イヤイヤ期の接し方と対応方法と子供にイライラしたときの対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

魔の2歳児に訪れるイヤイヤ期

子育てをしていると誰もが聞いたことのあるイヤイヤ期。

これは第一次反抗期とも呼ばれており、何をしても「イヤ」と言葉で嫌がったり、時には大きな声で泣き叫ぶ、暴れる、癇癪を起すなどお母さんやお父さんの言うことは聞かず自分の思いを前面に出す時期です。

私の娘は2人とももちろんこのイヤイヤ期がありました。

そして保育園ではたくさんのイヤイヤ期の子供達と接してきましたし対応もしてきました。

「どうやって関わればよいの?」

「イライラが止まらない」

「なんで言うことを聞かないの?」

などイヤイヤ期は誰もが訪れる子育ての登竜門といえますのでイヤイヤ期の子供の特徴が発達年齢、イライラしたときに対処法について紹介をしていきます。

イヤイヤ期はみんな大変な経験をしている

イヤイヤ期はみんな大変。

「どうして私だけ・・・」なんて思ってしまうこともありますが、それはあなただけではなく2歳くらいの子供を育てている人はみんな経験をしています。

ご飯を食べなかったり、夜泣きをしたりすることもありますよね。

「いつまで続くの?」と終わりが見えないイヤイヤ期の接し方に疲れてしまいます。

そんなイヤイヤ期もいつまでも続くわけではないですし、あるのは当たり前。

その逆にない子もいるのですがない子の特徴は中学生になったころの反抗期がすごいという事例もありますので小さな時期にイヤイヤ期がある方が良いにきまっています。

では、本題のイヤイヤ期の子供と対応方法、イライラした時の対応方法について記事をまとめていますので参考にしてください。

イヤイヤ期の子供の特徴

イヤイヤ期はほとんどの子供が経験をすることです。

もちろんなければ親にとっては良いかもしれませんが、一緒にいる大人からするとイライラとしますし子育てに疲れてしまったりします。

私も保育士として若いときは常にイライラとしていましたし、うまくいかないことに腹がたったり子供が嫌いになりそうになった時もありましたがそれはイヤイヤ期についてちゃんと理解をしていなかったからです。

そのため、まずは子供のイヤイヤ期についてきちんと理解をすることから初めていきましょう。

イヤイヤ期はいつからいつまで?上手に子育てする対処法5選

こちらの記事ではイヤイヤ期の時期や対処法などについて詳しく書いています。

イヤイヤ期と一言で言ってもプチイヤイヤ期と呼ばれる時期もあれば、反抗期と呼ばれる時期もやってきます。

もちろんないことを祈りたいママパパもいますがそれは甘いです。

逆にこのイヤイヤ期が訪れることにより子供の大きな成長につながることもありますのでそこは育児の最初の壁として頑張って乗り越えていきましょう。

そのためにもイヤイヤ期について学び理解をしておくことをおすすめします。

その理由は覚悟ができることと対応ができるからですね。

魔の二歳児はいつから?特徴は?イライラするときの6つの対応方法

続いて知っておきたい記事はこちらの「魔の2歳児」です。

魔の2歳児とはイヤイヤ期の別の言い方となっており実際に子育てをしている世代によく言われている言葉。

「魔の」という中には悪魔のような、大変なという意味合いも込められている言葉となっていますので覚悟をしておきましょう。

もちろん2歳児の発達の過程でこのイヤイヤ期が訪れることはとても重要なのですが、一生懸命かかわってもすべて受け流されるような、すべて否定をされているような印象になることからしんどくなってしまうママも多いです。

何度も言いますがそれは「知らない」から。

そのためにも魔の2歳児と呼ばれる子供についてしりましょう。

2歳児の発達と特徴!保育のポイントはトイレトレーニングと生活習慣の自立

こちらの記事には魔の2歳児、イヤイヤ期は訪れると言われている時期である2歳児の発達についてまとめています。

2歳児は今までパパやママにしてもらっていたことから急に自分でできることが増えてくる時期になります。

また言葉の巧みになってくることから「ジブンデ」とやりたい気持ちが前面にでてきます。

まるで自分も大人になったかのように・・・。

でもそれがうまく行かなかったり、大人の都合で「早くして!」というと余計にイライラしたり・・。

この時期って発達も個人差が大きいですが難しい時期だなというのも印象ですね。

でも、あんなことやこんなこともできる時期なんだなと思います。

関連記事

 

イヤイヤ期の大人の対処法

成長の過程でも大切。

子供が成長をしている時期で証だということもわかっているのだけれども、ご飯を食べなかったり癇癪をおされたりスーパーで大泣きをされるとやはり疲れてしまうもの。

もちろんママもパパも人間なのでイライラとしますし、何を言っていても無視をしてしまいたくなります。

でも「ナンデ」「ドウシテ」となんでも聞かれると可愛くてついつい答えてしまうのですが・・・。

そんなイヤイヤ期に疲れてしまった時の対処法について紹介します。

育児にイライラして疲れたときの解消法4選!限界なら夫や家族に頼ろう

育児にイライラとしていても子供に良い効果は生まれませんし、視野も狭くなってしまいますのでドツボにはまります。

「イライラする → 子供を見る → さらにイライラする・・」という悪循環が起こってしまいます。

良い育児は両親が健康で心身ともに元気だからこそ私は成り立つとおもっています。

イライラとしても良い育児はできませんので、解消をすべきですね。

そんな解消方法についてまとめていますので参考にどうぞ。

コツは1人で抱えこまず家族に頼ることです。

子育てのイライラが止まらない!育児の悩みが限界の時の解消法5選

コチラも先ほど紹介をした記事と似ていますが、イライラとしたときの解消方法を書いています。

子育てにイライラとしてしまうと精神的も疲れてしまいます。

中には子育てに悩みすぎてうつ病になってしまうママもいるほどです。

特に真面目で几帳面で完璧主義な人に多く見られる特徴といえますので注意をしなければなりません。

イライラとしたり、モヤモヤとした気持ちをどうしようもなくなったときにはこちらの記事を参考にストレスを発散しましょう。

子育ての悩みイライラすること!仕事との両立に疲れた時の対処法5選

この記事には仕事と育児を両立している人へ向けた記事を書いています。

育児だけでも大変なのにそこに仕事もしているママもおり、それに苦労をすることも多いです。

もちろん育児だけをしている人と比べると保育園などに預けている間子供から離れて仕事ができるという点で視点を変えられるメリットはありますが、時間におわれますよね。

仕事と育児の両立は大変ですので、イライラしたときにはリフレッシュを忘れないように気を付けましょう。

ストレス解消の方法9選!ストレスを発散して心身を元気にしよう

ストレスを溜めると体に悪影響となります。

そのため、ストレスを感じているのならばストレスを発散することが一番メリットも高いです。

私はイライラしたりストレスが溜まっているなと感じたときには走ったり、飲んだりして気持ちをリフレッシュしています。

他にも遊びに行ったり、おいしいものたくさん食べたり。

何でもよいので自分がイライラとしたときの解消する方法を見つけましょう。

いろいろな解消方法がありますので参考にしてください。

 

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka管理者 taka

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げや集客、営業などをやってきた異色の男性保育士。

保育園の主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャーなどを歴任して今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談に子供関係の仕事と、WEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 10月 01日

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る