身長を伸ばす方法とは?子供に必要な栄養とサプリについて



子供の身長を伸ばしたい

身長と聞くとどうしても子供の話になりますね。

大人になると止まってしまう身長なのですが子供にはできるだけ大きくなってほしいと思いますし、特に男の子だと小さいとモテないのでは?という心配やスポーツなどをすると不利になるという印象がどうしてもつきやすくなります。

ちなみにこの記事を書いている私は男性なのですが身長は163cmと男性の中では小さめですのでもっと思春期に何かをしておけば伸びたのかな?

でも、その時代にはサプリも身長を伸ばすためのストレッチもしらないしな・・・なんて思いますしね。

そんな子供の身長についての情報や、人類の平均身長、身長を伸ばす方法についてなど身長のまつわることについて書いていきます。

身長とは?

伸ばす方法の前にまずは身長とは?という基礎的な定義について書いていきましょう。

身長くらい誰でもわかるよ!!とツッコミをいれたくなるかもしれませんので読み飛ばしてもらっても構いませんが、基礎的なことはしておいて損はないですよ。

身長の定義とは…人間(ヒト)が直立した時の、床又は地面から頭頂までの高さ。身の丈(みのたけ)、上背(うわぜい)、背丈(せたけ)とも言う。人の身体的な大きさを示す指標のひとつとして用いられている。一般に、足裏をべたに床につけ、背筋を伸ばした状態での、足裏から頭部の一番高い位置までの長さである

(引用:ウィキペディア「身長」)

身長と聞く高さですよね。

しかし、明確には直立した状態の足の裏の一番したから頭のてっぺんまでというのが身長の定義となっています。

また、身長の高さによって分類も異なるので紹介をしていきましょう。

・150cm以下・・・超低身長

・150~159cm・・・低身長

・160~169cm・・・中身長

・170~179cm・・・高身長

・180cm以上・・・超高身長

これについては人類学という学問で定めらえており、全人類の身長の平均と見た場合に男性は165cmとなっており、女性はそれよりもおよそ7%低いとされていますね。

身長はいつから伸びだしていつ終わるのか

身長について書いたところで次に身長はいつから伸びていき、いつ止まるのかについて書いていきましょう。

まず、人間の生まれたばかりの身長は約50cmといわれておりここには個人差があります。

中には45cmで生まれている子供もいれば、55cmで生まれている子供もいますが新生児の身長は50cmが基準となります。

そこから約1年後の1歳になるころには約70~80cm位になり、4歳になるころには新生児に約2倍になるといわれておりこの時期は「第一次成長期」とよばれています。

この時期まではすごいスピードで身長も伸びていくのですが、そこからはゆるやかになり年間に5~6cmくらいずつ伸びていくようになるのが子供の一般的な成長過程となっていますね。

また、このゆるやかな時期から急激に伸びる時期がでてきます。

これが「第二次成長期」と呼ばれているのですが、女子の方が早く訪れると言われており、早い子供だと7歳の後半からとなっており遅くても10歳ころからは急激に伸びるといわれていますね。

それに対して男子の場合は早くても9歳ことから第二次成長期に入るといわれていますので小学校の間は女子の方が身長が高い子供が多いというのはこの第二次成長期の訪れによる影響だといわれています。

ちなみに男子の第二次成長期の平均は11歳6カ月ごろと言われていますので小学生だと6年生~中学校1年生くらいに訪れますので男子と女子では成長期の訪れる時期に大きな差が生まれることになります。

成長期もいつまでも続くのではなく、男女ともに17~18歳の高校生の終わり時期くらいには大体成長も終わっていき身長の伸びもほぼ終わりとなります。

中には20歳を超えて伸びている子どものいるのですが大体は高校卒業くらいには終わるといわれていますね。

子供の身長の表

ただし、文字で書いても少しわかりにくいので、身長について平均を表にしてみましたので参考にしてください。

年齢男子女子
0歳49.048.4
1歳75.073.4
2歳85.484.3
3歳93.392.2
4歳100.299.5
5歳106.7106.2
6歳113.3112.7
7歳119.6118.8
8歳125.3124.6
9歳130.9130.5
10歳136.4136.9
11歳142.2143.7
12歳149.1149.6
13歳156.5153.6
14歳162.8156.0
15歳167.1157.1
16歳169.4157.5
17歳170.5157.9
18歳170.8158.1

これは男女の平均身長をまとめたものになりますね。

表を見てわかると思いますが、男女いずれも17歳~18歳になるとそこまで大きな成長をしていないことがお分かりいただけると思いますし、15歳くらいをピークに身長が落ち着いている印象となりますね。

でも、0歳~5歳くらいまでの第一次成長期の伸び率に驚かされますが、個人差は大きくありますのであくまでも基準値と思っておきましょう。

成長が止まる理由

このように子供はどんどんと成長を伸ばしているのですが、その身長はなぜ止まるのでしょうか?

成長をするということは「骨が伸びること」です。

骨の中には子供にだけある線がありそれを「骨端線」と呼ばれる線があります。

これはレントゲンなどで撮影をするとわかりやすいのですが、骨の両端にある部分の骨の端と幹の境目の部分に成長期の子供にはしか見えない線があるのです。

骨端には新しい骨を作る骨芽軟骨と呼ばれる軟骨組織から形成をされており成長期にはこの骨芽細胞が活発に動くことで成長をいきわたらせて成長をしていくといわれています。

成長期の終わりと言われている男子は16歳ごろ、女子は15歳ごろには成長をしていくための骨端線はどんどんと見えなくなってしまうことから成長期が終わりに向かっているといえますね。

つまり、成長期がまだあるのか?それとも終わっているのかは骨の線をみれば最もわかりやすいと言われています。

そのため成長期の最終的なピークは男女ともに中学生から高校生のころだとなっていますのでここへ向けていかに身長を伸ばしていけるのかが大きなポイントになりますね。

低身長の可能性がすぐに病院へ行こう

ここでは平均の身長を紹介しましたが、中にはこの平均よりも驚くほど小さな子供もいます。

もしかすると低身長の可能性もありますので病院への受診を一度することをおすすめします。

私も娘は低身長ではないかと言われるくらい保育園ではいつも一番前にいるほどでした。

しかし、いつ見ても成長曲線はゆるやかで大きく成長をするような兆しもなかったため病院へ受診をすると「低身長も疑いがある」といわれ定期的に病院へ通うようになっています。

結果的には妻も私も身長が小さいことから遺伝の可能性が高く、成長ホルモンの注射を打つにも補助は適用されないレベルなので月に数万円かかるといわれました。

生活習慣の改善とカルシウムをしっかりと摂らせることを意識してくださいといわれて今は順調に身長も伸びていますが娘のように小さいなと思ったら低身長の可能性もありますので「おかしいな」と感じたら病院へ一度行ってみましょう。

遺伝は関係あるのか?

身長の平均などについてまとめてきましたが、私は父も母も小さいため私もあまり身長はのびませんでした。

そして妻もそこまで大きくないので、2人の娘もそこまで身長は伸びていないのですが遺伝は関係あるのでしょうか?

実は100%遺伝であるといえないというのが現代の身長に関する見解となっています。

もちろん遺伝がないといえば嘘になりますが、身長が決まるのは遺伝80%、環境要因が20%と言われています。

そのためもちろん遺伝の要素は強いのですが、睡眠、運動、食事、ストレスなど日常的な環境要因によって男子は9cm、女子は8cmマイナスになることもあります。

もちろん80%は遺伝からなると言われていますので、お父さんとお母さんを大きく抜かすような成長は望めないかもしれませんが環境的な要因を改善することで遺伝的な要素に10cmはプラスにできるのではないかというのが今の医学の見解となっています。

ちなみに私も娘は低身長で悩んでおり4歳からずっと病院へ通っており、手のレントゲンと撮影して将来的な身長も病院の先生に計算してもらいましたが妻と一緒くらいの身長という見解でした。

もちろん成長ホルモンを打つという選択肢もあったのですがそれでも+5cm位が限界だということなので毎日痛い思いをするくらいならば女の子なので小さくても良いという考えに至っていますが遺伝は関係あるというのは正直なところ。

どのため夫婦ともに小さいと子供の身長も伸びない可能性がありますので伸びる環境を整えるようにすることは重要ですね。

身長を伸ばす方法

ここまでは子供の平均身長や背がのびるということの定義について書いてきましたが、ここからは具体的に身長を伸ばす方法について書いていきます。

先ほども書いたように遺伝的な要素はあるのですが、親として知っておきたいことは環境的な要因である程度はコントロールもすることが可能になりますのでしっかりと対応をしていきましょう。

成長ホルモンは重要

身長伸ばすために大事なのは成長ホルモンを出すことになります。

これは誰でもわかることなのですが、成長ホルモンをしっかりと出してあげることで子どもの体はどんどんと成長し身長も大きくなっていくといわれていますね。

実は身長が決まるのは男女ともに16歳の第二次成長期が終わるじきではなく、男子は11歳6カ月、女子は9歳9カ月といわれておりこの年齢までに以下に体を作れるかが重要ですね。

この年齢の基準は思春期はいつ訪れるかになります。

背を伸ばすために成長ホルモンは重要なのですが思春期がくると成長ホルモンよりも男性ホルモンや女性ホルモンで伸びる要素が強くなります。

そのため思春期が終わる時期までに女子は+25cm、男子は25~30cm伸びるのが一般的なのですが多くの人はこれ以上伸びることはありません。

つまり、男子の場合だと11歳6カ月の時点での身長に最大でも30cmしか使いないのため成長ホルモンは分布をされる時期までに身長を伸ばせるかがカギとなってきます。

思春期の頃の身長にプラスになることからしっかりと睡眠をさせたり、運動をさせたりすることが重要なので次に身長を伸ばす具体的な方法について書いていきましょう。

睡眠をしっかりと取る

成長ホルモンをしっかり出すためには睡眠をしっかりと取ることです。

「寝る子は育つ」なんて言葉がありますが、これは本当のことで寝る子はしっかりと成長ホルモンを出すことができますので成長をしていくことになります。

ただし、そこで大事なことが寝ればよいのではなく睡眠の質を高めていくということですね。

成長とは骨が伸びることですが、それは起きている時には起こっておらず寝ているときに起こっています。

そのため日中は太陽などによく当たると睡眠を助けてくれるホルモン物質であるセロトニンが分泌をされることになりますので最終的には睡眠が良く取れます。

特に小さな子供はよく遊び、良く寝るという単純で当たり前のことをしていくと良いでしょう。

睡眠のリズム

先ほど睡眠の質が成長ホルモンを出すためのコツだと書きました。

人間の睡眠には2つの種類があり深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠があります。

特に睡眠をして最初に訪れるノンレム睡眠は深いと言われており睡眠をしてから約2時間後に訪れると言われています。

これを効率よく取るためには睡眠のリズムを整えてあげることです。

たとえば、今日は昼寝をした、今日は朝遅く起きた、今日は夜更かしをしたなど毎日のリズムがおかしくなるというのはダメです。

毎日同じ時間に起きて、同じ時間にご飯を食べてというようにできるだけ日中のリズムを崩さず習慣化をしてあげることで睡眠のリズムを作ることで深い睡眠を取ることができます。

寝る時間帯

まずは各年齢によっての目安の睡眠時間について書いていきます。

・1歳〜3歳頃:12時間〜14時間

・4歳〜6歳頃:10時間〜13時間

・7歳〜12歳頃:10時間〜11時間

・13歳〜18歳:8時間〜9時間

成長ホルモンがでる時間帯の中でもゴールデンタイムと呼ばれる時間帯があります。

それは睡眠をはじめて3時間後に訪れると言われています。

しかし、深い睡眠であるノンレム睡眠は夜中の3時以降は睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が減ることにより深く眠りにくくなるというデメリットもありますので成長ホルモンの分泌を促す深い眠りをするためにも遅くても夜中の0時には寝るようにしましょう。

寝る前2時間の重要性

また、深い眠りをするためには寝る2時間前の行動が大事だと言われています。

寝る前にスマホを見たり、テレビを見たりすると脳が興奮をしたりブルーライトを見ることで脳が覚醒したりすることもあります。

しかし、それでは深い眠りを手に入れることは難しくなってしまうことからテレビなども避けておきお風呂に入ったり本を読んだして寝る準備をしていきましょう。

睡眠の質が成長ホルモンの分泌を助けるという理由があるからですね。

運動

運動をして体を動かすことも大事です。

この運動についても目的はあくまでも成長ホルモンがでる睡眠を取るためということになりますが、日中は体をしっかりと動かして太陽を浴びて走ったりして体を動かす。

すると、筋肉ついたり、心配機能が高まったりして体を強くする効果もありますしストレス発散などにより程よい疲れを感じて夜の睡眠に入れます。

運動をすれば背が伸びるということはないようですが子供が好きな運動をして体を動かせば体にとってよいことが起こりやすいメリットがありますので公園へ行く、スポーツを習わせるなどなんでも良いのでさせてみましょう。

何よりも子供が楽しんでできることが大事ですね。

食事

身長は遺伝はもちろんあるのですが、それ以外にも環境的な要因が20%を占めているという話がありましたがまさにその通りで食事にで子供の成長は大きく変わってくるといわれています。

特に0~3歳という乳児の年齢の際には栄養をしっかりと取ることが大事だといわれており、ホルモンの状態というよりも栄養により伸びていると言われるほど成長に大事な要素だと言われていますね。

ただし、お菓子など何でも食べさせれば良いというものではなく栄養のバランスがとれている食事をとることが重要だと言われていますね。

そのため、炭水化物が50%、その他の食品で50%というバランスが最適であるといわれています。

野菜、肉、魚、卵、大豆といったようにとにかくバランスよく食事を取るようにしましょう。

背を伸ばすための食べもの

私もあまり身長が伸びなかったタイプなのでもっといろいろなものを食べたり、牛乳を飲んだりしておけばよかったなんて思いますね。

そんな背を伸ばす食べものについて書いていきましょう。

その前に背を伸ばすための栄養素について書いていきます。

大事な栄養素はカルシウム、タンパク質、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛となりますのでしっかりと食べていきましょう。

カルシウムは重要

背を伸ばすためには骨を伸ばすことをここまで書いてきました。

そんな背を伸ばすためにできることとしては、カルシウムは必須です。

カルシウムには骨を硬く、強くする働きをもっていますがのでとても重要。

このカルシウムが足りていないと骨が弱くなって骨折しやすくなったり大人になってから骨粗鬆症になる可能性もあることから成長期だけではなく日ごろから食べておきたい食べ物といえますね。

カルシウムが豊富に含まれている食べ物としては以下のものとなります。

・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ、バターなど)

・海産物(わかめ、しらす、魚、干しエビなど)

・大豆類(豆腐、油揚げ、納豆など)

骨を強くするためにとても重要な栄養素のカルシウムをどんどんととっていくためにも牛乳や煮干しなどは積極的に食べていきましょうね。

タンパク質

タンパク質と聞くと筋肉を作る栄養素というイメージが強いのですが、実は骨の中にあるコラーゲンを作る働きを持っている栄養素となります。

そのため、骨を作るためには外を硬くしてくれるカルシウムと中を強くしてくれるたんぱく質は必ず必要になるといえますね。

またタンパク質はほかにも成長ホルモンの分泌を促す働きもありますのでカルシウムと並んで日ごろから積極的に取っておきたい栄養素といえます。

タンパク質が含まれている食べ物は以下の通り。

・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉、ホルモン、ラム肉、馬肉など)

・魚類(マグロ、カツオ、たら、鯛、ひらめなど)

・大豆類(豆腐、油揚げ、納豆、高野豆腐、厚揚げなど)

・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)

・卵

この辺りも日ごろから食べられますし、魚類、大豆類、乳製品はカルシウムも含まれている栄養素となっていますので身長を伸ばすためには積極的に食べておきたい食材ですね。

マグネシウム

マグネシウムはカルシウムの吸収を促進してくれる力を持っている栄養素となります。

ここで知っておきたいことはカルシウムとマグネシウムはセットにしておくべきアイテムということです。

その理由はカルシウムはもとから体に吸収をされにくい栄養素であるということ。

そのため、カルシウムだけ摂ったとしても吸収がどこまでされるのかと言われると食べていると思っていても吸収をされていないという結果になります。

比率としては「カルシウム2:マグネシウム1」の割合が最適だと言われていますので積極的に摂るようにしましょう。

マグネシウムが含まれている食べ物は以下の通りになります。

・豆類(大豆・木綿豆腐・ひよこ豆・納豆・いんげん豆など)

・魚介類(いわし・牡蠣・あさり・しじみなど)

納豆にちりめんじゃこを入れて食べるとカルシウムもマグネシウムも同時に摂取ができますのでおすすめです。

ビタミンD

ビタミンDも先ほどのマグネシウムと同様にカルシウムの吸収を助けるために必要な栄養素をなっており、小腸に吸収をさせるのを促す働きを持っています。

吸収をされたカルシウムはを骨まで届けて骨を形成してくれる働きをもっていますね。

ビタミンDが不足をしているとカルシウムが骨まで運ばれないため骨の組織をしっかりと形成することはできませんし、障がいを引き起こす可能性もあります。

※軟骨部分が変形してしまうくる病になる可能性があります。

骨をしっかりと成長させるためにも日頃から接種をすることを心がけましょう。

ビタミンDが含まれている食べ物は以下の通りです。

・きのこ類(干ししいたけ・舞茸・きくらげなど))

・魚類(鮭・いわし・さんま・アンコウの肝など)

キノコ類はお汁などのすると食べやすいというのが正直なところです。

亜鉛

亜鉛は成長ホルモンのもととなるたんぱく質を助ける働きを持っています。

そのため亜鉛も身長を伸ばすためには積極的に摂取しておきたい栄養素です。

亜鉛を食べることで遺伝子を作る酵素が生まれるのですが、亜鉛を摂取すれば酵素をより活性化させて身長を伸ばす効果も高まりますのでおすすめです。

亜鉛が含まれている食べ物は以下の通りです。

・魚介類(牡蠣・あさり・しじみ・ホタテなど)

・肉類(レバー・赤身のお肉など)

・豆類(納豆・きなこ・豆腐など)

亜鉛についても身長のためには日ごろから食べておきたい栄養素といえますね。

サプリは効果があるの?

さらに栄養素を豊富に取るために歯。サプリもおすすめだといわれています。

最近は身長を伸ばすためのサプリなどが販売をされていますが、効果はあるのか?という点は気になるところです。

実はサプリと言っても子供の身長を伸ばすための栄養素を補うために飲むものなので、副作用などについてはあまり報告はありません。

成長をしていくためには成長ホルモンや栄養素が大事なのですが、それって目には見えないですし親が成長のために良いと思って出していた食事が実はあまり栄養もなかったということになりかねません。

そのため、不足しているかもしれない、不足しがちな栄養などをサポートしてくれるのサプリの役割であるといえますね。

もちろんサプリだけを飲んでいても身長を伸ばす効果については薄いので、質の高い睡眠、運動、バランスの良い食事と組みあわせてサプリを飲むということに持っていきましょう。

あくまでも補助的にという意味でサプリメントは効果もありますね。

おすすめのサプリはこちら子供成長サポート【贅沢のびるんるん】

サプリの選び方

ただし、どんなサプリでもよいわけではなく日本の基準をクリアしているものを選びたいので「日本製」にしておくべきですし、複数のサプリを飲まずに1つにしておく。

成分や含有量を見ておくことが重要になります。

身長を伸ばすサプリの中には海外性もあるのですが、成分はわかりませんし安全基準が違うことから日本製と比べると少し怖い印象。

そのためにも日本性を選び栄養素が総合的に含まれているものを選びましょうね。

生活習慣整えること

身長は生活習慣ととても関係しています。

質の高い睡眠を取ることが大事なのですが、そこへ向けて運動をして筋肉を着けたりして体がより成長しやすい状態をつくこと。

バランスの良い食事と取ることや毎日の生活習慣といった実は基本的なことをしっかりとすることで成長を促してくれるようになります。

何よりも身長のピークは中学生くらいまでには訪れることとなりますので小さなうちから親である大人がしっかりとした生活ができるようにしてあげることが重要だといわれていますね。

まとめ

子供の身長についていろいろと書いてきましたが、現代の子供たちは食べるものも豊富にありますし、身長が伸びる仕組みについても解明されています。

もちろん補助をしてくれるサプリについても充実をしていますのですごく恵まれているなというのが印象ですね。

子供の身長を伸ばすためには幼少期からのバランスの良い食事や睡眠の質は大事なのですが、それ以外にも身長を伸ばすための補助食品であるサプリメントを飲むという選択肢も可能です。

私が中学、高校のころにはこんな情報もなかったですしひたすら牛乳を飲んでいましたが、今考えると睡眠リズムはバラバラでしたし、栄養も肉ばかりで偏っていたなと思いますので今の考えから行くと成長ホルモンの分泌が足りなかったのかなというのが正直なところです。

何よりも10歳までの生活が大事ですし、睡眠をしっかりと取らせて成長ホルモンを分泌させることが大事なので親の仕事としてそこは整えてあげたいものですね。

夜更かしは厳禁

特に夜更かしは厳禁です。

夜遅くまでゲームをしたり、テレビを見たりすることはもちろんですが塾などの習いごとで夜遅くまでかえって来れないということもあるでしょう。

実は最近夜更かしになりがちな子供が多くなっている現状もあるのですが身長を伸ばすと言うことに関してはよくありません。

特に塾に通っている子供だと夜遅くにかえってきてそのまま晩ご飯を食べて寝るという悪循環になってしまいます。

寝る前に食事をとると胃の中に食べ物が残っている状態となるため身長の伸びは悪くなる可能性を秘めています。

深い睡眠をとることで成長ホルモンが出てくることになるのですが胃の中に食べ物が残っていると胃は活発に運動をすることにより結果的には睡眠が浅くなってしまいますので逆効果といえます。

食事は睡眠の2時間前には終えておきたいというのが正直なところ。

身長を伸ばすためのゴールデンタイムも訪れない可能性もありますのでしっかりと寝ることは大事です。

テレビやゲーム、スマホにタブレットは20:00以降は禁止。

食事は20:00までに終わるなど徹底することが身長のためには良いでしょうね。

成長期の筋トレは身長が伸びない原因になるのか?

まず結論としては「筋トレをする」=「身長が伸びない」というわけではなくあくまでも筋トレのやり方や頻度によるものです。

例えば、大人が筋肉をつけるためにダンベルと持ってきて持ち上げる、重しを付けてのスクワットなどは避けるべき筋トレを言えますね。

いわば偏った筋トレはすべきではないです。

一か所に集中をして筋トレをすることによりその部分の軟骨を痛めることとなるため軟骨の損傷や劣化、変形をさせることとなりリスクが高まります。

そのため腕だけ、足だけではなく全身をバランスよく筋トレするようにすれば身長が縮むどころか逆に伸びやすくなるという効果も期待ができます。

ただし、筋トレを開始するのは筋肉作るホルモン量が少ない10歳以上になってからするようにしましょう。

もちろん成長期の終わりになり大きく成長をすることはない17歳~18歳くらいならば筋トレをして筋肉をつける方向へ動いても良いと思います。

あくまでも身長と筋トレという話になると無理をすべきではないですね。

低身長を疑う

色々としているけれども子供の身長が伸びない。

伸びが悪いという場合には「低身長を疑う」方がよいでしょう。

低身長とは病気のことで骨や軟骨に異常が起こっているため身長が伸びないことです。

胴体に比べて手足が短いなどの体のバランスが取れていない子供を見ることもあると思いますが、そのような子供は低身長の可能性があります。

成長を促していくためには成長ホルモン治療や整形外科で骨延長術を行わなければなりませんので病院へ行って成長を見てもらう必要もあります。

もし病気でなかったとしても子供の成長は個人差があり、中にはなかなか伸びないと悩むこともありますので悩んだり、困ったりしたときは一度病院へ行って医師に相談をすると悩みも解消できると思いますよ。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 8月 08日
  2. 2018年 8月 09日
  3. 2018年 8月 11日
  4. 2018年 9月 08日
  5. 2018年 9月 19日
  6. 2018年 9月 30日
  7. 2018年 11月 07日
  8. 2019年 1月 05日
  9. 2019年 1月 16日
  10. 2019年 5月 31日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る