赤ちゃんのあせもの対策とは?症状と原因と治し方

赤ちゃんのあせもはかわいそうです。

実は多くママ達が赤ちゃんのあせもに悩んでおり、実際にどのように対処をしてあげればよいのか迷うこともあります。

なぜならば、あせもの対策を間違えるととびひになってしまい、人に感染をする病気になる可能性もあるからです。

この記事では赤ちゃんのあせも対策や症状と原因と治し方について書いています。

記事を読み終えることで赤ちゃんのあせもの対策方法や治し方を知ることができます。



赤ちゃんのあせもの原因と症状

そもそもあせもとはどんな状態のことを指すのでしょうか?

あせもは皮膚にある汗の通り道に汗がたまっている状態となりうまく排出ができず肌表面の汚れやほこりつくことで汗腺を防いで起こる炎症です。

つまり、汗が出る穴を汚れやほこりが埋めることであせもになってしまうということです。

特に汗をたくさんかく夏場に多くみられるようになり、体をたくさん動かしたとき、熱が出たとき、通気性がよくない衣類を着ているときなど汗をかきやすい状態のときになりやすいものです。

赤ちゃんは大人と比べてあせもができやすいです。

その理由は赤ちゃんは体温が高いことと、体の代謝が良いことが主な理由となり汗を大人よりもたくさんかきますのであせもができやすいです。

あせもの種類とできやすい場所

あせもにはできやすい部分があります。

それは赤ちゃんの体で汗が溜まりやすい部分を指しており頭や額、首回り、脇の下、ひじの内側や足の付け根、お尻、膝の裏側などに多くできます。

また、赤ちゃんはオムツを履きますが通気性は良くなっているといっても蒸れますので汗をかきます。

つまり、お尻が覆われている部分も汗がたまるので注意が必要ですね。

またあせもには2つの種類があります。

1つ目は水晶様汗疹と呼ばれるもので、皮膚の表面に1~3ミリ程度の白や透明の水ぶくれが複数できます。

かゆみや痛みなどの症状がないので、症状が出ても気づかないこともあります。

2つ目は紅色汗疹というものでかゆみを伴う赤い発疹が皮膚の少し深い場所に複数でき、膿を持つ場合もあります。

かき壊して悪化する場合もあるため、きちんと病院に行って治療する必要があり多くのあせもはこちらの赤い発疹のようなものが多いですね。

あせもの症状とは?

あせもには2つの種類があると書きましたが、その2つの種類によって異なります。

水晶様汗疹の場合は非常に小さな水ぶくれがたくさんできるのですが、かゆみなどはありません。

そのため、数日で皮膚が細かくはがれていき自然に治っていきます。

それに対して紅色汗疹はかゆみを伴う赤い発疹となります。

水を含んだ小さなポツポツとしたものができやすくなっており、中には中心に小さな膿を持つこともあります。

赤ちゃんの場合はこちらの方ができやすく、様々な場所にできます。

症状が悪化するとどうなる?

あせもの怖いところは皮膚が悪化したときです。

悪化をすると肌の大きなトラブルにつながるケースがあり、場合によっては幼稚園や保育園への出席停止になる場合があります。

赤い状態の皮膚をひっかき、皮膚に傷がつくと細菌感染症を起こす可能性も高いです。

その患部を触った手で他の部分をさわる感染するとびひになる可能性もありますので十分気をつけましょう。

→ 感染症の種類と症状一覧!子供がかかりやすい病気と出席停止について

赤ちゃんのあせもの対策と治し方

あせもの対策や治し方について書いていきます。

赤ちゃんは我慢をするということができませんので、あせもができると引っかいたりしてしまいます。

すると、とびひなど症状が悪化する可能性もあるため気をつけたいですね。

そのためにはできる赤ちゃんのあせもの対策と治し方について書いていきますので、以下の対策の方法を試してみてください。

通気性の良い服を着せる

汗をかくとあせもになりやすくなります。

そのため、通気性の良い服を着せたり、室温に合わせて服を調整するなどして汗をできるかぎりかかないような状態にしてあげると良いでしょう。

汗をかくとあせもになりやすいですし、赤ちゃんは「汗をかいて気持ち悪い」「暑い」など言えないためママ達が気を配ってあげましょう。

もちろんこまめに服を着替えさせることも効果があります。

定期的に汗を拭く

あせもの対策としておすすめはタオルなどをつかって定期的に汗を拭くことです。

汗を拭くことにより赤ちゃんはすっきりとしますしあせもの対策にもつながります。

乾いたタオルで汗を拭っても良いですし、お湯で絞った濡れタオルで拭いても気持ちが良いです。

大人も汗をかくと拭きますので、赤ちゃんも同じように汗を拭いてあげると良いでしょう。

シャワーを浴びる

特に汗をかきやすい夏にはおすすめですが、シャワーを浴びると良いです。

大人も暑い時期にあせを書くような作業をしたりするとシャワーを浴びることもあるでしょう。

赤ちゃんもこれは同じですので、汗を書いていたらタオルで拭く以外にもシャワーを浴びるというのも良い方法です。

保育園でも暑い時期は沐浴といって赤ちゃんもお昼ご飯の前にシャワーを浴びせるようなことをします。

赤ちゃんも暑い時期にたくさん汗をかくと気持ち悪いですので、すっきりとさせるためにしていますね。

オムツをこまめに交換する

お尻は意外とあせもになりやすい部分です。

そのため、オムツをこまめに交換をすると良いでしょう。

オムツは通気性が良い商品もたくさん販売されていますが、それでも蒸れやすいものですのでこまめにオムツ交換もしてあげましょう。

また、その時に汗をかいていると余計に蒸れてしまうので、おしりふきなどできれいに拭いて乾燥をさせてから拭くとよいですね。

エアコンで室温を調整する

汗をかきやすいということは室内が暑いのかもしれません。

そのため、汗をかきにくくするためにも室温を調節してあげ、衣服も調整してあげましょ。

エアコンを活用すると室温も快適に保つことができますので、汗をかかない程度に調節すると良いですね。

医師に相談をする

あせもがひどい場合には病院を受診しましょう。

赤ちゃんのあせもの場合は小児科もしくは皮膚科へ行くと症状に合わせて対応をしてくれます。

特にとびひになると後が大変ですのでひどくなる前に病院受診も検討してください。

薬を塗る

病院へ行くメリットは専門的な対処ができることです。

もちろんあせもの初期症状の場合はタオルで拭く、シャワーを浴びるなどで十分きれいにすることが可能ですがひどくなると治りも遅くなります。

その際に病院へ行くと薬を処方してもらえます。

ひどい場合だとステロイド系の塗り薬で症状を一気に緩和させることもできますので、あせもがひどくなっている場合には病院へ連れていきましょう。

家で対策をするよりも病院へ一度行く方が早いケース場合も多いです。

赤ちゃんのあせもの対策と治し方のまとめ

赤ちゃんのあせもについて書いてきました。

あせもは誰もがなるもので赤ちゃんだけではなく大人もなります。

しかし、赤ちゃんは体が小さいため代謝もよく汗をかきやすい性質を持っています。

そのため、あせもになりやすくひどくなるととびひにもなってしまいますので大人が十分配慮をしてあげると良いです。

私の娘もあせもがひどくなりとびひになりましたが、感染をするため気をつけなければならないことも多かったです。

ひどくなる前にここで紹介をした対策や治し方を実践してあせもがひどくならないように対処してあげましょう。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る