赤ちゃんの手足が冷たいときは熱?理由と原因と対策方法3選

赤ちゃんの手足が冷たいと心配になることがあります。

体はあたたかいのに手足を触ると冷たく感じると「どうしたの?」「大丈夫」と思います。

しかし、この手足の冷たさは赤ちゃんにとってとても大事なことなので、心配になったら読んでください。

この記事では赤ちゃんの手足が冷たいときいついて書いています。

記事を読み終えることで赤ちゃんの手足が冷たい原因や理由、対策の方法がわかります。



赤ちゃんの手足が冷たいときは熱?理由と原因と対策方法3選

赤ちゃんの手足が冷たい原因はなにでしょうか?

新生児の赤ちゃんは体が未熟で自分でうまく体温調節をすることができません。

そのため、周囲の環境の温度に左右をされることが多く、室温によって体の温度が上がったり下がったりと変化をすることが普通にあります。

成長をしていくにつれて汗をかいたりすることにより体の体温の調節をしたりするのですが、まだまだ赤ちゃんはその機能のうまく発達していないため体の表面の温度が環境によって左右されるのです。

しかし、人間の体はすごいもので汗をかいたりして体の体温が調節できないことを手足の末端を冷やして毛細血管を収縮させることにより熱が外にでていかないように調節をしているのです。

特に新生児の発達は未熟で手足が紫色になるチアノーゼを起こすこともあります。

チアノーゼは本来は体調不良に起こることなのですが寒い時期や大泣きをしたときはよくみられますので普段と変わりのない様子ならばそのまま様子を見続けても問題はないでしょう。

手足が冷たいは発熱する前兆?

手足が冷たいと発熱など病気に前兆かと思うこともあります。

もちろん手足が冷たくても機嫌も良く、ミルクもしっかりと飲み、熱も平熱ならば熱が出る前などではなく普通の姿です。

ただし、手足が冷えているだけではなく体の中心も冷たすぎたり熱すぎたり、いつもと機嫌が違う、ミルクをあまり飲まないというときは病院を受診すべきです。

赤ちゃんは言葉でしんどいということが伝えられない分、体に何らかのサインを出しています。

日ごろから赤ちゃんの熱をはかり平熱を知っておけば、すぐに判断ができます。

手足が冷たくて心配なときは「体の中心」を触って判断をしましょう。

→ 赤ちゃんの平熱と体温の測り方!いつどこで測るのが良いの?

病院受診すべきなの?

手足が冷たいだけでは特に病院を受診をする必要がありません。

その理由はこの下に書いている「赤ちゃんの手足の役割」を見ていただければわかりますが室温や赤ちゃんの衣服で十分対応が可能となるためです。

手足が冷たくても熱を測って平熱ならば特に病院を受診する必要はなく様子をみておきましょう。

ただし、体の中心を触ってみて暑い、その逆に冷たいというときは首筋、背中、腕の前側、足の辺りまで冷たいようであれば体の不調のサインかもしれません。

特に異常に体温が高いときは病院へ受診をしましょう。

手足が冷たいときに病院受診の目安をまとめると「体の中心を触る」「機嫌を見る」「おしっこの回数や状態の確認」「母乳やミルクの飲み具合」あたりをチェックしてみましょう。

赤ちゃんは手足の役割とは?体温調節をするの?

赤ちゃんの手足の役割についてかいていきます。

私も保育士をしてたくさんの赤ちゃんを出会う機会も多かったです。

その際に抱っこをしたり、遊んだりすることも多かったですが赤ちゃんによって体の体温も手足の冷たさも異なっていました。

特に外気温に影響をされることが多く、暑い夏の時期は手足は冷たくありませんが、寒い時期になると手足が冷たい赤ちゃんがいました。

本当に面白いように環境に左右をされますが、そこには赤ちゃんの手足の役割があるのです。

赤ちゃんは体温調節を手足でしている

先ほども書いたように赤ちゃんは体の体温調節を汗をかいたりしてうまくすることができません。

そのため、何らかの方法で体の体温を調節する必要があります。

その役割を担っているのが「手足」なのです。

実は手足から熱を発散して自分の体温を調節しているのです。

寒い冬に手足を出して冷たくなっていることがありますが、それは体を適切な温度に保つために冷やしているため、布団から手足が出ているから風邪をひいてしまうということもありません。

基本的には赤ちゃんのお腹を触ってみて温かくなっていれば体温調節は問題ありませんし心配ならば熱を測ってみましょう。

平熱ならば特に問題はないですし、体が汗ばんでいるならば布団のかけすぎ、室温が温かすぎなので注意をしましょう。

発熱時に手足が冷たい理由

手足で体温の調節をしていることはわかりましたが、発熱時にも手足が冷たいときがあります。

発熱をすることにより全身が暑くなると思っていると大きな間違いの時もあります。

発熱をするまでに体が震えたり、寒気がするのは体を震わせることにより熱を発生させるためのものです。

熱は体に侵入をした細菌やウィルスを退治するための免疫機能や反応なので、その熱を逃がさないように体の末梢血管が収縮をします。

その結果手足が冷たくなり、青ざめることもありますがこの時は一番つらいです。

その後30分~1時間程度で熱が上がりきり逆に熱く感じる眠気が出てきますので様子を見守りましょう。

赤ちゃんの手足が冷たい時の対策3選と注意点

赤ちゃんの手足は体温調節をしていますので、基本は冷たくてもそこまで心配をする必要はありません。

しかし、あまりにも冷たすぎると赤ちゃんに負担がかかってしまいますし寒さを感じていることもありますのでそんなときの対策を書いていきます。

衣服で調節をする!靴下はどうすべき?

赤ちゃんは体温調節がうまくできないため、大人の服装マイナス1枚が基本です。

そのため、冬は肌着とウェア、夏場は肌着だけでも十分です。

時期によっても異なりますが手足が冷たいときは衣服で調節をしてあげましょう。

衣服の調節がわからないときは「背中に手を入れてあせばんでいれば「着せすぎ」なので調節をしてあげてください。

靴下は足の体温調節の機能を妨げてしまうため基本はなしでも構いません。

しかし、冬場であまりにも足が冷たい、足が紫色にまで変わっているようなら靴下をはかせてあげてください。

夏場は汗をほおっておくと体が冷えてしまうこともありますので適度に着替えさせてあげましょう。

布団で調節する

布団で体温を調節してあげましょう。

夏場はタオルケット、冬場はベビー用のかけ布団が基本となります。

それでも気温の調節が難しい場合には室温を調節してあげてください。

電気毛布など便利なアイテムもありますが、赤ちゃんの体温を温めすぎてしまう可能性もあるためおすすめはできません。

冬場でも温めすぎて汗をかくと体が冷えてしまいますので注意をしましょう。

室温に気を付ける!夏と冬の適温とは?

季節を問わず室内の気温を調節してあげましょう。

理想は外気温と室温の温度差が+-5度程度が目安です。

極端に気温が低いときは夏は約26~28℃、冬は20~22℃が快適な室温です。

冷暖房を使うときは温度に気を付けながら赤ちゃんに直接風が当たらないように配慮をしてあげましょう。

また、乾燥を予防する意味でも湿度は50~60度に保ってあげてください。

加湿器を使っても良いですし、室内に湿らせたタオルをかけても良しですし、バケツや調理用のボウルに水を張っておくだけでも効果があります。

手足が冷たいときの注意点

赤ちゃんの手足が冷たいときの注意点を書いていきます。

手足が冷たいときの対処法として気をつけたいポイントがあります。

それは「過剰な温めることはしない」です。

寝ているときに「寒かったら可哀そう」と思いついつい上からたくさんの布団をかけたり、厚着にして寝かせようとすることがありますが、そうすると厚着をさせすぎることで体温調節がうまくいかないことがあります。

その結果、乳児突然死症候群のリスクを高めることにも繋がりますので手足だけをたためようとするときには体全体の体温や体調を把握して対応をしてあげてください。

赤ちゃんの手足が冷たいときの原因と対策のまとめ

赤ちゃんの手足が冷たいときの対処法について書いてきました。

ついつい赤ちゃんの手足が冷たいと「熱」「体調不良」など心配になることもありますが、赤ちゃん全体の様子を見てあげることが大事です。

しかし、手足の役割は体温を調節しておりそれは赤ちゃんが生きていくために身に着けている大事な能力と言うことをしっておきましょう。

赤ちゃんは環境によって体の温度も影響を受けて変わってきますので、室温や外気温などに注意をして赤ちゃんにとって過ごしやすい状態を整えてあげてくださいね。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る