赤ちゃんの鼻水で病院受診の目安!受診先は小児科?耳鼻科?

赤ちゃんを育てていて、新生児から生後6ヶ月の時期まではママの免疫機能を引き継いでいるので風邪をひいたり病気になったりすることはありません。

しかし、免疫がなくなってくる6ヶ月の時期になると風邪をひいたり、咳をしたりいろいろなウィルスから身を守る必要があります。

そんな中でもママたちの悩みで多いのは赤ちゃんの「鼻水」です。

吸引をしてもいつまでもでてくるし、夜は鼻がつまって寝苦しそうにしているし可哀そう。

でも、鼻水程度で病院へいくのもな・・・なんて思うこともありますよね。

そんな鼻水ですが放っておくと非常に危険な病気といえますのでここでは赤ちゃんの鼻水について書いていきましょう。



赤ちゃんの鼻水は危険な理由

赤ちゃんの鼻水はとても危険です。

その理由はまだ生まれて間もない赤ちゃんなので、鼻の穴の機能も小さく未熟なため少しの刺激でも鼻水がでてきます。

大人ならば鼻水くらいで病院へ行くという人は少ないですが、赤ちゃんの場合は放っておくと思わぬ病気を招く可能性もありますし病気を引き起こす可能性もあります。

そのため、赤ちゃんが鼻水を出している場合には必要に応じて病院へ連れていくと良いでしょう。

たかが鼻水と思って甘く見ない方がよいです。

鼻水が出る原因

そんな危険性をはらんでいる鼻水ですが、そもそも赤ちゃんが鼻水を出す原因は一体何なのでしょうか?

これには2つの原因があると言われています。

1つ目はアレルギー反応による炎症です。

花粉やホコリ、ハウスダストなどが鼻に入りアレルギー反応を起こすことで鼻水が出ます。

2つ目はウイルス感染による鼻風邪です。

ウイルスによって鼻の粘膜が刺激されると、鼻づまりや鼻水が垂れるなどの症状が起こります。いわゆる急性鼻炎と呼ばれるものです。

子供の鼻の特徴

実は赤ちゃんの鼻の中の特徴があります。

それは狭いということです。

そのため、鼻と耳をつなぐ耳管が太く水平のため、ウイルスが入りやすい構造になっています。

また、子どもの鼻はちょっとした環境の変化で鼻水の分が増えますので部屋がホコリだらけだと鼻がのどなどへウィルスを運ばないようなフィルターとなることから鼻水はどんどんと出てくるでしょう。

特に赤ちゃんは敏感な時期なので鼻水がたくさんでてきてしまい最終的には病気になってしまうこともあります。

空気の乾燥、ホコリ、気温の変化などには十分注意をしておきたいところですね。

→ 感染症の種類と症状一覧!子供がかかりやすい病気と出席停止について

赤ちゃんの鼻水の種類

そんな赤ちゃんの鼻水ですが、実際に鼻水が出る場合にいつも同じような鼻水が出ることはありません。

水のような鼻水が出ることもあれば黄色い鼻水が出ることもあります。

実はこの鼻水で赤ちゃんの体調を判断することもできますのでしっかりとチェックをしておきたいですね。

鼻水の色はある意味体調のバロメーターといえますので病院へ行くのならば気を付けてチェックをしておきましょう。

透明でサラサラの水っぽい鼻水

水様性鼻水と言われ、主にアレルギーによる鼻水と風邪のひき始めにみられます。

赤ちゃんの鼻水でも一番多い種類ですね。

色の薄いねばり気のある鼻水

粘液性鼻水と言われ、透明から薄い黄色をした鼻水です。

鼻水が出始めてから数日経った頃や、慢性副鼻腔炎の疑いがある時にみられます。

色が濃くねばり気の強い鼻水

膿性鼻水と言われ、副鼻腔炎の症状の1つです。

粘液性鼻水と比べると色が濃く、ねばり気が強いことが特徴で、においがする場合もあり蓄膿に近い症状となります。

血の混じった鼻水

鼻の内部に傷があったり、炎症が起こっている可能性があります。

片方だけから血の混じった鼻水が出る場合は、鼻に異物が入っていることも多いですが、両方から血の混じった鼻水が出る場合は、進行性鼻壊疽(しんこうせいびかいそ)や悪性腫瘍など、重い病気の可能性もあります。

病院での診察をすぐに受けましょう。

赤ちゃんの時期に鼻血のような鼻水が出ることは稀ですし血が出ている時点でおかしいことになっているという証拠ですので病院へ受診をしましょう。

鼻水により起こる病気

鼻水から赤ちゃんの体調がよくわかります。

鼻水からそのまま風邪をひいたりすることもありますので十分注意をしたいところですね。

もちろん風を引いたり、時には赤ちゃんが辛い病気になることもありますので様子をみてしっかりと対応をするようにしましょう。

中耳炎

中耳炎は耳の病気です。

耳の鼓膜の奥にある中耳に鼻から菌がはいり、炎症を起こす病気となっています。

耳の痛みや不快感が強く、大人でも辛い病気ですし痛いです。

あまり放っておくと難聴などの病気になることもありますので注意をしましょう。

発熱があったり、耳を痛がったり、機嫌が悪い、耳から膿が出るというときには赤ちゃんの中耳炎の可能性がありますので病院へ受診をしましょう。

副鼻腔炎

鼻の奥にある副鼻腔という空洞が風邪のウィルスや細菌に感染をしてうみが溜まる病気です。

黄緑色の鼻水がずっとでている、鼻が詰まり鼻の穴がただれる、咳が出てタンがからむ、口で呼吸をしているなどの場合は病院へ受診をしましょう。

赤ちゃんの鼻水の病院へ行く目安

赤ちゃんの鼻水はここまで紹介をしたように気をつけなければならないポイントがたくさんあることをお分かりいただけたと思います。

あまりあまく見ていると大変なことになってしまう可能性もあるため様子をみてしっかりを気を付けてあげましょう。

しかし、ママもパパも育児に関しては素人なので病院へ行く見極めはとても難しいものなので以下のような症状がある場合には病院へ行くようにしましょう。

病院へいくべき症状

・発熱している

・咳が出て苦しそう

・鼻水が黄色か茶色、緑がかっていて、ドロッとしている

・鼻づまりがあり、眠れない

・鼻づまりのせいでおっぱいやミルクが飲めない

・目の充血や目やにがひどい

・鼻水が数日続いている

元気ならば問題がないのですが、鼻詰まりが原因となってミルクが飲めない、眠れないというのはとても可哀そうなのですぐに病院を受診してあげましょう。

小児科と耳鼻科に迷うとき

小児科と耳鼻科のどちらへ行けばよいのか迷うこともあるでしょう。

そんなときには以下のポイントに注目をして病院を選んであげてください。

耳鼻科の症状

・鼻水や鼻づまりだけ

・耳をあきらかに痛がっているとき

・耳だれをしたり、うみが出ているとき

・小児科を受診しても鼻水が止まらないとき

小児科の症状

・激しい咳が出ており、痰が絡んでいるとき

・熱や下痢など鼻以外の症状が出ているとき

・機嫌が悪く、耳が痛いのか判断できないとき

赤ちゃんの鼻水のまとめ

赤ちゃんの鼻水について書いてきました。

子育てをしているママとパパの中で悩みの多い症状といえますね。

もちろんすぐに止まってくれればよいのですが、なかなか止まらずいつまでも鼻水が出ています。

何もなければよいのですが、時には病気を引き起こしたり、あとから取り返しのつかないことにもなりかねませんのでしっかりと対等をするようにしましょうね。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る