人間関係に疲れた!相手とうまくいかない時の対処法5選

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

うまくいかないと疲れる人間関係

人間関係は人間が生きていくうえでとても重要なことです。

これは人間にとって必要不可欠の関係性となっており、幼少期のころから友達関係などがあり学生になると友人や親友と呼ばれるような人間関係に発展します。

もちろん社会人になってもずっと人間関係というものは付きまとってくるものとなるのですが、この人間関係がうまく成り立っていないと仕事も学業などうまくいかなくなってしまうことも多いです。

人間が生きていく上でずっと孤独に生きていくことはできないためうまくやっていこうとかかわりを持つのですが、この人間関係に疲れてしまう人が多いことを事実です。

そこで人間関係とは?という基礎的なことから人間関係に疲れたときに対処法や対応の方法について書いて行きたいと思います。

人間関係とは?

人間関係を説明しろと言われると正直難しい問題となるのですが、定義について書いていきましょう。

人間関係とは「人々の間の持続的な社会関係における内面的、現実的な関係」をいいます。

つまり、人間関係は人々の間に直接の接触を介して自然発生的に形成されますし、それが維持される現実の人間対人間の関係ということになります。

人間と人間の関係のこと。社会や集団や組織の場あるいは個人的な場における、感情的な面も含めた、人と人の関係のこと。

文脈によっては対人関係とも言う。

(引用:ウィキペディア「人間関係」)

そこに参加する人々のいだく特別の感情や気分、意欲などをすべてを含んでおり、それによっていろどられる関係は人間関係といいます。

つまり、人と人とのつながりに関してはすべて人間関係といういい方になっており会話もそうですし、一緒に仕事をするなど人間の環境そのものがほとんど人間関係といえますね。

簡単にまとめると「人と人との関係」がすべて人間関係になるでしょう。

人間関係は相手がいるから成り立つ

もちろん生きていくためにはとても重要な人間関係なのですが、人間が仕事が学校などすべてのところで悩みとなるもの人間関係となります。

例えば、仲の良い友人がいたとしますがその友人ともうまくやっていくために時には自分の意見を言わないで、うまく関係性を作って言ったり、時にはケンカをして仲が悪くなったり・・・。

また、好きな人ができて告白をして付き合うことになったけれども、付き合ってみると理想の人間ではなかったために別れたり・・・。

こんな風に人間は誰もが一人では生きていけないのですが、人間関係は実は最も多い悩みとなってしまうことも正直なところなんですよね。

悩みになる理由としては「人それぞれの価値観が違う」ということが最もあげられます。

人それぞれの価値観が違う

人間関係の悩みの種となるのは、この価値観の違いというものを認められないことから始まると言われています。

どういうことかを具体的に書いていきましょう。

例えば、おにぎりを1つ置いてあるとしましょう。

あなたはそのおにぎりをみてどう思いますか?

「おいしそう」「お腹空いたな」「中の具材はなにかな?」「おにぎり好きじゃないんだよね」「これ食べるの怖いな」こんな風に人それぞれ意見が異なると思います。

これって怖いことなのですが、実は当たり前のなんですよね。

人は自分のフィルターを通して物事を把握する

人間はいろいろな物事や出来事に対して自分のものさしで結論をだす生き物です。

そのため、先ほどのおにぎりの意見に関してはすべて間違いではないと思いますし、人によって正解と感じるか?それとも不正解と感じるかは異なって当たり前です。

これは心理学の考えになるのですが、人間のものさしは生きてきた環境や「見たもの、聞いたもの、触ったもの、味わったもの、匂いだもの」の5感すべてで感じてきているためにそのものさしはもちろん異なってきます。

むしろ、兄弟でも異なるものさしになるのでそれで当たり前なのです。

そのため、たった1つのおにぎりに関してもいろいろな意見が出てくるのは当たり前ですね。

ストレスを感じて疲れる

もちろん、このおにぎり1つの感じたことでケンカになったりはしないのですが、こんな風に人それぞれの感じ方がことなることから人間関係はストレスの連続になります。

これが職場での仕事になるとなおさらストレスを感じることになります。

例えば、あるプロジェクトの進める際にAプランとBプランの2つがあったとします。

このどちらかに意見をまとめたいと思っている際に全員がAプランで進めていこうとしていたとしても1人が「私はBプランの方が良いと思っている」と理由もしっかりと述べたらどうでしょう。

その時に会議を早く終わらせたいと思っていたのならイラっとしますしストレスを感じることになります。

もちろんこのBプランと言った人も今までに自分が生きてきた環境の中での判断となっていますので間違いではないですよね。

また、整理整頓を日ごろからきっちとしないと気が済まない人と、いつも乱雑にものを置いているほうが落ち着く人の場合はどうでしょうか?

たぶん、整理整頓をする人は心の中で「きれいにしてほしい」と思うでしょう。

ここに紹介をした事例はすべて今まで生きてきた環境の中でのそれぞれの価値観となりますが、人それぞれで感じ方がことなることから結局ストレスになることが多いですね。

人間関係で退職者も多い現実

特に職場関係では、この人間関係が大きな問題となっています。

理不尽な上司、仕事ができない同僚、全く空気の読めない新入社員などいろいろな人が集まっている環境である職場はストレスの宝庫となっており、転職や退職をする理由の1番にあげられるようになりました。

関連記事→仕事にイライラして辞めたい!ストレスの原因と5つの対処法

もちろん、どこの業界も人材不足ということもあり安易に転職もしやすい世の中になっているのですが仕事をしている社会人に実際にアンケート取った結果となっています。

まず、質問として仕事をしている人の中で98%の人が「会社を辞めたいと思ったことがある」と回答しています。

また、その辞めたくなったきっかけの理由の1位は「人間関係が上手くいかなかった」32.7%を占めており今の社会人の多くのストレスは人間関係だといえますね。

私も経験上人間関係でしんどくなったこともありますし、上司の理不尽な要求に答えようと頑張っていた部下が人間関係のストレスからうつ病などの精神的な病気を発症して退職しなければならない事例も少なくありませんね。

人間関係がうまくいかない時の対処法

人間関係は正直めんどうくさいですし、手間がかかる場合もありますし、疲れます。

しかし、人間関係から逃げていてもいつかはしなければならないことなのでここからは人間関係の対処法について紹介をしていきますので参考にしてください。

コミュニケーションを積極的に取る

人間関係がうまくいっていないときはとにかく相手とコミュニケーションをとるようにしましょう。

もちろんうまくいっていない人やうまくいっていないチーム内でコミュニケーションをとることはなかなかの苦痛になるかもしれませんが、コミュニケーションをとることによりお互いに理解を深めるというメリットがあります。

人間関係でストレスを感じる理由は「人それぞれの価値観が違う」ことによるすれ違いだと前に書きました。

そのすれ違いを防ぐためにも相手としっかりと話をして相手のことを理解する。

そして、自分自身も理解をしてもらって相手と人間関係がうまくいっていないからこそより会話をして話をするようにすることが重要です。

もちろん職場でもよいですし、休憩室やカフェへ一緒にいく、ランチに誘ってみる、夜のみに行ってみるなどコミュニケーションといっても幅広いメリットが生まれます。

そのため、なかなか辛いくてしんどいかもしれないですが、人間関係がうまくいっていない時こそ相手とより近づけるようにコミュニケーションをとりましょう。

関連記事コミュニケーション能力を高めると職場の人間関係もうまくいく

仕事と割り切って距離を取る

コミュニケーションをとる方法とは真逆の方法で、人間関係としてかかわっていてもしんどくて、疲れてしまう相手とは一線を引いて仕事の相手として、学校の同級生としての関りのみに絞ってみるという方法も1つの方法です。

これは人間関係を改善するという方法にしているわけではなく、その逆で相手のことを一切考えないで「自分は自分」「相手は相手」と完全に割り切ってしまう方法です。

ある意味お互いにかかわることでストレスを感じてしまうのならこの方法で一切ストレスを感じないようにすることも大事かもしれません。

あなたも相手もそれでよいのなら、ある意味良い方法ですね。

しかし、いざ仕事をしなければならない状況になったときには、結局うまくいっていないためなかなか仕事がスムーズに進まない可能性もありますので注意をしましょう。

人間関係の断捨離をして整理する

人間関係といってもいろいろなかかわりがあり、ネットワークもあると思います。

もちろん、この人とは関わりたくないと思っている相手でも、付き合いでどうしてもつながっておきたい相手がいるためにつながっておかなければ仕方がないという人もいるでしょう。

そんな人との付き合いも大事なのですが、疲れる、しんどいとなるとやはり自分自身が疲れてしまいます。

そんな時には自分の人間関係を一度断捨離してみるとメリットが高いです。

結局いろいろな人と関りを持ち、いろいろな人とうまくやっていこうとするためにしんどくなってしまうことになります。

そうならないためには、本当に自分に必要な人なのか?そうではないのか?ということを見極めることも大事ですし、人間関係で必要な人と自分にとってあまりメリットのない人を整理すると驚くほどストレスがなくなったという話もあります。

FacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSにもどうでも良い人ともたくさんつながっておりどうしたら良いかわからない方もいると思います。

そんなときには一度紙に自分の人間関係を書き出して整理をしてみると良いですね。

新しい関係を広げてみる

今の人間関係に疲れてしまったのなら、今とは違った人たちと出会うことを目的として動いてみてはいかがでしょうか?

実はこれはすごく大事なこととなっており、現在かかわっている人間関係に目が行きがちとなり疲れてしまったり、人とのかかわりを持ったりすることが多くなります。

そんなときにはいっそのこと今とは全く違った人たちに出会い関りを持つようにしてみると自分自身にとってより良い関係ができたり、もっといろいろな人とつながりができて人間関係が改善される可能性もあります。

そのため、今の人間関係は大変ならば新たな人間関係を構築してみてはいかがでしょうか?

転職など環境を変えることを視野に入れる

これは職場に関することなのですが、今の会社の人間関係に疲れてしまったり、もう修復が不可能なくらい大変なことになっているのならば転職を目指すというのも一つの方法です。

もちろん転職活動をして人間関係がうまくいくという決まりはありませんが、新たな環境になると自分自身の気持ちも落ち着きますのでメリットが高いです。

人間関係を変えたいならば環境を変えることが最も早くて確実な方法になりますので、いざというときは転職をして強引に環境を変えてみましょう。

人間関係に疲れやすい人の特徴

こんな風に人間関係に疲れてしまった、うまくいかないというときにはいろいろな対処の方法があります。

そのため、人間関係でしんどい、人付きあいはなかなか大変という場合にはここで紹介をしたような方法を試してみると自分自身も整理ができますね。

人間関係に疲れた、うまくいかないというときは結局大きなストレスになりますので落ち着いて対処をしましょう。

そんな風に人間関係に悩んでいる人もいれば、全く人間関係に苦労することなく生きている人もいるのが面白いところです。

そこで最後に人間関係に疲れやすい人の特徴を書いていきましょう。

疲れやすい人はうつ病に注意

人間関係に疲れやすい人はいろいろなことに目がいき、ついつい手伝ったりしてしまう優しさを持っている人です。

まとめてみると、

気を遣いすぎて、発言や行動を我慢してしまうことが多い

・他人の目が気になり、人から「自分はどう思われているのか」を考えすぎてしまう人。

・とにかく思い込みが激しい人は人間関係でストレスを感じます。

・自分の思っていることや感じていることを裏で悪口などを言ってストレスを解消している人。

結局人のことを信じられず、なんか「裏があるのでは?」と疑い深い人や、どんな人の悩みや雑談でも真剣に聞いてしまう人は人間関係で疲れやすいです。

また、うまくいかないと落ち込みやすいですね。

まとめ

人間関係に疲れた、うまくいかない、しんどいと思っているのはあなただけではなく多くの人が感じていることです。

そのため、「自分だけがうまくいっていないのでは?」と思ってしまいますが、実はそんなことはなくみんな同じように悩んだり、相手に合わしたりしてうまくいくようにしています。

人間関係がうまくいかないときにはここで紹介をした対処の方法を参考にしてみてくださいね。

その逆に考えみると人間関係がうまくいっている人は仕事でも学校でのうまくいっている可能性が高いです。

もちろんそのためには一定の努力は必要ですが、仕事ができる人ほど人間関係をうまく築いていますし成功をしている人も多いです。

対人関係は人間関係のキモとなる部分なので苦手意識はもたず自分のありのままかかわるようにしましょう。

人間関係リセット症候群

最近はSNSの発達により対面以外でも人間関係というものが簡単にできるようになりました。

しかし、その影響から断捨離と同様に人間関係をすべてリセットをしてしまおうという「人間関係リセット症候群」と呼ばれる病気もあります。

これはふとしたときに急に訪れる病気となっていますので注意をしたいものですので、人間関係に疲れたなと感じている方は注意をしましょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka管理者 taka

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げや集客、営業などをやってきた異色の男性保育士。

保育園の主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャーなどを歴任して今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談に子供関係の仕事と、WEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る