赤ちゃんの歯磨きはいつから?ガーゼの使い方と嫌がるときの対処法

赤ちゃんの歯磨きはいつからすべきでしょうか?

歯が生え始めたころなんていわれていますが、歯ブラシを使うのもどうすべきか迷ってしまいますね。

しかし、何もしないのではなく、ケアをしておかなければ虫歯などの原因にもなってしまうので難しいところです。

この記事では赤ちゃんの歯磨きについて書いています。

記事を読み終えることで赤ちゃんの歯磨きはいつから、やり方や嫌がる時の対処法がわかります。



赤ちゃんの歯磨きはいつから?ガーゼの使い方と嫌がるときの対処法

赤ちゃんの歯磨きはいつからでしょうか?

赤ちゃんの歯が生え始めるのは、生後6ヶ月~9か月くらいで、真ん中の2本、その後に前の2本が生えてきます。

少しずつ生える歯が増えていき、2歳になった時点で合計20本の歯が生えそろいます。

歯磨きの目安としては、生後6ヶ月の歯が生え始めたころです。

歯が出てきたころにはしっかりとケアをすることが大事ですが、歯の生え始めの前でも口のケアは大事です。

とてもが敏感で嫌がることもありますが、ガーゼでケアをしてあげましょう。

赤ちゃんの歯ブラシデビューはいつ?【乳歯が生え始めた時期】

赤ちゃんの歯ブラシデビューは歯が生え始めた時期です。

目安としては先ほど書いたように生後6ヶ月からが目安となっていますね。

まずは歯をガーゼできれいに拭く習慣ともち、慣れてきたら歯ブラシを使うというイメージです。

中には嫌がる赤ちゃんもいますので、無理をせずに慣れさせていきましょう。

→ 赤ちゃんの指差しはいつから?意味と種類 しない原因と4つの対処法

赤ちゃんの歯磨きの時間と回数は?どれくらいのペースでするの?

赤ちゃんの歯磨きの時間や回数について書いていきます。

生後6ヶ月ごろを目安にしていく歯磨きですが、時間や回数は気になるものです。

そんなときには以下の3つのポイントを意識してください。

毎食後にする【歯磨き粉はどうする?】

歯磨きは毎食後にしましょう。

生後6ヶ月だと、離乳食が始まっている時期です。

そのため、食べたら歯磨きをするという習慣をつけていきましょう。

2回になったら、2回ですね。

慣れていくにつれて歯磨きをしていく回数も増えますが、赤ちゃんの歯のためにも最初は適度にケアをしてあげましょう。

歯磨き粉は特に必要ありませんので、水につけて磨けば十分です。

1本の歯につき5秒が目安

歯を磨く時間は1本あたり5秒くらいを目安にしましょう。

たくさん磨く必要もありませんし、ごしごし強い力で磨く必要もありません。

5秒くらいを目安に磨いてあげてください。

うがいはお茶を飲ませてすすぎをしよう

うがいをさせるのはとても難しい時期です。

そのため、最初はうがいをせずに、お茶を飲ませましょう

お茶には殺菌作用もあるためですが、お白湯でも問題ないです。

お菓子を食べた時間などは、最後にお茶を飲ませるだけで構いません。

赤ちゃんの歯磨きはガーゼから?いつからすべき?【動画付き】

次に赤ちゃんの歯磨きの方法です。

やり方はとても簡単ですので、ケアをしっかりとしてあげてください。

こちらの動画がすごく参考になります。

乳歯の生え始めはガーゼで歯磨き

赤ちゃんの歯の生え始めは、ガーゼで十分です。

歯をきれいに拭いてあげるイメージで優しくしてあげましょう。

歯をきれいに拭くことができれば、あとはお茶を飲ませて最初のステップが完了です。

ガーゼに慣れたら歯ブラシをする

次にガーゼに慣れたら歯ブラシに移行をしていきます。

赤ちゃん専用の歯ブラシがあるので、それを使って歯をみがきましょう。

強く磨くと血が出たりすることもありますので、優しくしてあげてください。

仕上げ磨きは手早くしよう

中には自分で持ちたがる赤ちゃんもでてきます。

生後9か月くらいになると、やりたい気持ちがあるので、きちんと見守ってさせましょう。

最後に仕上げ磨きは大事なので、ママがチェックをしてさっと仕上げをしてあげてください。

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時の対処法5選【習慣づけが大事】

赤ちゃんの歯磨きですが、すごく嫌がる赤ちゃんもいます。

口の中は敏感なので、触れれる、異物が入ることを嫌がることがあるんです。

そんなときの対処法について書いています。

1.楽しいことをすると声をかける【ママも笑顔で】

楽しいことをすると声をかけてみましょう

「○○ちゃん歯ブラシしよっか」と声をかけて、歯ブラシの歌を歌ったりしてみると良いです。

歯ブラシを嫌がったらすぐにやめることも大事。

無理をせずに楽しいことことをする、ママもうれしいという気持ちをしましょう。

2.好きなキャラクターやおもちゃと一緒にする

好きなキャラクターやおもちゃと一緒にやってみましょう。

例えば、アンパンマンが好きならば、アンパンマンの歯ブラシを買って歯を磨く、アンパンマンのぬいぐるみが話しかけるなどしてみて下さい。

好きなキャラクターだと意外としてくれます。

ただし、スマホなどを見せながらするのは癖になるのでやめておきましょう。

3.機嫌が良い時に歯ブラシをする【眠たい時は避ける】

眠たい時、寝る寸前い歯磨きは避けておきましょう。

機嫌が悪い時に暴れると危険ですし、歯ブラシをすること自体がイヤになってしまいます。

もし、寝そうになっているのならばお茶を飲ませれば問題もありません。

機嫌が良い時、しっかりと起きているときに歯ブラシをしてあげましょう。

4.歯ブラシの絵本を読んでからする

歯ブラシの絵本があります。

その絵本を読んであげると赤ちゃんもうれしいですし、歯をきれいに磨くこともできます。

絵本を読んでから「歯ブラシしよっか」と声をかけると、赤ちゃんもうれしくなってやってくれます。

5.イヤな時は諦めて他の時にする

歯磨きをしたいと思っていても、赤ちゃんが嫌がる時があります。

そんなときは「あきらめ」ましょう

無理をして歯磨きをしても余計に嫌がりますし、今後もできなくなってしまう可能性があります。

イヤな時はムリをせず、あきらめも肝心です。

機嫌が良い時にチャレンジをしてください。

→ 哺乳瓶を嫌がる飲まない赤ちゃんの対処法!保育園で拒否する時の対策

赤ちゃんの歯ブラシの選び方とは?おすすめ商品を紹介

次に赤ちゃんの歯ブラシの選び方を紹介していきます。

たくさんの歯ブラシが販売をされていますが、どれを選らばよいものか迷ってしまいますよね。

そんなときには以下のポイントを意識してみて下さい。

月齢にあった商品を選ぶこと

赤ちゃん専用の歯ブラシにはいろいろな形や大きさ、形状というものがあります。

もちろん、月齢によっても最適なものが変わってきますので、選ぶのは難しいですね。

そんなときには「対象の月齢」をみて購入をすることをおすすめします。

例えば、赤ちゃんが歯ブラシを持つこと自体が難しいこともあるでしょう。

そんなときにはママとパパの指にはめるタイプの歯ブラシを購入してください。

自分で持ちたがるようになったら、柄が短く、自分で喉まで付けないような危険の少ないタイプにするとよいでしょう。

持ちたがる時期は1歳前後となりますが、赤ちゃんによっても様々ですのでその都度購入をしてあげてください。

ヘッドが小さく短い危険の少ない【毛先が柔らかい】

あとはヘッドの小さなものを選びましょう。

ヘッドが大きいと赤ちゃんが口に入りません。

小回りもききませんので、小さめのものを選びましょう。

また、赤ちゃんの口の中はデリケートですので、毛先は柔らかいものを選びましょう。

赤ちゃんにおすすめの歯ブラシ2選

次のに赤ちゃんにおすすめの歯ブラシを2つ紹介します。

購入をする際の参考にしてください。

成長に合わせた安心設計 ピジョン 乳歯ブラシセット

【メール便発送送料無料】Pigeon ピジョン 親子で乳歯ケア 乳歯ブラシセット

3つの成長に合わせた歯ブラシがセットになっている商品です。

幅広い年齢に対応をしており、それぞれの月齢の赤ちゃんが握りやすい点も魅力。

もちろん喉をつかないように、防止のカバーもついていますので便利ですね。

日々成長をする赤ちゃんのために考えられている商品です。

まがる安全ハンドル ライオン クリニカKid’s ハブラシ

クリニカKid’s キッズ ハブラシ0−2才用 【1本】(ライオン)【オーラルケア/口中ケア/歯ブラシ】

こちらのクリニカKidsハブラシは、小児科医師との共同開発で生まれた歯ブラシです。

ハンドル部分や毛先の柔らさにこだわっており、丸みのある持ち手も最適です。

かわいいベビーミッキーもついていますので赤ちゃんがうれしいですね。

赤ちゃんの歯磨きは6ヶ月から!嫌がる時はムリしない

赤ちゃんの歯磨きについて書いてきました。

赤ちゃんの成長に合わせて歯もどんどんと大きくなっていきます。

歯の生え始めの生後6ヶ月の時期からはきれいにケアをしてあげることがとても大事ですね。

もちろん、いやがったり、時には泣き叫ぶこともあります。

そんなときには無理をせず、お茶で対処をし、機嫌が良い時に飲ませてあげればよいですね。

赤ちゃんが嫌がる時に無理をしても意味がありませんし、余計に嫌がるようになってしまいますので、気をつけましょう。

人気記事 → ウォーターサーバーは赤ちゃんにおすすめ!子育て世代に人気の3商品

人気記事 → こどもちゃれんじの口コミ評判はどうなの?入会退会と料金と紹介制度

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る