子供の薬の飲ませ方は簡単?上手に飲ませるコツと注意点を薬別に解説

子供に薬をどのように飲ませていますか?

薬は普段口に入れているものと味が違うため、赤ちゃんもどうしても嫌がってしまうことが多いです。

でも、身体の体調が悪いなどの理由で病院から薬をもらっているので飲ませないといけない。でもどうしたらよいの?と迷ってしまうママも多いでしょう。

ここでは、ママたちの悩みでも多い子供の薬の飲ませ方について書いていきましょう。



子供の薬の飲ませ方のコツとは?

育児としていると誰もが経験をすることとして、子供の体調不良があげられます。

どんなに健康にして、手洗いやうがいを徹底していたとしても最終的には体調を崩してしまう結果となってしまうため注意をしなければなりません。

もちろん体調が悪いと子供もしんどいことから機嫌も悪くなり泣いたり、抱っこを求めたりなどずっとつらそうにしている姿を見ると残念に思うこともあります。

薬をせっかく飲ませたとしてもすぐに吐き出してしまったり、時には口に入れることさえ嫌がったりすることもありますよね。

もちろん治療のためには薬を飲むことが一番良いのは間違いないのですが、なかなか飲んでくれないこともあります。

そもそも、子供が薬を嫌がる理由があるのでそこについて書いていきましょう。

子供が薬を嫌がる理由

大人ならば病院へ自分で行き、体調不良を解消するために薬を飲むということが当たり前のようにできるのですが、子供にとってはそんなことは関係ありません。

そのため、「イヤ」という感情を正直に出してしまうことによりそのようなことが起こります。

もちろん言葉で薬がイヤな理由を説明してくれればよいのですが、そんなに簡単に口で説明をしてくれることもない点は困ったものです。

そんなときにママやパパが感じてほしいことはどんなことで薬を嫌がっているのかを顔や表情を見て判断をするということです。

それによって対処の方法も異なってきますので以下の点を参考にしてみましょう。

・苦味のある味が嫌いでおいしくない。

・薬のザラザラした舌触りや喉の奥に張り付く感覚が嫌い。

・病気で飲み込むのがつらくしんどい。

・薬を飲む理由がわからず、おいしくないのでイヤ。

・ママやパパが薬を必死に飲まそうと思っているのが不審に感じている。

・初めて口に入れるものは味がわからないので怖い

・ママたちに無理矢理飲まされるのがイヤだ。

こんな風に子供なりに薬を飲むことを嫌がる理由がありますので、それを見極めて対処をしてみましょう。

もし、嫌がったり一度やめて様子をみてもう一度チャレンジをするなどママたちの工夫をするほうが良いでしょうね。

→ 感染症の種類と症状一覧!子供がかかりやすい病気と出席停止について

子供の薬の飲ませ方のコツを種類別に紹介

子供が薬を飲んでくれないといっても、正直いろんな薬があり飲ませるのも難しいものです。

かかりつけの病院によってもらえる薬も違いますので、薬別に飲ませるコツにtういて書いていきましょう。

シロップ

シロップは赤ちゃんや子供に飲ませる薬として一番定番なものとなります。

子供の好きな味付けとなっているものが多く、いちごやバナナなど好みの味付けがされている甘いシロップ薬となっていますね。

子供への薬の中では一番嫌がりにくい薬なのですが、味がついている中でも若干にがみがあったり、独特のあまみ、とろみなどがあり嫌がる場合もあります。

シロップは口に入れたとしても嫌がると口の中からべーと出してしまいます。

そのため味を感じにくくして、思わず飲んでしまうのどのあたりへスプーンやスポイドなどの奥に入るとのみやすいです。

それでも嫌がるなら適量を水で薄めてあげても良いですね。

シロップは冷たいと苦みも感じにくくなりますので、冷蔵庫で冷やしておき味が沈殿してしまうこともありますのでそれを避けるためにもボトルはよく振って飲ませるようにしましょう。

ドライシロップ

子供用の抗菌薬として飲ませることが多い薬がこのドライシロップです。

薬の甘みやフルーツの香りをつけて細かな粉にしてくれている薬で水や食べ物に混ぜても飲ませやすい薬といえます。

こちらも細かな粉となっているので子供に飲ませやすい薬といえますね。

ただし、シロップと比較をすると若干の苦みを感じることもある薬となっていますので、そのまま飲ませると薬を嫌がる可能性もあります。

そのため、水を多めにのませることを基本としておき、口に入れたあとはしっかりと水分を取らせて口の中に苦みが残らないようにしてあげましょう。

薬嫌いの子供にはヨーグルトやジュース、ゼリーなどに混ぜて飲ませることもありますが、薬によっては組み合わせると良くないもの、苦みが増すものなどもありますので処方をしてくれる医師と相談をして決めましょう。

粉薬

粉薬や、顆粒状の粉薬は苦味のあるものが多く、舌さわりもざらっとしているものが多いため嫌がる子供も多い薬です。

特に粉のままだと子供には飲み込みにくく口の中に苦みが広がるといつまでも続いてしまうことから飲ませる際に注意が必要な薬の形態といえます。

そのため、ごく少量のぬるま湯でペースト状にしてママの指につけて口の上あごや頬の内側に塗り込むようにすると良いですし、オブラーや服薬用のゼリーに包んでまとめて飲ませても良いでしょう。

それでも嫌がる場合にはチョコレートシロップや練乳、ジャムなど甘みの強いもので苦みを消せるものを飲ませると良いですね。

ただし、あまり甘いものばかりなめさると虫歯の心配もありますので適量にしておくことが大事です。

他にもシャーベット、アイスクリーム、ゼリーなどの冷たい食材と組み合わせると薬の味も打ち消すことができますので、薬嫌いの子供には活用をしても良いですね。

カプセル・錠剤

子供向けにはあまり出てこない薬ですが、たまに処方をされる薬となっています。

薬剤で固めた錠剤やカプセルコーティングされている薬で、大人でも苦手な人がいるくらい飲みにくい薬となっていますが大きいからといって砕いたりすることはNGとなります。

もちろん子供にとっては大きなサイズの薬となることから、多めの水で飲ませたり、服薬用のゼリーで飲ませたりするとスムーズの飲めると思います。

この2つの薬で注意をしたいのは、口に入れるとその温かさで薬のまわりのコーディングが溶けてしまうことです。

そうなると、苦みが増しますので口に入れたらすぐに飲みこんでしまうことがコツです。

薬によっては小さな錠剤になっているものや、粉薬などの代用ができるものもありますので医師に相談をして薬を変えてもらうことができるのかについても検討してみましょう。

漢方薬

最後に漢方薬です。

漢方薬は大人でも苦みを感じるものとなっていますが、作用は穏やかで体質の改善などにも効果のある薬で最近は漢方薬をあえて処方する病院もあるほどです。

ただし、一番のネックは独特で強烈な苦みとなります。

漢方薬は粉状のものが多いのですが、粒は若干大きめ。

そして溶けにくいという特徴もあるため、小量のぬるま湯に溶いたり、レンジでチンをしてチョコレーシロップやアイスクリームなどに混ぜて飲ませても良いでしょう。

それでもダメな場合はオブラートなどに包むと飲みやすさもありますので効果があります。

漢方は量も多めなので、2~3回に分けて飲むと無理なく飲みこめる場合があります。

こんな風に薬の形態によって飲ませ方も異なってきますので参考にしてみましょう。

おそらく子供にとってはシロップが飲みやすい薬となりますので、そのあたりは医師と相談をして子供が飲みやすい薬を選択してあげてください。

子供に薬を飲ませる時に注意点

薬を飲ませる時には水で飲むことが基本ですが、ほかにもアイスやチョコレートシロップにつけて飲ませるなんてこともあります。

しかし、薬には注意をしなければならないポイントもありますので紹介をしていきます。

嫌いになったら困るものには混ぜない

薬を飲ませたい気持ちはわかりますが、好きな食べ物や嫌いになっては困る食べ物には混ぜないようにしましょう。

子供の味覚や驚くもので、一度苦手な味であったもの、苦みを感じたものなどは嫌がるようになってしまいます。

そのため、お米やパン、うどんなど特に主食を嫌いになってしまうと大変なことになってしまいますので食事として大事な主食や子供の好物には混ぜないようにしておきましょう。

薬と相性の悪いものを確認する

薬をもらうときに相性の悪い食べ物は医師にあらかじめ確認をしておきましょう。

例えば、苦みが増す、薬の効果が薄くなる、薬の効果をなくしてしまうなど薬を飲ませることに対してデメリットとなるものもありますので注意が必要です。

そのため、薬をそのままではなく何かにまぜて飲ませる場合には医師に混ぜてはいけない食材なえどを確認しておきましょう。

食材などの量は控える

薬を飲ませるためにいろんな食材があると思いますが、混ぜる食材はできる限り少量にしておきましょう。

水をたくさん飲ませたり、食材をたくさん食べさせたりすると肝心の薬がほとんど飲めなくなってしまう可能性もあります。

そのため、できる限り薬を混ぜる食材は少量にしておき薬を飲ませることを優先的に考えましょう。

薬を飲んでくれればあとは好きに食べさせても良いです。

薬を水に溶かすのは飲ませる直前にする

薬を水に溶いて飲ませたりしますが、その際に注意をしたいことは直前に水に溶かすようにすることです。

食後に飲ませようと早めに薬を溶かしている方もいますが、苦みが増したり、薬の効き目が落ちてしまったりするケースも少なくありません。

そのため、できれば薬を水に溶かすのは子供に薬を飲ませる直前が良いでしょう。

薬を子供に見せない

薬を飲ませる際に大事なことは子供に見せないことです。

薬が好きな子供ならばよいのですが、ほとんどの場合は子供は好きではないと思います。

そのため、水のといたり、砕いたりする際にはキッチンでして子供に飲ませるなど配慮をしましょう。

声掛けも「薬飲もうね」というと「いやー」となってしまいますので「体の悪いばい菌やっつけよう」と励ますような声掛けをするようにしましょう。

嫌がるときは無理強いしない

薬を飲ませたいあまり、大声で泣いたり、嫌がったりすることもあります。

しかし、むりやり薬を飲ませたとしても子供は飲むことをイヤになってしまいますし、トラウマになってしまうこともあります。

そのため、嫌がるときは無理強いをしない

少し気分転換をしてみたり、時間をあけてチャレンジしてみるとよいでしょう。

子供の薬の飲ませ方のまとめ

ここまで子供の薬の飲ませ方について書いてきました。

正直私も子供のころから薬を飲むことは得意ではなく、どちらかといえば嫌いでした。

そんな風に薬は「苦い」「おいしくない」というイメージがあるため嫌いで苦手な子供も多いと思いますが、病気の治療のために歯必要なものなので子供がイヤにならない方法で飲ませるようにしましょう。

 

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る