赤ちゃんにテレビはいつから?付けっ放しの悪影響と対策方法

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。



影響がある赤ちゃんにテレビを見せること

赤ちゃんにテレビを見せる。

昔からテレビはあまり見せてはダメとは言われるけれども、料理をしていてどうしても手が離せないとき、泣き出したときにテレビを見せたら落ち着いてくれるときにはついつい頼ってしまいます。

しかし、本当にテレビを見せてよいものなのでしょうか?

もしかして悪い影響でモあるのか?

そんな赤ちゃんにテレビを見せるのはいつからがよいのか?またつけっぱなしにしておくことで問題があるのか?という点について調べてみましょう。

赤ちゃんにテレビはいつから見せる?

最近はテレビだけではなく、スマホやタブレット、パソコンなどいろいろは画面を見る機会も多いです。

赤ちゃんだと少しママやパパもゆっくりしたいためにDVDを見てゆっくりとしてしまうこともありますよね。

しかし、子供の成長の観点からも2歳以降からにしておく方がよいといわれています。

その主な原因は象徴機能と呼ばれる機能が2歳では未熟なため発達に問題が生じるケースがあるということです。

象徴機能とは「今目の前にないものを頭の中で思い浮かべる力」のことでイメージ力に近い言葉です。

例えば、外に落ちているはっぱをお皿に見立てたり、四角の箱をガタンゴトンと電車に見立てたりする遊び方のことです。

この象徴機能は将来にわたってとても大事な力なので未熟な2歳まではテレビやDVD、テレビゲーム、スマホなど画面は見せない方がよいといわれています。

他にもテレビを見せる悪影響はいろいろとありますので2004年の日本小児科医会が「子供とメディアの問題に対する提言」という調査を参考に詳しく書いていきましょう。

テレビの悪影響とは?

もちろん数分見せただけで問題が生じるというわけではなく、長時間テレビを見せたりするといろいろな問題が生じるといわれています。

特に問題になっているのはテレビやテレビゲーム、スマホの画面をみる時間が長時間化しており、低年齢化しているという点ですね。

では、テレビを見ることの悪影響について書いていきましょう。

遊びの機会を奪う

赤ちゃんでも幼児の子供でも同じでおもちゃで遊ぶという機会を失うことになります。

もしテレビがなければおもちゃを自分で出したり、音のなるおもちゃで遊んだりといろいろと発想をしたり、時には笑ったり泣いたりして遊ぶことにより想像力などを養うことになります。

テレビをつけるとただ見ているだけで何も自分で考えることがないため遊んだり想像をしたりする機会を失っていることになりますね。

小学生くらいになるとテレビゲームをすることになりますが、外遊びにいく機会も失うことになりますので会話をしたり、外遊びをして体を動かすという運動の機会も失うことになります。

睡眠不足

例えば、赤ちゃんが寝る前にテレビがついていると脳が興奮状態になってしまうことからせっかく寝る準備ができていたのに覚醒をしてしまいます。

すると、お布団へ行っても興奮をして眠れなくなり結局お布団へ行ってから寝たのは1時間後なんてこともあります。

テレビは明るい画面に音もあるので赤ちゃんを起こしてしまうことになりますので特にお昼寝前、夜に寝る前は付けないようにしましょう。

睡眠不足の原因となります。

コミュニケーション能力の低下

ママもパパも赤ちゃんをいるときはテレビをつけずできるだけ一緒に遊んでコミュニケーションを取りましょう。

そもそも赤ちゃんの最初の会話はママとパパです。

コミュニケーションの始まりは両親との会話や遊びとなり、そこから徐々にお友達へと広がっていくことになります。

子供と親が一緒にいるのならば顔を合わせて一緒に遊ぶ機会を作ったりしてコミュニケーションをはかりましょう。

言葉数が減る

テレビは見るだけで受動的な点が多いです。

そのため、赤ちゃんが話をしたり、指差しをしたりという機会はほとんどなくなります。

特に言葉を獲得していく大事な時期の赤ちゃんにとっては言葉を発する機会を奪うことになりますので注意をしましょう。

表情が乏しくなる

テレビを見て過ぎると表情が乏しくなります。

理由は簡単でテレビを見ていると自分から発言をしたり、行動をしたり、笑ったりということがなくなります。

すると見ているだけですので常に受動的な状態となるため表情が乏しくなったり、親と視線を合わせないなども問題も生じます。

暴力的な映像はダメ

また見せる画面もとても重要です。

時にはママとパパと一緒にDVDを見たりすることもありますが、万が一暴力的なシーンがある場合には決して見せないようにしましょう。

幼児期からの暴力の映像を長時間接触することにより、後年の暴力的行動や事件に関係するということが明らかになっています。

そのため、最初から見せないことが大事ですし控えておく方がよいでしょう。

赤ちゃんにテレビを見せる時の注意点

このようにテレビを見せる悪影響が多いことはお分かりいただけたと思いますが、正直まったくテレビを見せないということは困難です。

これだけスマホが普及をしている時代で日常的にテレビもついていることが多いですので2歳まで全く見せないということは難しいです。

もちろんつけっぱなしなんてもってのほかなので避けておくべきでしょう。

そこで、大事なことは「テレビを見せない」「テレビをなくす」ではなく「テレビとうまく付き合う方法」を模索するほうが良いと思いますね。

小児学会もテレビはよくないとは言っていますが以下の点を具体的に提言しています。

日本小児科学会の具体的な提言

1,2歳以下の子どもには、テレビ・ビデオを長時間見せないようにしましょう。内容や見方によらず、長時間視聴児は言語発達が遅れる危険性が高まります。

2,テレビはつけっぱなしにせず、見たら消しましょう。

3,乳幼児にテレビ・ビデオを一人で見せないようにしましょう。見せるときは親も一緒に歌ったり、子どもの問いかけに応えることが大切です。

4,授乳中や食事中はテレビをつけないようにしましょう。

5,乳幼児にもテレビの適切な使い方を身につけさせましょう。見おわったら消すこと、ビデオは続けて反復視聴しないこと。

6,子ども部屋にはテレビ・ビデオを置かないようにしましょう。

(引用:日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会「乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険です」)

もちろんすべてのルールを徹底して守るというのはなかなか難しいですし、このルールに固執しすぎて育児にイライラしてしまっては本末転倒。

そのため、もしテレビを頻繁に見せていた、つけっぱなしの時がある、ついついDVDに頼ってしまう、スマホを触らせてしまうという場合には一度生活の中で見直してみましょう。

テレビとの上手な付き合い方

次にテレビとの上手な付き合い方について書いていきましょう。

なかなか簡単にはいかないかもしれませんんが何よりも「意識をする」ことが大事なのでテレビ生活を変えたい方は参考にして下さい。

家庭でのルールを決める

まず大事なことは家でのルールを決めることです。

その際にはママとパパは統一してテレビのルールを守るようにすると良いですね。

ルールについて以下を参考にしてみてください。

・できるだけテレビをつけないように心がけてみる。

・見たい番組を一日2時間だけにしてみる。

・〇時を過ぎたらテレビを消すというルールを作る。

・テレビから距離をとって見せる。

・必要のない時はテレビはつけない。

・授乳中や食事中はテレビは付けない。

・大人が見たい番組は録画をしておき、子供が寝てから見る、

・週に一度はテレビを見ない日に設定をする。

・音楽やラジオをかけておき、音を楽しむ生活に切り替える。

そうでしょうか?

こんな風にテレビに関してのルールを考え出すと無限にでてきますのでママとパパで話し合って決めてみると良いですね。

赤ちゃんと積極的に遊ぶ

ついつい時間があるとテレビをつけてしまうというパパやママも多いですし、最近だと私もついついスマホを触ってしまうことがあります。

しかし、そんなことよりも赤ちゃんと思い切り遊ぶと良いでしょう。

前述をした通りテレビを見ていても受動的な部分は多くありますので、見せているとどんどんと悪影響がでます。

そのため、テレビを見る余裕や時間があるのならば赤ちゃんを抱っこしたり、おもちゃで遊んだり、公園へお散歩へ行ったりと「テレビを見る」から「積極的に遊ぶ時間」に切り替えてみましょう。

柔軟に付き合う

ルールを決めたり、積極的に遊ぶことは大事ですがあくまでもルールなので柔軟に対応をしましょう。

子供に1分でも見せてはいけないというわけではなく、親がきちんとコンテンツを把握して安心して見せられるものを赤ちゃんにも提供すると良いでしょう。

また一日に見せる時間は2時間以内にしておきたいので、朝30分は「NHKのお母さんといっしょをみる」ということをしたりお昼前の時間に少しだけアニメを見るなど時間を短かめにして少しだけ見るという方法もありです。

赤ちゃんだけでなく、パパもママもうまく付き合っていきたいものですね。

近づけないようにしよう

また、気をつけたいのはテレビに近づけないことです。

赤ちゃんがハイハイやふらつきながら歩きだすとテレビのそばまで自分で行けるようになりますがテレビに近づくと視力に悪影響を及ぼす可能性が非常に高くなります。

特にテレビは光の刺激も強いため何らかの影響が起こる可能性がありますので近づけないようにしましょう。

いくらとめても近づく場合にはガードなどをつけて対策をして近づけないようにしましょう。

もちろん目の前で見ることになるスマホや最悪といえますので普段から触らせないようにしておきましょう。

赤ちゃんのテレビのまとめ

ここまで赤ちゃんにテレビを見せることについて紹介をしてきました。

もちろん家に1台はあって当たり前で、見ることが当たり前のものとなっているのですが赤ちゃんや幼少期の子供に見せるのはあまり良い影響はないことがお分かりいただけたと思います。

そのため、出来れば見せなければ良いのですがこれだけ生活に浸透をしているとそんなに簡単にはいかないものなので家族で話し合って上手につきあって行きたいものですね。

家事や育児で大変ですし、テレビやスマホに頼りがちですがそんな悩みを持つのもたったの数年ですので赤ちゃんを中心にして遊んだ理する時間にしてしまいましょう。

うまく付き合うコツは柔軟に対応をすることですよ。

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る