嫌いな人との接し方と7つの特徴!職場で無視をしない人間関係の築き方

職場で嫌いな人を無視しない接し方

嫌いな人は人間が生きていくと一人や二人くらいるものです。

もちろん、あからさまに「あなたのことが嫌いです」という態度を出す人もいれば、さりげなく距離をとったり友達としての距離を摂ったりといろいろな方法もあります。

しかし、職場内だとたとえ嫌いな人でも付き合いを切ることができないため仕方なく話をしたり仕事だけはスムーズにいくように対応をしたりすることが基本となりますね。

職場だと上司や同僚、部下など合わない人間関係もあると思いますのでそんな嫌いな人の特徴や、上手に人間関係と築いて付き合って行く方法について書いて行きたいと思います。

関連記事上司が嫌い!辞めたいときの部下の対処法

嫌いとは?

もちろん誰もが知っているとは思いますが、そもそも「嫌い」とはどんな意味になっているのでしょうか?

嫌いや苦手という意味について簡単に書いていきましょう。

嫌いとは「きらうこと、いやがること」基本的には合わない人という意味になってしまうことを表している言葉となっていますね。

人によっても様々なのですが、嫌いと感じる人はそれぞれになりますし、自分の考えなどが合わないとあの人のことは嫌いなんて言ったりすることもあります。

そんな嫌いな人や嫌われる人の特徴を書いていきましょう。

嫌いな人の特徴7選

では、ここからは本題の嫌いな人や嫌われやすい人の特徴についてまとめていきたいと思いますので紹介をしていきましょう。

あくまでも特徴的なことを書いていくので人によっては感じることも異なるのかもしれません。

あくまでも嫌いな人の特徴なので参考にしてみてください。

もし、こんな人がいるなど思ったら下に書いている対処法を見てくださいね。

自慢話が多い

自慢話ばかりしている人は面倒に思います。

嫌いな人の特徴をしては共通して饒舌であるということ。

つまり、話をすることが大好きであるということになりますね。

正直、人の自慢話を聞いていても面白いものではありませんし、延々とそれだけ聞かされる方からすると飽きられてしまいますし面倒くさいです。

嫌われる人は自慢話をすることで「俺はすごい」「こんなこともできる」と自分の私利私欲を前に出したいだけとなっていますので自己顕示力が強く、認めてほしいという気持ちも強い傾向にありますね。

嫌われる人は聞いている人が明らかに嫌な顔をしていても空気が読めないためいつまでも話をすすめていき周囲から嫌われる傾向にあります。

相手の立場に立てない

相手の立場に立てないのも嫌われる人の特徴といえます。

先ほども書きましたが、嫌われる人の特徴として空気が読めず人の自己中心的な人が多いため、結局いつまで経っても相手の気持ちが理解できない、理解しようとしないという気持ちになります。

その結果、自分さえよければ相手のことなんてどうでもよいという考えになってしまうことから嫌われますね。

もちろん相手の立場に立って物事を考えられないため、営業などをしても自分の自慢話しばかりになり仕事もうまくいかないというのも大きな特徴といえます。

自分の問題を人のせいにして仕事をしない

自分が仕事や勉強でミスをしても「自分が悪くない」「教え方が悪い」というようにすべての失敗は自分のせいではなく相手のせいだという気持ちが強いため嫌われます。

例えば、ある仕事をまかされていたとしますがうまくいかなかったとします。

すると、○○さんの教え方が悪かったせいで自分が失敗をしたということを口に出したり、人に言いつけたりして最終的には嫌われることになってしまいますね。

人間誰もが失敗をしますし、成功をしないこともありますが結局はすべて「自分のせい」なのですが、それを認めずなんでも人の制にするため知らない間に周りから誰もいなくなってしまうことが多いです。

失敗をいつまでも引きずる

失敗をして人のせいにするのですが、そのあとに失敗をいつまでも引きずるのも嫌われる人の特徴といえます。

「あのときには○○をしておけばよかった」「失敗したけれどもあの時の判断が・・・」というように終わったことが仕方がないことですし、今更考えても良い結果にはならないのですが、過去を振り返っては後悔をしています。

もちろん、時にはうまくいかないこともあると思いますが、それをいつまでも口に出して失敗をした過去をいつまでも引きずっていても嫌われるだけですし、周りからしたら面倒くさいと思うだけですので気付いたときには周りに誰もいないかもしれません。

悪口しか口にしない

例えば、同期や中の良い友達と悪口を言っているだけならばよいのですしストレスの発散にもなるのですが、いつでもどこでも悪口を言ったり、それを言いふらしたりするようなことをすると嫌われます。

こんな風になんでも悪口にしてしまうと相手も信用をしないですし、一緒に仕事をするだけで自分の悪口を言われるかもしれない可能性もあるため距離をとってしまう可能性が高いです。

特に女性の多い職場では悪口や陰口は日常茶飯事となっているのですが、性別に関係なく人の悪口を言っていると気が付いたときには周りに誰もいないということに気付くことになりますので嫌われます。

悪口をいうのなら陰でこっそりというべきですね。

ネガティブで面倒くさい

なんかいつも暗くてマイナスなオーラや思考がある人は嫌われる傾向にあります。

正直、ネガティブな人と一緒にいても楽しいと思えないですしそんな人のそばに行きたいとは誰も思いませんので気付いたときには一人ぼっちになっているかもしれません。

もちろん誰もがネガティブな感情は持っているんものですが、そのままでは誰も仲良くもしてくれないですし知らない間に周りの人たちは距離をとることになるでしょう。

そうならないためにも、ネガティブならば前向きになる努力は必要ですし、笑ってポジティブに毎日を楽しく生きていかなければ誰もよっては来てくれないですよ。

自分の意見が正しいと押し通す

たとえいろいろな意見が出てきたとしても、仕事などの会議でそのような意見が出てくることはとても有意義ですし、その中なら新たな発見が見つかるかもしれません。

しかし、そこで人の意見を聞き入れず常に自分の意見だけと押し通そうとすると面倒な人と思われます。

基本はみんな自分の意見を持っていたといてもいろいろな人の顔色を見たり、意見に耳を傾けて最終的に判断をすればよいのですが、自分の意見だけと押し通そうとすると嫌われます。

こんな風に嫌いな人の特徴は周りの空気が読めない、うまくやっていけない、自己中心的な人というのが特徴として挙げられますね。

もちろんこんな人は学校にも職場にもたくさんいると思いますが、そんな人と付き合っていても自分の時間の無駄ですし、正直面倒だなと思うこともありますので嫌いな人との付き合い方について紹介をします。

嫌いな人との付き合い方と対処法

嫌いな人ともちろん付き合ったり、関わったりせずに無視をしたりすれば自分にとってもストレスもなくメリットも高いのです。

しかし、職場などになるとそんなわけにはいかないことも多いため、結果的にはうまく付き合っていかなけばならないこともあります。

そのためにできることを紹介していきましょう。

あきらめる

嫌いな人と付き合っていかなければならないときに大事なことは「あきらめる」という方法です。

これはメリットのある方法なのですが、嫌いな人に期待をしたり「もしかすると・・・」というようにその人に対して何らかの希望や期待をすることによりなんとかしてもらおうとする気持ちがあるために腹が立ちます。

しかし、そこに期待があったり、なんとかなるだろうという気持ちがあるため相手の行動に腹が立つこともありますね。

それならばいっそのこと「あきらめる」という方法が良いのかもしれませんし、自分も相手のことを気にしないでよくなるのでラクになります。

「どうでもいいや」とわりきって相手と付き合っていきましょう。

自分自身を見直す

反面教師という言葉がある通り、もしかすると自分ん自身も気をつけなければならないということを感じるかもしれません。

嫌いだと思っていた人は自分の生き写しになっているかもしれませんので、自分のことを再度見直してみましょう。

相手の行動をみて自分自信を思い返してみると実は「嫌いな人の特徴」に当てはまっていたなんてことがあるかもしれません。

相手の行動をみて腹が立ったり、相手をことを嫌いになったりしたときには落ち着いて自分自信はそのような行動をしていないかをよく思い返してみましょう。

距離をとって必要なことしか話さない

嫌いな人とはどんなことがあっても無理だと感じることもあるでしょう。

それならば嫌いな人とは適度な距離をとってかかわりを持たない、近づかないという方法があります。

人間関係をうまくやっていこうとするとパワーを使うことになりますし、面倒だと感じることもありますので仕事や学校でどうしてもかかわらなければならないならば距離をとって必要なこと以外は一切話をしないというのも大事なポイントといえます。

嫌いな人のことを気にしない方法として無視はダメですが、必要最低限のことで済ませるようにするとストレスも最小限に抑えられます。

相手の長所を探してみる

嫌いな人でもどこかに良いところがあるかもしれない

嫌いな人でももう一度いろいろな視点からその人のことを見てあげてほしいと思います。

もしかすると、嫌いだと思っている部分だけを見ていて本来の大事なところを見逃している可能性もありますので、もう一度相手のことをしっかりと見てよいところを引き出してあげましょう。

嫌いな人との付き合い方

もちろんどんな人でも人間関係を築けるとは限りませんが、少しでも人間関係を築いていくことは大事です。

結局人は自分の生きてきた環境の中で人のことを評価することになります。

物事に対して自分のフィルタを通して相手のことを見ているということになりますので、嫌いな人の生き方は自分だけは嫌いであって他の人からするとそんなことはないのかもしれません。

嫌いだと思っている状態で話をしたり会議をしたりするとどうしても嫌いになってしまいますので、嫌いな人と付き合っていくためにはフラットな状態で話をすることが重要です。

もしかすると見えていなかった長所や考えが見つかるかもしれませんので人間関係をもう一度作り上げてみましょう。

関連記事コミュニケーション能力を高めると職場の人間関係もうまくいく

嫌いな人とのまとめ

人間出会う人と100%うまくいくということはあまりなく、基本的には気の合う人もいればあまり気の合わない人、嫌いな人などいろいろな人たちと付き合っていくことになると思います。

その中でどのように付き合っていくかが重要になりますが、何よりも自分自身がストレスなど精神的にもしんどくならないように気を付けてあげてほしいものですね。

嫌いな人となると近くの夫婦、芸人、芸能人、ジャニーズなど個人的にあったこともない人でも嫌いになることもありますがそれはあくまでも自分自身がフィルタを通して相手のことを見ているからということもありますし、

職場で嫌いな人の場合はただ単に合わないだけかもしれません。

嫌いな人を消す方法はないものかと考えることもあるかもしれないですが、ここで紹介をした方法で嫌いな人とうまく付き合っていきましょう。

何よりも自分自身がストレスを感じない方法で付き合ってみてくださいね。

ストレスになるときは気を付けよう

嫌いな人と言っても人間だし周りの人もかかわりをもっていないため可哀そう。

そんな状態からかかわる人もいますが結局ストレスになってしまい最終的にはイライラしたり、ストレスが溜まったりすることもあります。

もしそうなってしまうのならば最初から付き合いを持ったり、関わりをもったりせずに適度な距離感の方が良いですね。

結局そんな風な関係性を築くことで失敗をすることになります。

最悪人間関係によるうつ病などになってしまうかもしれませんので注意をしましょう。

関連記事仕事にイライラして辞めたい!ストレスの原因と5つの対処法

夢に出る意味は?

時には嫌いな人は「夢」に出てくることもあります。

そんなときはスピリチュアルな話しになるかもしれませんが「関心がある」という意味にとれるかもしれません。

また夢の状態によっても異なるみたいなのですが、嫌いな人が嫌なことをしている夢をみたら「現実でそれをしないように気をつけろ」や、仲良くなる夢をみると「その人と仲良くなる価値がある」などの意味があります。

もちろん嫌いな人なので嫌かもしれせんが、夢でみたらちょっと注意をしておきましょうね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る