早期教育のメリットデメリットと弊害と効果とは?いつからすべき?

早期教育にはメリットデメリットがあります。

幼少期から勉強をたくさんさせることで賢く育てたいと思うママとパパがいるのですが難しいポイントもありますね。

早くからいろいろな勉強をさせるべきだという意見もあれば、幼少期はのびのびと自由にさせるべきだという意見もあるためです。

なぜならば、日本は典型的な学歴社会のため子供には早いうちから勉強をさせてどんどんと新しいことをしていき頭を良くして将来を明るくしたいという気持ちはあるからです。

この記事では子供の早期教育について書いています。

記事を読み終えることで子供の早期教育の効果と弊害、メリットデメリットが分かります。

※幼児教室の教室長が実際に幼児教室で指導をしてきた経験を含めて書いています。



早期教育のメリットデメリットと弊害と効果とは?いつからすべき?

早期教育とはどんな教育なのか?と気になる方もいると思いますが、その名前の通り早くに教育をしていくことです。

例えば、子供が小学校へ行く前にひらがな、カタカナ、漢字も少し書けるようになったり、3歳で足し算がとけたり、小学校へ入る前に繰り上がりの足し算や繰り下がりの引き算ができたり。

こんな風に本来は小学校へ通ってから習うようなことを幼児期と呼ばれる幼稚園や保育園へ通っているうちに学んでできるようにすることを指しています。

つまり、上の年齢や学年でするようなことを早いうちに勉強をして習得することを「早期教育」と呼んでいますね。

早期教育は必要なのか?【弊害も多いの?】

早期教育って必要なのか?と問われると正直難しい点もあります。

その理由としては、早く勉強をすることに越したことはないかもしれませんが「子供の脳はついていけない」「あとで弊害がでる」なんていわれることも多いのは正直なところ・

確かに偉い人の論文などを見ても反対の意見が圧倒的に多くなっていますね。

早期教育不要論として話をしている人もいれば、早期教育はとても効果が高いのでやるべきという人もおり正直どちらかわからないですが子供の大脳を刺激することによりかなりメリットがあるといわれているのは正直なところです。

もちろんいろいろな意見や考えがあるのは当たり前なので、次に私が実際に幼児教室で指導をしてきた経験の中で早期教育のメリットデメリットについて書いていきたいと思います。

いつから教育を始めるべき?早期はどうなの?

実は幼少期からお金をかけることにより子供が将来良い人生をあゆむといわれています。

これは実験でも紹介をされていますので、早い方が早いほど良いといわれていますね。

幼少期に投資をするメリットについては子供がお金持ちやお金を稼ぐようになる方法とは?幼少期の投資が重要に書いていますので参考にしてください。

早期教育のメリット4選は効果が高い【幼児教育から始めるべき】

ここからは早期教育のメリットデメリットについて書いていきましょう。

私は幼児教室へ勤務をしていた経験もあり、子供達に実際に教える機会を経験してきました。

幼児教室とは小学生に低学年くらいまでの年齢に子供に対してお勉強を教える場所で、早期教育としているところが多いです。

早期教育には賛否両論ありますが、メリットも多いというのは私も実際に指導をしてきて感じたことです。

まずは早期教育のメリットについて書いていきましょう。

1.勉強に余裕ができる

早期教育の最大のメリットは「勉強に余裕ができる」ことです。

本来はもっと上の年齢ですべき内容を小さなうちから経験することになりますので、結果的には早い段階から勉強をしていくことになります。

そのため、学校で学ぶべきことはすでに終わっているのでどんどんと勉強先に進めていきます。

より難しいことを勉強していくので学校の成績はもちろん良いですね。

余裕ができるとさらに新しいことを学ぶ余裕ができるので効果も高いでしょう。

2.他の習い事に行ける

勉強に余裕ができるため他の習い事へいく余裕ができます。

たしかに幼児教室へ通っている子供の多くは勉強のために2~3箇所くらいの習い事へ行っておりさらにプールに体操、スイミングなどいろいろな習い事をしていました。

学校の勉強がすでに終わっているため余裕もあります。

すると宿題などもすぐに終わるので他の習い事にも力を入れられるという点は大きなメリットといえます。

3.高度な教育ができる

早期教育をすることにより基礎よりも上のことがすでにできるようになっています。

そのため、より高度なことが学べるようになっています。

日本では飛び級制度というものがないため小学校1年生の時点ですでに6年生くらいの勉強ができたとしても1年生からの義務教育へ通わなければなりません。

しかし、塾などへ行けばどんどん難しいことを学べるので高度な教育を習得することができます。

4.テストに強くなる

塾のテストはレベルに合わせて出されますが、学校になるとそもそも内容はとても余裕があります。

学年相応の問題などは間違えることもありませんのでミスなく勉強をすることが可能ですのでテストの点数が良いのは当たり前。

もちろん成績もよくなる傾向にあります。

特にテストの点数は如実にでてきます。

私が教えていた小学生はテストの点数がほぼ100点ですし、成績も常に上位をとっていましたし私立のように勉強を早く進めていく学校でもちゃんとついていくことができていました。

デメリットも多い早期教育!弊害と4つの問題点

早期教育をすることによりメリットはあるのですが、その反面デメリットもあるのは正直なところです。

本来は子供の脳と活発化させ成長をさせていくことが大事ですしメリットもありますが早期教育による弊害として起こるデメリットについても書いていきましょう。

1.勉強が嫌いになる

早期教育をしていて多いには「勉強が嫌いになる」というケースです。

もちろんその逆にめちゃくちゃ勉強が好きになる子供もいるのですが、早く勉強をどんどんと学んでしまい飽きてしまうケースですね。

特に勉強を徹底させる教育ママの子供に多いのですが「本当はサッカーが習いたい」「勉強したくない」と思ってても強制的にやらされているので面白くないというのが正直な点です。

勉強が嫌いになり早期教育で得た余裕をすべて使い果たしてしまうケースもりますので持ったないことになってしまいますね。

2.できる人間だと勘違いをする

早期教育の最大の弊害は人間性が崩壊してしまうことだと思っています。

早くから勉強としていることにより「私は勉強をができる」「賢い人間だ」「勉強できない奴は馬鹿だ」というように勉強が少しできるがために他の人を見下したり、自分は偉い人間だと勘違いをしてしまうケースです。

そうなるとかなり大変なことになってしまいますし最悪いじめられたりしてしまうこともあります。

勉強も大事ですが、それと同時に人間教育も大事にしてくれる教室へ通ったり、ママとパパがしっかりとコントロールをしてあげましょう。

勉強だけの子供に疑問を感じることも多かったので私は人間性に関しても指導をするように心がけていました。

3.子供がストレスを感じる

早期教育は良いのですが、それを自ら望んでしているのならばよいと思います。

そうではなく、親のエゴや「将来医者になって父の病院を継がせなければならない」「この子は絶対に会社の跡継ぎにしなければならない」などプレッシャーのある中ですると子供は勉強を押し込まれることになります。

そのため、よく考えてさせなければストレスを感じてしまい以下のような症状が現れることもあります。

・体調を崩しやすくなり、メンタルも弱い子供になってしまう。

・切れやすい子になってしまう

・自己肯定感が育めない(自分を承認する気持ち)

・親子関係を壊してしまう可能性

ストレスから子供に悪影響を及ぼす可能性もありますね。

4.勉強以外のところが未成熟になる

早期教育により勉強はできます。

しかし、ほかの部分に関しては落ち込んでしまいがちです。

例えば勉強はできるけれどもコミュニケーションが苦手で友達が少ない、運動が苦手、音楽ができないなど勉強だけができる子どもになってしまいます。

もし勉強ができなくなったらその子供には何も残らなくなってしまいますね。

早期教育の弊害はを避ける方法

特にデメリットの部分は早期教育による弊害だと思います。

これを避けるためには子供に「勉強がたのしい」「学ぶことって楽しい」「もっと勉強したい」と本人に感じさせることです。

子供は興味があること、体験したいことなどがあればとても前向きに頑張ってくれます。

そこをうまくやらなければ「勉強が嫌い」「思春期にあれて手も付けられない」ということになってしまいますので気をつけましょう。

早期教育のメリットデメリットのまとめ【弊害と効果を理解しよう】

早期教育を実際にしてきた経験を通して感じたことは、「子供自身による」と感じます。

子供によってメリットがあればデメリットもありますし個性も異なります。

教えてきて感じることは早期教育に向いている子供と向いていない子供がいるということ。

勉強をしていくセンスがあり、向上心がある子供ならば早期教育をしてより他のことにも力を入れていければよいと思います。

しかし、勉強に向いていない子供に早期教育をすることはその子供にとっては「地獄」でしかありません。

個人的な意見としては「子供を見極めて」あげて欲しいと思いますし、無理矢理させると将来弊害がでる可能性が高いので勉強以外の才能見出してあげても良いかなと思います。

人気記事 → 子供の青汁ランキングおすすめ3選と効果【幼児向け美味しい飲み方】

人気記事 → こどもちゃれんじの口コミ評判はどうなの?入会退会と料金と紹介制度

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る