育児にイライラ!疲れて逃げたい時は夫に預けて逃げ出そう

育児と聞くとどんなイメージを持っていますか?

私の保育の現場にいるときに若い保育士さんが夫はいらないけれども「子どもがほしい」「早く子供を産みたい」なんて言っている先生もいたのですが、なんでそう思うのかな?なんて思ったことがあります。

子どもができるということはとても思い責任を持つことになります。

将来にわたって責任をもってまっとうに育てなければなりませんし、他の子どもに迷惑をかけたり、なんか大変なことを起こした時には自分が謝るだけでは済まないこともあると思います。

でも「子どもがほしい」というのは理想がとても明るいのだろうと。

そして現実に育児をしていくと逃げたいと思うほど大変だと。

そのギャップがあるのだろうと感じますね。

私も育児に疲れてしまい、逃げたいと思って本当に逃げてしまったことがありますのでその体験談と保育士の経験から育児についても書いていきたいと思います。

 
スポンサードリンク
 
   

育児に疲れて逃げたい

子どもが生まれて最初のころは毎日かわいくて、この子のために一生なんでもしていこう。

そんな風に誰もがおもっていますが子どもが成長をしていくにつれてどんどん疲れてしってしまうんですよね。

特にお母さんになる人は「逃げたい」と思う気持ちがある反面「あまりにも自分勝手」「逃げだしたらダメ」なんて思い葛藤をする毎日を送っている人もいると思います。

しかし、私は育児も保育もしてきたのでわかるのですがそれってとても当たり前のことで逆にその葛藤が親として成長をさせてくれる大事なポイントだとも思っています。

もちろん中にはそんな風な葛藤を感じることなく育児を楽しんでいる方もいると思いますが、とても少数派だと思っています。

そもそも楽しい育児なのになぜ逃げ出したいと思うのでしょうか?その理由について書いていきたいと思います。

24時間子どもと一緒

お母さんになった人で一人の育児をしている人は特に感じ安いのですが、24時間一緒に過ごさなければならないということに慣れていないというのが一番大きな理由です。

一人目の子どもが生まれて一番最初に感じる疑問が0歳の新生児の場合は「なんで泣いているのわからない」と思うんですよ。

オムツなのか?

お腹がすいているのか?

暑いの?寒いの?

なんで毎日同じ時間になくの?

こんな風に赤ちゃんがまるで宇宙人のように感じることもありなかなかうまく関われないというのがお母さんにとっての最初の壁になります。

しかもそれが24時間365日休みなしで訪れるという現実を目の当たりにすると逃げ出したいと思ってしまいますね。

夫は仕事で平日はほとんど家にいないので、仕事が終わって帰ってくると子どもと楽しそうに接しているのですが、妻はそんなことはなく目の離せない状態になってしまいます。

また、生まれたての時な3時間おきくらいにおっぱいをほしがりおきますので、睡眠不足になってしまいますね。

1人になれる時間がほしいと思う

24時間一緒にいることから、1人になれる時間がほしいと思うようになります。

これって育児をしている人の切実な願いでたったの1時間でもよいから外にでてゆっくりをしたい。

一杯の温かいお茶を飲みたい。

そんな風に感じる人も多いのではないでしょうか?

でも、子どもを目の前にして「一人になりたい」ということは言えず母親としてのわがままなのでは?私の自分勝手で振り回してしまうのでは?と罪悪感が先にでてしまうことから夫両親にもい言い出せないそんな秘めた思いをもっています。

これに対しても当たり前のことで母親であり、一人の女性であり、社会人であります。

お母さんといっても一人の人間なので、そのような欲求をもって当たり前なのです。

育児は一人ではできないものですし、周りの協力があってこそ成り立つものですので夫はこっそりと支えてあげましょう。

誰も褒めてくれない

そうなんですね。

育児としていても誰もほめてくれるわけでもないですし、評価をしてくれる人がいるわけでもないんですよね。

そのため「私は何のために頑張っているの?」と自暴自棄になることもあり、結局そのループからいつまで経っても抜け出せないため苦しい思いをすることになってしまうんです。

また、子どもが急激に成長をするわけでもないですし、もちろんゴールなんてありません。

キャリアウーマンとして働いていた人にとっては達成感を感じないのがすごくつらいことになってしまうのが現状です。

育児というのは努力をしても、頑張ってもしんどくなってしまい「逃げたい」と感じてしまうことが多いです。

このような感情をもって逃げたいと思ってしまう母親は多いのが現状で。

次に育児がしんどい、逃げたいと感じないために、また楽しんで育児をしていくためのコツについて書いていきましょう。

育児に疲れた時の対処法

まず、育児から逃げたいと思う感情は「当たり前」なんです。

別に逃げたいと思っている自分が悪いわけでもないですし、誰も責めたりもしません。

一人の時間を作ってもかまいませんので、まずは育児をしなければと思っている自分を鏡に移してみてみましょう。

どうですか?あなたは母親であり女性なんですよ。

まずはそこから気持ちを落ち着けてみましょう。

 
スポンサードリンク
 
   

もし、逃げたいと思ったなら両親や夫に協力を依頼してみましょう。

正直に「育児に疲れたから少しだけスターバックスにいってきていい?」と言ってみましょう。

たぶん、普段一生懸命子育てをしている姿を見ている夫や両親が「ダメだ」なんて言わないと思います。

これはあくまでもたとえですが、カフェにいってたったの2時間でも一人になる時間ができると驚くほど気持ちはリフレッシュすることができますので気持ちの麺でもゆとりができてまた育児を頑張れるようになります。

まずは一人になってもいいんです。育児を抱え込まなくてもいいんです。

そんな風に自分に勝手に「育児をしなければならない」というルールを外してみると意外にゆっくりとできることもありますよ。

育児に疲れたときにできるリフレッシュの情報について書いていきましょう。

おしゃべりをする

ママ友でも、昔からの友人でもよいのでとにかくおしゃべりが好きならばたくさん話をしてリフレッシュをしましょう。

実は人と話をすることってとても気持ちの面でリフレッシュできると言われており、ママ友たちと話しをすると共感も生まれますのですごく心の面でもすっきりすることができます。

夫が仕事をしているから言い出せないなんて方もいますが、育児も立派な仕事なので短時間でも甘えましょう。

もちろん、子ども連れでも育児広場や保育園がやっている園庭解放などに出かけて子どもを遊ばせつつおしゃべりをするなんて方法も良いと思いますね。

インターネットショッピングで自分にご褒美

育児をしているとゆっくりを買い物にも出かけられないし、洋服なんてみる暇もない。

また、子どもがいるとおいしいレストランなんで出かけることもできないのでお金を使う機会もすごく減ってしまうんですよね。

それならばインターネットショッピングのAmazonや楽天などでほしい商品を購入してストレスを発散しましょう。

通販ならば時間の制限もないですし、購入をすれば自宅まで届けてくれますのでとても便利です。

子どもが昼寝をしている間にスマホやパソコンをつかってほしい商品を吟味することができますので通販で買い物としてストレスを発散しましょう。

趣味や副業をしてみる

育児に没頭をしてしまう人は、常に子どものことばかり考えているので「子どものことしか考えていない」んですよね。

もちろん育児をしていくことはとても大事なのですが、子どもだけを見すぎる人ほど育児ノイローゼや産後クライシスなどのうつ病に近い症状を発症する方もいます。

育児は大変ですが、何よりも楽しんでしてあげるものなので育児と他のものに目を向けてみましょう

例えば、映画鑑賞を自宅でDVDを見る、読書で好きな小説を読む、ヨガやランニングなどで体を動かすなどいろいろとあると思いますのでそんな風に気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか?

育児をしているとパートやアルバイトのように時間を決められると動けないですし、育児をしていると子どもが急に熱を出したりして職場に迷惑をかけることになります。

そうならないためにはクラウドワークスなどでライティングで記事をかいたり、アンケートでポイントを貯めるなど自分の隙間時間でお金やポイントを貯めることができます。

スマホさえあれば誰でもできることですのでやってみましょう。

こんな風に育児に行き詰ったら、育児以外に何かに視点を向けてみると効果も高くなりますよ。

他にも

・パパに休日は子供を預けて、お出かけする。

・子育て支援センターの一時保育を利用するて短時間でも一人になってみる。

・ネイルを塗ったり、エステへいって気分転換。

・大好きな食べ物を食べたり、食べ放題に出かける。

・完璧主義をやめてゆるく育児をしてみる。

・育児ブログをみて他の人の考えを見てみる。

などいろいろじゃ方法がありますのでぜひ実践してみて下さい。

特に1歳、2歳、3歳、4歳、5歳、6歳くらいの小学校へ入学をする前の年代は本当に大変を感じることが多いのでパパの力を有効活用するいうのは本当に大事です。

育児に疲れている妻を夫が助けるべし

育児をしている奥さんは結構夫にイライラしています。

例えば。

・子どもがやっと寝たのに帰ってきて起こす。

・休みの日はずっと寝ている。

・自分は趣味に出かける。

・育児に協力はしないのに文句だけはいう。

他にもいろいろとあると思いますが、旦那さんがきちんと育児に協力していますか?

子育ては夫婦でするものですので協力をしてくれないのならばやはり話し合いをして協力はしてもらいましょう。

夫の皆さんは「いつもありがとう」「おれが見ておいてあげるからちょっと外に行っておいで」「ケーキ買ってきたよ」など奥さんをねぎらうことを忘れないようにしてくださいね。

育児は誰でも大変ですし、逃げたい、一人になりたいと感じているものです。

そんな時に私は逃げたらいい、誰かに頼ればよいと思いますので、お母さんは一人で抱えこまないでください。

そして夫の皆さんはきちんと気持ちを理解してから発言したり、協力をしてあげてくださいね。

 

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

ページ上部へ戻る