赤ちゃんと洗濯物を分けるのはいつまで?【洗濯洗剤と柔軟剤も別?】

赤ちゃんの服

赤ちゃんと大人の洗濯物を分けるのはいつまで?

そもそも分けて洗うということも、知らない方もいたことでしょう。

なぜ赤ちゃんと分けなければならないのか?実はそこには理由もあるのです。

この記事では、赤ちゃんと大人の洗濯物を分けるのはいつまで?時期や分ける理由、洗濯洗剤の選び方を書いています。



赤ちゃんと洗濯物を分けるのはいつまで?【新生児期は避けよう】

新生児の手赤ちゃんと大人の洗濯物をを分けるのはいつまででしょうか?

中には「分けるの?」と驚く方もいます。

そんな時期ですが、生後1ヶ月の新生児期までは分けるほうが良いです。

ママ達の中にも生後2か月以降に洗う方も多く、半年くらいを迎えるとほぼ一緒に洗っています。

理由は大人の新品の服についている、ホルムアルデヒドという成分があり、それが赤ちゃんのものと一緒に洗濯をすると、赤ちゃんの衣服に付着します。

すると、赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまうため分けるほうが良いとされています。

新生児期の赤ちゃんの洗濯物を分ける理由

特に新生児期は肌が敏感です。

そのため、ちょっとした刺激が肌に過剰に反応してしまいます。

特に生まれて間もない新生児の内はとても敏感であるため、大人が使用をする洗剤や柔軟剤でも過剰に反応する可能性があります。

赤ちゃんにとっては、少しの刺激でも肌トラブルになる可能性があることから、洗濯物は分けた方が良いでしょう。

赤ちゃんと大人の洗濯物を分けない家庭も!どれくらい?

しかし、実は大人と赤ちゃんの洗濯物を分けない家庭も多いです。

こちらのTwitterの2つの調査では

最初から一緒、半年くらいから一緒と完全に分かれています。

そのため、家庭によってまちまちだということです。

ちなみに、私の娘の時は一緒に洗っていました。

しかし、清潔なもの、洗剤は赤ちゃん用にするなど配慮はしていましたので、各家庭の考えに左右をされます。

赤ちゃんの洗濯物に使う洗剤と柔軟剤の選び方【必要なの?】

スプーンで洗剤をすくう次に赤ちゃんの洗濯物に使う洗剤と柔軟剤の選び方について書きましょう。

実は、赤ちゃん専用の洗濯物洗剤と柔軟剤があります。

低刺激で、赤ちゃんの肌にも影響がないように作られていますね。

そんな洗剤について、ここでは書いていきます。

新品の服は洗濯洗剤は必要なし【水通しで十分】

新品の服に水通しをする際には、洗濯洗剤は必要ありません

のりなどがついているだけですので、水のまま洗濯をして、それでとれば問題なし。

蛍光増白剤は含まれているかチェック

蛍光増白剤に含まれているかチェックをしましょう。

蛍光増白剤とは、紫外線を吸収し、洗濯物の見た目を白くきれいに見せる効果のある成分です。

しかし、洗濯物の色が変わってしまうこと、また赤ちゃんの肌トラブルになる可能性もあります。

そのため、蛍光増白剤が入っていないものをえらびましょう。

界面活性剤は少ないものを利用しよう

あとは、界面活性剤も入っていないものをえらびましょう。

界面活性剤とは、油と水など本来は混ざり合わない物質の双方を結び付けることができる成分です。

水では落ちにくい汚れを落としてくれる成分と思えばわかりやすいです。

この成分についても赤ちゃんの衣服にはあまり必要はなく、肌トラブルになる可能性もあります。

そのため、赤ちゃんの肌トラブルを避けるためにも、無添加の洗剤を選べが良いでしょう。

ベビー洗濯用せっけん 本体 詰換えセット 800ml+720ml arau. 天然ハーブ配合のベビー用洗濯石けん

柔軟剤は赤ちゃん用がおすすめ【大人用は注意も必要】

柔軟剤は赤ちゃんにおすすめでしょうか?

柔軟剤については、洗濯物をふわっと柔らかくしてくれるものですが、ほとんどのものはアレルギー検査をされています。

そのため、赤ちゃんの洗濯物に使っても問題はないでしょう。

しかし、大人用の中には界面活性剤が含まれているものもたくさんありますので、気を付けて購入をしてください。

赤ちゃんの洗濯物は分ける?外干ししても良い?室内にすべき?

外に赤ちゃんの洗濯物を干す次に赤ちゃんの洗濯物を干すことです。

洗濯をしたあとには、干すことになりますが、外干しをしてもよいのか?それとも室内に干すべきなのか?

迷いますよね。

太陽の光に当てる効果あり【大人のものを一緒でOK】

赤ちゃんの洗濯物は外干しをして問題ありません。

外で干せば、太陽の光が当たり、細菌の数を減らしたり、洗濯物の匂いを防いでくれる効果も期待できます。

外干しをすることで、除菌効果と匂いの除去の効果がありますので、外干しをしましょう。

アレルゲンに注意【花粉・黄砂やpm2.5】

ただし、アレルゲンとなる物質も戸外にはあります。

そのため、気を付けるべきだと思いますね。

特に春ごろには花粉、黄砂、pm2.5などの有害物質が出ることもあります

そのため、外干しをするときには要注意です。

天気予報で飛散情報やなどがみれますので、確認をして室内欲しに変更するほうがよいでしょう。

赤ちゃんの洗濯物を分ける関する気になる疑問と注意点

赤ちゃんを抱っこするママ赤ちゃんの洗濯物について書いてきました。

次に気になる赤ちゃんの洗濯物の疑問や注意点について書いていきます。

赤ちゃんの洗濯物は毎日すべき?【ミルクと汗が気になる】

赤ちゃんの洗濯物は毎日すべきなのか?

実は赤ちゃんの洗濯物の量はとても多いです。

また、汚れはミルクが付いたり、汗が付いたりして汚れも結構あります。

洗濯をしないと落ちない可能性もありますので、毎日どこかのタイミングで決めてしましょう

汚れがひどい場合は手洗いをしてから、洗濯をすると良いですね。

赤ちゃんの洗濯物を一緒にするときは洗剤の量に注意

赤ちゃんの洗濯をするとき、大人と一緒に洗濯をするときに注意があります。

それは、洗剤の量です。

洗濯をするときに、洗剤の量は適量にしておきましょう

赤ちゃんの肌が最初に書いたように、敏感です。

そのため汚れを落としたいからいって、過剰な量をつかってしまうのは危険です。

適量を守りましょう。

手洗いは汚れがひどい時に【赤ちゃんも洗濯機を使おう】

中には赤ちゃんのものはすべて、手洗いをしているというママもいます。

しかし、手洗いでは見えない汚れは落ちていません。

こまなか成分もきれいにするためにも洗濯機をつかいましょう。

もちろん、汚れがひどい時には、手洗いをしてから選択をしてくださいね。

赤ちゃんの洗濯物におすすめのハンガーを教えて

赤ちゃん用の洗濯ハンガーが売っています。

これは、小さなサイズとなっており、赤ちゃんの服のサイズに合っています。

干しやすいため、購入をしておきましょう。

コンビ ベビーハンガー

残り湯で赤ちゃんの洗濯物はしてもよい?

残り湯で毎日選択をしている方もいるでしょう。

大人用であれば問題はないかもしれませんが、赤ちゃん用は避けましょう。

残り湯は見た目よりも汚く、雑菌などもたくさん含まれています。

赤ちゃんの肌のことも考えると、きれいな水で洗う方が良いですね。

赤ちゃんの洗濯物は大人と分けるのはいつまで【新生児期は気をつける】

赤ちゃんの洗濯物赤ちゃんの洗濯物について書きました。

大人と分けるべきなのか?という疑問もありますが、新生児期は気を付けた方がよいかもしれません。

赤ちゃんの肌の質によっては荒れたりする可能性もあるためです。

様子をみて、落ち着けば一緒に洗濯をしても良いでしょう。

ただし、洗剤は赤ちゃん用、もしくは適量を守るという点を気を付けておきましょう。

人気記事 → ウォーターサーバーは赤ちゃんにいつから?子育て世代のおすすめ3選

人気記事 → こどもちゃれんじの口コミ評判はどうなの?入会退会と料金と紹介制度

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る