新生児はいつまで?乳児幼児との違い特徴とあっという間の大変な時期

新生児はいつまでのことをいうのでしょうか?

赤ちゃんが生まれて間もない時は「新生児(しんせいじ)」という言い方になります。

とても小さくかわいい時期なのですが、育児ではママ達も赤ちゃんとの生活に慣れていないため大変な時期でもありますね。

そんな新生児の時期ですが、赤ちゃんの特徴や様子というのもわかりにくいです。

この記事では新生児はいつまでなのか?特徴や体はどうなっているのかがわかります。



新生児はいつまで?乳児幼児との違い特徴とあっという間の大変な時期

生まれたばかりの赤ちゃんを新生児と呼ぶのですが、具体的にはいつからいつまでを新生児と呼ぶのでしょうか?

これは母子健康法の定義に書かれており「生後28日間」が新生児を呼ばれる期間です。

生まれた日を0日を数えてそこから28日間を新生児と呼んでいますので、実はわずか1ヶ月程度の期間のことなのです。

新生児の覚え方としては生まれた日を0日として、生後28日未満なので生後4週間目に入る前と覚えておけば良いです。

新生児と乳児 幼児との違い【保育園での区切り】

また、子供の呼び方にはいろいろとあります。

新生児、乳児、幼児なんて呼んだりしますが違いはわかりにくいですよね?

・新生児(期):生後28日(4週)未満

・乳児(期):生後4週間~1歳未満

・幼児(期):1歳~7歳未満

このように区別をされていますが保育園では少し違った言い方となります。

・乳児:0歳児~2歳児(1歳~3歳になる年)

・幼児:3歳児~5歳児(4歳~6歳になる年)

このように分かれているため、実際にはなかなか難しいというのが正直なところですね。

新生児はいつまで?特徴を解説!寝る時間や夜泣きについて

次に新生児期の特徴について書いていきます。

この時期は急激に成長をしていく時期で、近くで見ているママ達にとっても楽しみの1つとなります。

良い笑顔を見せてくれる、起きてママ達のことを見ているなど行動を見ていると本当にかわいいですね。

しかし、かわいいだけではなく大変なことも多い時期ですので新生児の特徴を書いていきます。

新生児の睡眠【寝る時間と夜泣き】

新生児の赤ちゃんはほとんどが寝ているだけです。

基本は一回3~5時間の睡眠を繰り返しており、一日15~18時間程度は寝ており、睡眠と覚醒が交代するなんて表現されます。

しかし、一回の睡眠が3~5時間というのはかなり長く感じます。

新生児の赤ちゃんは外に世界に出てきて間もないため「ちょっとした音で起きる」などすぐに起きてしまうため、本来の生活としては一回1~2時間程度で起きたり、時には30分で起きたりしてしまいます。

個人差も大きく、昼夜のリズムも身についていない時期であるため起きたり、寝たりを繰り返していますね。

夜泣きも多い?

新生児期はたくさん寝てくれる赤ちゃんもいれば、頻繁に起きてしまう赤ちゃんもいます。

ぐっすりと数時間くらい寝てくれる赤ちゃんもいれば、30分で泣いて起きてしまうなんてこともありすぐに泣いてママとよびます。

育てているママ達からすると「この生活はいつまで続くのか?」「ぜんぜん寝てくれない」と不安になってしまうこともありますし、夜中に泣いてしまう夜泣きもあります。

「しんどい」「イライラする」と育児の大変さを感じる時期ですが、そんなときは以下のような理由や原因がありますので1つずつ解消していきましょう。

・オムツを変えてほしい。

・ゲップが出なくて苦しい。

・便秘でお腹に違和感や不快感がある。

・ママがそばにいなくて寂しい。

・ミルクを飲みたい。

この辺りが夜泣きなどをする理由に挙げられますので、解消をしてあげると良いでしょう。

→ 夜泣きはいつからいつまでが平均?原因と対策6選!放置はダメ?

排泄

赤ちゃんの排泄についてはおしっことうんちにわかれます。

おしっこについては一日に15~20回程度しますが、一回のおしっこの量は少なく、少量を頻繁に出しているイメージです。

色は濃いものから透明に近いものなど様々ですが、稀に赤い尿が出ることがあります。

これはレンガ尿と呼ばれており、尿の尿酸塩が原因で心配のないものがほとんどです。

ほとんどの場合は血尿ではありませんので安心をしてください。

授乳やミルクの量【3時間おきが基本】

次に赤ちゃんのミルクの量に関してです。

赤ちゃんのミルクを飲む量や回数は個人差があります。

しかし、新生児期の赤ちゃんは1~3時間おきの頻度で授乳が必要となります。

ミルクを飲んでもぐずぐずいうことがありますが、泣いているから、機嫌が悪いからミルクの授乳量が足りないのではなく上手に飲めていないだけの可能性もあります。

赤ちゃんの体重や機嫌、排泄の状態から判断をしましょう。

→ 新生児と赤ちゃんのミルクの量は?月齢別の目安量と判断のポイント

新生児の赤ちゃんの体はどうなる?視力や聴力を解説

次に赤ちゃんの体の成長について書いていきます。

目や耳、匂いはどうなっていくのか気になるところですので紹介をしていきましょう。

視力【目はいつから見えるの?】

まずは赤ちゃんの視力について書いていきましょう。

視力はどれくらい見えるようになるのかというと、生まれる前から光を感じられるようになっています。

しかし色は認識できていないため、グレーに見えている状態です。

ただし、視力はまだまだ成長段階で0.02~0.05程度だといわれていますね。

目の前の25~30cm程度までしか見えず、焦点を合わせる力も弱いためよくは見えていません。

そのため、あやしたり、声をかけたりするときにはできるだけ顔を近づけたりしなければ見えないでしょう。

聴力【耳はいつから聴こえるの?】

赤ちゃんの耳はいつから聴こえるようになるのでしょうか?

耳は生まれる前から聴こえると言われており、胎児の26週のころから聴こえています。

そのため、生まれてからの新生児期の時期はある程度聴こえているのですが、高いトーンでゆっくりと抑揚をつけて話しかけてあげると良いでしょう。

大きな音はビックリしてしまうためやめてあげましょう。

ママの声は生まれる前からお腹の中で聞いているため、生まれてからもよく分かっているといわれています。

嗅覚【鼻】

嗅覚に関しても生まれた直後の段階ですでに自分のママや母乳の匂いをかぎ分けられています。

成長にともない、良いにおい、悪いにおいなどを学んでいますね。

新生児の頭蓋骨は開いている状態となっており、脳の発達に伴い頭の骨が拡大できるようになっています。

頭の上にある大泉門(だいせんもん)という部分はやわらかく開いており、さわるとペコペコしていますがこれも1歳くらいになると自然に閉じていきます。

体【服のサイズも解説】

この時期の服のサイズは50~60cm程度になっています。

服屋へ行くと、ついついかわいいデザインであったり、見た目がかわいいものがあり買いたくなってしまいますがそれは間違いです。

サイズは50~60cmを目安にしておきましょう。

あと、枚数はその都度調整をし足りない時に購入する考えで十分で5~10枚程度、肌着と服があれば十分です。

すぐに大きくなりますので。

体温

新生児の体温は高めです。

大人よりも0.3~0.5度くらいは高めになるといわれており、個人差はありますが平熱は36.5度~37.5度くらいになります。

この時期の体温調節機能はまだまだ未熟で外気温、内気温に影響を受けやすい時期ですので掛布団や服の枚数など気候に合わせて調整をしてあげてください。

大人と比較をしてマイナス1枚と思っておきましょう。

原子反射が出てくる時期

新生児期は様々な原子反射が出てくる時期ですね。

主な反射はモロー反射、手の把握反射、足の把握反射、自動歩行、吸綴反射、探索反射などがあります。

外出はいつから?新生児はいつまでダメなのか?【病気のリスク】

新生児の気になることと言えば「外出」です。

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が弱いため、すぐに外に出ることができません。

その理由は「ウィルスにかかりやすい状態である」ためリスクもあるからです。

自宅でも可能な限り無菌状態にしなければなりませんが、外に出るということは雑菌やウィルスに触れる機会を作るということで危険度も高いですね。

1ヶ月検診が終われば新生児は外出OK

外出については1ヶ月検診が終わった時点で良いとされています。

そのため、新生児として生まれてからしばらくは自宅に中にいなければなりません。

産婦人科などの病院で出産後1ヶ月を目途に1ヶ月検診と呼ばれる赤ちゃんの成長とママの様子を確認するための検診があります。

そのときにOKをもらうことができれば、赤ちゃんと外出をしてもよくなります。

実はママも出産後は体に相当な負担がかかっている状態で、赤ちゃんを一緒のゆっくりと静養をするほうが良いです。

体調も不安定で疲労も溜まっていますので赤ちゃんと一緒に疲労回復に努めましょう。

新生児のオムツの選び方!紙おむつと布おむつはどちらが良い?

新生児期のオムツについても書いていきます。

まだ、身体も細くオムツもゆるい状態の赤ちゃんですが、実際にオムツを購入しようとなったら「紙おむつ?」「布おむつ?」と迷ってしまうこともあります。

布おむつはコストが最初に購入するお金だけです。

そのお金を払えばあとは洗濯をして繰り返し使うことができますが、その都度洗濯をして干して、アイロンをかけてと手間がかかります。

私は「紙おむつ」をおすすめしますね。

新生児におすすめは紙おむつ!便利で性能も良い

新生児期は「紙おむつ」がおすすめです。

昔は布おむつの方が通気性もよく、コストも抑えられるため重宝されていましたが今は紙おむつも企業努力によりかなり充実したものとなっています。

便利で機能も充実しているため、紙おむつで良いでしょう。

新生児期はおしっこをたくさんします。

一日に10枚くらいは必要となりますので、オムツを購入する費用は必要ですが手間を考えるとメリットも多いです。

紙おむつの種類は豊富ですが、肌に合わないオムツを使うと肌荒れなどもしますのでいろいろと試して使ってみましょう。

→ 紙おむつのおすすめと人気商品と選び方!ポイントはコスパ?

新生児はいつまで?特徴と乳幼児の違いのまとめ

新生児はいつまでや特徴についてかいてきました。

ママのお腹に10ヶ月間いた赤ちゃんが生まれ、外の世界に出てきた時間が新生児と呼ばれる時期になります。

その時期はママも出産という大きな場を超えてきたため、身体も精神も疲れているところに育児ということをしていかなければなりません。

一人で育てようと思うのではなく、パパや祖父母に頼ったり、わからないことがあれば検診で専門医へ相談したりして楽しく育児をできるようにしてくださいね。

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る