働くとは?意味と仕事をする理由について

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

働く意味がわからない

何のために働いているのだろう。

そんな風に思って毎日仕事を頑張っている方も多いことでしょう。

特に日本という国は長時間労働が当たり前の考えとなっており、サービス残業、仕事の持ち帰りが当たり前となっており根性でいかに長い時間仕事に取り組んだかによって評価をされていました。

しかし、その考えも徐々になくなってきており最近は「ライフアンドバランス」といわれプライべ-トと仕事はきっちり分けよう。

という考えも浸透しつつあります。

先日あるブログを読んでいて外国人の言葉が印象的でした。

「日本には住みたい。けれども仕事は絶対にしたくない」だそうです。

自分に時間なんてあったものではないし、長時間労働が当たり前の日本では外国人は仕事をしたいとは思わないみたいなのでここでは「働く」ということについて書いていきましょう。

仕事とは?

働くことについて書いていくのですがまずは仕事とは?ということについてもう一度考えていきましょう。

仕事とは「職業や業務とすること」という定義があります。

会社との契約になるのですが、あなたは自分の労働時間を使って会社のために仕事をする代わりにお金をもらうということになりますね。

アルバイトならばわかりやすいのですが、あなたの空いている時間をつかって仕事をするに対して時給でお金をもらいます。

そのように時間の切り売りをすることを仕事といういい方で呼んでいます。

働くとは?

そもそも世の中の人は仕事をして働くことにより何を手にいれたいのでしょうか?

たぶん多くの人は「働くことによりお金を得る」という言い方をする人がおおく私も実際に仕事をして働くことにより対価としてお金をもらうということを考えると思います。

しかし「お金のために働いている」と答えるとどこか反感をかいそうなので「社会貢献の場」「世の中の役に立つ」などときれいな言葉に置き換えることになるでしょう。

働く意味について

でも、お金のために働くのは誰もが基本のことですしキレイごとを言っても結局お金がなければ生きてくこともできないので待っているの「ニート」や路頭に迷うという結果になってしまいます。

家族がいる人などは余計に家族を路頭に迷わせるわけにはいかないのでそんな風に思うかもしれないです。

そこで働く意味について書いていきます。

もちろん働く意味については人によっていろいろな考えがあると思いますので、実際に仕事をして働く意味を理解している人の考えについてまとめてみました。

生活のために働く

まず働く基本の意味としては「生活」

つまりお金や家族を守るためという理由で仕事をしている方も多いです。

すごくストレートな表現になるのかもしれないですが、誰もが思っている働くという基本の意味は知っておかなければなりませんね。

仕事をして働いた対価に対してお金をもらい、日々の生活、食事、子供の習い事や学校の費用、税金を納めるなどは働いてお金を得ることで一人前と言われる基本の考えとなります。

将来の不安の取り除くために働く

たぶん人間は毎日仕事もせずにダラダラと生活をしていたらどうなるでしょう?

人間としてダメになっていきますし、将来に希望も未来も持てなくなってしまいます。

しかし、毎日働くことにより将来への希望や老後にやってみたいことを見つけたりするのです。

将来というのは誰にも分りませんが1人で生きていても、楽しいものではなく人付き合いは面倒でも人との交流があるから楽しいのです。

もちろん健康に毎日過ごすことができれば何も問題がないのかもしれないですが、時には体調を崩して入院したり、通院したりしなければならないケースもあります。

年齢を重ねると仕事を辞めた後のことも視野に入ってくると思いますので将来の不安を解消する、将来の希望を見つけるために仕事をしているといえますね。

自分のキャリア形成のために働く

自分のキャリアを形成していくために働くということはとても大事になります。

男性だとキャリアがまた違った仕事が見つかったり、新卒で会社に勤務をしていたけれどもまた違ったやりたいことが見つかったりします。

これは働いていないと見つからないものですし、仕事をしていく中でとても大事です。

転職をするにしても最初の会社である程度成功をしている人ならば次の仕事も見つかりやすくなります。

また女性の場合もキャリアをとても重視する人もいます。

日本は女性の社会進出を認めるようになったとしてもまだまだ男性が優位な世の中となっていますが、その考えも徐々に変わってきています。

そのため、女性が男性の若い部下を使うなんてことも普通にありますし、仕事が楽しくて結婚をしないで生きていく人もいます。

自分のキャリアを築いていくために働いているという人もいます。

社会貢献

例えば、福祉の仕事をしている人はそうですね。

老人にしても子どもにしても「人と支える仕事」はそこで仕事をすることにより社会貢献となります。

社会貢献を通してお金をもらえるということはある意味人として生きていく上でとても幸せなことなのかもしれないです。

もちろん、仕事の時間以外でも社会貢献はできます。

例えば、土日にボランティア活動に従事をしてみる、誰かのために手伝いをしてみる、など誰かの笑顔がみたいからと仕事をしている人は社会貢献の大事な人物なのかもしれません。

ボランティアとして働くことのよりやりがいを見つける人も多いでしょう。

ほしいもののために働く

もちろん働くことによりほしいものを手にいれるということにつながります。

女性であれば、ほしいバッグ、メイク用品、ファッション用品などいろいろなものがありますし、男性になると家、車、高級な時計などいろいろとあるでしょう。

何かほしいものを手にいれるために「働く」というのは人間としてすごくまっとうな働き方であると個人的には思いますね。

ほしいんものを買うためにずっと仕事をがんばって手にいれる充実感は高いものがあります。

また、自分はほしいものを手に入れなくてもよいのだけれども人にプレゼントを送って喜んでくれる顔を見るのがうれしいという人もいます。

物欲と聞くと自分がほしいものを手に入れるという考えになるのですが、そうではなく誰かに与えることも立派な物欲といえますので働く意味といえますね。

貯金や将来を見据えて

日本で生きていく中で将来年金はもらえるのか?また、老後は大丈夫なのか?将来が不安なことも多いです。

そのためにお金を貯めておきたいと考えている方も多く、将来のためにお金を貯めるという人も多いですね。

お金を貯めることが仕事の意味を思っている人は何かを購入したり、おいしいものを食べたりするよりも貯金の残高の数字を見ることが何よりも楽しいものとなっています。

貯金が趣味ですという人にとってはお金を手に入れることが働く意味になるでしょう。

仕事が楽しいから

働く意味は「仕事がたのしいから」と答える人もいます。

やりたい仕事を全力で仕事する楽しさは最高です。

社会人になっている誰もが新入社員の頃には持っていた気持ちなのですが、今ではそれも薄れてしまっている人もいることでしょう。

例えば、管理職になり現場から離れてしまった、ほかの部署へ異動になった、転勤を命じられたけれども仕方なくなどいろいろな意味を持っている人もいます。

仕事が楽しいからというのは自分の好きなことをやっている自営業の人や営業職など売り上げを直接上げて活躍をしている人に多く毎日充実した仕事ができている人にとっては「楽しいから」が働く意味になるようです。

手に職を持つため

仕事をすることによりいろいろな資格を取得したり、時には技術を身に着けられることもあります。

そんな風に「自分しかできない仕事」「技術を手に入れる」ということをしておくと手に職をつけることができるためメリットも高くなりますね。

手に職を持つというのを例えると、何かを作る工場系の人や福祉系のように人と関わるための技術などいろいろとあります。

このような技術を身に着けると同じ業界へ行っても変わらず仕事をすることができますし、将来的に仕事に困ることがなくなるので手に職をつけるために仕事をしている人もいるでしょう。

手の職を持っておくと、女性の場合は出産して子供が離れてからでも復帰ができますのでメリットも多いように感じますね。

働く意味がわからない時の対処法

ここまで働く意味について書いてきました。

結論としては働く意味は「自分で見つける」しかないと感じます。

もちろん誰でも見つけられるものではなく、時には「何のために働いているのだろう」「仕事のは何の意味があるのだろう」と思い悩むときもあるかもしれません。

しかし、そんな時こそしっかりと考えて答えを見つけておきたいものですね。

一度立ち止まってみる

もし、何をしたいのかわからないとなったら一度立ち止まってみるととても分かりやすいかなと思います。

仕事をしているならば土日にちょっとカフェにいってコーヒーでも飲みながら本を読んだり、ボーとしたり、海を眺めにいったり、山に登ったり何かをして「働く意味」について探してみると良いかもしれないですね。

いろいろな人に会ってみよう

仕事をしていると基本は同じことの繰り返しとなります。

朝起きて仕事へいって、帰ってきて寝るだけの生活になっていませんか?

これって日本人のサラリーマンの典型的な例となっており仕事をすることしかしていないため働くことの意味が見えなくなり迷います。

そんな時は異業種交流会へ行ったり、時には全く関係のない仕事をしている人などに会ってみましょう

すると自分が持っていない刺激がもらえますし何かの発見があるかもしれません。

仕事をしない選択肢を持つ

仕事をしなければならない。

この考えが誰が決めたのでしょうか?

たぶん、誰かが決めたわけではなく自分で決めている意思となりますが、仕事をする意味が分からない、働きたくないと思っているのならば仕事を思い切って辞めてみましょう

仕事を辞めてみると思わぬ視点が見つかったり、中には違うやりたい仕事が見つかったりする可能性も高いです。

長期の休みになったり、体調不良で一週間程度休むと「働きたい」「働かないと」とそわそわした経験をしたことがある方もいるでしょう。

たぶん何もしない生活をするとすぐに飽きてしまうので、そんな風に思い悩むならば一度視点を変えてみると良いかもしれないですね。

将来の財産をつくる

これは私の持論なのですが、仕事をする意味、働く意味としては「将来の財産をつくる」ためにやっていると思っています。

もちろん仕事をしていくうえで人間関係を築いていくことになりますし、友人や違う会社の人と親友になれるかもしれません。

仕事や働くということに悩んでいても、60歳を過ぎると働きたくても働けないという状況になりえる可能性もあります。

私の周りに対照的な定年退職をした2人の男性がいます。

もちろんどちらも仕事を全うしてきた人たちなのですが、1人はコツコツと今でも些細な仕事をしていますが仕事に打ち込みすぎてしまい趣味が仕事という人です。

しかし、仕事にあまりにも打ち込みすぎてしまった結果友人も少なく趣味もなくただ仕事の名残のような老後を送っています。

それに対してもう1人は仕事をしながらも趣味をたくさん作り友人もたくさんいて定年退職後は趣味に没頭したり昼から飲みに行ったり、孫と遊んだり充実した老後を送っています。

私は後者のように楽しい老後が過ごしたいと思いますので将来の財産を作るために働いています。

もちろん人によって考えはそれぞれですので参考程度に思っておいてください。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka管理者 taka

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げや集客、営業などをやってきた異色の男性保育士。

保育園の主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャーなどを歴任して今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談に子供関係の仕事と、WEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る