新生児が吐き戻しする原因と対策とは?大量に噴水みたいな嘔吐は危険

新生児の赤ちゃんが吐き戻しをすることがあります。

口の中からミルクを吐くことを、吐き戻しというのですが赤ちゃんが急に口から出していたら驚きますよね。

まだまだ、胃もミルクを飲む力も未熟な赤ちゃんには当たり前のように起こりますが、嘔吐と違うのかをよく見なければなりませんので注意も必要です。

この記事では新生児の吐き戻しについて書いています。

記事を読むことで吐き戻しの原因、嘔吐との違い、注意をすべきポイントがわかります。



新生児が吐き戻しする原因と対策とは?大量に噴水みたいな嘔吐は危険

新生児が吐き戻しをする原因は色々とあります。

特にはじめての赤ちゃんだと、せっかく飲んだミルクを口から戻してしまうことがあります。

時には噴水のように大量に戻してしまうこともありますので、気をつけたいところですね。

もちろん少量の時もあるのですが、時には大量に戻してしまうこともあります。

新生児の吐き戻しはいつまで続くのか?

吐き戻しは赤ちゃんが成長をしていく過程でおちついてきます。

これは赤ちゃんによっても異なるのですが、生後3か月をめどに落ち着いてくると言われています。

徐々に吐き戻しは落ち着いてくるのですが、油断は禁物ですよ。

赤ちゃんが吐き戻しをする2つの理由【溢乳と嘔吐】

赤ちゃんが吐き戻しをする理由には2つあります。

1つ目は溢乳(いつにゅう)という吐き方。

2つ目は嘔吐(おうと)です。

このいずれも赤ちゃんが吐くことですが、大きな違いがあります。

特に嘔吐は病気の疑いもあるため、注意をしなければなりません。

溢乳(いつにゅう)と嘔吐が吐き戻しの違い【鼻からも】

吐き戻しや溢乳は、授乳直後に吐くことです。

それに対して、嘔吐は一度胃(内蔵)の中へ送られたものを吐き出すことを指しています。

見た目では判断が難しいですが、溢乳や吐き戻しの場合は授乳をしたミルクそのものが吐き出されます。

嘔吐もよく似たような感じになりますが、胃液が混ざって戻されることや消化途中のヨーグルトのような形で戻されることもあります。

新生児の吐き戻しの原因4選と危険なサイン

そんな赤ちゃんの吐き戻しですが、原因があります。

主に4つがあげられますので、紹介をしていきましょう。

1.ミルクを飲んだあとのゲップが不足している

最初に考えられるのがゲップの不足です。

新生児はミルクを飲むときに空気を飲んでしまうことがあります。

まだ、ミルクを飲むことに慣れておらず上手に飲めない時期なので、ゲップをしっかりと出させることが大事です。

そのため、授乳後にしっかりとゲップをさせなければ、吐き戻しをしてしまうことが多いです。

また、母乳ではなくミルクを飲んでいる際には乳首の形やサイズが赤ちゃんの口に合わなかったり、飲み終わった後も吸い続けると空気を飲んでしまいがちです。

→ 新生児のゲップの出し方3選!全然出ないときのコツと抱き方と態勢

2.新生児がミルクを飲みすぎている

次に吐き戻しが考えられるのは「ミルクを飲みすぎている」ことです。

ゲップをしたけれども、吐き戻しをしてしまうこともあります。

ミルクを必要以上に飲みすぎてしまっていることです。

母乳は飲みたいだけ飲ませても良いという考えなので、泣いたり、飲んだ後も欲しがったりすることがあります。

ぐずったりすると「母乳が足りないのでは?」と感じることもあり、咥えさせるとそのまま飲み続けることが当たり前のように起こります。

粉ミルクの場合も適正な量よりも飲みすぎると、吐き戻しの原因となってしまいますので注意が必要です。

→ 新生児と赤ちゃんのミルクの量は?月齢別の目安量と判断のポイント

3.赤ちゃんの胃が未熟である

赤ちゃんの胃が未熟であるための吐き戻しをしてしまうことがあります。

これは胃の中で逆流を起こしているためと考えられます。

自然に飲めるようになるまで時間がかかってしまいますが、飲んだものをすべて吐き戻してしまう。

全くミルクを飲めないというときには、栄養不良の恐れもありますので医療機関にみてもらいましょう。

4.胃食道逆流の可能性【GERD】

ミルクを飲みすぎているわけではないのに、吐くという場合もあります。

胃食道逆流は赤ちゃんの頃は胃と食道のつなぎ目にある逆流防止の弁の機能がまだ弱く、逆流したものが口から出ることとです。

実はこの胃食道逆流は健康な赤ちゃんにも起こりうる生理的な現象です。

成長に伴い治まっていくことがほとんどですが、吐き戻しをする場合には胃食道逆流(GERD)という病気の可能性があります。

※生後4ヶ月の乳児の67%に見られるというデータもあります。

(参考:慶應義塾大学病院 KOMPAS「胃食道逆流症(GERD)」)

新生児が吐き戻しをする危険なサイン【大量・噴水は要注意】

・体重が増えない、増え方が悪い。

・今までなかったのに急に大量に噴水のように吐く。

・授乳後の呼吸がおかしい。

・不機嫌や飲みが悪い、顔色が悪いなど気になる様子が見られるとき。

・発熱や下痢、血便などの症状を伴うとき。

このような症状で吐き戻しをしているときは原因を見極めておきましょう。

気になる時は一度病院へ受診をしてみると良いですね。

大量に吐き戻した時の対処法

赤ちゃんが大量に吐き戻してしまったときは2つの方法があります。

急に戻しているので、水分不足などの可能性もありますが、飲ませると吐き戻す可能性がありますので注意も必要です。

対処の方法は2つで、

赤ちゃんの様子を見守る:15分くらいはミルクを飲まさず様子をみて問題がなければ少しずつ飲ませましょう。

体温を測定し、他の症状がないかを確認:他の症状がないのかを確認し、医療機関への受診を検討する。

大量に吐き戻した時は。要注意です。

赤ちゃんの様子をよくみておきましょう。

新生児が吐き戻しをするときの対策とは?【授乳中と授乳後別】

新生児が吐き戻しをすることは、どんな赤ちゃんでもあり得ます。

溢乳などの少量のミルクの吐き戻しは可能性としてありますので、注意をしなければならないこともありますね。

対処の方法は授乳中と授乳後によって異なりますので、気をつけなければなりません。

新生児の吐き戻しの対策【授乳中】

新生児が吐き戻すことがある時に授乳中に気を付けることがあります。

・授乳をする量を調節しながら飲ませる。

・授乳の途中でもゲップを出させる。

・授乳時はたまに縦抱きにして様子を見る。

一気に飲ませると、急にミルクが胃にはいってしまうため驚きます。

それを避けるために少しずつ飲ませるようにしましょう。

あとは、授乳中に一旦休憩を入れて縦抱きをしてゲップを促してみるのも1つの方法です。

授乳後は窒息しない吐き戻し対策

次に授乳後のミルクの吐き戻し対策です。

授乳をしたあとは、体の中にミルクが入っている状態です。

そのため、授乳中よりも吐き戻しがないように気をつけなければなりません。

授乳後の対策として、

・授乳後はタオルなどを使って、頭の位置を少し高くしておく。

・右を下にして寝かせておく。

また、吐き戻しをすると布団も汚れてしまうため、口元にガーゼを置いたりして汚れないようにしているママ達もいます。

タオルが口にかかると危険ですので、様子は必ずみておきましょう。

新生児が吐き戻しをするときは様子をチェック!嘔吐は病院も考えよう

新生児が吐き戻しをすることはあります。

少しだけ戻すことは胃が未熟であるため起こりますが、大量に噴水のように吐くときは注意が必要です。

機嫌がよく体重も増えていれば良いのですが、飲んでもいつも吐いてしまう、吐いたミルクの匂いがおかしいなど気をつけなければならないポイントもあります。

吐き戻しの時は「冷静な対処」が必要です。

焦らず様子をみて、おかしいなと感じたら病院受診も検討しましょう。

人気記事 → ウォーターサーバーは赤ちゃんにおすすめ!子育て世代に人気の3商品

人気記事 → ミキハウスの幼児教室は体験がおすすめ!特徴と月謝と口コミ評判

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る