デイリープラスは2か月無料でお得!優待の特徴と使い方 解約方法

デイリープラスは子育て世代の強い味方です。

毎日の生活費やレジャー費など抑えたいと思うことは当たり前です。

どうしても子供にお金もかかりますし、パパは一生懸命仕事を頑張ってくれているけれどもお給料がたくさんもらえるわけではありませんのでいつも苦労をしますね。

特に遊園地や水族館などのレジャー施設へ行くと家族全員で行くとなると支払いも大きく一日お出かけをするだけで1万円や2万円が簡単になくなってしまいます。

そんな週末のお出かけの費用をデイリープラスを利用すれば抑えることができ、節約の1つとして使えるのです。

この記事では会員制優待サービスとして人気のデイリープラスのサービス内容などの特典や登録の方法について書いていきます。

記事を読み終えれば、デイリープラスをもっと早く知っておけばよかったと後悔すること間違いなし!これからはお得にお出かけをしましょうね。

当サイト限定2か月無料サービス実施中 【デイリープラス登録ページへ】



デイリープラスとは?使い方とサービス内容

デイリーPlus(プラス)とは、福利厚生サービスを提供している「ベネフィット・ワン」がYahoo! JAPANと提携している運営している会員制の優待サービスです。

月額540円(税込)払うことで、全国約100万件の様々な優待や割引を利用することができます。

100万件もあるので日常的に使っているお店やサービスなどはほとんどが割引の対象になっています。

月額費用は540円かかりますが、日常的に使える割引が多いので月に1か所でも使えばほとんど元が取れてしまいます。

おそらくあなたが行くお店が必ず入っていますのでチェックししてみましょう。

特に利用できるクーポンなどが盛んなのは東京などの関東圏、大阪、名古屋、福岡です。

たくさんのお店が参加をしてくれているので、デイリープラスのホームページを見て「次どこにする?」なんて週末のお出かけが楽しみになりますね。

デイリープラスや家族も利用が可能

そんなデイリーPlus(プラス)のメリットですが、一人が登録をしていれば会員本人以外の家族や友人もお得な優待が受けられる点です。

遊園地やレジャー施設、温泉など友達を一緒に出掛けた際に「自分は優待会員だから割引になるけれども・・・」となるのは気まずいですよね。

しかし、自分が持っていれば規約上は二親等以内の親族まで利用が可能となり、友人はビジター慮金という扱いになります。

チケットを購入するときにデイリープラスの会員がまとめ買いをすればお得に入園できる裏技もありますので、神経質にならず勝つよwしていきましょう。

※特典により料金や条件が異なる場合があります。

デイリープラスの口コミ

デイリープラスの口コミは良いものが多いです。

しかし、このお得な会員優待サービスを利用している人は意外と少ないようですので、今のうちに登録をしておくとよいでしょう。

ツイッターを見てみると。


こんな風に実際にデイリープラスで得をしている方もいます。

当サイト限定2か月無料サービス実施中 【デイリープラス登録ページへ】

デイリープラスの優待サービスを紹介!どこで使えるの?

しかし、毎月540円というのはなかなかシビアです。

一日のランチ代くらいなのですが「本当に使うのか?」「損をしないか?」と言う点はとても大事です。

そこで実際にデイリープラスへ登録をしたどのようなお店が使えるのかを紹介していきます。

デイリープラスでは15の項目に分けられており、主なカテゴリは以下の通りです。

デイリープラスが使えるカテゴリ

カテゴリ使える主な場所
国内ホテル・海外ホテル・ツアーなど
レジャー・エンタメ遊園地・カラオケ・ミュージカルなど
リラクゼーション・ビューティー日帰り温泉・エステ・リラクサロンなど
生活ハウスクリーニング・引っ越しなど
グルメ居酒屋・カフェ、ファミレスなど
スポーツフィットネスジムやスポーツショップなど
レンタカー・カーシェアなど
育児サービス・教育など育児サービス・教育など
学ぶ英会話・資格取得など
健康人間ドッグ・カウンセリングなど
介護介護施設・介護用品など
株主優待サービス株主優待券

こんなカテゴリで約100万件の優待案件があります。

以下に簡単にどれくらいの割引があるのかを紹介していきましょう。

デイリープラスの割引料金

ここではデイリープラスを使うことにより割引になるサービスのほんの一部を紹介していきます。

他にもたくさんありますのでチェックしてみてください。

【映画館】

・TOHOシネマズ:利用チケット1,800円 ⇒ 1,500円(300円割引

・イオンシネマ:全国共通映画鑑賞券1,800円 ⇒ 1,300円(500円割引

【遊園地】

・としまえん:のりもの1日券4,200円 ⇒ 1,800円(2,400円割引

・横浜八景島シーパラダイス:ワンデーパス(水族館4施設+アトラクション):5,050円 ⇒ 4,400円(650円割引

ナガシマスパーランド:ワンデーパスポート5,200円 ⇒ 4,420円(780円割引

【グルメ】

・ガスト:セットドリンクバー199円~239円 ⇒ 120円(79~119円割引

・和食さと:お会計から5%OFF

【その他のお得な割引】

・ジャンボ カラオケ広場:4名様以上でルーム代 ⇒ 20%OFF

・ホテルは割引率が高いので、トラベルコ、Booking.comなどと比較してください。

・nanacoギフト:1000円分のチャージで20円割引の980円で購入可能です。

・ニッポンレンタカー:一般料金より20~55%OFF

・ジェフグルメカード:50,000円 ⇒ 48,000円(2,000円割引

・すかいらーく:すかいらーくご優待券500円×6枚:3,000円 ⇒ 2,516円(484円割引

・イオングループ:イオングループ株主ご優待券(100円)25枚:2,500円 ⇒ 2,226円(276円割引

デイリープラスの登録と使い方とデメリットによる解約方法

デイリープラスの登録はとても簡単です。

ヤフーのログインIDがあればそこから会員登録が可能ですし、もし持っていなければスマホからあなたの個人情報を入力すれば官僚します。

ヤフーのIDを持っていれば2~3分で完了します。

もちろんパソコン、スマホどちらも対応をしてくれますので登録をしてみましょう。

デイリープラスの特典の使い方

デイリープラスの特典の使い方を書いていきます。

購入をするチケットやクーポンなどによって異なるのですが、主に3つの方法で利用が可能です。

・クーポンや会員証の画面で提示する。

・事前に予約をしておく。

・郵送でチケットを受け取る

クーポンなどはスマホの画面に出てきますのでそのページをブックマークしておけば問題がありません、

チケットを発見する必要がある場合もあり、ファミリーマートのチケット端末機を利用しましょう。

映画、リラクゼーション系、日帰り温泉、レジャー施設はこの対応になることが多いので使ったときに確認をしてください。

デジタルチケットを選択可能な場合もありますので、あなたが使いやすいものを選択しましょう。

使い方はわかるか不安

もし使い方がわからなかったらどうしよう。

使いたいチケットがなかったらどうしょうと思う方のために朗報です。

本来はデイリープラスを通して登録をすると1か月間無料でデイリープラスのすべてのサービスを利用することができるのですが、当サイトは2か月間無料で利用ができます。

もし、使い勝手が悪い、あまり使うことがないという場合は2か月で解約をしてもらって構いません。

不安な方や興味のある方はとりあえず登録をして一度使ってください。

当サイト限定2か月無料サービス実施中 【デイリープラス登録ページへ】

デイリープラスの解約方法とデメリット

デイリープラスを使ってみたけれども残念ながら解約をするということはあります。

お得な優待サービスがありチケットもあるのでお得な反面デメリットがあります。

・月額の費用を払っても元を取れるほど普段から使わない。

・使いたいチケットはあるけれども住んでいる地域にほとんどお店がない。

この2つがデメリットとなりますので、一度使ってみてもダメならば解約も仕方ないと思いますのでその方法を書いていきます。

解約の方法

解約の方法は簡単です。

以下の6つのステップをもとに解約手続きをしてください。

1,デイリープラスのトップページを開きます。

2,画面の一番下へ行き「設定変更」をクリックしてください。

3,画面が切り替わったら「登録解除」をクリックします。

4,「本当に良いですか?」という引き止めがありますが、無視をして一番下まで行き次へをタップします。

5,アンケートへ回答をし、「登録解除」をクリック。

6,最後に「登録を解除しました」と画面が表示されれば完了です。

解約をしてもその月の月末までは利用が可能となりますので解約日が月末ならば日にちに気をつけましょう。

デイリープラスは2か月無料の特徴と優待割引のまとめ

デイリープラスは会員制の優待サービスをしてはかなり優秀です。

お得に使えるクーポンやチケットも多いですし、利用できる店舗も多い点は魅力です。

特に子育て世代はお金もかかりますし、お出かけも多くなるので少しでも節約をしたいというのがママの本音ですね。

そんな時に役立つ便利なサービスですのでまずは2か月間利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る