子育てに疲れたてイライラしたときの解消法5選!一人になりたいはわがまま

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

悩みが多い子育ては真剣に向き合っている証拠

子育てに疲れた

そんな風に思っているお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか?

その気持ちよくわかります。

私は元保育士で今は二児の父親です。

子育てはとても責任のあることといいこともわかるし、頑張っていかなければならないと思っているのですがなんか張り切ると余計に疲れるんですよね。

最初の娘が生まれたときは私も現役の保育士でしたので、毎日かわいがっていました。

しかし、保育士をしている人はみんな経験をすることなのですが「家にいても保育をしているみたい」と感じたんですよね。

これは結構大変で妻も気遣って外へでてきても良いと言って気分転換をさせてくれたありがたさを覚えています。

子育てに疲れているお母さんは多い

妻に感謝をしていたのですが、実は子育てで一番大変なのはお母さんなんですよね。

これに気づけない旦那さんが多いです。

私もこうやって今になって記事を書くことができていますが、その時にはその大変さやありがたさがわからなかったんですよね。

お母さんになって子育てに疲れたと感じるのには理由があります。

・子育ては初めてのことが多くわからない不安にかられる。
・今までと違って24時間一緒に過ごさなければならない。
・睡眠時間も一気に減り子どもが中心の生活になる。
・旦那は仕事で遅く、常に1人で悩まなければならない。

この辺りはお母さんになった方なら感じることがあると思いますね。

特に唯一頼ることができる旦那さんも朝早くに出勤をして、夜遅くまで帰ってこない。

もちろん旦那さんは仕事を一生懸命することが仕事ということもわかるのですが、「少しは助けてくれても」と言いたくなります。

お母さん(奥さん)は家事(食事、洗濯、掃除)をしながら、24時間関係なく育児をしているということは旦那さんは理解をしてあげてくださいね。

子育てで疲れるのは赤ちゃんの時が一番

私も2人の子育てをしてきてわかったことが1人の赤ちゃんの時期が一番大変だったように思いまます。

その理由は「子育てすべてがわからない」からです。

例えば、

おっぱいはいつ飲むの?

なんで泣いているの?

夜中になんで寝てくれないの?

すぐにおっぱいを戻す。

ウンチがでないけど病気?

離乳食って何から食べるの?

こんな風にいろいろなことが始めてですし、お母さん、お父さんの親になる準備ができている人はいないんですよね。

これは誰も教えてくれないですし、子どもは一人一人が違いますのでサポートをしてくれる人もいないので大変です。

私は幸い保育士でしたので知識もありますし、周りには子育て経験のある保育士さんがたくさんいたのでアドバイスをもらえたのである意味ラッキーだったと思います。

しかし、一歳くらいまで大きくなってくると子育てもだいぶとラクになってきますし、お母さんお父さんも親になってきているのでラクになります。

今思うと本当に長女の赤ちゃん時代が一番大変だったように思います。

あくまでも気楽に子育てを楽しむことを意識してください。

子育てに疲れていても気を抜かず頑張ると産後クライシスと呼ばれる出産後のうつ病になってしまいますので注意をしてくださいね。


子育てに疲れる年代別の理由とアドバイス

疲れているのはあなただけではない

育児に疲れている自分を鏡などで見たときに本当の情けないと思うこともありますし、「どうしてうまくいかないのだろう」「子供のことがよくわからない」などとにかく悩むことも多いです。

しかし、そこで安心をしてほしいことは育児に悩んでいるのはあなただけではないということです。

育児と言うのはもちろん誰でも悩むものですしほとんどの人が思っているイメージ通りの進んだことはありません。

つまり、多くのお父さんやお母さんは失敗をしてそこから悩んでいるのです。

もちろん悩んだり、自分を責めたり、協力をしてくれないお父さんに噛みついてみたりといろいろな行動をすることがありますがみんなそうやってお父さん、お母さんになっているのです。

私は保育士をしていましたが、保育と子育ての違いにものすごくギャップを思ったことを今でも覚えています。

保育は子育てですがあくまでも他人の子供ですが、育児とは自分の子供ですごく責任感もありますし一番の違いは24時間一緒にいるということです。

そこに大きな違いがあるためどうしても悩んだり、失敗をしますがそれはすごく当たり前のことであり子供を真剣に向き合っているからこその悩みなので少し気持ちのリフレッシュをして整理をしていきたいですね。

子育てに疲れる年代別の理由とアドバイス

子育てに疲れる年代はいろいろとありますが、意見が多いのは2歳、4歳、5歳、7歳、9歳、思春期となっていますので保育士の目線で書いていきたいと思います。

2歳の子育てに疲れた

2歳はなぜ大変か?

それは自我がしっかりとしてくるため、自分というものを出すようになってきます。

・イヤイヤ期がひどく、夜も寝てくれない。
・なんでも自分でというので手に負えない。
・バスや電車でもじっと座ることができず、周りの視線が気になる。
・一度機嫌を損ねると、なだめてもダメで大声で泣き叫ぶ。
・全く一人遊びをせず、母親からくっついて離れない。
・「なんで」「なにしているの?」が止まらない

こんな風に魔の2歳児という言葉で言われることもありますが、親になると必ずぶつかる壁といえます。

自我の芽生えと「イヤ」という理由

しかし、これにはきちんとした理由があります。

まず「なんでもイヤ」と言われるのは「イヤ」という言葉が使いやすいからです。

もちろん本当にイヤなこともあるかもしれないのですが、基本は「イヤ」と言われますのですべてに「どうしてイヤなの?」と返しているとお母さんが倒れます。

そのため私は「イヤなのか?」「なんでかな」と言いながらもこちらのやりたいように進めます。

保育園でも結構使う技なので、例えば靴を履くのを「イヤ」と言ったら「そっか。イヤなのか」と言いながら靴を履かせてみるというをしてみましょう。

スムーズに進む場合もあります。

イヤイヤ期は大変

イヤイヤ期は自己主張の方法を学んでいる時期です。
親に立場からするとすごく大変な時期なのですが、子どもが成長をしていく段階で脳も発達をしていますのでとても重要な時期といえますね。
赤ちゃんのことろは脳が未発達で欲求をつかさどっている前頭前野が未発達の状態ですがこの時期になると急激に前頭前野が発達をすることにより出てくる行動だといえます。

成長の過程ではとても大事なことなのでお母さん、お父さんにとっては疲れますが「イヤイヤ期が来てよかった」と思ってください。

何でもお菓子やおもちゃで思い通りにすることはNG

一番ダメな対応方法としては、おもちゃやおかしで釣ることです。

甘やかしても良い効果はないので、

・なんでも説明をして少しでも我慢をさせることを覚えさせること。

・ダメなものはダメと伝えて甘やかなさないこと。

・遊びにはこどもが納得するまでとことん付き合うこと。

・子どもの気持ちを受け止めること。

・感情で怒ったり、無理やりさせないこと。

この辺りは大事にしておきたいですし、お母さん自身も真面目に付き合わないことです。

育児は真面目にすることは大事なのですが、適度に頑張るようにしてください。

時には旦那さんい預けてリフレッシュをすると翌日からお子さんとより良いかかわりができるようになりますのでまずはお母さん自身のメンタルを大事にしましょう。

この時期に悩みすぎて子育てうつになる方もいますのでご注意を。

4歳の子育てに疲れた

4歳になると幼児となって自分でできることも増えてくるので子育てはラクになるはずなのですが、なんかしんどい。

4歳の子育ての悩みはいろいろとあります。

・口が達者になり悪くなる。

・ずっとおしゃべりをして疲れる。

・反抗期がまたやってきた

4歳になると自分は自分。お母さんはお母さんということを認識してきます。

そのためなんでも「自分で」とやりたがります。

実はお母さんと子供は別人なのですが、子どもはお母さんと一緒という認識をもって成長をしていきます。

自分とお母さんの違いに気づく

しかし、この時期になるとお母さんはお母さん、自分は自分という認識になりますので自分という人間がでてくる結果いろいろな要求や意見を言うようになります。

また、言葉を巧みに使えるようになった結果いろいろとおしゃべりをしてくれますが、幼稚園や保育園になると友達と話しをしていろいろな言葉を覚えてくることになります。

友人関係が広がっているからこそ出てくる言葉といえますので、悪い言葉を使っていても成長をしたんだと喜んでおきましょう。

また、ずっとしゃべっているのは内言と外言の関係です。

内言・・・心の中でしゃべる言葉。

外言・・・言葉に発すること。

心の中でお話しができるようになるのは5歳以降といわれていますのでずっとおしゃべりをしているということになりますね。

5歳の子育てに疲れた

5歳になると疲れたという人が多いですね。

・叱りすぎてつかれる。

・口答えが多くて親がイライラする。

・暴言、暴力があり大変。

・無視をする。

5歳になるととにかく口が達者になり、いろいろな友人関係もできてきて言い訳や口げんかもできるようになります。

まだ生まれて5年なのですが、話をする内容は大人も顔負けするほど達者となりますので思い切り怒られたりする場合も多いですね。

中間反抗期は大変

5歳は中間反抗期をよばれており、周りのことよりも自己中心的な考えが優先となります。

これも成長家庭でとても大事なことといえますので理解をしておきましょう。

5歳は今まで個人での活動だったのが、グループでの活動となってきますし、相手の感情をくみ取ったり、感情移入をすることもできるようになる年齢です。

5歳と対等に向き合っても良い方向には向きませんので、適度に子供のことを認めていくようにしましょう。

・成長をした証と思い喜ぶ。

・感情的に親はならないようにして、論理的にかかわりを持つ。

・あまり本気にせず、受け流すようにする。

・注意ではなく、こちらの意見や気持ちを伝える。

この辺りを大事にして5歳とかかわりを持っていきましょう。

7歳、9歳、思春期はデリケートな年齢

7歳以降になると小学校へと進学をしてより大人へと成長をしてきます。

特に1人目の場合はわからないことも多いため、育児ノイローゼになる方もいらっしゃいます。

このころになると、今までは自分の意見が最優先となっていましたが「親の意見<周囲の意見」というように親の意見を聞くのはダサいや、友人らと一緒にいるほうが楽しいと思えるようになります。

これだけ友人らと関係も広がっていきますので親としてはさみしいかもしれませんが、過干渉にならないように。

ある程度余裕をもって見守るようにしてあげてください。

でもなんかあったら「いつでも相談にのるよ」という姿勢で待っておきましょうね。

何かいっても犯行をされるか、口げんかになるだけです。

親も子供もお互いストレスになるだけですので、適度は距離はとりつつ、周りに迷惑がかかる、犯罪に行為に手を染めるなどダメなことは全力で叱ってください。

そうやって大人の階段を登っているということですよ。

子育てに疲れた時はリフレッシュをしよう

子育てで大事なことは何だと思いますか?

それはお母さん、お父さんが心身共に元気であるということです。

もし、どちらかが病気や精神的にしんどい場合はどうなると思いますか?

たぶん、子どもは成長をしていけないでしょう。

そこで子育てに疲れたときにリフレッシュの方法について紹介をしていきましょう。

たくさんおしゃべりをする

これはとても大事です。

旦那さんは職場へ行きますので息抜きもできますが、お母さんは四六時中子どもといるのでしんどいですよね。

もし、可能ならば祖父母に預けて友人らとあってランチやお茶などをして外の世界に出てください。

子どもがいると家の中もしくは公園や子育て施設などに限られてしまうと思います。

しかし、昔の友人にあうと気持ちもリフレッシュできますし、おしゃべりをするとストレス発散にもなりますので子育てに疲れたら誰かに頼って外へ出ましょう。

ママ友と話すとついつい子供の話になってしまいがちでリフレッシュにならないかもしれませんので、できればまったく子供の話をsいなくてもよい友人の方がよりリフレッシュできるかもしれません。

甘いものを食べる

外にはなかなか出れないと思います。

そんな時には、甘いものやお菓子などなんでもよいので好きなものを食べられるようにしていきましょう。

子育てにつかれたときには気持ちのリフレッシュがとても大事です、

食べすぎると、母乳の質が下がりますので適度な量で気持ちをリフレッシュさせてください。

自分の趣味を作る

なんでも良いので、自宅でできる趣味を見つけましょう。

例えば、

・育児をブログにして更新をしてみる。

・裁縫を始めてみる

などなんでもよいと思いますので気持ちのリフレッシュに使いましょう。

お昼寝をしている間の楽しみとして、作ってみるのも良いと思いますので何か気持ちを切り替えられる趣味を作ってみてください。

また運動を趣味にして汗をかくというのも良いです。

例えばランニングなどは一人でできる運動なので、旦那さんに1時間くらい預ければすっきりと運動をすることができますので運動を趣味にしてリフレッシュをしてみると言う方法もありです。

他にも子供とは一緒ですが、習い事をして他の友人関係を作ったり育児の話をしてリフレッシュをしているかたもいるようです。

子育てマンガや本を読む

自分を同じような子育ての悩みを面白く書いてくれていますのでかなり面白いとおもいます。

「それわかる」

「こんなことがあるの?」

など子育てのエピソードを見て笑える内容になっていますので共感を摂ることもできます。

完璧を辞める

私も妻のそうだったのですが、子どもが生まれると責任感もでてくることからなんでも完璧にしようという考えが出てきます。

しかし、完璧に育児をすることはそんなに簡単ではありません。

例えば、

・今日は育児も家事もすべてやらないので旦那に頼む。

・子どもよりも先に寝てしまった。

・親にご飯をもってきてもらえるように頼む。

こんな風に周りに思い切り甘えても良いのであまり重く考えないようにしてくださいね。

一人になりたいはわがまま?

子育てをしているとどうしても子供と向き合う時間がほとんどになってしまいます。

特に生まれて間もない時期になると子供を一緒のいることに慣れていないためどうしたらよいものかわからないことも多く、3時間おきくらいに泣くのでどうしたらよいものかわかりません。

夫婦でも旦那さんはもちろん仕事に行かなければならないので朝は早くから出て行って、夜遅くまで帰ってこない。

休日は接待ゴルフもしくは体の疲れをいやすためにゆっくりと休むというケースも多いはず。

育児をしていて旦那さんも疲れているのはわかるのだけれども、「私も一人になりたい」と思います。

これってわがままなのでしょうか?

一人になりたいのは大事な欲求

ここからは保育士としての視点もいれながら書いていきますが、「一人になりたい」というのはわがままでもなんでもありません

個人的にはすごく当たり前で普通の欲求だと思います。

赤ちゃんを生んでお母さんになったとしても一人の人間であり、一人の女性です。

そのため、「ゆっくり寝たい」「ご飯をゆっくり食べたい」「髪の毛を切りたい」「子供から離れてお茶を飲みたい」と思うのはすごく当たり前のことですし、そうやって思っているということはあなたはお母さんになっても「一人の人間」ということを忘れていない証拠です。

女性として、母親として、妻として、社会人としてそのような気持ちは持つことも大事ですし、たまには一人になる機会をもってリフレッシュをすることもとても大事です。

育児は母親の仕事というのが昔からの考えであり、今お母さんになっている年代の人たちはお母さんも毎日忙しく働くお父さんを見て、お母さんが苦労をして教えてくれた昔の経験がありますので責任感を持っている人も多いです。

しかし、今の時代は母親だけではなくお父さんも協力をする時代ですし、夫婦で力を合わせて子育てをしても良いんですよ。

夫に預けて一人になろう

旦那さんは平日は仕事をして家族のために働いていることもわかります。

そのため、あまり無理には言えないのですが一人になりたいと思ったならば旦那さんに少しだけ子供をあずけて一人になりましょう。

子育ての最中、育児の最中でも一人になる時間を持つと実は気持ちのリフレッシュになりより育児を頑張れます。

また、育児だけに向き合うと「どうしてうまくいかないのだろう」「私だけしんどい思いをしている」というように思い込みすぎないようになりますのでたまには良いと思います。

一人になるためのコツをしてはできるだけ小さな時期の赤ちゃんから旦那さんに1時間でも預けることをしておきましょう。

成長をするにつれて愛着関係の流れから「お母さんでないとダメ」というように子供がお母さんに依存をしはじめなかなかでにくくなってしまいます。

しかし、小さなうちからお父さんと2人になる機会を作っておくと成長をしても少しだけ一人で外にでるということもできますので赤ちゃんが生まれたときから継続的にして預けてみましょう。

祖父母に頼るのもあり

旦那さんに預けることができれば一番良いのですが、時には旦那さんも仕事であったり忙しくなることもあります。

そんなときには自分の父親母親にたよって少しの時間預けてもよいですし、旦那と子供を一緒に義父義母に預けてもよいです。

昔の日本だと出かける、急な用事ができたときには近所の人が預かってくれたものです。

もちろん近所のお兄ちゃんやお姉ちゃんたちも遊んでくれたものなのですが今はそんな時代ではないですし、近所の人に預けることでも怖い時代です。

そうなると親族に頼るしかないので祖父母に預けるということは賢い選択になるといえます。

一人になることは何も悪いことではありませんし、逆に一人になる時間を意図的に作ってみるとより育児も楽しめるものになるでしょう。

保育園の一時保育を利用してみよう

旦那もダメ出し、祖父母の家は遠くて預けに行けないし来てもらえない。

そんなときには保育園の一時保育という制度を利用してみましょう。

一時保育とはその名前の通り、時間で子供を預かってくれる制度で認可保育園でもやっているところもありますし、無認可保育園は一時保育をしているところも多いです。

もちろん認可保育園ならば安価ですが、人気が高くなかなか預けることも難しいので、無認可保育園を検討してみても良いです。

育児に疲れた、子育てに悩んでいる時に一人になりたいと思ったら保育園へ預けるという方法もありますのでそれを活用してみましょう。

一人になってリフレッシュをする方法は上記に紹介をしていますので、リフレッシュして育児をさら頑張ってくださいね。

子育てに疲れたときのまとめ

完璧に子育てをするということは不可能に近いと思います。

誰も完璧にすることなんてできませんし、向き合い続けるとお母さん自身が育児ノイローゼや産後うつなどの病気になってしまいます。

先ほども書きましたが、お母さん、お父さんが心身共に健康だからこそ子育てができるのでまずはそこを大事にしていきましょう。

子育てというのは誰もが悩むものですし、うまくいかないもの。

そうやってうまくいかないことが多いからこそ子育ては楽しいですし、より頑張れるとだといえます。

前向きに頑張ってみるとよいですし、疲れたときには一人になる時間を持ってみましょう。

育児は一人でするものでもないですし、夫婦だけでするものではなくいろいろな人がかかわりを持つことによりうまくいきますので前向きに頑張っていきましょうね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る