戌の日の安産祈願はいつ行く?神社へのお参りの服装と初穂料とお祝い

戌の日の安産祈願へはいつ行くのでしょうか?

赤ちゃんをお腹になかにさずかったら、戌の日にお参りへ行くというのが日本の風習として残っています。

戌の日の安産祈願とは「無事に赤ちゃんが生まれてきますように」という気持ちを込めてお願いをすることで、妊婦さんのほとんどは必ず行くものです。

しかし、戌の日という日本の伝統文化の詳細な内容ついてはあまり知られていません。

この記事では戌の日の安産祈願について書いています。

記事を読み終えることで戌の日の安産祈願はいついくのか?お参りや服装、初穂料などの流れがわかります。



戌の日の安産祈願はいつ行く?神社へのお参りの服装と初穂料とお祝い

安産祈願は戌の日が良いなんていわれていますが、そもそもなぜ戌のの日がよいのでしょうか?

戌の日とは、

十二支の戌に当たる日。犬は安産といわれることから、妊婦が妊娠五か月目のこの日に帯祝いをする習慣がある。

(引用:コトバンク「戌の日」)

つまり、犬は安産といわれていることから、人間にもそれにあてはめてお参りに行きましょうという習慣からきています。

実は犬はお産が軽く、一度にたくさんの赤ちゃんを出産することから安産の象徴でした。

それにあやかり、安産祈願のお参りをするという独自の風習が言い伝えらえたのです。

戌の日にお参りにいつ行く?風習の由来

戌の日の中でも赤ちゃんをお腹の中に授かった人にとって意味のある日は「妊娠5ヶ月」を迎えた最初の戌の日です。

この日に妊婦さんはお腹に腹帯を巻き、安産祈願のためにお参りをするという風習があるのです。

昔からの風習としてある戌の日ですが、昔は医療が現代と比べると発達をしていなかったため危険ともなっていましたのでそれを軽減したいという思いもあったのかもしれません。

もちろんお産にはリスクもあります。

その気持ちを落ち着けるという意味でも、戌の日にお参りをして腹帯をまいて気持ち的にも安心をする、お産の気持ちを引き締めて臨むという意味が込められています。

→ 妊娠線マッサージクリームおすすめ3選!予防ケアはいつから?

戌の日の安産祈願はいつの時期?お参りに行くタイミングと腹帯を解説

一般的に戌の日といわれると十二支の中にある干支の「戌」を思い浮かべますがその通りでその日のことを「戌の日」と言います。

干支といえば年賀状などにもよく使わていますが、実は年だけではなく「日」にも振り分けられており12日ごとに1日は戌の日があります。

これは他の行事などにもあり大阪の有名な神社である住吉大社だと毎月のはじめの辰の日のことを初辰さんと呼んでおりこの日にお参りをするとよいことがあると言われていますね。

そんな風に干支は日にち事にも決まっていますので戌の日も12日に1度は訪れるということです。

もちろんその月によってもことなりますので、インターネットなどで「戌の日」と検索をしてカレンダーで確認をしましょう。

なぜ戌の日のお参りは妊娠5ヶ月で行くの?数え方は?

お産や妊娠というのは常に何が起こるかわからないことも多いです。

もちろんお腹に宿ったとしてもご縁がなく流産をしてしまうこともあります。

しかし、妊娠5ヶ月を過ぎると安定期に入り、流産の危険性も少なくなってくる頃ですので安産祈願をするのにも最適ですしお腹も少しずつ出てくる時期なので妊婦の気持ちとしてもお腹に赤ちゃんが宿っていると実感が出やすい時期でもあります。

絶対に5ヶ月目の戌の日に行かなければならないという決まりはなくあくまでも目安。

なので、安産祈願へ行く時期の目安として覚えておくとよいでしょう。

戌の日の数え方は12日ごとで毎月異なるため、インターネットで確認するのが一番賢いでしょう。

戌の日のお参りにいけない時の対処法

戌の日にもちろんお参りに行きたいし、安産祈願に行きたい。

けれども「ずっと体調が悪くしんどい」「仕事が忙しく休みもとれない」などいろいろな理由があると思います。

そんなときに安心をしてほしいのですが、妊婦さん本人が行かなければならないという決まりはなく妊婦さんの代理として両親や兄弟が代わりに祈祷を受けるケースも多いです。

代理で行く場合には「出産予定日」「夫婦の名前と住所、生年月日」が必要なのでメモをしてから行くとスムーズです。

遠方の神社で郵送で受け付けてくれるケースもありますので一度問い合わせをしてみましょう。

戌の日の腹帯とは?

先ほど戌の日に腹帯をまくとさらっと「腹帯(はらおび)」という言葉に触れました。

腹帯とは、お腹にまく帯のことを指しており別名「岩田帯」なんて呼ばれることもあります。

正式な腹帯は妊婦さん実家から白い木綿(さらし)のに紅白の布の帯をセットするのですが、最近はさらし布を一枚巻くことは定番となっています。

もちろんこれも形式上となっており、安産祈願としてその場で巻くことは問題はありませんが巻くことによりお腹を締め付けることになることから血行不良が起こるという理由で推奨をしない医師もいます。

せっかく安産祈願へいったら一度はお腹に巻いてきちんとお願いをしてあとは大事にしまっておくという人も多いです。

最近は腹帯を使いやすくした妊婦帯やマタニティガードルなども代用可能ですし普段使いをするならばそんな商品の方が間違いなく使いやすいでしょう。

あくまでもさらしのものはその場のお祝いのために使うと思っておいてよいです。

戌の日の安産祈願は別の日はダメ?【混雑を避けるなら◎】

あと気になるのは戌の日以外はダメなの?と気になります。

例えば、旦那さんと行きたいけれども休みがとれない、戌の日はすべて予定が入っているなどいろいろな理由があると思います。

もちろん予定をしていて急に体調を崩すこともありますよね。

これについては戌の日ではなくても大丈夫というのが答えとなります。

戌の日はあくまでも目安となっており、多くの神社や仏閣は他の日でも関係なく「安産祈願」を受け付けてくれますので安心をしてください。

実はわざと戌の日をはずす人もいます。

その理由は妊婦さんの多くは気持ち的に安心を手に入れるために安産祈願をしているため、「戌の日」にしておきたいといい気持ちが強いためどうしてもその日に安産祈願は集中をします。

特にその日が大安だと混雑は必須といえますので他の日へ行くというのも実は賢い選択だといえますね。

戌の日のお参りは神社で何をする?流れと安産祈願の初穂料と服装

そんな戌の日ですが、お参りの流れはどんなものなのでしょうか?

もちろんお寺によっても異なるのですが、一般的な流れについて書いていきましょう。

1,安産祈願のために参拝をする。

2,腹帯を巻く。

3,両家を迎えて祝い膳を囲む

参拝へ行く先としてはどこでもよいのですが、多くの人は安産祈願の御利益のあるお寺や神社へ出向くことが多いです。

お祓いや祈祷などが基本的な形となっており、時には出産に関して住職の人からありがたい言葉をいただく場合もあります。

そのあとに妊婦さんもみんな驚くのですが腹巻を巻くということをしなければなりません。

腹帯は行く神社によって様々で、販売をしている、すでに初穂料に入っている、持参をするなどになりますので祈祷へいく神社に確認をするようにしましょう。

中には腹帯の持参を禁止している神社やお寺もあります。

安産祈願へは両家の両親も一緒に行くことが多いので、最後にみんなで食事をしましょう。

もちろんかしこまったお祝いではなく、最近はレストランへみんなで言ったり、妊婦さんが食べたいものをみんなで食べようというケースも多いです。

地域や両家の考えもありますのでそれに合わせていきましょう。

ちなみに私は妻と2人で行って焼き肉を食べて帰りましたのでなんでもOKかといえます。

戌の日の初穂料はいくら?【神社へ確認しよう】

初穂料はお参に行く神社やお寺に祈祷をする受付をするお金のことを言います。

多くの場合は社務所と呼ばれる受付のような場所がありますのでそこに支払いをしてからお祓いや祈祷を受けることになります。

基本は紅白の蝶結びの水引きがついたのし袋に入れておき、上段に「初穂料」と記載をしておきます。

値段に関しては3000円~1万円が多く、最初から初穂料を設定している神社もありますので確認をしましょう。

この際に腹帯についても確認をしておくとスムーズですね。

戌の日の服装は何を着ていくべき?

妊娠5ヶ月になると何を着ていくのかは難しいポイント。

もちろん季節も関係してくるのでなかなか迷いますが、基本は平服でよいです。おしゃれをする必要も着物を着ていく必要も全くありません。

カジュアルすぎる、露出が多すぎる、サンダルで行くなどのあまりにも緩いのはダメ。

他の妊婦さんもたくさん訪れていますのでそこで問題のない服装にしておきましょう。

気を付けておきたいことは「体を冷やさない」ことです。

寒い時期ならばカバンにブランケットやはおることができるカーディガンなどを入れておきましょう。

戌の日の安産祈願のお祝いは何をする?【身内で行うお祝い】

あと、戌の日の安産祈願にはお祝いをすることがあります。

これは友人や関係者からではなく、ごく身近な親しい人たちが行うもので、両親や親しい親戚からお祝いを贈る風習があるのです。

お金の場合は3,000円~5,000円程度ですし、マタニティグッズ、育児書などが定番です。

ベビーグッズは好みがあるので避けておきましょう。

あとは、妊婦さんも安定期に入っているため食べたいものをごちそうするのもありです。

例えば、焼き肉、レストランなど赤ちゃんが生まれたら行きにくい食事の場所へ連れていってもよろこんでくれるでしょう。

戌の日の安産祈願はいつ行く?元気な赤ちゃんを産むための風習

戌の日についてここまで書いてきました。

安産祈願の1つとして考えられており、中でも戌は安産の象徴であることから戌の日にお参りにいきましょうという伝統的な風習です。

そのため、赤ちゃんをお腹に授かったら神社へ祈祷にいきたいところです。

出来れば妊娠初期に計画を立てておくと家族みんなで安産祈願ができると思いますのでスムーズです。

出産は何があるかわからないこともあるので気持ち的に安心をするためにも安産祈願へは行っておきましょうね。

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る