子供のスニーカーおすすめブランド5選!靴の選び方のコツとは?

子供のスニーカーはどんな風に選んでいますか?

私も娘が小さなころはついついブランド物の靴を履かしていることが多く、ナイキやニューバランス、アディダス、アシックスなどいろんな靴を履かせて満足をしていたものです。

もちろん歩き始めた赤ちゃんにスニーカーを買うこともありますが、実際に子供が履くスニーカーは選び方も大事ですしブランドの良いのですがそれだけではなくチェックをしておきたいポイントもあります。

ここではそんな子供のスニーカーの選び方おすすめのスニーカーブランドを紹介していきましょう。



スニーカーの選び方とポイント

いろいろな種類が売っているので正直どれにすればよいのかわからないことも多い子供のスニーカーですが、ブランドよりも大事なことは正しい選び方ができているのか?という点です。

大人もついつい見た目で靴を選んでしまいますが、大人も子供も足にあっていない靴を履くとよくありません。

時には足を痛めたり、歩き方がおかしくなったり・・・。

靴の選び方を間違えると足に大きな負担をかけてしまう可能性もありますので靴の選び方を紹介していきます。

大きすぎない

まず大事なことは「大きすぎないこと」です。

子供の足はすぐに大きくなってしまうことからついつい大きめに購入する方もいますがそれは避けておきましょう。

大きな靴を履くと負担がかかります。

・足に合わない重さの靴であるくので足が疲れる。

・無理に歩こうとするので歩き方がおかしくなる。

・転倒などをしてケガにつながる。

こんな風に大きな靴を履くとケガなどの原因となってしまいますし、動く範囲も制限してしまう可能性もあります。

靴はもったいないとおもっても消耗品なので、サイズにあった靴を適切に購入しましょう。

つま先にゆとりがある

子供は大人と同じようにちょうど前に足が合うくらいの靴を購入すればよいと思う方もいるでしょう。

しかし、それは大きな間違いです。

子供の内は歩きながら足の指をグーにしたりパーにしたりしてバランスをとって歩いていますので少しゆとりを持つことが大事です。

私も娘の靴を購入するときに靴屋さんに前は1cmくらいを目安に開けると子供は歩きやすいということを聞きました。

足の指を少し動かせるくらいの靴を購入したいので赤ちゃんだと履かせて親が確認。

話しができる幼児くらいになったら「指動く?」「きつくない?」など質問をして聞いてあげましょう。

試着をして歩かせる

最近は買い物が便利でネットで簡単に購入ができてしまいますが、それを購入すると危険です。

それはメーカーによってサイズや履き心地に違いがありすぎるからです。

大人の靴も同じで、私はコンバースならば26.0cmくらいを購入するのですが、ナイキだと27.0cmくらいを購入します。

甲高な足なのでナイキは細いつくりだときつく感じるため少し余裕を持たせた靴にしています。

大人と同じで子供用はさらに靴の大きさやサイズ感、細さなどに差がでますのでネットで購入をするにしても必ず一度は試着をして足に合うものを購入しましょう。

使いまわしをしない

あと兄弟や姉妹などがいるとついついしてしまう使いまわし

上の子供がきれいに履いていた靴をそのまま履かせるということもありますがそれはやめておきましょう。

スニーカーも革靴を同じように履いている人の癖というものがつきます。

そのため、見た目は違和感がなく、靴の前にゆとりがあったとしても前の子供の足にしっかりとはまるようになっているため足に負担がかかったり、前に履いていた子供の歩き方や靴の癖がついてしまいます。

メルカリやヤフオクなどでも販売をしていますが、それならば安い靴でもかまいませんので新品でその子供の足にピッタリくるものを購入してあげてください。

靴選びのポイント

ここまでは靴選びのコツについて書いてきました。

次に靴選びでみておきたいポイントになります。

「かわいい」「おしゃれ」「色がよい」など見た目だけで選ぶと子供にとっては良くありませんので購入をする、試着をする際には以下の3つのポイントをチェックしましょう。

かかと

靴の中にはかかとが硬いもの、柔らかいものなどいろいろなものがあります。

やわらかいものほど履きやすそう、歩きやすそうなイメージとなりますが、それは大きな間違いです。

かかとは適度な硬さがあり足がずれないような靴にしてあげるとよいですので、しっかりとしているかかとの靴をえらびましょう。

靴底

靴底も大事なポイントで適度な硬さのあるものを選ぶとよいです。

歩きながら適度に曲がり、反発力があると歩きやすくなりますので底は適度な硬さがあるものを選び、あまりにも硬いもの、柔らかいものは避けましょう。

ナイキのエアフォースワンを知っている方ならわかると思いますがあれは底が硬いです。

あれは大人ならばよいですが、子供は硬くて厚底で反発も少ないのであまりおすすめしません。

甲の部分はしっかりと止められる靴が良いです。

甲の部分は個人差があり低い子供も入れば、私と同じように甲高の子供もいます。

ひもやマジックテープで調整のきくものを選ぶとよくしっかりと固定をしてあげることで歩きやすくなるというメリットがあります。

靴の買い替えの時期の目安

靴は消耗品と先ほどかきましたが、実際に購入をするとなった場合にどれくらいの頻度で購入をすべきなのでしょうか?

子供の足は年間に1cmずつ大きくなるといわれています。

それに対して子供の靴の大きさは5mm単位もしくは1cm単位となります。

理想は3~4か月くらいで一度チェックをし、サイズに余裕がない状態となっていたら早めに買い替えをしましょう。

ペース的には3~6か月に一度は靴を買い替えると良いペースですね。

→ 赤ちゃんの靴のサイズ早見表と選び方 測り方とおすすめのメーカー3選

子供におすすめのスニーカーブランド

子供の靴に選び方についてここまで書いてきました。

次に子供のスニーカーブランドのおすすめを書いていきましょう。

私も娘にいろいろなブランドのスニーカーを履かせましたし、保育園でも子供たちがいろいろなスニーカーを履いているのを見てきました。

そこで私の経験と口コミなどを含めておすすめのスニーカーブランドを紹介していきます。

初めてスニーカーを購入しよう、買い替えをしようと考えている方の参考にしてください。

アシックス


子供靴の定番といえば、アシックスですね。

私も娘が小さなときからお世話になっており、今でも購入をする定番中の定番で赤ちゃんの時期に歩き始めたよちよち歩きのお祝いにも最適なスニーカーメーカーです。

アシックスは11.5~26.0cmと最初に歩き始めたよちよち歩きの時期から、小学生高学年くらいまでカバーできるサイズ展開で「はだしのように歩けるシューズ」というコンセプトの靴です。

カラーも豊富でハイカットモデルなど子供の足を考えてあるシューズです。

なんといっても私はアシックスの靴敷が好きです。

子供が履いた時にぴったりと来るような中敷きとなっていますし、甲もマジックテープでしっかりと止められるので歩きをサポートしてくれます。

スニーカーはどこにしようかと迷ったら一番におすすめしたいブランドです。

ニューバランス


次におすすめしたいブランドはニューバランスです。

こちらも大人に大人気のスニーカーブランドですが、実は子供のスニーカーブランドとしても圧倒的な人気を誇っており履いている子供の多いですね。

ニューバランスの特徴としては以下のようなポイントがあります。

・開口部が広く履きやすさは間違いく、子供も履きやすいブランド。

・インソールは取り外し可能で、子供の足にピッタリをする仕組み。

・自然に曲がる柔軟さを持っているスニーカー(フレックスグループという仕組み)

・幅広で甲高なので日本人の足に向いている。

もちろん赤ちゃんの時期から大人になっても履けるスニーカーとなってり、親子コーデでお揃いにしても素敵なスニーカーです。

カラーも豊富なのでお好みのものがきっとみつかるはずです。

IFME(イフミー)

いつも英語で書いてあるブランド。

「何と読むのだろう」と悩んだ方も多いでしょう。

このスニーカーブランドはイフミーと読みます。

「子供も足の健康」がコンセプトとなっているブランドで早稲田大学スポーツ科学学術院と共同開発した子供靴です。

しかも実際に子育てをしているママたちの声を吸い上げて商品作りに反映してきた実績を持っています。

私も娘が赤ちゃんの時には何度かお世話になっているブランドで歩きやすそうにしていたという点は間違いありません。

上記2つのブランドと比較をすると少し安価な点も子育てをしているママたちにはありがたいポイントといえます。

また「キネティックベルト」という独自のものがあり足のブレやネジレを抑える効果ありホールド感も高い商品です。

アキレス(瞬足)


アキレスの瞬足は小学生から圧倒的な人気を誇っているスニーカーブランドとなっています。

履くだけで足が速くなる?なんていわれており幼稚園や保育園の幼児、小学生からは男女問わず人気のスニーカーブランド。

ただし、もちろん人気なだけではなくコーナーを走るときに差をつける左回りに特化した「左右非対称ソール」が瞬足の特徴で走ることに関しては特化しているスニーカーです。

男の子はかっこいいデザインですし、女の子はキュートなデザインと子供の気持ちに沿っています。

「幅が細く甲の高さが低いイマドキ女児の足型に合わせた靴型」「爪先から踵まで搭載のスパイク」「衝撃吸収性と高反発力を兼ね備えたミッドソール搭載」とランナー用の靴?と思うくらいですが歩きやすいと娘も小学生になってからは瞬足をよく購入しています。

ムーンスター(MOONSTAR)


バネの力で有名なムーンスターのスニーカー。

ソールに搭載されているパワーゴムにより歩きやすさと地面を踏み込むときにパワーと蓄積してくれる構造で、瞬足と似ている走りやすさのあるスニーカーです。

もちろん見た目もかっこいいもの、かわいいものが多く超軽量なスニーカーであるという点は子供のことを考えられているスニーカーです。

靴底は高い耐久性を誇っているもので長持ちをするという点も人気です。

おしゃれなスニーカーブランド

ここまで子供におすすめのスニーカーブランドをみて「あれ?」と思った方も多いでしょう。

大人に大人気のブランドである「ナイキ」「アディダス」「コンバース」が入っていない点です。

この3ブランドは私も好きなブランドなのですが、見た目もおしゃれさがありますが子供の歩きやすさ、足のサポートという点をかんがえると物足りません。

ナイキのエアフォース、アディダスのスタンスミスやスーパースター、コンバースの定番などはもちろんとてもおしゃれでかわいいですが底は固く反発力に少ない。

そして調整もしにくいという点から乳児期はおすすめしませんし、小学生の時期ももっと歩きやすいスニーカーの方が良いです。

大人になってからでも遅くありませんし、自分で「これが良い」と選ぶのならばよいのですが子供の足のことを考えるならば私は避けるほうがよいと思っています。

海外のブランドなので日本人の足に向いていないという点もおすすめしていないポイントです。

種類によってはあり

しかし、ほかのブランドすべてがダメというわけではなくスニーカーの種類によっては子供向きのものもあります。

上記で紹介をしたスニーカー選びのコツを参考にして選んであげましょう。

子供のスニーカーのまとめ

ここまで子供のスニーカーについて書いてきました。

子供の足は一生大事にしたいもの。

その土台作りとなる幼少期にいかに良い靴を履かせておくのかという点は大事ですので、親が正しい知識をもって子供にぴったりの靴を選んであげてください。

「どこの靴にしよう?」「何のくつにしよう?」と悩んでいる方はここに紹介をしたスニーカーブランドを参考に一度靴屋へいって遅着をさせてみましょう。

私も娘の靴はネットでは買わずに必ず履かせてから購入をするようにしています。

それはブランドによってサイズも履き心地もまったく違いのでネットで購入をして合わなかったときに可哀そうだからです。

またあまりにも安いものは材質が良くないです。

子供のスニーカーは投資だとおもって足にあった良いものを購入してあげてくださいね。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る