生後1ヶ月はお風呂に毎日入れるべき?赤ちゃんのお風呂の入れ方と注意点

赤ちゃんが生まれて楽しい気持ちと大変な気持ちが交錯をする生後1か月の時期の赤ちゃん。

もちろん可愛いのですが、生まれたときよりもできることが増えてきているのでうれしい気持ちもありますね。

そんな生後1か月の赤ちゃんの気になることの1つといえばお風呂です。

何よりも赤ちゃんを清潔にしてあげたいという気持ちはあるのですが、お風呂は毎日入れるべきなのか?

また、赤ちゃんのお風呂の入れ方や注意点について書いていきましょう。



生後1か月はお風呂に毎日入れるべき?

特に迷うことは「お風呂に毎日入れるべきなのか?」という点です。

生後間もない時期はお風呂へ入れると大人の雑菌などもついてしまうことからベビーバスでお風呂へ入れるのが一般的でした。

しかし、生後1か月を境にお風呂へいれるタイミングでもあります。

そんなときに大人ならば体を動かしたりするためお風呂へ毎日入って清潔にしたいのですが、生後1か月の赤ちゃんだとそこまで体を動かしているわけでもないため必要ないのでは?と思ってしまうこともありますよね。

もちろんそんな風に思うのは間違いではないのですが、赤ちゃんはとても新陳代謝がよく動き回っていなくても活発なので汗をかきやすいです。

また、寝るくらいしかまだできないので握っている手の中にゴミが入ったり、首のしわには皮脂が溜まっていたりと大人とは違う部分でのケアが必要になります。

そのため、できれば毎日お風呂へ入れて体を清潔にしてあげると良いでしょう。

赤ちゃんをお風呂へ入れる時の注意点

毎日お風呂に入れた方が良いとはお伝えしたのですが、注意をしなければならないポイントもあります。

大人にとってはお風呂へ入ることがリフレッシュの1つになるので効果も高いのですが、赤ちゃんにとってはすごく体力を使うものでもあります。

そのため、できる限り赤ちゃんにとって負担のかからないようにしてあげるべきです。

特に体調が悪い時や控え、機嫌のよい時間帯にお風呂へ入れるようにしてあげてほしいものですし、湯船に長時間つけるとつかれてしまので長い時間お風呂へ入ることが控えるようにしましょう。

お湯の温度に注意

また、お湯の温度にも注意が必要となります。

季節によって異なるのですが、夏は38~39℃と少しぬるめにすると良いですし、お湯が冷めやすい冬は40℃前後が適温です。

大人がお風呂へ入るときよりもお湯は少しぬるめにするほうが良いですし、お風呂内の温度とお湯の温度差があると赤ちゃんも驚きますので浴室内も湯気で温めておくとよいでしょう。

→ 新生児の睡眠時間はどれくらい?生後1、2、3か月の時期を紹介

生後1か月のお風呂に入れ方!赤ちゃんのためにできること

赤ちゃんのお風呂は気を使いますが、気持ち良さそうにしている顔を見るとこちらもうれしくなります。

ただし、赤ちゃんをお風呂へ入れるだけではなく脱衣所に用意をして万全にしたり、ママのお風呂はどうするのか?などいろんな気を付けるべきポイントもあります。

そこで、赤ちゃんのお風呂の入れ方について順番に書いていきましょう。

赤ちゃんの体調や様子を確認する

まずお風呂へ入れるにしても赤ちゃんの体調を確認することは重要です。

そのため、顔色や元気か?機嫌はよいか?などを確認してからお風呂へ入れるかを判断しましょう。

この時期は体調を崩すということはあまりないので、機嫌や顔色には注意をしておきたいですね。

事前にお風呂後の準備をする

赤ちゃんのお風呂の最大のポイントは事前の準備です。

お風呂へ入れる前には浴室を温めておくなどの準備は大事なのですが、それ以外にも脱衣所にマットを敷いたり、着替えをする場所の室温の温度を適温にしておく、着替える服はそばに置いておくなどお風呂上がりの準備を整えましょう。

脱衣所で着替えさせる方もいれば、お風呂上りにタオルに包んで部屋で着替えさせる方もいますので家庭のやり方で赤ちゃんに一番負担がかからないものを選びましょう。

下に敷くマットや体の水分をふき取るバスタオル、オムツ、着替えなど着替える場所で問題がないように準備を万端にしてからお風呂へ臨みましょう。

私も妻と協力をして赤ちゃんがお風呂を上がったらすぐに着替えられるように準備万端にしていました。

もちろん最初は失敗をしてそこから学んだのですが・・・。

ママもしくはパパが先に体を洗う

お風呂は入る際に赤ちゃんを優先してあげたい気持ちはわかるのですが、赤ちゃんのお風呂上りは忙しいです。

そのため、ママやパパなど赤ちゃんをお風呂へ入れる人は先に頭や体を洗ってから赤ちゃんを受け入れましょう。

ワンオペなど一人でお風呂へ入れるとなった際には赤ちゃんの服を脱がせてバスタオルなどで体を包み、脱衣所で少しだけ待たせておきダッシュで体を洗う方法が一番スタンダード。

ドアを少しだけ開けておくと赤ちゃんもママやパパの姿が見えて安心をするでしょう。

赤ちゃんの体を洗うときは注意しよう

赤ちゃんの体の洗い方にはコツがいります。

この時期の赤ちゃんは首が座っていないためしっかりと支える必要がありますので、膝の上に赤ちゃんを置き、利き手ではない方の手で頭を支えて体を洗いましょう。

腕で支える自信がなければバスマットの上、バスチェアなどを使っても良いですね。

体を洗う際にはシャワーが赤ちゃんにかからないようにして体を洗い、シャワーの出る量に気をつけながら体を洗うと良いです。

ボディーソープは赤ちゃん用で低刺激のものにしておき、優しく洗ってあげてください。

特に手の中、首の筋などは入念に洗いましょう。

一緒に湯船につかる

湯船には大人も一緒に入って浸かりましょう。

赤ちゃんを両手でしっかりと抱き上げて、縦向きもしくは横向きにして足からゆっくりと体を入れていきます。

湯船につかるときは赤ちゃんと大事なコミュニケーションの時間でもありますので、顔を見て話しかけてあげると良いです。

たまに喃語でなんか言うととても可愛いですね。

体をしっかりと拭いて服を着せる

お風呂から上がったら体をしっかりと拭いてあげましょう。

バスタオルで体をしっかりと拭いて、髪の毛も優しく拭いてあげてください。

その際に肌が乾燥肌や寒い時期などはクリームなどで保湿をしてあげると良いです。

しっかりと拭いたら素早く服を着せてあげ、身体が冷えないようにしてあげましょう。

水分補給をする

お風呂上りのあとは水分補給をしっかりとしましょう。

赤ちゃんにとってお風呂は想像以上に負担もかかっていますのでミルクやお白湯などで水分補給をしっかりとしてあげることが重要です。

母乳ならばそれでも十分です。

生後1か月のお風呂のまとめ

赤ちゃんと言っても生後1か月の時期のお風呂について書いてきました。

特に初めての赤ちゃんの場合はわからないこともありますし、手を滑らせたりしたらどうしようと不安になることもあります。

しかし、赤ちゃんには緊張をしたり不安になっている気持ちは伝わってしまい泣いたりすることにもつながります。

「お風呂は楽しいもの」「赤ちゃんとの大事なスキンシップの時間」と決めてママもパパも一緒にお風呂に入る人は楽しみましょう。

最初は慣れないため不安になりますが、毎日お風呂へ入れると慣れてくるものです。

生後1か月はあっという間に終わってしまいますので、この時期の子育てを楽しんでほしいと思います。

Taka代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る