パパ友とは必要?メリットと作り方と付き合いが面倒になる注意点

パパ友という言葉を聞いたことはありますか?

よくママ友という言葉を聞くことはありますが同じように幼稚園や保育園が一緒で仲良しパパたちのことをいうのです。

実はこのパパ友ですが、できて本当に良かったと感じているかたもいるのですが大変だという意見もあります。

なぜならば、パパ友はママ友のように頻繁に会うわけではないですし付き合いが面倒だという意見もあるのです。

この記事ではそんなパパ友についてのメリットや付き合いが面倒と感じる理由について書いていきます。

読み終えたあとは「パパ友作ってみようかな」と感じるか「面倒だからやめておこう」と思うかですね。

私も実際にパパ友がいますので、その体験談についても書いていきます。



パパ友は必要?作り方と付き合い方の注意点

パパ友は必要なのか?

そんな風に感じる方もいるでしょう。

そもそも必要なのかと言われると人によって感じ方は違います。

幼稚園や保育園でパパが参加をするとなるとおそらく運動会や発表会、保育参観など大きな行事の際ときになりますが、その時に「こんにちは」とあいさつをしたり、行事で前に座っている人を見たら「何時に並んだんですか?」と会話をする。

そんな気さくな仲になれるのがパパ友の魅力だといえます。

もちろんママも一緒に行事には参加をしているのでママと話せばよいので、人間関係が面倒だと思う方は作る必要はありませんし積極的に作る必要はないといえます。

しかし、私はパパ友がいたおかげで楽しめることもあったのでそのメリットについて書いていきましょう。

パパ友の作り方と付き合い方

パパ友の作り方はいろいろなパターンがあると思います。

しかし、基本的な考えとしては「子供と通じて知り合ったパパの友達」のことを指していますのでそこを理解しておきましょう。

中には昔から同じ地域に住んでいるため顔を知っている知り合いからパパ友になるケースもありますし、本当の幼稚園で知り合って隣同士になって話をしたことで知り合いになるなんてこともありますね。

作り方は最初は挨拶程度から始まり、幼稚園の行事の係が一緒になり意気投合、子供関係からつながりができてlineを交換、ママ友が知り合いでパパ友になったなどいろいろなパターンがあるようです。

そこから関係を作っていくようですね。

付き合い方はいろいろあるので下に書いていきます。

飲み仲間になる

パパ友とはそのまま飲み仲間になるケースも多いようです。

lineで帰りに飲もう、週末どうですか?などパパ友同士が仲良くなって親睦を深めるというケースが多いようです。

ママ友からすると「今日も○○君のパパと?」と言いたくなるのですが、子供同士も仲が良いとなかなか言い出せない本音もありますね。

しかし、子供をダシに飲みに行っているような感じにも取られますので控えめにしておきましょう。

一緒にお出かけをする

パパ友同士で相談をして一緒にバーベキューや公園などへ出かける。

そんな付き合いをしているパパ友もいるようです。

ママ友も子供達も巻き込んで一緒にお出かけをするので家族で親睦を深めたりして付き合いをする場合もあります。

ご飯をママ友を含めて食べる

ご飯はママ友も含んで食べるといううこともあります。

例えば、自宅でバーベキューをしたり、夜の飲み屋さんに集合をしたりすることもあります。

ご飯を一緒に食べるという付き合いは多いようですね。

育児の相談をする

また、時には同じ年代の子供と持つ同志で育児について相談をすることもあります。

パパ友の子供との付き合い方は関係性を参考にさせてもらえることもあるため、相談相手をしてパパ友との付き合いをしても良いでしょう。

パパ友との付き合い方の注意点

上記のような付き合い方が多く、子供同士よりもパパ友同士の方が仲が良いなんてこともありますが気を付けるべきポイントがあります。

パパ友と言っても同じ幼稚園へ通うパパ同志なので気を付ける点を書いていきます。

・夫婦の愚痴や文句は言わない。

・幼稚園(保育園)の悪口や文句は言わない。

・お金の話はしない。そして一緒の飲みにいっても割り勘を徹底する。

・無理なお付き合いはしない。

・プライべートなことはいくら仲良くなっても話をしない。

幼稚園のパパ友はいくら仲が良いといっても幼稚園で子供達は毎日会いますし、ママ友同士も仲が良いケースがあります。

自分にとっては何気ない発言でもパパ友にとっては不快に思うことや、夫婦のこと、幼稚園のこと、お金のことはそのままママに話が流れてしまうケースも。

女性に話が行くと一気にうわさが広がってしまうため、「家の購入の値段」「パパのお仕事やお給料」など知られたないプライべートなことが幼稚園中に広がってしまうこともあるため決してしないようにしましょう。

パパ友のメリットと付き合いが面倒なデメリット

パパ友と付き合いをすることで様々なメリットがありますが、その反面に面倒と感じることもあります。

そんなパパ友ができるメリットと付き合いが面倒な理由について書いていきます。

パパ友ができるメリット

パパ友ができると面倒と思うこともありますが、その反面メリットも大きいのは正直なところです。

ここではパパ友ができるメリットについて書いていきます。

視野が広がり刺激をもらえる

まずパパ友の多くは異業種で中には地方から引っ越しをしてきた人、転勤族、会社経営をしている人など様々です。

そのため、いろんな意見を聞けますし、育児に関しても家庭の方針があるので話しをしているといろんなメリットがあります。

幼稚園や保育園であったときにだけ会話をするだけでも刺激になりますし、育児に参加をしている話を聞いたりすると「自分も頑張ろう」と思えたりすることもあります。

視野が広がりますし、自分自身の良い刺激になることもあります。

子育ての参考になる

子育ての話をしたりすると面白いのが各家庭によって考えや子育てに関する理解が違うということです。

いろんな意見をもらうことで「自身に取り入れたいこと」「やってみようかと思うこと」がありますし、お出かけ先を聞いて自身も行ったことがある経験をしたこともあります。

私は保育士という仕事をしていたのでパパ友から「○○のときどうしたらいい?」「うちの子って大丈夫?」とか子育ての相談を受けることがありました。

子育ての参考になりますし、良い点は参考にするとよいですし反面教師になるケースもありますね。

仕事でコラボができるケースも

パパ友と会話をして飲んだりしているうちに意気投合。

知らない間に仕事を一緒にしていたなんてこともあります。

仕事が生まれることもありますのでパパ友同士の関係は作っておいて損はないですね。

子供同士の仲良くなる

パパの仲が良いことで、子供同士もお互いの家であったり時には遊んだりすることも増えます。

そのため、幼稚園や保育園でも必然的に仲良くなることが多いですね。

子供同士が仲良くなりパパ友と同じように将来にわたって仲の良い友達になれる可能性もあります。

パパ友との付き合いが面倒な理由

パパ友との付き合いでメリットはあるのですが、面倒なこともありパパ友なんて作らない方が良いという意見もあります。

その理由について書いていきます。

マウンティング

ママ友同士の中にもあるのですが、パパ友の中にはマウンティングがあり自分の会社名や給料などを自慢されることもあります。

「あなたは何の仕事?」「給料いくら?」など嫌味な人もおりパパ友の付き合いが面倒くさいという意見もあります。

マウンティングするような人とは今後付き合ってもメリットがないので、付き合いを辞めるほうが良いでしょう・

休みの日まで付き合いがあることも

休みの日は家族サービスや自分の趣味に使いたいけれど時には誘いの電話や連絡が来ることも。

仕事で疲れているのでゆっくりしたいと思っていても子供同士の関係もあることからなかなか切れないのが正直なところ。

結局付き合わなければならないたm苦痛に感じます。

もちろん本人や家族が負担でなければよいのですが、しんどいと思うこともありますね。

合わない人を付き合いを続けて苦痛

パパ友の中には合わない人ももちろんいます。

しかし、子供が幼稚園や保育園が一緒のため付き合いをしなければならない事情もありますね。

合わない人と話をしたり、飲んだりすることは苦痛になりますので避けたい事情もあります。

トラブルには注意

時にはママ友同様にトラブルになることも多いパパ友です。

飲みに行ったときのお金のことや些細な事でトラブルになったり、時にはパパ友だった人が恋愛関係になり不倫に発展するケースもあります。

パパ友を作るのは良いですが、くれぐれも慎重にしたいもんですね。

パパ友とは必要?メリットと注意点のまとめ

パパ友について書いてきました。

メリットはもちろんあるのですが、パパ友も人間関係なので気を付けておきたいポイントや注意点はしっかりと抑えておきましょう。

私もパパ友とは今でも付き合いがあり、駅でばったりあって飲みに行くこともあります。

しかし、お互いから連絡を頻繁に取るようなことはないですし、会ったときにはしゃべるという適度な距離感を長く付き合えているのだと思いますね。

パパ友はとても重要ですが、気をつけないとトラブルや問題になります。

付き合いはほどほどに、そしていうべきではないことは黙っておきましょう。

何よりも最終的には子供に影響がでますので気を付けて付き合いを続けていってくださいね。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る