プログラミングの基礎を小学生の子供が学ぶ?学校での教育が必修化の理由

小学校で始まるプログラミング教育

小学校で話題となっているプログラミング教育

これ2020年度から小学校で必修化ということが決定しているんです。

IT化の進んでいる時代だからこそ今習い事でも非常に需要のあるものとなっていますが、そもそもプログラミングってなに?

子供が小学校で習うことによりどんなメリットがあるのか?などプログラミングについて、子供の教育について書いていきたいと思います。

プログラミングとは?

しかし、そもそもプログラミングとは?ということをあまり知らない方も多いです。

この記事を書いている私も正直プログラミングっていったい何なの?という感じなので、プログラミングの基礎についてまずは書いていきましょう。

コンピュータのプログラミング(英: programming)とは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。(コンピュータ以外にも「プログラミング」という語は使われるが、それらについてはこの記事では扱わない)

(引用:ウィキペディア「プログラミング」)

さらに簡単に説明をしていきましょう。

ロボットを動かす際には何らかの情報を与えなければ動かないということになります。

その際に「右手を上げる」「左手を上げる」などいろいろな情報を与えることで処理をしていくことができることをプログラミングといいます。

もちろんもっと複雑な感じでいろいろな情報入力していくことになるのですが簡単に説明をするとこのようにいろいろな行動に移すことができるような情報処理していくというのがプログラミングということになりますね。

ちなみにプログラミングをする人をプログラマと呼びます。

システムエンジニア(SE)とプログラマーの違い

プログラミングは一般的にコンピュータ科学を中心としたプログラミングそれ自体についての能力や知識と書こうとするプログラミングが対象となる問題領域などについて知識の両方が必要となります。

もちろんいろいろな言語があるので一言でプログラマと言ってもいろいろなスタイルのプログラマーがいますね。

いろいろな要件に関してプログラミング言語を用いてプログラミングをすることを言います。

よく似た仕事としてSE(システムエンジニア)というものがいますがシステムエンジニアはシステム開発の設計や開発を主に行っており、具体的にはクライアントへのヒアリングやそのお揉めていることをまとめてそれを実際にコードを書くプログラマーに指示を出す人のことを言います。

似ていると思われがちなのですが、プログラマーは基本的にコードを書く人、SEはコードを書くように指示を出す人という認識になりますね。

また、プログラマーと言っても実はいろいろな種類があり、Web系プログラマー、オープン系プログラマー、インフラ系プログラマー、ネットワーク系プログラマーなどに分かれます。

初心者には難しい?

そんなプログラミングですが初心者でも学べるものなのでしょうか?

最近インターネットの広告などに「プログラミングを学ぼう」「初心者でも学べる」なんて書いてあるものも多いですが実際にはどうなのでしょうか?

これについて書いていきましょう。

基本的にはプログラミングはそこまで簡単なものではないため難しいことも多いですが、プログラミングWEBオンラインスクールなどへ通うことによりいろいろとできるようになります。

他にも本で独学、海外留学をして最先端のプログラミングを学ぶなどいろいろな方法がありますが、プログラミングを基礎から覚えてからできるようになるまでにはある程度時間もかかることになります労力は必要になるでしょう。

プログラミングにはいろいろな言語があり将来的に何をしたいかによって学ぶ言語というものは異なってきますので気を付けておかなければなりませんね。

プログラミングの言語

Ruby(ルビー)→「Cookpad」や「Twitter」などで扱われている言語。アメリカでも大変人気なプログラミングです。

Swift(スイフト) →Apple(iPhone)のアプリに使われている言語でiosのソフトウェア向きです。

Java(ジャバ) →androidのスマートフォンのアプリや、パソコンなどで歴史のある言語となっています。

PHP(ピーエイチピー) →動的なWebページを作成する時に使用する、Webに特化したプログラミング言語。この言語は世界中のサイト(ホームページ)に使われているワードプレス(Wordpress)に利用が可能な言語です。

WEB会社へ就職をしたいなら持っておきたい技術ですね。

このように言語によってできることは全くことなりますし、ゲームを作りたい、アプリを作りたい、WEBサイトに関連した技術を持っておきたいなどやりたい、学びたい言語によって将来的な就職先も異なってくるというのが正直なところです。

プログラミングが小学校教育に入る理由

ここまではプログラミングについて書いてきましたが、このような大人が今まで開発にかかわってきたようなプログラミングを小学校で2020年より必修化をするということになりました。

なぜ、このようなことが起こったのか?またどれくらい学ぶのか?将来的にどんな仕事につけるのか?について書いていきましょう。

プログラミングが必修化の理由

プログラミング教育が必修化する理由としては、いろいろとあるのですが経緯についてまずは書いていきます。

2017年3月に改定をされた新学習指導要領が公示をされました。

すでに新学習指導要領に対応した教科書検定基準の最終提案も済み、今後、教科書検定などを経て、2020年から小学校で新しい学習指導要領に沿った学習が開始される予定でした。

その中でも新しい学習指導要領のポイントは、小学校での「プログラミング教育」の必修化です。

目的は以下のような理由で考えられています。

・児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得するための学習活動

・児童がプログラミングを体験しながら,コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動

(参考:文部科学省「新学習指導要領の総則」)

もちろん子供が学ぶことは重要となっていますが、先ほど紹介をしたようないろいろな言語を書いたり学んだりするわけではなく小学校の授業内でパソコンに触れる機会やプログラミングを学ぶ機会が増えるということです。

具体的には算数や理科など総合的な学習の時間に取り入れることができることが想定をされておりコンピュータを使って生活や仕事に役立てることを基本的な考え方として学びます。

また、コンピュータの仕組みや扱い方を通じて「プログラミング的思考」を身に着けることが目的となっていますね。

すでにパソコンを使った授業を導入している学校もあるのですが今後は義務教育の早い段階からパソコンに触れる機会やプログラミングを学ぶ機会も増えていくことにより家庭でも子供がコンピュータやタブレットに興味を持っていくことになるでしょう。

アプリも充実しており、ディズニーが出しているプログラミング学習教材の「テクノロジア魔法学校」はアラジンや女王、ベイマックスが出てきたりするのは人気です。

他にもDeNAが出しているプログラミングゼミ、FOOSとcodeSparkアカデミー、ScratchJr、GLICODE(グリコード)、viscuit、Digital Puppet、ポケットコードなどいろいろなプログラミングのアプリもありますので楽しめます。

子供がどこまで学ぶのか?

コードを書いたりするのではなく、どちらかといえば論理的な思考などを身に着けてプログラミングの授業だけではなく実生活や将来の仕事に役立てていくということを目的としてます。

これをプログラミング思考というのが狙いとなっており、自分が意図をしたことを実現するために何が必要で、どんな機能を組み合わせればよいのかを検討したり、その組み合わせをどのように解決をすれば効率的に行くのかを論理的に考える力のことです。

例えば「おやつを椅子座って食べる」というお題が出てきたとします。

プログラミンミングはこれをすごく細分化して考えることになります。

・椅子にすわる

・手を口に運ぶ

・ごちそうさまを言う

・お皿からお菓子を取る

・ゴミを捨てる

・椅子から立つ

・いただきますを言う

・繰り返す

このように動きを細分化しているものがあり、それ正しい並び方にすることをプログラミングします。

この場合の答えは

1.椅子に座る

2.いただきますを言う

3.お皿からお菓子を取る

4.手を口に運ぶ

5.繰り返す

6.ゴミを捨てる

7.ごちそうさまを言う

8.椅子から立つ

こんな風に順番に並べることにより違和感なくプログラミングを入力することができて動くようになります。

もちろんアプリなどもありますのでゲーム感覚で学ぶこともメリットとして考えられます。

開発なども進んでいますので学校でプログラミングの勉強が始まる前から自宅で楽しんでみても良いですね。

どんな力が身につくのか?

こんな風に論理的に考えることで例えば学校行事と進めていく際に流れとやるべきことを最初に書き出すようにして、分担を決めて期日を決めてその都度相談をしてなど論理的な思考は身に付きます。

そんな風にまるで仕事をしているかのように「何をどうすればよいのか」を具体的に示すことが自然とできるようになるということです。

また、問題解決能力も身に付きます。

プログラミングは3つの行動の繰り返しが基本となります。

・考える

・実行してみる

・検証してみる

検証をしてみてうまくいかない場合には再度「考える」に戻っていきますので繰り返し考えていくことで問題に対しての解決方法を自分自身で解決していける力を身に着けられます。

もちろんプログラミングでうまくいっていないということはその原因を調べるための情報収集能力もつきますね。

プログラミングは考えてその通りしたつもりでも目の前で意図しない動きをする可能性もでてきます。

すると明らかにおかしくなりますので繰り返して成功に導く力も身に付きますので集中力、持続力や我慢強さというものも身に付きますね。

プログラミングの教室へ行くべきか?

プログラミングが必修化になるのならば、2018年の今から教室へも通っておくべきなのでしょうか?

これについてはどちらでもよいというのが正直なところです。

その理由としては学校でプログラミングの必修化というものは決定をしていますが、具体的に学ぶべき内容などについては基本的にきまっていません。

そのため、市区町村によってすごく差があると言われており基礎をすごく学ぶケースもあれば、ゲーム感覚で学ぶだけのところも多いでしょう。

政府もプログラミングの教育に関しては基本的に市区町村に任せているというのが正直なところです。

そのため民間の業者が参入が決定をしているところも多くなっていますね。

教室は特色あるプログラム教育をしている

プログラミングに関してはいろいろな意見があるのですが、教室によっていろいろな特色のある教育を実施しています。

たとえば、ロボット教室なんて人気ですね。

そこのプログラミングを導入しておりロボットへプログラムを入力することでその動かし方を学ぶことができるものです。

ロボットは目の前で動いてその結果を見ることができるため人気となっていますし、子供もただプログラミングをするだけではなくロボットを動かすということにもつなげられますのでとても面白いです。

他にも普通に誰でも手に入れられるアプリを取り入れて独自のカリキュラムでランク付けをしたりレベル分けをしたりするような教室もあります。

もちろん教室によってレベル感や学べる内容によってもことなっていますのでしっかりと理解をしておきましょう。

将来的には大学入試にも影響される?

実は小学校でプログラミングが必修化になることで大学入試などにも大きな変化を起こしそうだといわれてます。

例えば、大学入試でプログラミングの開発ができる、何らかの賞を受賞したなどにより試験が免除となり入学が可能になったり、プログラミングに関する論文を書くことで認められたりします。

政府としてもIT人材の育成を急いでおり大学入試センター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」に、プログラミングなどの情報科目を導入する方針を盛り込んでいます。

将来的にプログラミングは必須の力となるかもしれませんし、AIの台頭により必要な仕事になる可能性がありますね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

他にも子育ての悩み役立つ情報、おでかけ情報など楽しい情報もアップしていきます。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る