子供の英語の教え方は4項目が重要!いつからレッスンすべき?

子供の英語の教え方はどのようにすべきなのでしょうか?

これからの子供達は英語が使えて当たり前、自由に世界の人と会話ができて当たり前という時代が来るでしょう。

もちろんいきなり英語が話せるようになるわけではありませんが、コツコツと英語を勉強していくことにより徐々に話せるようになるものです。

英語を覚えさせるためには「英会話教室へ通わせる」と一番に考えるのですが、「本当に効果があるのか?」「英語を話せるようになるのか?」「日本語と混同しないのか?と言う難しい問題もあります。

そこで、子供が英語を話せるように、好きになれるようにするための教え方について書いていきましょう。

私はインターナショナルスクールの園長経験があり、たくさんの子供達の英語教育にも携わってきましたし、私自身も勉強をして外国人と意思疎通くらいは取れるようになりましたのでその経験も書いていきましょう。



子供の英語の教え方と教室はいつから?2020年に変わる英語教育

英語を子供に話せるようになってほしいと感じるママやパパが多いです。

特にこの数年は多くなっており「英語教育を学ぶこと」を当たり前のように感じている方が多いですね。

その背景には以下のような理由があるようです。

・親が英語で苦労をし、勉強に時間がかかったので子供には苦労をかけたくない。

・2020年の教育改革により英語の授業が大きく変わり、英語力がこれからかなり求められます。

・世界へ簡単に行ける時代になり、英語くらいは身に着けてほしいと思う親が多くなった。

この辺りの理由があり、特に2020年の教育改革で小学校と中学校の英語教育が大きく変わることになります。

子供の英語改革!2020年問題

何が変わるのかというと、今の子供達の英語教育がより低年齢化をされるということです。

例えば、今の英語教育は5、6年生から始まるのですがそれが3、4年生から始まるようになります。

また内容もスライドする形となり小学校5、6年生で学ぶ内容を小学校3、4年生で。中学校で学ぶ内容を小学校5、6年生で。高校で学ぶ英語を中学生でとより高度な英語を学ぶことになります。

次に英語は中学校から成績がつくのですが、2020年からは英語の成績が小学校5年生の段階でつくことになります。

あとは中学校の英語の授業は基本的に英語で行われるようになり、日本の英語教育の偏った「読む」「書く」だけだった試験内容から「話す」「聞く」も加えられる4技能を求められることになります。

つまり、子供にとっても英語能力の獲得は必須ですしより求められることになります。

5、6年生になると成績もつくことになりますので英語は早い段階から教えておく方が良いでしょう。

教室にはいつから通うべき?

じゃあ急いで英語教室へ通わなければ!と思う方もいますが、英語教室へ通うとなった際に気になることが「日本語との混同」です。

例えば、日本語も話せないのに英語を話せるようになるのか?子供は英語と日本語混同しないのか?と言う点です。

これについては「大丈夫」です。

子供の脳は大人と比べても柔軟で、英語と日本語のテレビチャンネルのようなものを頭の中に用意できますのでその都度自然に切り替えることができます。

そのため、早い段階から英語教室へ通っても良いでしょう。

ただし、母国語である日本語はきちんと話せる時期の方が効果は得やすく目安としては2歳程度が理想です。

もちろん0歳児から英語教育をして「英語に慣れる」「英語に親しむ」というのはとても良いことですし、それは逆にしてほしいことです。

あくまでも0歳~2歳になる前は「英語の基礎の基礎作り」であり、2歳からは英語を少しずつ覚えていく時期とおもっておきましょう。

英語ばかりの問題点

もちろん中には両親が英語を話せるため、英会話教室へ通わせるのはもちろんですが自宅でも英語を使うという環境に置くケースもあります。

ママもパパも流ちょうな英語を使うことにより子供にとって良い効果を得られることは間違いないのですが、これは問題点もあります。

そもそも子どもに英語ばかり聞かせておけば英語が話せるようになる。

これは当たり前のことで、外国人の両親が英語しか話をしない環境に子供を置いた場合は自然と英語がつかえるようになります。

しかし、英語ばかりで英語漬けの環境にすれば英語は理解できたとしても日本語が理解できないという弊害もあり国語力は驚くほど落ちますので日本語と英語のバランスは大事です。

日本語が通じない2歳児

実際に2歳児の子供を預かっていたときにお父さんがオーストラリア人でママは日本人だったのでハーフの子供がいたのですが仕事の関係でこれからはずっと日本に住み日本の学校へ入学をさせるということでした。

そのため、インターナショナルスクールへ通って普通の小学校へ行こうと考えていたのですが、英語の指示や言っていることはもちろん伝わります。

しかし、日本で生活をしていくのに日本語がわからない。そして英語のみの理解では子供にとっては何のメリットもありません。

もちろん海外で住むのならば問題はないのですが、英語ばかりを覚えるとなると全く意味もありませんので母国語は大事ですよ。

母国語が基本で英語も同じレベル

英語の環境へ入れれば子供が急に英語を話せるようになると思っている保護者も多いのですが、そんなことはありません。

何よりも大事なことは母国語である日本語をきちんと扱えることです。

日本語がある程度扱えるようになり、それが英語として話せるようになるのです。

「赤いリンゴ=red apple」「あっち行きたい=I’m go to parkなど」(正しくはI want to go to the park)と単語を言ったり文章を並べたりと子供なり英語を話そうをします。

何よりも母国語の獲得をすることが英語を覚えるためにも大事です。

今後海外に住むのならばよいと思いますが、日本で暮らしていくならば致命的な問題となるかもしれません。

→ 子供の英語はいつから?英語の教育に関する情報のまとめ

子供の英語の教え方は4つの項目が重要

英語を学ぶために大事なことは5つの項目を守ることです。

この5つの項目をバランスよく学ぶことにより子供の能力が伸びていくことになります。

もちろん会話だけならばすべてが必要ないですが、英語を学んでいくのならば4つの項目が教え方として大事なポイントです。

しかし、4つの項目をすべてやれば英語が上手になれるわけではありません。

実は英語を学んでいくために一番大事なことは「英語を楽しむ」ことです。

英語を楽しんで学ぶことにより子供自身がどんどんと吸収をして英語を話すようになりますので効果も高いでしょう。

聞く

聞くというのは英語のリスニングという部分です。

日本人が最も苦手としている分野で英語を聞き取れない、何を言っているのかわからないという点がとても問題なのです。

そのため、英語の先生と会話をしたり短い単語で話かけてもらったりすることで英語の聞き取る力がついてきます。

もちろん最初は簡単なことから学べばよいのですが、英語を聞いていろいろな英語をインプットすることが良いことです。

英語を始める年齢にもよりますが、1歳や2歳の前半の時期は英語をインプットする時期であると言われています。

子供の英語は日本語と同じように爆発的に一気に英語を話すことになりますのでこのインプットの時期はとても大事ですし、年齢を叶寝てもリスニングにより英語を聞くことはとても重要です。

話す

次に聞いた英語を口に出すことです。

大人になって英語を学ぶととにかく話すことが苦手です。

日本人に多いには「正しい文法で言わなければ恥ずかしい」「間違った英語はダメ」「日本語と同じ並びで会話をしてしまう」と言う点です。

しかし、子供の場合は文章はバラバラでも言葉で伝えようとする気持ちをもっていますし、知っている単語だけ並べて英語を伝えようと頑張ってくれます。

聞く(リスニング)をした英語を話すこと。

つまり、アウトプットをすることにより英語の力はぐっと伸びますのでインプットをしてアウトプットをするという繰り返しでも子供の英語能力は伸びます。

書く

聞く、話すということができたら次は書くことをしましょう。

最初はアルファベットのAから書くことができれば良いです。

アルファベットを書くことに慣れてきたら簡単な単語を口に出しながら書いていくことで発音と書く(ライティング)を一緒に学べます。

あとはアルファベットの発音であるフォニックスなどで各単語の発音を学ぶことにより英語が読めるようになってきます。

読む

ライティングをすると徐々に読める単語も増えてきて効果を発揮してくれるようになります。

読めるようになると英語をどんどん口にするのでアウトプットの機会も増えていきます。

先ほども伝えたようにアウトプットはとても重要ですし、インプットもとても重要ですね。

英語の絵本をすらすらと読んでいる子供の姿をみると力がついてきたなと感じます。

英語の教え方は継続することが一番

このように英語の教え方で大事なことは「継続する」ことです。

英語を教える、勉強をするときに難しく感じることもあるかもしれませんが、基本はこの4つでレベルが上がっていくだけです。

子供が小さなうちは聞く、話すの2つのサイクルを回すことになりますが3歳を過ぎて鉛筆を持てるようになったら次は書く、読むということを徐々にはじめていきます。

年齢はあくまでも目安なので、子供によって異なりますし英語に関して持っている能力に左右をされますがいきなり英語を話せるようにはなりません。

上記の4つのサイクルを継続して学んでいくことが重要です。

子供に英語を学ばせる方法!教え方は週何回が理想?

ここまでは英語教育の重要性と、英語の教え方や学び方の大事な4つの項目について書いてきました。

次に大事なことしてどこのでどのように英語を学ぶのか?と言う点です。

最近は日本でもいろいろな方法で英語を学べる機会がありますので、学び方について書いていきましょう。

英語教室へ通う

一番簡単に英語を学ぶのならば「英会話教室へ通う」と言う方法です。

大手の英語教室だとECCやAEONなどがありますし、子供だとたくさんの英会話教室があります。

そこで英語を学ぶことにより習得は可能です。

ただし、英語教室を選ぶ際には日本人ではなく外国人がいる教室を選ぶことが重要です。

やはり活きた英語を学ぶためには日本人ではない英語を話せる人物を会話をすることがとても重要です。

1歳や2歳くらいの年齢でも英語を学べる機会ですのでメリットも高いでしょう。

通う回数の目安

子供が英語を学んでいくために大事な英語教室ですが「理想は週何回通うこと?」と聞かれることがあります。

理想は毎日です。

インターナショナルプリスクールに通っている子供の多くは毎日通っており英語の環境にいる時間もとても長いです。

そのため、毎日いろいろな英語に触れることで効果を発揮しています。

月に週〇回とは一概に言えませんが、週に2時間を3回くらいが理想ですね。

一回1時間のレッスンだと聞いて、話して、ダンスしてくらいで終わりになってしまいますので効果は薄くなってしまうでしょう。

週1回1時間ではほぼ意味がないといえます。

オンライン英会話

次にインターネットを使ってオンライン英会話をすることです。

オンラインなので気に入った先生を話をすることで英語の力が徐々に身についてきますし、ママやパパもそばについて子供が学んでいる様子を見ることができます。

ただし、オンラインの英語はパソコン内ではなせる年齢にならなければ意味がありませんので小学生以降がおすすめの年齢です。

また、英語の基礎ができており英会話に特化をした方法なのでリスニング、スピーキングを鍛えるには最適な方法ですが書く、読むという行為は不向きです。

英語教材を使う

一番最初に興味を持たせるならば英語の教材を使うことです。

英語の教材はいろいろとありますが、ディズニーなどは有名ですね。

他にもアプリを使ったり、動画を見せたりすることで英語に触れられますが、正直あまり意味はありません。

インターナショナルスクールにはディズニーの英語など継続的に英語教育を学んできた子供がたくさんいますが、たったの数か月インターナショナルスクールに通うだけでも劇的に英語は変わります。

教材や通信販売の英語教材などは「英語に親しむ」「英語に触れる」程度ならばよいと思います。

子供の英語の教え方のまとめ

子供の英語の教え方について書いてきました。

もちろん子供の環境や学び方によって異なる部分はあるのですが、何よりも大事なことは「英語を楽しむこと」「好きになること」です。

これがない子供はどんなに最高の英語教育を提供しても意味がありません。

英語が好きになればどんどんと吸収をしてくれるようになりますので、幼い子供は英語教室へ行き英語を学べる環境を整えましょう。

私も英語はある程度できますがまだまだです。

しかし、外国人と英語で電話をしているだけでも子供はとても興味を持ってくれますし、習いたいといって英会話教室へ今は通っています。

英語はこれからの子供には必須なので環境を整えてあげましょう。

 

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る