子育て相談はどこの誰にする?無料相談サイトや窓口サービスを紹介

子育てって本当に難しい。

保育士をしてきて子供とかかわることは本当に難しいと感じますし、自分の子供に関してはもっと難しいと感じることもあります。

そんな子育ての悩みですが相談ができる人がそばにいますか?

もちろんそこまで深くないことならば両親やママ友などに相談もできるのですが、深刻な悩みになると一人で抱えこんでしまい最終的には悩んで精神的にしんどくなってしまうなんてこともあります。

しかし、子育ては一人で解決できることは少なくいろんな人の支えがあって子供たちを育てることができるのです。

でも、友達も少ないし、ママ友にも両親にも相談できない。

そんなときには無料で電話やネットで相談ができる窓口もあるので安心をしてください。

中には電話を一本するだけで専門家が答えてくれるところもありますので「子育て相談に乗ってくれる窓口」について紹介をしていきましょう。



子育て相談と悩みランキング

子育て相談窓口はいろいろ実はあります。

実際に専門家などがアドバイスや相談に乗ってくれる窓口があるのですが、実はあまり知られていないのは正直なところ、

24時間電話対応をしているところ、メールで相談に乗ってくれるところ、カウンセリングをしてくれるところなど様々です。

子育ての悩みはいろいろと中でも多い悩みなどについてはこちらの子育ての悩みランキングTOP3!疲れてイライラしたときの対処法にまとめていますので参考にしてください。

子供は同じ子供がいないため、悩みの人それぞれ。

そして家庭環境やママとパパの育児方針によっても左右をされますので、悩みは解決をして健やかな子育てをしていきたいものですね。

子育て相談窓口一覧

そんな子育て相談ができる窓口を紹介していきましょう。

中には自治体など独自で子育て相談を行っている窓口もあります。

私も実は今でも子育て相談に乗ることは多いのですが、その時に感じることは「比べる子供がいない」「自分の子育てに自信が持てない」「やっていることがあっているのか間違っているのかわからない」というものです。

そんな些細な悩みでもママにとっては重大な悩みになりますので、気にせずに電話をしてみましょう。

では、そんな子育てに悩んだ時に連絡について紹介をしていきますね。

子育てホットライン「ママさん100番」

・TEL:03-3222-2120

・相談曜日:月曜~金曜(土日祝日、年末年始は除く)

・相談時間10:00~12:00、13:00~16:00

こちらは日本保育協会が運営をしている無料の電話相談窓口になります。

子供が健やかに成長ができるように保健師、元保育園長sなど専門家の先生が妊婦、乳幼児を対象とした子育てについて悩みを聞いてアドバイスをしてくれます。

通話料は自己負担、相談時間は一人30分程度となっていますが臂臑に丁寧に相談をしてくれると人気です。

(日本保育協会:「子育てホットラインママさん110番」)

エンゼル100番

・TEL:0800-5555-110

・相談曜日:月曜~土曜

・相談時間:AM10:00~PM2:00

こちらは森永乳業が委託をして運営をしている子育て相談窓口で、運営会社は森永コミュニケーションズと言います。

妊娠中から就学前のお子様の相談窓口となっており、病気の診断や治療に関する相談、家族関係の相談など対応できないことあります。

しかし、「おしりがあかくなって心配」「赤ちゃんの目にまつげが入ってとれない」など些細な相談から「乳首は痛くで授乳が辛い」「指しゃぶりは欲求不満のあらわれ」など深い悩みもあります。

実はこの悩みの相談窓口は1975年5月に開設しており、 44年間の相談件数は96万件(2018年11月)を超える件数となっています。

子育てに悩んでいるのならばぜひ連絡をしてみましょう。

(森永コミュニケーション「エンゼル110番」)

赤ちゃん&子育てインフォ

こちらはメールのような形で相談を投げかけるスタイルとなっており、公益財団法人 母子衛生研究会が運営をしているものです。

もちろん匿名で可能で人と話すのは苦手だけれど相談をしてみたいという方には最適な方法。

投稿をした質問に対して、専門の先生が質問に答えてくれます。

投稿だけではなく、ほかにも過去に投稿をされた悩みについても書いてあるのでそれを見てあなたの悩みが解決するかもしれません。

子育てに悩んだら一度覗いてみてください。

(赤ちゃん&子育てインフォ公式ページはこちら

ウィメンズパーク

こちらも子育てに悩んでいるママたちのためのサイトです。

話したいけれども話せない、話せる人がいない、もっと同じ状況の人と話しをしたいという方は投稿をしてみましょう。

すると、全国の先輩ママたちから返事がかえってきます。

ベネッセが運営をしているサイトで会員登録をするだけで投稿はもちろん、過去のママたちの悩みと回答を見ることができます。

また、安心材料はこちらの会員は女性限定なのでそれも安心できるポイント。

会員数も500万人をこえていますので、いろいろな考えや答えが返ってくる人気の子育て相談サイトといえます。

(ベネッセ「ウィメンズパーク」)

全国の子育て・女性健康支援センター

こちらのセンターは全国に配置をされている施設となっており助産師による電話相談が基本となっています。

各地域や施設によって相談可能な時間はことなりますね。

相談内容は妊娠、出産、子育てをはじめ、思春期、更年期、不妊の悩みなどにも幅広く対応をしています。

運営は公益社団法人日本助産師会なので、いろいろな悩みについて助産師は運営をしてくれるということになっています。

(全国子育て・女性健康支援センターはこちら

お住いの自治体 保育園

実は書く自治体や市町村でも子育てに関して相談を行っています。

基本的には電話の無料相談はもちろんですが、ほかにも役所に相談窓口が設置をされているところもありますので市町村に確認をしてみましょう。

また、最近は保育園も「子育て相談施設」として対応をしているところもあります。

外の看板などに「子育て支援員が常駐してます」みたいな文字があれば相談に乗ってくれる可能性も高いので一度問い合わせてみましょう。

子育ての悩みは抱えこまないこと

子育ての悩みは人それぞれ。

私も長男が大きなときは本気で悩むこともありましたし、今でも子育てをして悩んでいます。

これから大きくになるについれて悩みが減るかもしれませんが、それでも思春期のことにはまた悩むかも。

そんな子育ての悩みは実はたくさんの人が支えてくれる体制が整っています。

一人で抱えても良いことはありませんのでここで紹介をした先に連絡をしてみましょう。

専門家が適切なアドバイスをくれますので気持ちもラクになりますし、何よりも話せる人がいるという安心感は計りしれませんね。

 

kaoruライター

投稿者プロフィール

保育士ライフのライターをしているkaoruです。
1歳と5歳の男の子の二児の母で料理とダイソーをこよなく愛する30代!

子育てって大変なのですが、みんなやっぱり子供が好き!そんな好きのお役に立てるような記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る