離乳食の進め方のスケジュール!いつから初期を始めればよいの?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

離乳食の基礎知識

子どもが生まれて、母乳がミルクでしばらくは良いのですが少し大きくなってきたときにしなければならなことといえば「離乳食」になります。

これ、子育てを初めてするお母さんにとっては未知の世界の食事となり、わからないことも多いと思います。

例えば「進め方は?」「スケジュールは?」「いつから、どれくらいの量を?」「何が食べられるの?」など不明な点も多いのでここでは離乳食の進め方について書いていきましょう。

離乳食とは?

赤ちゃんである乳児に対して栄養源を母乳やミルクから切り替えるための食品のことを指しています。

離乳食を始める時期離乳期と呼んだりもしますね。

離乳期は乳幼児の月齢や食物の状態により異なります。

一人一人のステップがあり、時期もゴックン期、モグモグ期、カミカミ期、パクパク期と分類されますね。

また、離乳食を始める前段階として離乳準備期(単に準備期とも)と言われる期間も最近は聞くようになりました。

(参考記事:授乳・離乳の支援ガイド – 厚生労働省

離乳食へ移行をすることにより、スプーンでものを口に入れるということになっておりいろいろな感覚を養っていくことになります。

味・・味覚

匂い・・嗅覚

触感・・触覚

形・・視覚

このような感性も養っていくことができる点も大きな役割となっていますね。

離乳食の定義

先ほどと同じような説明になりますが、離乳食の定義としては「母乳はミルクなどの乳汁栄養から幼児食へ移行をする過程」のことを離乳食と言います。

この間に乳児は乳汁を吸うという行動から、食物を噛みつぶして飲みこむへと移行をしていく形となっており摂食する食品の量や種類は多くなり、献立や調理の形態も変化をしていきますね。

また、食べると行動は次第に自立へと向かっていくことになります。

関連記事小児の発達段階の特徴と表 遊びや課題は年齢によって異なる

離乳食の進め方とスケジュール

では、本題の離乳食の進め方とスケジュールについて書いていきましょう。

この表を参考にしていただくととてもわかりやすいと思います。

区分 初期 中期 後期 完了期
月齢(か月) 5~6 7~8 9~11 12~15
離乳食の回数 1→2 2 3 3
母乳・育児用ミルク 4→3 3 2 牛乳やミルク

(1日300~400g)

調理形態 ドロドロ状 舌でつぶせる

固さ

歯茎でつぶせる

固さ

歯ぐきでかめる

固さ

穀物 つぶしがゆ

30→40

全がゆ

50→80

全がゆ(90→100)

軟飯→80

軟飯90→80

 

とうふ(g)

乳製品(g)

魚(g)

肉(g)

卵黄

2/3以下

25

55

5→10

 

卵黄→全卵

1→1/2

40→50

85→100

13→15

10→15

全卵

1/2

50

100

15

18

全卵

1/2→2/3

50→55

100→120

15→18

18→20

野菜・果物(g) 15→20 25 30→40 40→50
調理用油脂類・砂糖(g) 各0→1 各2→2.5 各3 各4

この表を参考にして離乳食と進めていくとわかりやすいと思います。

食器はどんなものが最適?

ちなみに離乳食を入れるための食器はいろいろとあります。

おしゃれなものやセットになっているもの、陶器のものからプラスチックや木でできているものなど様々です。

しかし、個人的には何でもよいですが熱湯に入れても形の変わらない消毒ができて洗いやすいものを選ぶようにしましょう。

得に赤ちゃんはまだまだ免疫もできていないですし、何でも口に入れてしまう年齢となっています。

この「消毒」ができるものというのは鉄則となりますので通販で購入をする際にも必ずチェックをしましょう。

離乳食の月齢頃によるポイント

離乳食の準備期

準備機の基本はスープとなっています。

目安としては3~4か月ことから始めるイメージとなっており、野菜スープ、果汁、みそ汁のうわずみなどを授乳前または授乳の中間でスプーンで与えることになります。

離乳開始の時期が近づいてきたサインは、授乳感覚が一定になってくる、唾液の分泌が多くなってくる、口をモグモグとさせることがあるなどになりますね。

保育士やお母さんはひざに抱いて笑顔で話しかけながらゆっくりと食べさせるようにしましょう。

準備期のポイント

正常に発育発達をしている乳児の場合は離乳開始は、乳児が舌を押し出す反射が消えてくる時期を目安にします。

生後5か月ごろが適当とされていますね。

そのころになると、食べ物を見せると口を開けるようになります。

ドロドロとな食物を食べることができたときに離乳開始とします。

それよりも前にスプーンでスープやみそ汁のうわずみを与えて、乳汁以外の食べ物の味を知ることとともにスプーンの練習をします。

これを離乳準備といいますね。

離乳の開始は遅くても生後6か月前後には開始をすることが望ましいと言われています。

離乳食初期

目安としては5~6か月の頃になります。

「一品、一さじ、三日間」のルールの元で徐々に食品の種類を増やしていくことになります。

保育士やお母さんはひざに抱いて笑顔で話しかけながらゆっくりと食べさせるようにしましょう。

初期のポイント

離乳初期は、離乳を開始して乳汁以外での食べ物を食べる練習の時期です。

栄養を主体はまだまだ乳汁で、離乳直後に十分哺乳をするようにしましょう。

最初に与える離乳食はアレルギーを発生させないような穀物や果物のすりつぶしなどを1さじから始めます。

その際に便の状態や嘔吐の有無などを確認しておきましょう。

同じ食べ物を3さじくらいまで進めて、慣れたら違うものを1さじから与えます。

固くゆでた卵黄を与える時は、特に発疹などのアレルギー症状に注意をしてください。

離乳を開始して、一か月したら2回食へと移行をしていきましょう。

離乳食中期

目安としては7~8か月くらいになります。

食卓椅子に座らせて、エプロンを付けます。

「アーン」と赤ちゃんと一緒に口を開けたり、ゆっくりと話しかけ、口をもぐもぐと咀嚼の見本を示しながら食べさせていきましょう。

規則的に2回食になっている時期です。

2回食をどの時間帯にするかは各家庭で十分話し合ってから決めることが大切になりますね。

必ずしも日中に与える必要はありません。

この時期から栄養のバランスを配慮して野菜、タンパク質食品(白身魚、レバーを含む肉類、卵黄、豆類、乳製品)を適当に組み合わせることが必要です。

この時期には食欲や機嫌が悪くないにも関わらず下痢をすることがあります。

そんな時にはかかりつけの医師に相談をするようにしましょう。

多くに場合は、そのまま離乳を継続しても問題がないと言われることが多いです。

中期のポイント

中期以降は、自ら食べようとする意欲を大切にしていく時期となります。

・保育者やお母さんの持っているスプーンを持ちたがるときはもう一本用意をして握らせます。

・手づかみで食べようとすることを肯定し、うまく口に運べるように手助けをします。

コップでお茶や牛乳を飲もうをするので手助けをします。

離乳食後期

目安としては9~11か月くらいの時です。

おしぼりを渡すと、自分で手をふきだがるときは自分でさせ、仕上げを保育者がさっと早く行いましょう。

保育者は一緒に「いただきます」などの挨拶を行い食事の時間であることを意識付けさせます。

初めての食品を口から出したからと言っても嫌いな食品としてとらえることはありません。

口に入れる順序を変えたり、ほかの食品とまぜてみるとおいしそうに食べることがあります。

規則的に3回食を与えます。

一人一人の食欲、健康状態、生活リズムに応じて、朝食、昼食、夕食の時間帯に変更しても構いません。

離乳食の分量が多い時には、乳汁を飲まなくなることもあります。

3回食になると、哺乳量は全体的に減少をして鉄分不足が見られることもあります。

その予防のために、動物性のたんぱく質食品(レバーを含む肉類、赤身の魚)を多くしましょう。

また、全卵を与えても構いません。

この時期にはいろいろな食品を組み合わせ、献立を豊富にするとともに栄養のバランスに配慮をしましょう。

後期のポイント

・パン、スティック状にしている野菜やリンゴなどの果物を握りやすい形にしておきます。

・自分から食べたがる時はスプーンですくいやすいものを前において試みさせます。

・スプーンやフォークを使って食べられるようにするということよりも、新しい食品を楽しく、おいしく体験することを大切にします。

離乳食完了期

目安としては12~18か月です。

「ヨーグルト冷たいね、すっぱいね」「赤いにんじんおいしいね」「モグモグごっくんできるかな?」など、味覚、触覚、視覚などを意識付けさせられる言葉をかけながら食べ物に対する興味を広げていきます。

保育者は一緒に「おいしかったね」「ごちそうさましましょう」とおいしくいっぱい食べた満足感を共有できるようにします。

栄養の大部分が乳汁以外の固形食で摂取できるように仕向けていく時期をいいます。

規則正しく3回食事を与えますね。

食欲は個人差は一段と顕著になり、むら食いもよく経験されるようになります。

ですから、強制をして与えることのないように楽しく食べることに配慮をしたいものです。

歯も生え始めてきますが、まだ噛み切れません。

しかし、咀嚼の発達を促す調理の工夫は必要となりますが、基本は軟らかい食事となりますね。

離乳は遅くても18か月には完了し、感触を含む幼児食へと移行をすることを目標とします。

完了期のポイント

・子どもが食べやすい、食器の大きさ、形、素材などを吟味し、食べる喜びが損なわれないように気を付けます。

・ある程度食べ進むと食器の周りに食べ物が散り、スプーンなどですくいにくくなります。

そんなときは、保育者が食器の一か所に「集まれ、集まれ」といいながら集め、食べやすくします。

離乳食のヒントは無理せず進めること

ここでは離乳食の進め方のついて書いてきました。

その中で大事なことは、離乳食を子どももたのしめるように進めていくことです。

神経質は人、細かい人などお母さんや保育士の中にもいるのですがもちろん気をつけなければならないポイントはあるのですが、それだけではなかなかうまくいかないこともあります。

ある程度気持ちにゆとりももって気軽に進めていきましょう。

これは私の妻の経験なのですが、一人目の子どもの時はとても丁寧につくっており、毎日出汁をとる徹底ぶりでしたが小食で悩むことも多かったです。

しかし、二人目となると私も驚くくらい「それ食べさせるの?」というくらい大胆になっていきます。

あまり神経質にならずに、親も子どももまずは食べることが楽しいと思えるように話をもっていくようにしましょうね。

離乳食は手作りが良い?

離乳食は難しく考えがちなのですが、実は味の薄い野菜や食材をじっくり炊いたものというのが基本的な考えになります。

良く言われるのはみそ汁を作っている最中に上澄みのお汁だけ取りなさい。

他にも煮物を炊いている最中で味をつける前に離乳食の分だけ取ってしまう。

こんな風に普段のおかずの最中で取ることにより離乳食も手作りで可能になりますね。

私も妻も最初の子供の時は毎日離乳食を手作りしており、かぼちゃを炊いたり、おかゆにしたりととても丁寧にしていました。

しかし2人目になるとまぁ結構適当になるものです。

無理な時は市販に甘えよう

もちろん手作りが良いに決まっていますが、時には無理な場合もあります。

そんなときには市販の物でも十分良いと思いますのでとにかくお母さんの負担やストレスにならないようにしてほしいと思います。

特に外出の際にはキューピーや和光堂などの瓶のタイプの離乳食は便利です。

献立とレシピはネットでチェック

離乳食と作るとなった場合にもどんなものをどんな風に作ればよいのか?

またどんな栄養バランスで開始をしていけばよいのか?などよく考えてから子供に食べさせなければなりません。

タイミングというものありますのでそこはネットや本を見て作っていきましょう

レシピに関してはいろいろとありますが、最近はネットのクックパッドや管理栄養士が監修をしているパルシステムなどとても便利な情報があふれており、初期から完了期まで幅広いメニューを紹介してくれています。

離乳食ってどんなタイミングでどんなものを食べさせてあげれば良いのかが難しいのでネットの情報を参考にしてみてください。

正直めんどうくさいこともあるのですが、離乳食の時期なんてほんとに一瞬なので少しでも手作りをしてあげてほしいと思いますね。

昔は本しかなかったことを考えると便利な世の中になりましたので、スマホ片手に作ってよい思い出にしましょう。

離乳食のまとめ

離乳食と一言でまとめても時期もありますし、家庭の進め方もありますし、子供一人一人の食べる意欲やアレルギーなどによって大きくことなってきます。

しかし、目安となる時期がありますので成長とともにつくってみましょう。

お母さんも作るのは大変ですが、作ると良い思い出になりますし無理ならば市販のものでもよいと思います。

何よりも子供は健やかに成長をできることが一番良いと思いますのでお母さんも子供と一緒に成長をしながら進めていきましょう。

離乳食の時期は大変と思いますが、子育てをしているとあっという間に普通のご飯になってしまい子供が大きくなると「離乳食が懐かしい」なんて思うこともあります。

良い思い出作りのためにも子供と向き合って無理のない範囲で進めていきましょうね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka管理者 taka

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げや集客、営業などをやってきた異色の男性保育士。

保育園の主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャーなどを歴任して今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談に子供関係の仕事と、WEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る