小学校の入学祝いのおすすめはなに?入学準備に必要なものを紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


スポンサードリンク

入学祝いは何が良い?小学生の人気アイテム

小学校へ入学が決まったらいろいろな人から入学祝いをもらうこともありますし、贈る側になることもあるでしょう。

春は子供や孫が一つ大きくなる季節なのですが、立場によって贈る入学祝いは異なってきます。

どうせ贈るのならば喜んでくれるものを送りたいと思うのでここでは小学生のお祝いのおすすめプレゼントを紹介していきましょう。

小学校の入学祝いの相場

小学校の入学が決まり贈ろうと思うのですが、あまりにも高価なものを送ると良くないですし、その逆に安いものを送るのもよくありません。

そこで、小学校の入学祝いの相場について書いていきましょう。

以下はベネッセの「時期は?人気のプレゼントは?小学校入学祝いの基礎知識」を参考にして算出をした金額となりますので、入学祝いを贈るとなった場合の相場として参考にしてください。

自分の立場から参考にしていきましょう。

・曾祖父、祖母・・・10,000円

・祖父母・・・10,000円

・親戚・・・5,000円~10,000円

この辺りが相場となっており、そこまで大きな金額でないことがお分かりいただけると思います。

もちろんあくまでも目安ですが、立場上でこれくらいの金額が相場と言えると思いますので参考にしてください。

入学祝いを送る時期

そんな入学祝いを贈る時期になりますが、入学までに贈ることが基本となります。

そのため、3月上旬から3月下旬までには贈っておきたいですね。

特に幼稚園は保育園で卒園式を行ってから子供の気持ちが小学校の入学へ気持ちが向いたと時に進学へ向けてモチベーションを上げるため効果があります。

そのため、時期としては子供が小学校へ向けて進学が楽しみになる時期を目指していきましょう。

入学祝いを選ぶポイント

入学祝いを選ぶ際に気を付けておきたいことは学校指定のものがないか?です。

特に小学校受験で合格をして入学をしている私立や国立の小学校となると学校指定のものもありますのでできるだけ避けておくことが無難でしょう。

日常でよく使うものは喜ばれますし、誰かとかぶっても問題なく使えることが多いので人気です。

例えば、子供の好きな本や図鑑、毎日使えるハンカチやナプキン、迷っているなら図書カードやギフトカードなどがおすすめです。

また、子供の両親に使えるものを聞いても良いですし、子供の希望を聞いてそれにあげても良いですね。

入学祝いのおすすめの品

では、本題の入学祝いのおすすめの品について書いていきましょう。

もちろん色々なものがあるとは思いますが、定番のものから少し変わったものまでおすすめの入学祝いのしなものについて紹介をしていきますので参考にしてください。

ランドセル

祖父母から特に人気となっているのがランドセルです。

これは昔から言われているもので入学祝いの定番の品として人気を集めています。

最近は小学校へ入学をする際にランドセルを探すことを「ラン活」なんて呼んだりするほど注目をされています。

実は4月に入学をする子供のランドセルですが、最近は非常に需要が高まっており人気のランドセルだと6月くらいから予約を開始するケースもありますね。

もちろん安価なものから高級なものまで幅広く用意をされており、3万円~6万円くらいが相場となっています。

ランドセルは1つしか必要ありませんので、最初に保護者に「誰が購入をするのか?」を確認しておきましょう。

→ ランドセルの人気は土屋鞄?選び方と予約の時期について

学習机

こちらも定番の入学祝いの品となってます学習机

小学校になると自分の部屋を持たせるケースも多く、そこで勉強をすることも見越して学習机を用意することが定番となっています。

最近は父方の両親はランドセル、母方の両親は学習机などと分けて購入をすることもあります。

学習机を言ってもいろいろなものがあり、ベッドと一体型になっているもの、成長をしても使えるタイプのものなどいろいろなものがありますので購入をしてくれる人と、子供と一緒に買いに行くとズレもないのでよいでしょう。

自転車

小学生になると困なしの自転車にのることになります。

そうなると、自分の自転車も必要になってきますし体にサイズにあった自転車の購入も必要になることから自転車を購入してもらうことも多いです。

自転車もいろいろなタイプがありますし、色など好みもありますので子供と一緒に購入をすると良いですね。

将来的にサイズも大きくなりますので小学校3年生くらいまで乗れるものを購入しましょう。

図鑑や辞書

高級感のある図鑑もおすすめです。

図鑑は意外と値段もするものも多く、入学などの機会がなければなかなか手に入らないことも多いでしょう。

そこで、世の中の様々な事柄に興味を持つ時期でもありますし、動物、植物、恐竜、宇宙など幅広いジャンルの中から選ぶことができますのでまとめて送っても喜ばれます。

他にも国語辞書や漢字辞書、英語辞書など学年が進むと喜ばれることも多いので辞書は入学祝いの候補として考えても良いでしょう。

図鑑や辞書を送る際には先方が持っていないかという点ですのでそこはしっかりと確認してから贈るようにしましょう。

洋服

これは入学をする学校によりますが、例えば制服のない小学校だと私服になります。

しかし、小学校の入学式となると私服でも周りはみんなきれいなドレスやスーツのような服で入学をするのが一般的です。

そんなときにために少しおめかしのできる服を贈ることは多いです。

もちろん私立の小学校などは指定の制服があるためブランドで好みの服を送ったりするケースもあります。

リュックサック

小学生と聞くとランドセルのイメージが強いのですが、実はリュックサックも使うことが多いのです。

1年生から遠足へ出かけたり、時には校外学習があったりとランドセルを使わない時もあるので適度に荷物が入るリュックサックは重宝します。

いろいろなサイズのものがありますが、最近はアウトドアブランドのものが使いやすく可愛く、強度もあるため人気となっていますね。

もちろんちょっとした旅行にも使えるアイテムとなりますので学校生活以外でも使えます。

習い事の道具

小学校と同時に習い事を始める子どもも多いです。

そんな際には習い事の道具を入学祝いとして購入をしてもらうということがあります。

私も娘は小学生になり新体操を始めたのですが、リボン、ボール、バトンにシューズなど総額2万円くらいかかったのでそれをおじさんに購入をしてもらいました。

小学校の入学と同時にはじめた習い事は続きやすいといわれていますので習い事の必要なものを入学祝いに贈っても良いでしょう。

小学校の入学を区切りにして新しいを購入してもらうこともあります。

新しい生活になることからスニーカーを購入てもらい晴れの入学式の日に履いていくということもありますね。

実は小学校へいくと上靴や体育館シューズなどいろいろな靴も必要となりますので、まとめて購入をしてもらうこともあります。

ハンカチ

学校生活をしていく中で必ずポケットに入っているものといえばハンカチです。

これは間違いなく誰もが使うものとなっていますのでなくても困ることはないものとなっています。

厚さや大きさには注意が必要なので子供が好むようなサイズを送ると良いでしょう。

折角の入学祝いなので刺繍で名前をいれたり、時には刺繍をいれたりと特別な感じにしても良いですね。

目覚まし時計

小学生になると朝早く起きて学校へ行くという規則正しい生活となることから目覚まし時計は必須のアイテムといえます。

自分で起きる練習にもなりますので、目覚まし時計は入学祝いを機に贈らていますね。

自分の好みのキャラクターを贈ると喜ばれること間違いなしですし、好きな音楽が流れるものもありますので子供の好みを聞いてから確認をしましょう。

現金

ちょっと生々しいのですが、入学祝いの定番と言えば現金になります。

特に親戚や祖父母となると品物を選ぶ際にも手間も時間もかかりますし、先方が持っていないか?ほかに誰かが購入をしていないかなど確認をしなけばならないことも多いです。

そうなると面倒ですし、せっかく贈ってもだれかと一緒の品物になっているとなるともったいないでし喜んでもらえません。

それならばいっそのこと現金を送って自由に欲しいものを買ってもらうほうが気楽ですね。

現金を包む際に注意をしたいのは金額です。

割り切れる数字である「2」、死を連想させる「4」、苦しいを連想させる「9」などの数字は避けるのがマナーなので1万円は包むと一番きれいな数字といえますね。

のし紙と水引き

プレゼントの場合ののし紙は、結びは花結び(蝶結び)、水引は5本か7本の赤金を用いるのが一般的です。
現金の場合は、表書きは「御祝」または「御入学御祝」とし、結びは花結び(蝶結び)か鮑結び、水引は5本か7本の赤白(5本か7本)を使うようにしましょう。

現金を送る際には袋もきちんとしたものを用意することが基本といえます。

図書カードや商品券

これも現金同様になります。

小学校へ行くと何かと物入りでいろいろなものを購入しなければなりません、

そうなった際に図書カードは入学時だけではなく他の時期でも役立つものとなっていますのでうまく活用をしていきましょう。

また、商品券も百貨店の共通商品券は喜ばれます。

商品券や図書カードは入学時以外でも使えるという点で入学祝いの定番として根付いていますので入学祝いの品物に迷ったら商品券や図書券はおすすめです。

他に最近はAmazonギフトカード、楽天スーパーポイント、ABCマートのギフト券なども人気です。

名入れ鉛筆

名入れの鉛筆は定番中の定番で子供の入学祝いとしては一番便利で使い勝手も良いものです。

普段からつかえるもので小学校では毎日使うものとなりますので鉛筆は何本あっても困りません。

また、名入れをすることで子供にとっても大事な勉強のための道具となりますし、保護者の持ち物にすべて名前を書かなければならないことがなくなるため助かります。

濃さは学校の指定もありますので事前確認は必要ですが、Bもしくは2Bのどちらかになることが多いため贈る場合には両親にあらかじめ確認をしてから贈ると良いでしょう。

入学祝いのお返し

入学祝いをいたたいたらお返しをしなければと思いますが、入学祝いの基本的なスタンスとしては「子供にもらっているもの」なので基本的に保護者からのお返しは不要です。

そのため、お菓子などを保護者が用意して贈る必要はないのですがもらったらできるだけ早く子供からお礼をさせるようにしましょう。

電話で伝えさせても良いですし、子供から手紙をおくったりすればお祝いを渡した側へも気持ちが伝わることになります。

あとは入学式の写真はランドセルを背負っているハガキを送るとお礼にもなりますし、小学生になった姿もみてもらえますので一石二鳥ですね。

どうしてもお返しがしたい

しかし、せっかくお祝いをいただいたのに子供の電話での声やハガキでは失礼だと感じる方もいるでしょう。

そんな時はいただいたお祝いの1/3程度の予算で内祝いという形でお返しをするようにしましょう。

品物としてはタオルやお菓子が一般的となっていますし無難といえます。

のしには「入学内祝い・子供の名前」と記載をしておけば問題ありません、。

品物の代わりに一度食事に呼んだり、旅行へ誘うというのも1つの方法ですね。

入学祝いのまとめ

入学祝いについていろいろとまとめています。

いろいろな品物があり正直迷ってしまうこともあると思いますがあくまでも主役は子供で行く学校は地域によってもことなってきます。

そのため、入学祝いの商品を贈る場合にはまず子供の両親に「ほしいものはある?」と確認をして購入をすると一番良いでしょう。

最悪なのは誰かと同じ品物を贈ることなのでそれは避けておきたいですね。

何かを送りたいけれども確認するほどではないという場合にが現金や商品券、カード系が一番問題なくよろこばれます。

何よりも気持ちが大事ですので子供にとって最適なものを贈ってあげてほしいですね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

スポンサードリンク

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る