妊娠後期の過ごし方と注意点!安静にして暇な時も元気で楽しく過ごそう

妊娠後期の過ごし方はどうすべきでしょうか?

いよいよ出産も近づいて、お腹も大きくなってくる時期でママも「赤ちゃんに会える」と楽しみになります。

もちろん、後期に入ったからすぐに生まれるわけではありませんね。

元気に活動できな妊娠後期の妊婦さんもたくさんいます。

この記事では妊娠後期の過ごし方について書いています。

記事を読み終えることで、妊娠後期の安定しているときと、安静にしているときの過ごし方。

妊娠後期に注意をすべきポイントがわかります。



目次

妊娠後期の過ごし方と注意点!安静にして暇な時も元気で楽しく過ごす

妊娠後期の過ごし方としては、ママの状態があります。

この時期でもお腹に何も問題もなく、活動できる人もいれば、切迫早産などの疑いで安静にしなければならない人もいます。

そのママの状態によって過ごし方はかわりますね。

妊娠後期はいつの時期?過ごし方はどうすべき?【臨月はいつ】

妊娠後期はいつの時期かわかりますか?

妊娠後期は、生後8か月以降の時期を指しています。

そのまま順調にすすみ、36週(9か月)を超えた時期は臨月と呼ばれます。

臨月も妊娠後期の時期ではあるのですが、ついつい体を大事にしがちです。

しかし、あまり安静にしすぎると赤ちゃんがでこなかったり、体にも影響がでますので、適度に動く方が良いとされています。

→ 妊娠初期に気を付けること11選!運動とやってはいけない姿勢と食事

妊娠後期の過ごし方7選【元気で安定をしているとき】

妊娠後期でも、お腹の状態が安定をしているママに向けての過ごし方から書いていきます。

お腹も順調、ママの体も問題ないという状態は非常にうれしい状態です。

この状態のままがベストなので、適度な運動を取り入れながら過ごしていきましょう。

1.散歩や軽い運動をする【適度な外出は大事】

元気ならば散歩やマタニティヨガなど軽い運動をしましょう。

助産師もこの時期の運動は推奨をしており、じっとしている方が良くありません。

季節が良い時期には太陽にあたって健康的に過ごすことも大事です。

妊娠後期になると、もうすぐ出産とおもって守りに入ってしまいますが、元気で安定をしているならば多少はアクティブに動きましょう。

2.友達とあってお話をする【出産前のリフレッシュ】

出産前にはお友達とあってリフレッシュしましょう。

赤ちゃんが生まれると、しばらく会えなくなるお友達もたくさんいます。

また、人間関係も子供を取りまく形となり、かわってきます。

そのため、学生時代の友人や、普段からあまり会うことのない友人に会っておきましょう。

ちょっとおいしいランチを食べるなどして、気分転換をしてみましょう。

3.美容院へ行き髪の毛をカットする【気分転換も大事】

出産を控えているならば、髪の毛をカットしましょう。

赤ちゃんが生まれると、ゆっくりと美容室へ行く時間も作ることができません。

そのため、美容院へ行き髪の毛をカットしてはいかがでしょうか?

染めることができませんので、整えるだけでも気分転換になります。

4.二人目ならば上の子とたくさん遊ぶ【下の子が生まれる準備】

二人目が生まれるならば、上の子とたくさん遊んでおきましょう

二人目が生まれると、ママの育児に余裕はなくなります。

2人を育てるというのは大変ですので、上の子と公園へいったり、ご飯を食べたりと2人の時間を大事にしてください。

これから訪れる赤ちゃん返りの前に心の準備をしておきましょう。

→ 赤ちゃん返りの症状と原因と対処法!いつまでなの?【保育士3人に調査】

5.旦那さんとおいしいものを食べる【ゆったりとした食事】

赤ちゃんが生まれると、旦那さんとゆっくりと食事に行く時間もありません。

そのため、豪華なランチやディナーなど食べにいきましょう。

これからの育児のこと、子育てのこと、将来のことなどゆっくりと話す時間を作ってください。

おそらく赤ちゃんが生まれると一番取りずらい時間だといえます。

6.乳房のマッサージ【母乳の準備】

乳房のマッサージもおこなっておきましょう。

母乳を出すために産婦人科からも指導があります。

マッサージをして刺激をすることで、良いおっぱいが出ますので、マッサージをしておきましょう。

→ 妊娠線マッサージクリームおすすめ3選!予防ケアはいつから?

7.歯医者へ行き手入れをする【出産で歯を痛める】

出産で歯を痛める妊婦さんもたくさんいます。

理由は簡単で歯を食いしばるため、想像以上に負担がかかるためです。

赤ちゃんが生まれると、旦那さんは仕事へ行ってしまうためママは歯医者へ行く時間も作ることができません。

そのため、歯医者へ行ってケアをしておきましょう。

自宅安静で暇なときの過ごし方【妊娠後期はどうする?】

元気に過ごせる妊婦さんもいれば、お腹の状態によっては安静にしなければならないこともあります。

ママもお腹を守らなければなりませんし、無理に動けません。

もちろん、赤ちゃんが生まれるまでの数か月ですが、切迫早産などになるとどうしようもありませんね。

そんなときの過ごし方について書いていきましょう。

1.赤ちゃんのためにハンドメイドで作りもの

生まれて赤ちゃんのためにハンドメイドのものを作りましょう

これから生まれてくる赤ちゃんに作れば愛着もうまれますし、時間もゆっくりと流れていきます。

裁縫が得意、これからチャレンジしてみようと思う方にはおすすめです。

2.小遣い稼ぎをする

今はインターネットが発達をしている時代です。

そのため、スマホやパソコンを使って簡単に小遣い稼ぎができる時代です。

保育士向けに書いている記事ですが、在宅でできる仕事も紹介しています。

→ 保育士が副業で月5万円稼ぐ方法14選!バレないで稼げるコツとは?

出産を経験をしたママはブログを書いたり、Twitterで発信をしたりと、ビジネスにつなげる人も多いです。

ちょっとした小遣い稼ぎにもなりますので、時間があるならばおすすめです。

3.好きな映画やドラマを見る

赤ちゃんが生まれると好きな映画やドラマをみる時間もありません。

そのため、映画やドラマを見るというのもアリです。

撮り溜めしていたドラマを一気にみてみるのも良いですね。

最近は動画配信サービスもありますので、契約をして、みたい映画を見てもよいでしょう。

4.読書をする

読書が好きならば本を読みましょう。

読書をする時間というのはなかなか取れるものではありません。

また、赤ちゃんが生まれたらそんな時間を持つことは困難となります。

そのため、読書をしてゆっくりとした時間を過ごしましょう。

5.おかし作りを楽しむ

時間があるので、おかし作りにチャレンジしてはいかがでしょうか?

お菓子作りは意外と時間もかかかります。

カロリーを抑えたものや、食べたいスウィーツをあえて自宅で作ってみるというのもアリです。

もちろんお菓子に限らず、料理でも良いと思いますので、時間を有効活用しましょう。

6.仕事をしていたなら挨拶へいく

医師からどれくらいの安静を支持されているかによりますが、仕事をしていたならば会社へ出向きましょう

難しければ旦那さんでも構いません。

自宅療養になっているということは、おそらく急に会社に行けなくなっているはずです。

もちろん、退職をするケースもあれば、産休育休を取得する予定もあるでしょう。

いずれにしても「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がありますので、きちんと挨拶へ出向いておくべきです。

→ 産休育休の手続きと必要書類と復職の手続きとは?自分でするの?

妊娠後期の過ごし方の注意点【眠れないママも多い?】

妊娠後期は臨月へ向けて体調を整えておく必要があります。

後期になってもついつい無理をしてしまいがちですが、ママも体を大事にしてください。

妊娠後期の注意点について書いていきましょう。

妊娠後期は眠れないことも多い?過ごし方に昼寝を入れよう

妊娠後期はお腹も大きくなり、体も重たくなっていますので負担も大きいです。

ちょっとしたことで疲れてしまいますし、夜に眠れないこともあります。

そのため、昼寝をして休息をしましょう

何よりもママと赤ちゃんが大事ですので無理は禁物です。

家事を無理にやらない【休憩をしながらすべき】

出産を控えると、家をキレイにしておきたいと思いがちです。

掃除機や拭き掃除など、赤ちゃんを連れて帰ってくる前にやっておきたい気持ちはわかりますが、無理は禁物

ママが疲れてしまっては出産に影響がでます。

ほどほどにしておきましょう。

双子の時は安静が第一

双子の場合はお腹が大きくなります。

普通に妊婦さんでも足元が不安定になりますが、さらに不安定になってしまいます。

疲れもでますので、無理をせず安静にしておきましょう。

医師から動くように言われたら、気を付けて行動をしてください。

体重増加に注意【おやつなどの食べすぎNG】

妊娠後期になると体重が増えすぎている人が注意を受けます。

食べすぎや甘いものを食べすぎると出産後にも影響がでます。

甘いものばかり食べない、食べすぎに注意をするなど意識をしましょう。

体重増加には気を使っておきましょうね。

夏や冬も体を冷やさないように気をつけよう

体の冷えは妊婦にとって一番ダメなことです。

冬は暖かい恰好をするのはもちろんですが、夏も注意をして下さい。

夏は冷房などが効いているところが多く、外出先でも冷えることもあります。

そのため、羽織れるものを常に持ち歩いておきましょう。

→ 授乳中の飲み物のおすすめはお茶?母乳に良い食べ物とダメなもの

妊娠後期は楽しく過ごす!赤ちゃんが生まれるまでに一人の時間を

妊娠後期の過ごし方について書いてきました。

この時期に大事なことは「赤ちゃんが生まれるまでの時間を楽しむ」ことです。

赤ちゃんが生まれると、子供が大きくなる時期にならないとゆっくりと過ごすこともできません。

それはいつなのか・・・わかりませんよね。

そのためにも妊娠後期はマタニティライフも終わりに近づいていますので、時間を有効活用しましょう。

お腹も出てきた時期なので、マタニティフォトをしたりする方もいるようですよ。

人気記事 → ウォーターサーバーは赤ちゃんにおすすめ!子育て世代に人気の3商品

人気記事 → こどもちゃれんじの口コミ評判はどうなの?入会退会と料金と紹介制度

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る