チャイルドシートのレンタル費用はいくら?購入の価格と比較

チャイルドシートのレンタルはいくらかかるのでしょうか?

赤ちゃんが生まれると車移動が多くなるため、チャイルドシートを用意しなければなりません。

しかし、チャイルドシートを使う期間は一定であるため購入するか?レンタルをするかを迷う方も多いです。

種類もたくさんあるので実際にどれを使うのか迷ってしまうこともありますね。

この記事ではチャイルドシートのレンタルについて書いていきます。

記事を読み終えることでチャイルドシートをレンタルするメリットや購入したときに価格差などがわかります。



チャイルドシートはレンタルできるの?対象年齢をチェック

チャイルドシートはそもそもいくつまで座らなければならないか?

基礎的なことをまずは書いていきます。

チャイルドシートは子供用の椅子と思われがちですがそれはちがいます。

実は事故などから子供を守るための「幼児用補助装置」と呼ばれるもので、使用しないときと使用をしたときでは死亡率が2.1倍も差が出るといわれています。

車に子供を乗せるということは命を預かるということでもありますのでチャイルドシートは必ず利用をするようにしましょう。

チャイルドシートの着用義務は何歳まで?法律違反に注意

チャイルドシートは道路交通法で着用義務となっています。

着用をしなければならない年齢は6歳までと定められており、6歳未満の子供を乗せる場合にはチャイルドシートを使用しなければなりません。

もし、チャイルドシートを使用していない場合には罰金はありませんが、違反点数が1点減点となりますので必ず子供を乗せるようにしておきましょう。

そのため、保育園や幼稚園でいう年長クラスになった子供くらいになるとチャイルドシートに乗らなくてもよくなりますがチャイルドシートは違反しないための道具ではなく子供の安全を守るもの。

本来は140cmくらいまでは使用が可能なので大人用のシートベルトがしっかりと止められる年齢になるまでは乗せておく方が安全であるといえます。

チャイルドシートの種類は年齢によって異なる

しかし、チャイルドシートと一言で言ってもいろいろな種類があります。

それは使い方が子供の年齢や身長によってことなりますので理解をしておきましょう。

主に3種類に分けられます。

乳児用チャイルドシート

生まれたばかりの新生児の時期から首が座っていない赤ちゃんのためのチャイルドシートです。

寝かせたりすることができるリクライニングタイプの設計となっており、後ろ向きで使用をすることができるのも特徴です。

新生児期から1歳くらいまで使用が可能なものとなっており体重が13kg未満、身長は70cm未満が目安となります。

幼児用チャイルドシート

首がすわって一人でお座りができるとようになった時期から使うチャイルドシートです。

前向きにつけるものとなっており、シートについているベルトで赤ちゃんの体を支えるスタイルが基本となります。

チャイルドシートの中では最も使う期間が長く1歳~4歳までが目安となり体重は9~18kgで身長は65cm~100cm程度まで使うことができます。

中には乳児用から幼児用へと変形をして使えるタイプのものもあります。

学童用チャイルドシート

子供の腰や肩を底上げするタイプのチャイルドシートで車に備え付けられているシートベルトをつけるためのものになります。

使用可能な年齢は4歳~10歳くらいまでとなっており、体重が15kg~36kg、身長が135cm以下となっているので小学校の中学年くらいまでは使えますね。

このように種類や使える年齢が異なりますのでチャイルドシートは一回限りの購入ではいけないですね。

私は乳児用と幼児用を兼用できるものを購入し、学童用は4歳くらいのタイミングで購入をしましたがそれなりにお金もかかりました。

→ チャイルドシートは何歳まで?年齢義務と違反点数と新生児からの選び方

チャイルドシートはレンタル?購入?価格差とメリットデメリット

次のチャイルドシートをレンタルするのと購入するの場合では値段差がどれくらいあるのでしょうか?

価格差もあればメリットデメリットもありますので購入するかレンタルするのかに迷ったときに参考にしてほしいと思います。

価格差はどれくらい?レンタルと購入の差

チャイルドシートをレンタルや購入する際に様々なメーカーや形態のものがあります。

そのため、一概に○○円ということは言えませんが比較の相場として書いていきます。

購入をする場合に気をつけたい点はチャイルドシートは少なくとも2回は購入をしなければならず乳児用と幼児用の併用タイプと学童用のチャイルドシートになります。

購入をすると相場は以下の通りです。

・乳児用幼児用チャイルドシート:15,000円~56,000円程度

・学童用チャイルドシート:9,000円~30,000円程度

購入をすると相場はこれくらいありメーカーやチャイルドシートの機能によってかなり差があるようですが、両方を購入した場合には高くても85,000円くらいで収まります。

レンタルをした場合は月に以下の値段が必要となります。

・乳児用幼児用チャイルドシート:月2,700円~3,780円程度

・学童用チャイルドシート:月2,500円~4,500円程度

こちらも購入時と同様にメーカーや機能によって価格はかなり差があるといえます。

ランニングコストを考えると乳児幼児用は年間32,400円~45,360円、学童用は30,000円~54,000円となります。

あきらかに購入をするほうがお金の面では良いですが、レンタルと購入をすることによるメリットデメリットがあります。

レンタルと購入のメリットデメリットを比較

レンタルも購入もいずれにしてもメリットでデメリットがあります。

その比較を書いていきます。

レンタル購入
メリット・その時に必要なものを選ぶことができる。

・高機能なもの、おしゃれなものなど購入すると高いものが手ごろな価格で使える。

・使用後は返却すればよく置き場所に困らない。

・成長に合わせて、使いにくいものは変更が自由にできる。

・レンタカーや友人などから車を一時的に借りたときに使える。

・自家用車があり、車の移動が多い場合には購入してしまうほうが出費が少ない。

・家のものなので汚れても気にしなくてよい。

・新品は安全基準を満たしている。

・予算に合わせて購入が可能。

・購入時のみお金はかかるがレンタルよりも安価で済む。

・次の子供にも使える。

デメリット・長期間使うと購入するほうが安い。

・新品でない場合には使用感がある。

・借りると返却までに期間契約させられる場合もある。

・吐き戻しなどをすると困る。

・自家用車がないと置き場所に困る。

・成長に合わせて買い替える必要あり。

・最初に購入資金が必要。

・使いにくくても使い続けなければならないため最初の調査に時間を要する。

チャイルドシートはレンタル?購入?どちらが良いの?

これは難しいところですが、基準は自家用車を持っているか?持っていないか?と言う点です。

1年単位でみた場合にはどうみても購入をしたほうが安いです。

レンタルは毎月のランニングコストがかかるため、数年レンタルすると驚くほどの金額になってしまいますので正直もったいないですね。

最近はレンタカーでもオプションで借りられますのでレンタルを必要がありません。

レンタルをするならば人の車に乗せてもらう、親や友人から車を借りる時でしょう。

人から借りると子供がいなければチャイルドシートはありませんので10日間などレンタルをしてみると良いでしょう。

レンタルで人気のチャイルドシートメーカー

ちなみにチャイルドシートは様々なブランドがあります。

そこでレンタルでも人気なのは以下のメーカーです。

アップリカ・・・日本で老舗のメーカーで赤ちゃん医学や育児工学などを導入している赤ちゃん用品の専門会社。

コンビ・・・赤ちゃんが最も安心できる姿勢のチャイルドシートが人気。こちらもアップリカに続く老舗メーカー。

他にもグレコ、リーマンなどもありますが日本のメーカー2つが安心という点でもおすすめです。

チャイルドシートのレンタル費用はいくら?購入する方がお得のまとめ

チャイルドシートのレンタルについて書いてきました。

最近は何でもレンタルをする風習があるためチャイルドシートのレンタルも盛んですが、自家用車を持っているならば購入をしてしまう方が安いです。

レンタルの場合はメリットもあるのですがランニングコストがかかってしまうためですね。

そのため、チャイルドシートをレンタルするか、購入するかを迷ったらあなたのライフスタイルに合わせて検討をするほうが良いでしょう。

レンタルがもう少し安価ならばよいのですが、意外と料金がかかりますので注意をしてくださいね。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る