新生児の視力はどれくらい?赤ちゃんの目が見える時期と注意点

赤ちゃんが生まれると「ママだよ」「パパだよ」とついつい話しかけたくなります。

顔をみて、目がこっちを向いていると「見てる」「かわいい」なんて思いますよね。

私も保育士としていろんな赤ちゃんを見てきましたが、やはり自分の子供はかわいいもの。

そんな赤ちゃんを見ていて気になることですが「どれくらい見えているのか?」と言う点です。

なんとなくこちらを見ているように思うのですが、実際に見えているのか?という点が気になりますので書いていきましょう。



新生児の視力はどれくらい見えるのか?

中には見ているようでほとんど見えていないなんて専門家もいるのですが、実際には全く見えていないわけではありません。

実は生後間もない赤ちゃんでもわずかに目が見えていて視力は0.01~0.02ほどです。

そのため、わずかに「まぶしい」「くらい」という明るい暗いということがわかる程度となっていますね。

また、この時期の赤ちゃんが認識をできる色は黒、白、グレーのみで両目で焦点を定める能力が備わっていないことから目的もなく眼球を動かしていることがほとんどとなっています。

徐々に一点を見つめるような状態となるのですが、ママやパパの髪の毛の生え際あたりを注目することが多くなります、

これをみるとついつい見てくれていてうれしいと思うのですが、ただ単に新生児の目は黒い色を認識しやすいため髪の毛の生え際をみているのだと言われています。

赤ちゃんの視力の発達

あとは成長をしていくとともに徐々に見えるように赤ちゃんは成長をしていきます。

少しずついろんなものを認識できるようになりますし、明るい暗いというざっくりとしたことしかわからなかった状態から生後3~4ヶ月ごろになると「何かを認識」できるようになります。

そんな赤ちゃんの視力ですが、1歳になるにつれて視力や視覚がどのように発達をしていくのかを紹介していきましょう。

生後1~2ヶ月の赤ちゃんの視力

この時期は先ほども書いたようにほとんどが見えていない状態です。

視力は0.01~0.02程度となっており、目から20~50cmのものをじっとみつめますね。

ママやパパの顔を近づけてしっかりと見せてあげないとわからないくらいです。

生後2ヶ月になると徐々にものや色を認識できるようになってきいきます。

目の前でゆっくりとおもちゃを動かすと「追視」のような動きをするのもこの時期ですね。

生後3~5ヶ月の赤ちゃんの視力

この時期になってくるとしっかりと「追視」をするようになります。

視力は0.04~0.08くらいまで上がってきますのでぼやーとしていた生後1,2ヶ月のころと比べると見えるようになってきていますね。

生後3ヶ月のころになると両目を連動させて焦点を定めるようになり、ママやパパの口元が笑っているかを判別したり、人間の体をぼんやりと認識したりします。

生後4~5ヶ月のころになると奥行きがわかるようになり、目と手が連動して発達をするようになります。

ここまでは「黒」「グレー」などのあいまいな色しか認識ができませんでしたが、「赤色」を認識するようになり他の色も徐々にわかるようになってきます。

カラフルではっきりとしたいろのおもちゃは見えるようになってきますので赤ちゃんも反応しやすくなります。

そのため目の前におもちゃを持っていたり握れるようにしてあげると喜んでつかもうとする姿も見られますので、カラフルなおもちゃと用意していっぱい遊んであげましょう。

生後6ヶ月の赤ちゃんの視力

この時期になると0.1くらいの視力となり、奥行きは距離感というものをつかめるようになります。

それまでは周囲の人の声や気配、香りで判別をしていたのですが顔をみて区別をつけられるようになりますので、ママとパパなど近しい人と他人と区別できるようになります。

お座りができるようになる時期でもありますので、座って視野が広がると寝ていたころとは違った景色が広がり様々なものに興味を持つようになります。

お座りをしてテーブルなどにおいてあるおもちゃには手を出すようになったりもしてきますね。

1歳ごろの赤ちゃんの視力

この時期になると小さなほこりがごみ、パンくずなど細かいものが目で見えるようになります。

上下左右や奥行きなど空間を立体で把握できるようになることで、行動の幅も広がっていき、視力としては0.2~0.25くらいですね。

いつ大人と同じ視力になるのか?

もちろん1歳になっても大人と同じように見えるわけではなく、大人と同じ視力になるのは大体4~5歳くらいだと言われています。

見るという自然の訓練を通して徐々に発達をしていき、およそ6歳ごろには完成をするといわれています。

視力の目安としては2歳で0.5~0.6、3歳で0.8くらい、4~5歳くらいで1.0となり、6歳で1.0~1.2くらいになるといわれています。

3歳くらいになると大人とほぼかわらないくらい見えるようになりますので幼稚園や保育園では視力検査が行われるようになります。

視力が低い場合には弱視などの可能性もありますので、わかった場合にはすぐに病院を受診してみてもらいましょう。

赤ちゃんの視力の注意点

成長とともに安定をしてくる赤ちゃんの視力。

その視力ですが、6歳くらいには安定をするといわれています。

もちろん何も問題がなければ順調に視力は伸びていくのですが、ママもパパも赤ちゃんを育ていく中で注意をすべきポイントもありますので以下に紹介をしていきましょう。

テレビやスマホの見せすぎ

テレビをみせていると静かにしてくれるという点からついつい見せてしまいます。

例えば、テレビでDVDを見せたり、時にはスマホで動画を見せたりしますが、長時間見せることはよくありません。

テレビを見せすぎる悪影響についてはこちらの赤ちゃんにテレビはいつから?付けっ放しの悪影響と対策方法に書いていますので参考にして下さい。

テレビは受け身になりがちになることから言語の発達にも影響がでますしスマホやタブレット、パソコンから出ているブルーライトは赤ちゃんの目のには刺激が強すぎるため視力低下の恐れもあります。

そのため、見る時間や内容を吟味し、一日に見せる時間は長くても1時間程度としておきましょう。

カメラのフラッシュは避ける

赤ちゃんの目はとてもデリケートなものです。

そのため、カメラのフラッシュなどは驚きますし目へも瞬間的に光を与えることになりますのでできれば日中の自然の光を利用した写真にしておきましょう。

もちろんフラッシュをたいたから悪影響がでるということではないため、回数はあまり関係なく神経質になる必要はないですが問題が生じる可能性があるため控えておく方が良いでしょう。

目の動きは見方をチェック

あとは子育てをしているママとパパは赤ちゃんの目を良くみておきましょう。

赤ちゃんの目は見えていたとしても、斜視や弱視などの目の病気になることもあります。

目の病気といってもいろいろな種類があり、遠視、乱視、片目がズレている斜視などがあり視力の発達の妨げになることもあります。

もちろん治らないわけではなく、発達が早ければ回復を望めるものもありますので、目を見ていて「おかしい?」「違和感がある」という場合には一度病院へ行ってみましょう。

6ヶ月以上に乳幼児の視力の問題を簡単に検知できる「スポットビジョンスクリーナー」という便利は検査機器もあります。

新生児の視力のまとめ

ここまで新生児や赤ちゃんの視力について書いてきました。

もちろん成長とともにどんどんと見えるようになりますので、成長が楽しみですね。

目が見えてくることにより親子のコミュニケーションもより密になっていきますし、赤ちゃんの世界も広がっていきますので経験のためにも目がある程度見えてくる1歳くらいにはいろいろと見せてあげて欲しいものです。

目が見えていなくてもママやパパのことは声や香りなどで認識をしていますので赤ちゃんとたくさん触れ合ってコミュニケーションをとりましょう。

 

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る