性も大きいほうへ入って気持ちを落ち着けるようにして下さい。

短時間ストレスとなった現場から離れるだけでも気持ちも変わりますので、試してみてください。

水やコーヒーを飲む

イライラしたり、心がしんどくなったら自動販売機へ行き水をのむ、コーヒーや紅茶など温かいものを飲むなど気分のリフレッシュをするようにしましょう。

そうすることで気持ちのリフレッシュにもなりますし、飲むことで気持ちを落ち着けることができます。

ちょっと小休止を入れてみてはいかがでしょうか?

ガムを噛む

イライラをガムにぶつけましょう。

ストレスを感じているときはなんかイライラが止まらないですし、人が原因ならばむかつくこともあると思います。

その場から離れられば良いのですが、そうもいかない時もあると思いますのでそんなときはガムを噛んで気持ちを落ち着けましょう。

職場の人間関係のまとめ

職場では人間関係もストレスも必ずあると言われています。

たぶん、本当の好きなことをやっているベンチャーですらいろいろストレスがあるものです。

そんなとき溜めるとうつ病や精神病になってしまうこともありますので、気持ちのリフレッシュやストレスの解消をするということが大事なポイントになってきますね。

また、最初に紹介をしたように避けておくべき人からは距離を取っておくという方法も大事だと思います。

所属する部署や会社でもいろいろとありますし、家族経営の会社にもいろいろな悩みもあります。

そんなときにストレスを溜め込むと体に毒なので、うまく気分の切り替えをしてリフレッシュしてくださいね。

人間関係に疲れたら

もし職場の人間関係に疲れてしまったというときには2つの方法をおすすめします。

1つ目は「今の職場からいったん距離をとる」

2つ目は「転職を考える」

本当にしんどくなると仕事どころではなくなり、気持ち的にもしんどい状態になることになります。

そうなると何もやる気も起こらない可能性があるため有給休暇をつかって休むなどで今の職場から一旦距離をとってみましょう。

2つめの転職を考えることも検討ししょう。

もちろんあなたが公務員などで辞めると問題が出る場合には考えなければなりませんが、もしストレスとなっている人がいるのならそ人から離れることができる転職という方法もありだと思います。

何よりも人間関係で精神病などになり自分を追い詰めることになることが一番もったいないと思いますので職場の人間関係に疲れたらその場から離れる方法も考えてくださいね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る