3歳の自転車は何インチ?選び方のコツと子供に人気の自転車3選



サイズが難しい3歳の自転車

子供が生まれて最初は三輪車などで過ごすことになるのですが、3歳くらいになると自転車デビューを考える時期です。

私も娘も3歳で幼稚園の年少になるときに自転車を購入したのが始まりでしたね。

その時に迷ったことが「何インチを購入すればよいの?」というサイズの悩みです。

そして、自転車のインチ問題は子供が大きくなってもずっと続いているような状態となりますのでここでは3歳の自転車のインチについて書いていきましょう。

もちろん祖父母からのお誕生日プレゼントとして贈るケースも多いので自転車のインチに迷わないかと書いていきましょう。

3歳の自転車選びのポイント

そんな3歳の自転車ですが、デビューへ向けて大事なことは自転車のサイズになります。

大きいと上手に乗れませんし、ちょうどのサイズを購入してしまうとすぐに乗れなくなってしまいます。

そのため、できれば自転車には一度試乗をしてから乗るのが一番良いですね。

他にも以下のようなポイントがありますので書いていきましょう。

・ブレーキはしっかりと効くか?

・ハンドルは握りやすい形や形状をしているか?

・車体が重たすぎず子供でも動かせるか?

・自転車安全マークはついているか?

こんな風に何よりも3歳の子供が安全に自転車を楽しめるようにしてあげることはとても大事なのでしっかりと見ておきましょう。

ブレーキは握りこめるものを選ぶ

中でもブレーキはとても大事です。

しっかりと握りこめるものを選べば問題はないのですが、中にはブレーキが硬くて握りこめないものもあります。

安価なものほど安全性や子供の運転のしやすさという点では少し危険な面もあるので、一度試乗をして握りこめるものをキチンを選んであげると良いでしょう。

ブレーキは子供が一人で乗るようになっても命を守るための大事なレバーですし人にケガをさせないためにも大事なポイントです。

ブレーキだけは子供がしっかりと握れて止まるものをえらびましょう。

補助輪は必須

また自転車デビューをする3歳くらいの年齢の子供は補助輪なしでは自転車に乗れません。

そのため、補助輪付きのものを購入しておくべきです。

また、子供が小さいとなかなか進まないということもありますので手押し棒がついているものがあればベストですね。

娘には手押し棒がついているものを購入しましたが、自転車で遊びにいって疲れてしまったときにでもすぐに動かせましたし、運転をすことができるので子供の運転に任せて変なところへ行かない安心感も高かったです。

ヘルメットも購入しよう

あと3歳の子供だと運転が上手にはできませんし、今まで乗っていた三輪車とは比べものにならないくらい安定性は悪くなります。

そのため、ヘルメットはかぶらせておくとよいでしょう。

その理由は頭を守るということです。

平成20年6月1日、道路交通法改正で幼児および児童(13歳未満)に「ヘルメット着用努力義務」が施行されました。

実は自転車事故の約6割は頭部の怪我といわれており、子供は大人に比べて頭が重いため、転倒しやすく怪我のリスクが高まりますので大きなケガにしないためにもヘルメットはかぶらせておきましょう。

昔は本当の工事現場のようなヘルメットが主流だったのですが、今はおしゃれでかっこいいヘルメットもたくさん販売をされていますので好みのものをえらびましょう。

自転車保険にも入ろう

また子供を自転車に乗せるようになったら自転車保険には必ず入りましょう

自転車は車やバイクと同じように道路を走るものです。

そのため、自分がケガをすることもありますが誰かをケガさせたり車など大事なものを傷つけてしまう可能性もあります。

過去にこんな賠償問題に発展をしたケースがあります。

男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。(神戸地方裁判所、平成25(2013)年7月4日判決)

(引用:価格.com保険「自転車事故の賠償事例」)

なんとこの事故で9521万円の賠償命令が子供の母親に課されました。

小学生の事故でもこのように取り返しのつかない事件になるケースもありますので、万が一のための保険には入っておきましょう。

値段は月々500円くらいのものなので、自転車デビューと同時に入っておきましょうね。

もちろん学資保険などへ加入をすると一緒に入っているケースもありますのでチェックしておきましょう。

→ 学資保険のおすすめは返礼率が高いサービス!月々いくら払うのか?

3歳の自転車のサイズ

では、次に3歳の自転車のサイズの選び方について書いていきます。

自転車を選ぶサイズでインチというものが出てきますが、このインチというのはタイヤのサイズになります。

インチは自転車のサイズではありませんのでご注意を。

インチが大きくなれば自転車もそれに比例をして大きくなりますので覚えておくとよいですね。

ちなみに3歳の平均身長は85~105cm程度となっていますので、自転車のインチの目安は12~16インチ程度となっています。

ただしあくまでも目安ですタイヤのインチはあっていてもメーカーやブランドによってサイズも異なることもありますので注意をしましょう。

自転車のサイズの目安と年齢

では、次に自転車のサイズの目安について書いてきましょう。

体が大きくになるにつれて徐々に大きくなります。

あくまでも個人差がありますが年齢とサイズに関して目安となりますので参考にしてみてください。

自転車のサイズ身長の目安年齢の目安
12インチ80~105cm2~3歳
14インチ87~110cm3~5歳
16インチ95~120cm3~6歳
18インチ100~125cm4~8歳
20インチ115~130cm5~9歳
22インチ120~140cm6~11歳
24インチ125~155cm7歳以上

適正なサイズの見極め方

自転車を購入する際に最近は通販などでも販売をされていますがあまりおすすめしません。

先ほども書きましたが自転車のサイズはブランドはメーカーによって異なりますし、同じインチでも乗れるものと乗れないものがあります。

そのため、必ず一度試乗をしてから購入をしましょう。

その際に適正なサイズの見極め方としては「サドル(椅子部分)にまたがった状態で両足のつま先が地面につくようなサイズ」が適正だと言われています。

サドルを一番下に下げた際に両足がぴったりとつくサイズがベストなサイズ選びといえますね。

自転車が倒れている状態でも自分で立てられる、乗り降りができるようにするためにも適正なサイズのものを選んであげましょう。

買い替えの時期

サイズに合う自転車を購入をしても難しいのは買い替えの時期です。

もちろん3歳で自転車デビューをしてからはしばらく乗ると思いますが私も娘で迷ったことは次はいつ買い替えようか?という点です。

自転車の買い替えの時期もとても重要なので買い替えの目安についても書いていきましょう。

一般的に買い替える目安は以下の通り。

・ハンドルに膝が当たる。

・サドルを最上段まで上げた状態で地面に足をつけると膝が曲がる。

こんな風に明らかに見た目も小さいという場合は十分考えられます。

買い替えの際には1つインチを飛ばして購入をするのが一般的だといわれていますので、その際にも先ほど紹介をした適切なサイズで購入をしてあげてください。

3歳のおすすめの自転車3選

次に3歳におすすめの自転車を紹介していきましょう。

私は祖父母から娘に無印良品の自転車を贈ってもらいましたが、意外と丈夫で長く乗れたのでよかったです。

他にもおしゃれなものもたくさん販売をされていますので紹介をしていきましょう。

アルコバ 子ども用自転車


アルコバの自転車は真っ白な色を基調としている自転車が特徴となっており、軽量でママも持ち運びがしやすいと人気を集めている自転車です。

デザインはかなりおしゃれですし、手押しの棒もついていますので自転車デビューをしたい3歳にはぴったりな自転車といえます。

カラーも豊富でレッド×レッド、ブラック×ブラック、ホワイト×レッドなど定番の色からドット柄の色まで豊富にそろっている自転車といえます。

自転車デビューには安全性も高くおしゃれな自転車なのでおすすめです。

ピープルじてんしゃ

こちらのピープル自転車も自転車デビューの子供のは最適で人気のある自転車です。

地面にしっかり足が着くので安心して乗れますよ。成長に合わせてハンドルとサドルが調節でき、間隔も広げられるので、窮屈になりにくいでしょう。手押し棒は押しやすい幅広設計で、子どもを乗せたままでも楽に方向転換できます。

運転によっては手指し棒が重たいものもあるのですが、こちらの自転車はスムーズに動かせると口コミも多いですね。

大きくなっても窮屈にならない、ハンドルとサドルが伸びて間隔も広がる新設計なので成長に合わせて調節ができる点もおすすめの自転車といえますね。

ブリジストン ビッケ


ブリジストンのビッケもおすすめの自転車となっています。

日本でも有名なブリジストンは安全性でも人気の自転車となっていますし、おしゃれでかわいい子供用の自転車として人気があります。

安全に一番気を使いたいブレーキは手の大きさに合わせられるブレーキ付きで、小さい子どもでも安心して自転車に乗れます

自転車協会が制定した安全・環境基準適合車したものとなっていますのでおすすめです。

大人用も販売されていますのでお揃いにもできるという点も良いです。

どんな自転車を購入しようか迷ったら参考にしてください。

3歳の自転車のサイズのまとめ

ここでは3歳の自転車デビューの子供へ向けて書いてきました。

インチやサイズというのを知らない方も多いです。

そこで、インチやサイズを目安にして一度試乗をして購入をするとよいですね。

通販などでも販売をしているのですが、自転車はメーカーやブランドによって同じインチでも全く異なりますのできちんと乗って選びましょう。

あとは子供が好きになれるものが良いので一緒に選びましょう。

ストライダーから始めるのもアリ

もちろんいきなり自転車デビューでもよいのですが、自転車に乗る前の段階としてストライダーに乗せる方もいます。

ストライダーの良い点は両足で支えるバランス感覚を養うことができますので自転車を上手に乗るために欠かせない力を培うことができる点ですね。

そのため、自転車を4歳にしてストライダーを購入をしても良いでしょう。

私の経験は3歳で駒ありの自転車に乗せて4歳~5歳くらいでストライダーで練習をさせて駒なしの練習をすると良かったので駒ありから駒なしにする場合にはチャレンジしてみてください。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る