小学生の読書感想文のコツは4つの構成と書き方!おすすめの本も紹介

子供の宿題で多い読書感想文

これって文字数も決まっているとただダラダラ文字を書いただけで終わってしまうなんてことになっていませんか?

もちろん小学校の低学年ならば単純に本を読んだ感想を書けばよいのですが、小学生中学年くらいになれば構成をしっかりと考えて書くととても良い読書感想文になります。

正直私も国語が苦手でいつも読書感想文を書くことがうまくいかないこともあったのですが、コツやポイントをしっかりと抑えれば誰にでも書けるものなので構成や書く順番など読書感想文について書いていきましょう。



読書感想文の書き方

そもそも読書感想文というものを理解しておかなければよい文章は書けません。

読書感想文の意味を年のために書いておきます。

読書感想文とは「本を読んだ感想を文章にすること」です。

特に小学校の夏休みや春休みなど長期の休暇の際に出る宿題となっており、中学生くらいになるど小論文という言う方に変わってきます。

読書感想分を上手に書いている子供の様子をみてみると読解力が高い子供。

つまり、本をしっかりと読んで内容を理解して自分の中に落とし込めている子供はとても上手に読書感想文を書けています。

あと読書感想文を書くコツは読み終わってからできるだけすぐに書くようにしましょう。

書き方は4つの構成で考える

読書感想文を書く際に大事なことは「構成」です。

いきなり読んだ本の内容について書きだしても正直何が言いたいのかわかりません。

そのため、読書感想文を書く際に以下の4つの構成で書いていくとわかりやすいです。

1,本を読んだ(選んだ)きっかけ

2,本のあらすじ

3,本を読んで考えたこと、感じたこと

4,内容のまとめ

こんな風に書くと読書感想文としてとてもまとまってわかりやすくなりますので詳細を書いていきましょう。

1,本を読んだ(選んだ)きっかけ

まず一番最初の導入です。

あなたが読んだ本を選んだ理由になります。

作者が好き、好きなジャンル、面白そうだったから、表紙の○○がきになったなど何でもよいので本を選んだきっかけになったことをかきましょう。

しかし、「なんとなく」「ママが言ったから」「手にとったら楽しそうだったから」といういい方はダメです。

星の数ほどたくさんある本の中からあなたが選んだのだからきっと何らかの理由があるはずなので、その時の気持ちを思い出して書いてきましょう。

もちろん話題になっているから、友達に勧められたなどの理由もあると思います。

理由はそれぞれあると思いますので、あなたがこの本にしたいとおもった理由をしっかりとかきましょう。

2,本のあらすじ

次の本のあらすじを簡単に書きましょう。

ここで大事なことが本を読んだときに理解力や読解力で、本を知らない人が読んでもわかりやすく書けるようにすることが重要となります。

正直、ダメな読書感想分は本のあらすじが延々と書かれているのですが、それではダメです。

この本のあらすじの部分は5~7行程度に抑えておきたいところです。

ここまでで読書感想文の30~40%程度にしておくとよいですね。

3,本を読んで考えたこと、感じたこと

読書感想文の最大の山場はです。

本を読んだ考えたことや感じたことを書いていく部分でもありますね。

もっとも力を入れる部分で読書感想文の40~50%程度は書くことンなります。

おもしろかった部分、感動をした部分、考えさせられた部分など感情に訴えられた部分を書き込むともっともわかりやすいといえますね。

ただし、「○○に感動をした」ではなく「○○という部分に○○と感じたから感動をした」とできるだけ具体的に書くと相手にも伝わりやすいでしょう。

他にも一番印象に残った部分を書いたり、登場人物になりきって自分ならこう考える、こう行動をするなんて考察もおもしろいです。

本を読んで思ったこと、感じたことをまとめて書いていきましょう。

4,内容のまとめ

最後の締めの部分です。

ここは読書感想文の20~30%程度を書く部分となっており、この本を読んだことにより自分はどのようにかわったのか?

など本から感じたこと、学んだことなどの感想を書きましょう。

本を読み終わって感じたり、考えたりしたことをこれからの生活にどのように役立てていくのかについても書くとわかりやすいでく良い読書感想文の特徴でもあります。

また、3の考察でほとんど終わってしまう場合もあります。

そんなときには感想を書くことで苦労をしていること、本を選ぶときに苦労をしたことなどを書いても面白いです。

まとめは読書感想文の良し悪しを左右する部分でもありますので最後までしっかりと書きましょう。

コピペはダメ

本にはコピペができるサイトなどがあります。

しかし、やはり人が書いている読書感想文とは違っており句読点の打ち方、文章の書き方などが違うため学校の先生も簡単にわかってしまいます。

リライトをしてもクラスに同じような文章をかいている友達がいると簡単にバレてしまいますのでコピペはやめておきましょう

読書感想文の意味とおすすめの本!本選びのコツとは?

読書感想文を書くときに大事なことは「子供が興味のある本を読んでいること」です。

中にはママやパパが「読みなさい」と渡した本を読ませるなんてこともありますが、それでは子供も楽しんで読んでいないため文章も伝わらないものとなってしまいます。

読書感想文のコツはキモとなる部分は子供が興味のある本を選ぶことからはじまっていますので、ここからは子供の本選びのコツやおすすめの本を紹介します。

本選びのコツ

そのため、読書感想文で本の指定がなければ本選びはとても重要です。

どんなに良い読書感想文を書ける能力をもっていたとしても、本がしっかりと読めなければ意味もありません。

そこで子供の読書感想文に最適な本の選び方を書いていきましょう。

本選びのコツは以下の3つのポイントを理解知ればわかりますので、あなたの子供について考えてみましょう。

・本を日ごろから読んでいるか?

・本はコツコツを読めるタイプか?

・どんな話が好きか?

詳細について書いていきましょう。

長い本を日ごろから読んでいるか?

本は子供の性格がでます。

もちろん遊ぶのが好きな子供もいれば、外で走るのが好きな子供、本を読む、裁縫をするなど子供にとって興味のあることは様々です。

その中で大事なことは本を普段から読んでいるか?という点です。

これは大人も同じことがいえるのですが、普段から本を読んでいるならば太い分厚い本でも読むことができますが普段から本を読んでいない人が分厚い本を読むことはできません。

そのため、普段から読んでいるのか?という点は重要になります。

あまり読まない。普段から読もうとしない。という場合には本を選ぶ際に分厚いものは避けておく方が良いでしょう。

本はコツコツを読めるタイプか?

本はコツコツ読める子供もいれば、コツコツ読めず夏休みの間に読める子供もいます。

そのため、コツコツと読める子供ならばある程度本に厚さがあっても大丈夫ですが、コツコツと読めない子供にとっては分厚い本は苦痛でしかなく内容なんて入ってきません。

そのため、日ごろの子供をみて普段から読んでいるかタイプを見極めておくとよいでしょう。

どんな話が好きか?

あとはどんな話が好きなのかを見ておきましょう。

読書感想文を書くとなった際に「物語」なのか?「伝記」なのか?など小学生の子供が読む本に関してもいろいろな種類があります。

子供が好きなタイプの本を選ぶ、もしくは一緒に本屋へ選びに行くと良いでしょう。

あくまでも子どもが読める本を選ぶことが重要です。

本が苦手。嫌いという子供の多くは普段から本に慣れていないため厚さがあると嫌煙をしてしまい、本を読まないということになってしまいます。

それを避けるためにも上記の3つのポイントを考えて子供に最適な本選びをしましょう。

小学生におすすめの絵本

ここでいくつか小学生向けの本を紹介します。

子供は読みやすく人気の本ですので、何にしようか迷ったら一度書店へいって実際に目でみて選んでみましょう。

低学年向け

低学年は一般的に1年生から3年生までのことを言います。

この学年の子供達は長い文章を追って内容を理解することが難しく感じることもあります。

そのため、1人で読める文字数は少なめの本を選びましょう。

きつねでんわボックス

山のふもとの電話ボックスで、遠い町に入院するお母さんに電話をかける人間の男の子と、子どもを亡くした母ぎつねの、出会いと心のふれあいを描いた物語です。

母ぎつねが次第に心を癒やされていく様子や男の子の心情が描かれている少し寂しいお話です。

しろいえほん

デンマークを中心に世界で活躍するダンサー兼舞台芸術家でもある、もりこういちろうの絵本です。

何も描いていない白い本を見つけた男の子が、今まで見たこともない新しい世界や個性に出会い、それを受け入れる心や優しさに包まれていくお話です。

すばこ

さまざまな素材や形、大きさがある「巣箱」は人が作った鳥の家のお話です。

自然科学分野の絵本や読み物を多く手がける著者が、細部まで描かれたグラフィカルな絵とともに、巣箱の起源を描いた美しい絵本です。

高学年向け

次に高学年向けの本を紹介しましょう。

高学年は主に4年生から6年生くらいまでの学年のことを指しており、知的好奇心や情緒が急速に発達をする時期です。

長い本でも目で文章を追っていく力が身に着くので夢や希望、素晴らしい生き方など人など自分以外の他人について書かれている内容はとても良い時期ですね。

夜の小学校で

桜若葉小学校の見回りの仕事をすることになった主人公の青年が、夜の学校で起こる奇妙な出来事を日記形式で描いた作品です。

愉快な話、不思議な話、考えさせられる話などいろんな感情を感じ取れる話となっています。

劇団6年2組

卒業前のお別れ会で「シンデレラ」の劇をやることになった6年2組。

初めての演劇に四苦八苦するメンバーに意地悪を言う男子がいたり、役のなり手がなくて男子が女性役をしたり、演劇中にハプニングが起こったりますが、最後がクラス全員がひとつに向かっていく成長を見る感動のはなしです。

二分間の冒険

6年生の主人公・悟が学校の体育館をぬけだして、不思議な黒ネコに出会った瞬間から、たった2分間。

そこからながーい物語になるとても楽しい物語。

仲間との協力、初恋、自分探しなど奇想天外な出来事がある面白い本です。

もちろんどんな本でもよいですが、ここで紹介をしている本は読書感想文も書きやすく子供にも人気の絵本なのでぜひ読んでください。

→ 自由研究は簡単!小学生が夏休みに解決する方法とテーマとまとめ方

 

読書感想文のまとめ

読書感想文は小学生の大変な宿題の1つです。

しかし、日本で生きていくため、勉強をしてくためには通らなければならない大きなものです。

本を読むことにより文字が学べますし想像力も付きますのでよい機会でもありますし、読書感想文がきっかけで読書隙になったという子供もいますのでぜひ頑張りましょう。

読書感想文は学べることも多いですが、書き方にはコツがありますのでここの構成を参考に書いてみましょう。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る