生後6ヶ月は夜泣きがひどい?赤ちゃんの特徴と身長体重について

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。



赤ちゃんの成長の節目 生後6ヶ月

赤ちゃんを出産して最初の節目となる時期といえば生後6ヶ月といえます。

この時期は赤ちゃんが生まれて間もない時期からママとパパにとっても非常に印象に残りやすい時期となっており、大きく成長をしたと実感できる時期でもあります。

もちろんこれからどんどんと成長をしていくのですが、節目となるこの生後6ヶ月の赤ちゃんの特徴について書いていきたいと思います。

夜泣きがひどい?なんて言われますが本当でしょうか?

生後6ヶ月の赤ちゃんの身長と体重

そもそも生後6ヶ月とはどんな時期なのでしょうか?

生後6ヶ月といえば検診があり、赤ちゃんの発達を確認するための検診となっています。

そこで気になることといえばまわりの赤ちゃんと比べて大きいのか?小さいのか?など気になりますよね。

そこで生後6ヶ月の時期の赤ちゃんの平均的な身長と体重について書いていきましょう。

この時期の赤ちゃんの平均は以下の通り。

・男の子:身長61.9~70.4cm、体重6.1~9.20kg

・女の子:身長60.1~68.7cm、体重6.74~8.67kg

この時期は個人差が非常に大きな時期で赤ちゃんによって大きくことなります。

小さいと心配になってしまうこともありますがそこは安心をしてください。

これからまだまだ大きくなりますし、離乳食が始まってから体が大きくなったという情報もありますね。

ちなみに私も娘はかなり小柄でしたが、妻が145cm、私が163cmとそこまで体が大きくないため娘自身も小さいので両親の身長によっても左右をされますね。

体重と授乳の関係

しかし、あまりにも大きいもしくはあまりにも小さいと心配になりますね。

そこは子供の成長を曲線というものがあり、母子手帳などで簡単に確認をすることができます。

体重や身長が小さいもしくは大きくて心配という方は成長曲線を一度確認してみましょう。

そこで知っておきたいことは赤ちゃんの身長や体重と授乳量の関係です。

特に赤ちゃんの体重は授乳量や運動量によって大きく異なりますので、体重に関して不安がある場合には専門医や検診時に医師に相談をしてみると良いでしょう。

生後6ヶ月の発達

では、そんな生後6ヶ月の時期の赤ちゃんの発達についてしっておきましょう。

赤ちゃんの時期から年長など子供が大きく成長をしていく時期に関しては小児の発達段階の特徴と表 遊びや課題は年齢によって異なるに詳しく書いてありますので参考にして下さい。

他にも生後6ヶ月の時期の発達についてまとめていきますので参考にしましょう。

・首がすわり、しっかりとしてくるとともに立てて抱かれたり、腹ばいの姿勢をしてもらうなど姿勢の変化は全身の動きを楽しむようになります。

・腕や手首、足など自分の意志でより活発に動かせるようになります。

・自分の手をじっと見つめたり、手足をなめたり、両手をからませたりして自分の体の感覚を試しつつあります。

・この頃になるとしばらくはおもちゃをなどを握って遊んだり、自分の目の前にあるものをつかもうと手を伸ばしたりするようになります。

・自分の要求や意思が徐々にはっきりとしてきて、訴えかけるような泣き方をしたり声を出して要求を表現したりするようになります。

・大人の顔をじっと見つめながら笑いかけたり、「アー」「ウー」などと声を出したりします。

・いつも特定の人と愛着をいだき、その人にあやしてもらうと非常に喜び、より多くの声を発したり笑いかけたりするようになります。

・生後5~10ヶ月くらいで寝返りをするようになり生後6ヶ月の頃にはお座りをしていることもあります。

・うっすらと歯が生え出してくる子もいます。

生後6ヶ月のころの遊び方

生まれたときに赤ちゃんのころと比べると喜怒哀楽もしっかりとしてきて、とてもかわいい姿を見せてくれるようになります。

もちろん遊びも徐々に広がってくるので、大人と積極的に関係を築き愛着関係を持つことで赤ちゃんは安心をして遊べるようになります。

遊びの特徴は以下のとおりです。

・目の前のものに手を出してつかみます。つかんだものを振ったり、口でなめまわしたりして確かめます。

つかんで音のなるガラガラ、プレイジム、ベッドでつるしたおもちゃ、さわり心地のよいぬいぐるみ、カラフルな布のボールなどが楽しい遊び相手になります。

・赤ちゃんの「あー」「うー」という喃語に大人が「なーに」「どうしたの」と笑顔で話しかけたり、「いないいないばぁ」をしてあやしてあげると声を立てて笑ってくれます。

・大人が歌を歌うと、歌声にあわせて体をゆすったり、くすぐったりすることで赤ちゃんはその大人のことが好きになります。

喜ぶからといって過度にゆさぶると揺さぶられ症候群になりますので注意をしましょう。

・リズム遊びやふれあい遊びも好きな時期となっており、大人が抱っこをしてゆらゆらとゆらして遊んだり、くすぐったりするととても喜びます。

私は手をこちょこちょしたり「いっぽんばしこちょこちょ」をして遊んだりしていました。

生後6ヶ月の特徴

また成長の過程でこの時期にはいろいろな特徴も出てきますので書いていきましょう。

これから赤ちゃんが6ヶ月を迎える方や出産を控えている方は参考にしてくださいね。

離乳食の開始

離乳食の開始の時期となります。

もちろん個人差がありますので、絶対にはじめなければならないというわけではないのですが生後6ヶ月というのは授乳から徐々に食事になっていく時期といえますね。

最初はお白湯やスープから初めていく時期ですので生後6ヶ月を目安に進めていきましょう。

ミルクの量は徐々に減らしていくことになりますね。

人見知り

今までは気持ち悪い、暑い寒いなど嫌悪感から泣くことが多かったのですが、6ヶ月くらいからは知らない人を見たら泣いたりと自己防衛と自分のアピールにために泣くようになります。

使っていたおもちゃを取り上げようとすると怒ったり、いやいやを主張したりと徐々に自我の芽生えもみられる時期なので今までの寝ていただけの赤ちゃんから成長を感じることになります。

知らない人に泣く人見知り以外にも知らない場所でなく場所見知りなどもありますね。

おすわり

生後6ヶ月の時期の赤ちゃんは寝返りができるようになる子供が増えるのですが、それ以外にも少しの間ならば支えなしですわれるようになる子供もでてきます。

もちろんまだまだ不安定なのですぐに転がってしまうこともありますので注意をして支えてあげましょう。

歯が生え始める

歯が生えてくるのもかなり個人差があるのですが、この時期になると徐々に歯がでてきます。

生後4~5ヶ月に生えるのが目安なので生後6ヶ月の赤ちゃんだと生えてきてもおかしくないでしょう。

上の歯と下の葉がペアで生えてくることが多いですが、通常は上の歯よりも下の歯が現れる傾向にあり、女の子の方が男の子よりも早く歯が生える傾向にあります。

もちろん歯が生えていなくても離乳食ははじめても良いでしょう。

手指の発達

生後6ヶ月の時期になると手指の動きが目覚ましく発達をする時期となっており、両手のひとつずつおもちゃを持てるようになったり、片方の手から手へとおもちゃを持ち替えたりすることもできるようになります。

まわりにあるものに手を伸ばしたり、おもちゃ以外にもママが持っているもの、パパのメガネなど何でも手を出してきますので注意をしましょう。

風邪をひきやすくなる

生後6ヶ月のなるとママからもらっていた免疫の力が徐々に弱まってくることから体調が悪くなってしまうことがあります。

外出をさせると喜ぶ時期ではありますが、熱を出したり、風邪をひいて病気になりやすかったりとなるのでついつい外に連れ出したくなりますが人ごみは避ける方が良いでしょう。

いつもと比べて元気がない、なんか様子がおかしいとなったら早めに病院の受診をしましょう。

生活リズムが整ってくる

この時期になると朝起きて、お昼頃寝て、夕方にご飯を食べて夜は早く寝るという生活リズムが徐々に整ってくる時期でもありますね。

ママもパパも疲れてしまい寝過ごしてしまうこともありますが、出来る限り赤ちゃんの生活のリズムを整えましょう。

朝は起きて、夜早くに寝るというリズムを作ってあげてください。

生後6ヶ月は夜泣きがひどい

また、この生後6ヶ月が夜泣きがひどいなんていわれますが、実際のところはどうなのでしょうか?

これについては育児をしている方の多くが行っていることで生後6ヶ月を境に急に夜泣きをするようになったので驚いているなど急に始まる声が多いです。

夜泣きについてはこちらの夜泣きの原因と対策6選!1歳から始まる夜泣きはいつまで続くのか?に詳しく書いてありますので参考にしてください。

メンタルリープが原因

夜泣きについては詳しいことは解明をされていないのですが、日中に刺激的なことがあった、知らない人とあって人見知りで泣いたなど何らかの問題が原因となっているといわれています。

しかし、ほかにも生後6ヶ月の赤ちゃんの夜泣きがひどいという原因は「メンタルリープ」ではないかといわれています。

メンタルリープとは「赤ちゃんの心が急成長をする」ことを指しています。

この言葉は「知能、心」というメンタル(mental)という言葉と、「飛躍、急な変化」というリープ(leap)という言葉が合わさって作られた言葉です。

心が急激に発達をして理解力があがり、内面が大きく成長をする時期であるため赤ちゃんの心が不安定になることから機嫌が悪くなったり夜泣きをしたりすることがありますね。

知らなかったこと、理解できなかったこと、気付かなかったことに気付けるようになった成長の過程で夜泣きがひどくなるといわれています。

生後6ヶ月のまとめ

生後6ヶ月になると寝ているだけであった赤ちゃんの時期から少し成長をしていろいろなことができるようになります。

そして、気付けるようになってくる時期でもありますので夜泣きがひどくなったり、人見知りをするようになったりしますね。

成長をしていく過程でもちろん必要なことではあるのですが、ママもパパも子育てで難しいことが出てくる時期でもありますのでしっかりと赤ちゃんと向き合って愛情を注ぎましょう。

あやすと笑ってくれたりととてもかわいい時期でもありますのでたくさん遊んでみると面白いですよ。

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る