妊娠から出産までの流れ一覧!出産前のお金の手続きと赤ちゃんの準備物



妊娠したらしっておきたい出産までの流れ

なんか体調がおかしい。

吐き気がしたので、妊娠検査薬をつかってみたら赤ちゃんが出ていた。

こんな風に妊娠をするととてもうれし事ですし、これから子供を育てていく明るい未来を見据えることになると思います。

しかし、初めて妊娠をするとこの先はどんな風になっていくのか?

またお金の手続きはどうすればよいのか?などわからないこともたくさんありますので、ここでは妊娠の時期による症状とやらなければならないことやお金の手続きなどについてまとめています。

妊娠をしたらぜひ呼んでほしい記事になりますね。

→ 出産前の準備でしておくこと!妊娠中の必要な情報のまとめ

妊娠時期の数え方

その前にまずは妊娠の時期の数え方について書いていきましょう。

妊娠時期は基本は3段階で数えることになります。

・妊娠初期:4週目~15週目

・妊娠中期:16週目~27週目

・妊娠後期:28週目~出産まで

そのほかにも最近は妊娠超初期という1週目から3週目という時期もありますがこの時期はまだ自覚症状も乏しいことから、ここでは3段階で紹介をしていきます。

妊娠時期別の症状とやることリスト

では、本題の妊娠時期の症状とやることリストを紹介していきます。

もちろん体調とも相談をしてやっていけばよいと思いますので、何よりも無理をしないことが大事ですよ。

体調と体の状態と相談をしながらしっかりと準備をしていきましょう。

妊娠初期(5週目~15週目)

この時期は妊娠の症状があまりない時期から少しずつ体調に変化が訪れるようになります。

例えば、つわりが始まったり、赤ちゃんを受けいれる準備を体がするため生理がこなくなったり、つわりの症状が出てきたりすることで妊娠を自覚する時期でもあります。

とくに男性とそのような行為があってしばらく生理がこないことで気付く人も多いですし、妊活中の人ならば計算をしているので生理がこないということから妊娠検査薬で気づくことになりますね。

特に個人差が大きいのはつわりになります。

つわりの症状は人によってことなるのですが、中には食べたものをすべて吐いてしまう人も多く、何を食べてもすべて戻してしまうなんて人もいます。

そんな時に赤ちゃんにちゃんと栄養が届いているのか?と不安になる人もいますが、そこは安心をして大丈夫です。

→ 妊娠初期に気を付けること11選!運動と食事 やってはいけない姿勢

初期の必要な手続き

この時期はお腹がでてくるわけではないのですが、妊娠を理解する時期でもあるといえます。

そのため、妊娠検査薬を自宅でする、もしくは妊娠の可能性があるのならばまずは近くに産婦人科を受診して指示もらってください。

産婦人科を選ぶコツは近所の口コミサイトなどを見て評判の良いところ、昔から人気のあるところなどを選ぶと安心材料となるでしょう。

ここでやるべきことは「母子手帳の交付」です。

この手帳が赤ちゃんにとっても、ママにとっても大事なものになりますのでかならずいきましょう。

もらえる場所は原則在住市区町村の役場になりますが、保健センターなど別の場所でもらえる場合もありますので産婦人科で確認をしておくとよいです。

→ 妊娠届出書とは?母子健康手帳をもらうために必要なものと書き方

また、この時期に妊娠がわかった場合に気を付けておきたいのが仕事をしている場合です。

妊娠がわかっているというおとは仕事の中でも体に負担がかかるものがあるケースもあります。

すると、そのような仕事は避けておくべきですし、あなたがこれから育休を取るのか?それとも退職をするのかによっても異なりますが仕事の引継ぎは必須となります。

そのため、妊娠がわかったら上司にきちんと報告をして今後の対応について指示を仰ぐと良いでしょう。

何よりも妊娠はおめでたいことなので、会社に迷惑をかけないようにすることが重要だといえますね。

→ 妊娠中の仕事の働き方と注意点!妊娠がわかった時の対処法4選

もちろんパパや身近な友達、家族は喜んでくれると思いますのできちんと伝えておきましょう。

他にも妊娠中の検診や出産に関するお金の手続きも必要となりますので、こちらの記事もチェックしておきましょう。

妊娠はお金がかかるものなので、少しでもその心配を減らすために勉強をしておきたいですね。

→ 出産費用の平均相場はいくら?自己負担が心配な妊娠の入院について

→ 出産手当金とは?出産でもらえるお金の一覧と計算方法について

里帰り出産の先を決める

また、妊娠がわかったら里帰り出産についても検討をする必要があります。

もちろんそのまま地元で赤ちゃんを産むのならば何も問題がないのですが、ママだけ田舎に帰って出産をするという場合には里帰り出産の用意をしておかなければなりません。

特に大事なことは里帰り出産をする先の病院を予約することです。

里帰り出産なのでママが育った先である場所だとは思いますが、産婦人科についてはあまり知らないかもしれませんのでよく調べてから予約をしましょう。

同じ時期に出産が重なっていると出産の予約を受けいれてもらえない可能性もありますので事前に予約をしておきましょう。

タイミングは妊娠がわかったら里帰りをするのか?しないのかを決めてすぐに申し込みをしてください。

妊娠中期(16週目~28週目)

では、次に妊娠中期にやるべきことを書いていきましょう。

この時期になるとつわりが落ち着いてくる時期でもあり安定期に入りますので妊婦ライフを楽しめるようになります。

ただし、つわりにも個人差がありこの時期も落ち着かずにずっとつわりで悩まされることもある時期といえますのでなかなか辛いのは正直なところ。

胎動や性別も分かりやすくなりますのでついついお腹をさすってしまいたくなりますね。

この時期に気を付けておきたいことは、母乳をだす準備としておっぱいから黄色い分泌物が出るようになることですのでしっかりとふきとって清潔にしておくことを意識しておくとよいでしょう。

お腹も少しずつ出てくる時期なので、動くことは面倒になったり、億劫になることもありますがあまりにも動かないのはダメです。

適度な運動をすることで妊娠によるストレスを解消することができますので、医師を相談をしながら体を適度に動かしておきましょう。

→ 戌の日はいつ?妊娠したら安産祈願のためにお参りをしておこう

中期で必要な手続き

つわりが落ち着いてくる時期になりますが、後期にむけてどんどんお腹が大きくなる時期でもあります。

お腹が大きくなると動くのも一苦労ですし、車の運転も大変です。

そのため、つわりが落ち着いたタイミングを見計らあって入院に必要な準備物を用意しはじめましょう。

出産や入院の準備を一回で終わらせようとするのはなかなか大変なので、コツコツと準備をしていくことをおすすめします。

→ 出産準備リストを紹介!予定日までに用意をするものと失敗したもの

また、会社に関しても用意が必要で産前産後休暇や育児休業を取得するならば会社にて手続きをする必要がありますので、会社の経理などに必要な手続きを依頼しましょう。

もちろん仕事の手続きも始めるようにしてください。

→ 育児休業給付金の支給日はいつ?条件と申請の方法

特に仕事に関してはいつ復帰をするのかということも会社によっては求められるケースもあります。

最近は待機児童の問題からなかなか保育園へ入れないケースも多く、住んでいる市町村によっては妊娠がわかった時点で保活を始める必要があります。

特に首都圏の東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、京都、名古屋、福岡などは待機児童問題もあることから保育園へ入園したくても入れず職場復帰ができないなんてことになりかねませんので妊娠中期の動ける時期に保活もしていくと良いでしょう。

妊娠後期(28週目~出産まで)

最後に妊娠後期に関する情報について書いていきましょう。

妊娠28週目以降はいよいよ妊娠後期という時期にはいります。

お腹もぐっと大きくなって足元も見えにくくなる時期だといえますし、子宮に下大静脈が圧迫をされることから血流が悪くなり手足のむくみも出てくる時期になりますね。

また、後期から出産へ向けておりものも増える時期となりますのでお腹の張りも感じやすい時期といえます。

また、お産が近づいてくると赤ちゃんも徐々に下に降りてくることから恥骨や付け根に痛みが出たり、胎動が鈍くなったりとお産へ向けてママも赤ちゃんにも体の変化は訪れる時期だといえますね。

後期に必要な手続き

この時期には出産へ向けての準備だけにしておきたいものです。

28週ではまだありませんが、妊娠35週を過ぎるとお腹も相当大きくなりますので動くのも大変ですし、急に破水をして入院したという事例もあります。

そのため、妊娠後期になったら赤ちゃんを受け入れる準備を家で整えるようにしましょう。

例えば、ベビー服の水通しをしておく、セレモニードレスを用意しておく、お七夜の用意など赤ちゃんが生まれてすぐにいろいろな行事があるのもしっておきたいところ。

出来れば、出産後の1ヶ月で氏神様にお宮参りにもいかなければならないので、その準備をしなければなりません。

他にも赤ちゃんと一緒に移動をするためにはベビーカーや車につけなければならないチャイルドシートなども用意をする必要があります。

後期になれば赤ちゃんがいつ生まれてもおかしくないように準備をすること大事なのですが、赤ちゃんが生まれて一か月先くらいまでのことの準備もしておきましょう。

出産後

最後に出産後にもしなければならないことがありますのでまとめておきましょう。

妊娠をして出産をして無事に赤ちゃんがうまれたことにほっとするでしょう。

しかし、出産はゴールではなく子育てのスタートですので、これからやらなければならないことがたくさんあります。

特にお金関係の手続きでしなければならないものがたくさんありますので抜けがないようにしてくださいね。

出産後の手続き

まず絶対に外せない手続きはこちらの児童手当です。

これは子供がいる世帯に対して支給をされるものとなっており、中学生までは一律もらえるお金となっています。

→ 児童手当は貯金が基本?使い道と支給をされる金額 申請方法について

あとは赤ちゃんの保険証関係です。

生まれてすぐにこの乳児医療証明書の手続きをしておきましょう。

これは赤ちゃんだけではなく、子供がいる世帯に対して医療費の補助がでる制度です。

住んでいる市区町村によって異なるのですが、月に500円以上の自己負担は後日返金や無料となる地域もありますので確実に手続きをしておきましょう。

→ 乳児医療証の手続きの方法!医療費助成制度の申請と所得制限について

出産後は問題もなければ大体一週間くらいでママも赤ちゃんも退院をする時期になります。

そのあとはお宮参りと赤ちゃんの1ヶ月検診がありますのでそこまでくれば少し落ち着くでしょう。

妊娠をするとついつい出産のことで頭がいっぱいになってしまいますが、出産後にしなければならないこともたくさんありますのでママって本当に偉いし大変だなと思います。

妊娠から出産のまとめ

赤ちゃんがお腹に宿って妊娠をするととても責任を感じますしとてもいとおしく思えます。

もちろんすぐに出産をするわけではないのですが、そこから10ヶ月間お腹の中にいる赤ちゃんのために一生懸命になれる時期ですね。

もちろんつわりや体調不良などいろいろな問題も起こりますが、そんな時期もたったの10ヶ月なので妊婦ライフを楽しんでほしいと思います。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る