お宮参りの時期はいつ?服装と初穂料とマナーについて

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。


スポンサードリンク

赤ちゃんの大切な行事 お宮参り

赤ちゃんを出産したら一番最初にある行事がこの「お宮参り」です。

このお宮参りという言葉はしっている方も多いと思いますが、どのような行事なのかを説明してといわれるとなかなか難しいもの。

そして、服装やマナーや時期についてもいつなのか明確には説明しにくいもの。

そこで、赤ちゃんが生まれて最初にするお宮参りについて書いていきますので出産をしたらぜひ読んでください。

お宮参りとは?

では、まずお宮参りとは?というところから書いていきましょう。

お宮参りとは「子供が生まれたことをその土地の守り神である氏神様がいらっしゃる神社へ報告へ行く、そして健やかな成長を祈って祈願をする儀式」のことを指しています。

お宮参りはほかにも「初宮参り(はつみやまいり)」「初宮詣(はつみやもうで)」と呼んだりしますし、単純に「宮参り(みやまいり)」と呼んだりすることもあります。

時期はいつ?

赤ちゃんが生まれて自分が住む土地の神様にお参りに行くのですが、時期はいつに行くべきなのでしょうか?

これについては男の子と女の子で微妙に異なりますが正式な日程は以下の通りです。

・男の子は31日目

・女の子は33日目

この2つがお宮参りにいく正式な日程となっているのですがもちろん絶対にこの日に行かなければならないと言うことはありません。

赤ちゃんの状態やママの体調の状態などもありますので一概にこの日に行かなければならないという決まりはなく、夏場の暑い時期、冬場の寒い時期などはあえて外す方もいます。

また、地域や地方によっても考えは異なりますので絶対にこの日に行かなければならないということではないので安心をしてください。

時期としては生後1ヶ月をめどにしておき、人気の日取りは大安や戌の日など赤ちゃんにとっても良い日がお宮参りでも好まれる傾向にあるため、家族の予定やパパの休みなども考慮をして決めるようにしましょう。

いつまでにしなければならないの?

「寒いから」「暑いから」「みんなの予定が合わない」なんて言っているとどんどんと予定は伸びてしまうものですし、日程をずらしてしまうといつまでもいかないということになってしまいます。

せっかくの赤ちゃんが生まれてからの初めての行事なのでいっておきたいですよね。

正確に「いつまで」ということの決まりはなく日取りは決まってはいませんし、参加をする人の日程調整などにも左右をされることになります。

しかし、あまりにもズレすぎてしまうとお宮参りの本来の目的である「氏神様へのお参り」が遅くなってしまいますので生後2ヶ月~3ヶ月くらいまでには済ましておくのが理想でしょう。

お宮参りは誰といくの?

お宮参りに行く人というのは正式な決まりというものはなく、厳しい規定なども原則はありません

そのため、結構自由に行く人が多いので赤ちゃんのことを祝ってくれる人はみんな行くのも良いでしょう。

しかし、一応正式というものがありますので紹介をしておきます。

正式なお宮参り自由なお宮参り
・赤ちゃん

・父親

・父方の祖父母

・赤ちゃん

・両親

・父方の祖父母

・母方の祖父母

・両親の兄弟姉妹

本来はママは行きません。

これは私も知らず正式な考えとしては「母方の両親がお膳立て(お金からお召し物まで全て準備する)をし、父方の両親が参加するもの」と言うものが本来のお宮参りの参加者となっています。

もちろん地域、家庭、地方などによくって風習も異なりますので一概には言えないので両親などと相談をして決めるようにしましょう。

母が出席をしない理由としては、「出産後母親は忌中とされており、母親の忌が明けるのは75日~100日後とされているため」母が本来は出席をしないといわれています。

最近はこのような風習はほぼありませんが、厳格な家庭だと今でも父方だけが出席をしたり母の喪が明ける100日を過ぎてからお宮参りを夫婦で参加をするという地域もあります。

お宮参りの初穂料

そんなお宮参りの初穂料について書いていきましょう。

お宮参りは基本的に地元の氏神様となる神社でお参りをしてもらうことが一般的な考え方になりますがもちろん無料では合いません。

宮司さんに来ていただいて御祈祷をしていただくためあるお金をお支払いする必要があります。

この金額については具体的には決まっていないことから、お宮参りへいく神社に事前に問い合わせておくとよいでしょう。

赤ちゃんの健やかな成長を祈祷するだけなので、そこまで高い金額になることはなく費用としては5000円~1万円が相場となっています。

中には「お気持ちでお願いいたします」というケースもありますので、その場合には最低でも5000円は包んでおき御祈祷に参加をする人数が多い場合には少し多めに包んでおくとよいでしょう。

袋に関しては紅白の水引きに入れておき上に「御初穂料」と記載をし、下に子供の名前を記載します。

時間はだいたい20分~30分くらいの短時間となりますが、赤ちゃんにとって最初の行事となりますので神社にも失礼のないように日ごろから意識をしておきましょう。

お祝い金は?

お宮参りをするとなった場合には両祖父母からはお祝い金を渡すべきです。

しかし、あまり大きな金額を渡すとママとパパも恐縮をしてしまいますので適度にしておきましょう。

相場としては1万円程度を包むとよいですが、両家によって出すお金も異なってきます。

お宮参りで多いのは、父方の両親は「御祈祷料の負担」で母方の両親は赤ちゃんの衣装費用を負担をするという流れになります。

お宮参りが終わってからはお返しをすべきかと考える方もいますがモノなどを渡すのではなく、赤ちゃんを囲んで食事会程度で十分といわれています。

お宮参りの準備と作法

ここまではお宮参りの基本について書いてきましたので、次にお宮参りで準備をしなければならないものなどにすちえ紹介をしていきましょう。

もちろん作法もありますし、気になる服装などについてもまとめていきます。

お宮参りの準備の流れ

お宮参りに準備をしなければならないことがたくさんありますので紹介をしていきましょう。

これを考えるだけでもママパパは結構大変です。

日程

まず大事なことは「いつ」お宮参りをするかです。

いつすべきかという点は先ほども書いたいように赤ちゃんが生まれて生後1ヶ月以内にするのが習わしとなっているためその時期にすると良いのですが、パパも仕事をしているとなかなかすぐには休めないとおもいます。

また、両祖父母の予定などもあると思いますし、日程の日が仏滅など縁起の悪い日だと避けたい気持ちもありますのでそこは注意をしなければなりません。

いろいろな考慮をして赤ちゃんが生まれて退院をした時点で日程を大体決めてしまいましょう。

両祖父母な孫のためならば日程を合わすことが間違いないので、おそらくパパの予定が一番大事なポイントになるかといえます。

有名な神社へ行く場合は大安や戌の日は平日でも混雑は必須といえますので、神社の人に確認をして空いている時間帯を選ぶなど赤ちゃんに配慮を忘れないようにしましょう。

神社選び

日程が決まったら次は神社を決めるようにしましょう。

お宮参りは基本的には地元の氏神様に伺うのが基本となっていますが、いろいろな事情から別の神社を選ぶこともありますので紹介をしていきます。

主に以下の4つが神社選びになります。

・安産祈願などでお世話になった神社。

・自宅近くにある氏神様。

・地域にあるお宮参りで人気の神社。

・先祖代々お世話になっている神社。

このあたりで選ぶことになりますで、両親と夫婦の意向を含めて場所を決めるようにしましょう。

神社に問い合わせること

お宮参りの日程が決まったら次にしなければならないことは、神社に予約になります。

これは神社の場所によりますが、平日は予約をしておかなければ宮司さんがいない場合もありますので確認をしておくべきです。

土日などは常時配置をしているケースもありますのできちんと確認をしておきましょう。

特に以下のポイントは神社に確認をしておきたいことなのでまとめておきます。

・予約は必要なのか?

・当日の混雑具合や例年の状況。

・駐車場はあるか?また、お参りをしてもらう場所までの距離はあるか?

・控室はあるのか?

・授乳をしたいときに部屋があるのか?

・御祈祷の際にベビーカーで行くことは可能か?

お宮参りの主役は赤ちゃんなのですが、生まれて間もない赤ちゃんなのでできるだけ体への負担は減らしたいもの。

そのため、赤ちゃんを中心にした問い合わせをしましょう。

特に駐車場から祈祷をしてもらう場所までの距離は大事です。

万が一雨の場合には傘をさしていかなければなりませんので、先に確認をしておきたいですね。

ちなみに私はお宮参りを氏神様にお願いしているのですが、その際には駐車場から祈祷をしていただく場所まで離れており、しかも階段を50段ほど登らなければならないため結構大変でした。

お宮参りの服装

次に大事なことはお宮参りの服装です。

お宮参りは赤ちゃんにとっても大事な行事ですし、ママパパにとっては赤ちゃんが生まれて初めての行事。

そして両祖父母も初めての行事となりますので服装はとても大事なのでしっかりと用意としていきましょう。

赤ちゃんの服装

主役をなる赤ちゃんの服装はとても大事になりますのでしっかりと準備をしていきましょう。

赤ちゃんの服装に関しては他の人の写真などでも見たことがあるかもしれませんが、着物で包んでいる姿を見たことがあると思います。

この着物は祝い着と呼ばれる着物となっており、男の子と女の子で着物の模様が違うのが特徴となりますので赤ちゃんの性別によってきちんと使い分けるようにしましょう。

男の子の祝い着:熨斗目模様(のしめもよう)

女の子の祝い着:友禅模様(ゆうぜんもよう)

最近は服装に関しては細かく決めているひとはすくなく、この祝い着だけは用意をしておき赤ちゃんはセレモニードレスや白い服を着せるケースが多いです。

しかし、中には厳格にきちんとしなければならないケースも考えられますので正式な着物の着方についても書いておきますので参考にしてください。

私も祝い着だけは用意をしましたが、娘は2人も白いベビードレスで行きましたが特に違和感はなかったので各家庭の判断で赤ちゃんの服装は決めて上げてください。

正式な赤ちゃんのお宮参りの着物の着せ方

・肌着の上に白羽二重の内着を着せます。

その上から掛け着(晴れ着)を羽織らせ、(父方の祖母が抱っこします)赤ちゃんを抱いた状態で、祖母の首の後ろで付けヒモを結びます。

・お宮参り服装(正式な服装)は、下記のとおりです。

男の子は白羽二重に「のし目模様」の紺色掛け着または黒羽二重の紋付等。

女の子は白羽二重に「友禅模様」の掛け着等

※夏などの暑い時期に着ものを羽織らせると赤ちゃんにとってはかなりの負担となるため体温調節をしてあげましょう。

両親の服装

では、次に両親の服装について書いていきたいと思います。

赤ちゃんは正式ではなくても服装は整えていくのに、両親がきちんとした服装をしていないと違和感がでてきます。

赤ちゃんにとって初めての行事なのできちんと整えていきましょう。

男性の服装

まずお父さんになりますが、ほとんどの人はスーツになります。

色に決まりは特にないため自由となっていますが祝いの場ということもあり黒や紺、グレー辺りが無難な色だといえます。

また、祖父であるお父さんもスーツが基本。

少し緩めたとしてもジャケットとシャツは最低限羽織っていくようにしておきましょう。

女性の服装

次にママの服装ですが難しいのはお宮参りに行く最中、もしくは終わってから授乳が必ず必要になります。

生後一か月なのでどうしても3時間おきには必要となるためその点を考えてお宮参りに行く神社までの距離などを含めて服装を選ぶようにしましょう。

基本は「着物」「ワンピース」が多いです。

しかし着物の場合は神社までの距離が近い場合などに対しておすすめはしますが、距離が遠い場合にはワンピースなどの方が楽だといえますね。

続いて祖母の服装になりますが、これも家庭の考えによって異なりますが以下のような服装ならば特に問題がありません。

「留め袖」「着物」「訪問着など略礼装」「冠婚葬祭着」もちろん少しラフにしてキレイ目の服装をしていれば特に問題はないでしょう。

お宮参りのまとめ

ここではお宮参りのやり方や準備など厳格なルールから最近の傾向についても書いてきました、

お宮参りは赤ちゃんにとって最初の行事なのできちんとしてあげたい気持ちはありますが、日本伝統の文化のため難しい点も多いでしょう。

しかし、正式に厳格に行う家庭は少なくなってきていますので一定のマナーを守っておれば問題はないと思います。

例えば、祝い着や着物にしても購入をすることが昔は当たり前でしたが今はレンタルという強い味方もいますしお宮参りの記念写真をスタジオアリスやスタジオマリオなど大手の写真館で撮影すれば着付けも、祝い着のレンタルも無料なんてこともありますね。

時期やマナーを守って赤ちゃんのためにもきちんとお宮参りをするように意識をしましょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

スポンサードリンク

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る