子供の虫歯は予防と治療が大事!原因と予防の方法を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

親のせい?子供の虫歯

歯は命。

これは子供も大人も一緒で食べる、話す等生きていくために大事なことでもありますしそれ以外にも笑顔など歯を見せる機会もあると見えないとかっこ悪いなんてことになってしまいます。

そんな歯ですが、最近は虫歯の子供も多くなっているといわれています。

そんな虫歯の見つけたや虫歯にならない予防の方法について紹介をしていきましょう。

虫歯とは?

その前に虫歯とはどんな状態なのかについて書いていきましょう。

虫歯とは「酸により歯が解かされる病気のこと」となっています。

つまり歯が少しずつ溶けていく状態のことを指しており、これが進行をすると大変なことになってしまいますね。

よく黒くなっていたり、真ん中に穴が開いているような歯はすべて虫歯ですので治療も必要ですね。

しかし、歯も磨いているのにどうして虫歯になるのか?不思議に思うこともありますので虫歯について紹介をしていきましょう。

虫歯の流れ

虫歯になる原因はいろいろとありますがその前に虫歯になる流れについて書いていきましょう。

見えませんが、口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。

その中にはいろいろな細菌がおり、ミュータンス菌などの虫歯菌は食事の糖分を体に取り込み酸をだして歯を溶かしていきます

この酸で歯を溶かすということを繰り返していくことにより虫歯になってしまいますね。

しかし、人間の体はよくできておりたた溶かされているだけではなく唾液という強い味方を持っており、唾液により酸を中和して歯を溶かさないようにする力をもっています。

そのため本来は酸がでていたとしても歯が解かされることはないのですが、何らかの原因で口の中の唾液と酸のバランスが崩れることにより歯がとけて虫歯になってしまうという流れになります。

虫歯の原因

このように酸と唾液のバランスが崩れることにより虫歯になってしまうことがあるのですが、そのバランスが崩れる原因について書いていきましょう。

歯磨きがちゃんとできていない

虫歯になる原因でも一番多いとされているのは「歯磨き」がちゃんとできていないということです。

人間は食べたり飲んだりしなければ生きていけない生き物ですが、食べることにより歯垢と呼ばれる歯の汚れが残ります。

この歯垢にはたくさんの細菌が存在をしており中には虫歯菌もたくさんいることになります、

そのため、歯を歯ブラシなどで磨いて歯垢を取り出すことが大事なのですがそこで歯磨きにムラがあると酸がたくさん作り出されて歯を酸で溶かすことになっていきます。

すると唾液よりも酸の力が強くなってしまうため虫歯はできてしまいます。

特に見落としがちなのは歯の間や奥歯の溝、歯と歯茎の境目、歯の間の歯垢など歯ブラシでしっかりと落とすようにしましょう。

また、小さな子供だったら親が仕上げ磨きをして歯をきれいに保つことを意識しておくとよいですね。

おやつなどの間食が多い

次に注意をしなければならないのはおやつなどの間食になります。

実は歯の中にいる細菌たちに時間や食事の頻度などは関係なく食事をするたびに酸を作り出して歯を溶かす力をもっています。

食事ならば一日に3回が平均なのでその際にしっかりと歯磨きをすれば特に問題はないのですが、そうではなく食事以外にも間食をよくしてしまう方のは要注意です。

間食をすると虫歯菌の大好きな甘いものが口に入ってくるため酸をより発生させてしまい歯を溶かそうと頑張るため虫歯が進行をする可能性があります。

虫歯の原因となりやすいためと間食を控えたり甘いものは控えるようにする、回数を減らすなどして対応をしましょう。

甘いものは要注意

糖分などの甘いものは特に虫歯菌の原因となりえます。

それは虫歯菌が糖を栄養素としておりそこから繁殖をして歯垢(プラーク)を形成して酸を出しているからです。

そうならないためにも歯を大事にするならば甘いものは控えるようにしましょう。

また、甘いものを食べたり、甘いドリンクを飲んだりした場合にはお茶や水などで口の中を洗い流したりしてきれいにすることを心がけましょうね。

ただし、すぐに甘いものを栄養にして酸をだすわけではありません。

口の中は通常は中性に保っている状態なのですが、甘いものを食べることにより徐々に酸性へと傾いていき30分~40分くらいかけて中性に戻ります。

しかし甘いものをダラダラと食べたり、繰り返してずっと食べていると中性に戻る時間もないため次第に虫歯になってしまいます。

典型的な甘いものの例としては「チョコレート」「アメ」「グミ」などのお菓子類はもちろんですが、糖分の高い「コーヒー牛乳」「清涼飲料水」「炭酸飲料」なども挙げられます。

長い時間食事をしている

先ほど甘いものを食べると虫歯菌が増えるということについて書きましたが、ダラダラ食べることは厳禁です。

その理由は口の中が中和をする時間がなく酸がつねに出ている状態となるからです。

また、チョコやアメ、グミなどだらだらと食べると糖分を常に口に含むことになりますので口の中は大変なことになってしまいますね。

そうならないためにも、おやつなどの間食や食事は時間を決めることとテレビなどを見せながら食べさせるのではなく、きちんと時間を決めて食べさせるようにしましょう。

虫歯菌の数が多い

口の中には虫歯を作る虫歯菌を呼ばれる菌がいるのですが、個人差が大きく虫歯菌の量は人によってことなります。

虫歯菌の代表といえば「ミュータンス菌」なのですが、親から感染をすることが多いとされており元々は虫歯菌のない赤ちゃんの中へスプーンやお箸から一緒に食べさせる。

他にも可愛くてついついキスをしてしまうなどによって親から子供の口へ感染をさせてしまいます。

もちろん親は自分の親から引き継いでいますので歯は先祖代々伝わってきていると言えるかもれしれません。

その反対となりますが、両親の口の中の虫歯菌は少ない親を持っている子どもは歯が虫歯になりにくいようです。

それを調べるためには唾液検査をするしかないといわれていますので気になる方は検査をしてみましょう。

ちなみにこの記事を書いている管理人は今まで虫歯になったことはありませんので虫歯菌は少ないと予想をされます。

すると娘たちも虫歯になることはないためこれはある意味良い影響があるのだと思っています。

歯の質の問題

歯は体の中でも最も固い部分だと言われているのですが、歯の質が弱いも酸で簡単に溶けてしまうというデメリットもあります。

そのため、歯を強くするためにはフッ素を歯に取り込むことが効果的といわれていますね。

よく歯医者などへ行くとフッ素の治療を進められるのは歯を強くするためで虫歯にならないようにするために行っているといわれています。

普段のお手入れとしてはフッ素入りの歯磨き粉で歯を磨く、フッ素入りの洗口剤で口をゆすぐ、定期的に歯医者へいって歯にフッ素を塗ってもらうなど定期的に処置をすることがおすすめです。

唾液の量

唾液の量が多いほど口の中を中和させやすいと言われています。

これについてはもちろん個人差がありますが多いほど歯の健康は保てると言われていますね。

といっても唾液を言っても唾液を増やすといううことは簡単にはできません。

そのためにも唾液腺マッサージをしたり、唾液が良く出るように、良く噛んで食事をしたり、キシリトールガムを噛むなどをして虫歯の予防に努めたいですね。

虫歯の予防方法

ここまで虫歯の原因について書いて来ましたが、何よりも大事なことは「予防」になります。

予防をすることにより虫歯を防ぐことができますので、予防の方法について紹介をしていきましょう。

仕上げ歯磨きをする

虫歯になる原因は虫歯菌の大好きな歯垢が口の中に残っていることによりおこります。

その歯垢をきれいに取り除くためにできることをすべきですね。

特に子供がきれいに磨いたとしてもムラがあったり、きれいにできていないこともありますので大人が最後に仕上げ磨きをして歯をきれいにしておきましょう。

歯垢の残りを抑えることができますのでよいでしょう。

これは小さなうちから習慣づけると良いです。

虫歯になってしまったからといって急に仕上げ磨きをしたしすると嫌がることもありますので歯磨きを始めた時期からき仕上げをしてきれいにすることを心がけましょう。

両親の口の中を健康にする

両親の口の中はきれいにしておきましょう。

先ほども書いたように子供の口の中に虫歯菌が入るのは両親の口の中にいる菌が入り込むことにより歯垢をエサにして食べるようになります。

そうならないためにも赤ちゃんが生まれるタイミングで口の中をチェックしておくとよいでしょう。

虫歯菌の少ない口の中ならば最適な環境といえますので日ごろから意識をしておきたいです。

虫歯があるのならば虫歯の治療をするなどできることからはじめていきましょう。

口移しはしない

口移しはしないようにすべきです。

たとえ1つの小さな食べ物でも口にいれてしまえば一緒に口の中には唾液も入っていくことになりますので虫歯菌を子供の体の中へ入れることになってしまいます。

すると口の中には虫歯菌がいる状態となるため食事と一緒に口の中へ細菌が入り込むことは否定ができないため口移しはやめておき、両親が使ったお箸やスプーンも使わないようにしましょう。

昔は両親の口に入れたものをそのまま食べさせる時代もありましたが今は時代遅れとなりますのでやめておくべきですね。

甘いものを控えるようにする

甘いものは虫歯菌の繁殖を促す可能性も高いです。

そのため、最初から甘いものは控えた生活をしておくほうが良いでしょう。

甘いものは子供に限らず誰もが好きな食べ物というのは間違いありませんのでできれば避けておくべきですね。

覚えさせるとついつい食べたくなってしまいますので小さなうちから甘いものを食べさせるのは控えておきましょう。

中には虫歯になりやすいという理由から甘い味を覚えさせないという徹底さを持っている家庭もあります。

特にお孫さんだと喜んで嬉しそうな顔をすることからついつい上げてしまいがちですが、それは歯のためには逆効果となりますので最初から甘い味を覚えさせないという徹底さを持つこともメリットがあります。

時間を決める

もし、甘いものや間食をするとなった場合には時間を決めるようにしましょう。

例えばおやつは10時と15時だけというように決めると子供も途中でほしがったりしなくなります。

おやつ以外にも食事の時間も決めるとよりよくなりますので生活の中で気を付けておきたいポイントといえますね。

乳歯は虫歯にしない

乳歯に虫歯はできてしまっても永久歯に生え変わるから大丈夫なんて思っている方もいますがそれは大きな間違いです。

永久歯になったとしても乳歯が虫歯であった場合にはそのまま虫歯を引き継いでしまう可能性もあります。

最初からそうならないためにも乳歯のころから虫歯を作らないという気持ちをもって歯の処置や治療は徹底をして行うようにしましょう。

永久歯にフッ素を塗布する

虫歯は歯が酸で溶けることにより虫歯になると説明をしました。

まさにその通りで虫歯になってしまう多くは酸に負けてしまうことが原因といわれています。

最初からそうならないためにもフッ素を最初から永久歯に添付をしておくと歯も強くなり酸に負けずに長持ちをすることになります。

ただし、1回フッ素をするだけではメリットは少ないため定期的に歯医者へ通って歯にフッ素をしてもらうとより効果も高いでしょう。

虫歯になるリスク

もちろん予防をしていても虫歯になってしまうことはあります。

虫歯になるとどうなるのかというと、

「虫歯になり歯が痛い→神経をとる治療をする→歯が薄くなる割れやすくなる→割れた歯を抜歯する」と言うことになり虫歯から発展をしていき最終的には歯を抜かなければならないということになりかねません。

しかし、抜歯をするということは何らかの代わりの歯を入れることになりますのでお金もかかってしまいます。

たまに歯に○○万円とかなり高額な費用が掛かっている人がいるのはそのためです。

虫歯になると治療にお金もかかりますのでそれならば虫歯にならないように予防をすることが何よりも大事です。

最初に書きましたが「歯は命」ですので、虫歯にならないように予防を心がけておくべきですね。

そのためにできることは仕上げ磨きからしていきましょう。

治療の方法

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表 管理者

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
1981年生まれの37歳で保育士からWEBの世界へ飛び込みました。

経歴は認可保育園で8年保育士をして、認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきている異色感じです。

保育園では主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルスクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきています。

今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。
https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る