赤ちゃんの体温の測り方と平熱について!どこで測るのが良いの?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。


スポンサードリンク

体温が高い赤ちゃんの平熱

大人よりも赤ちゃんは体温が高いなんて言われることもありますね。

たしかに、赤ちゃんを抱っこしてみると温かさに驚かされることも多く、寒い時期にはずっと抱っこをしておきたいなんて思うこともあります。

また、眠たい時はもっと温かくなるので「熱が出ているのかな?」なんて不安になることもありますね。

そんな赤ちゃんの平熱や、嫌がるときの体温の測り方のコツについて書いていきましょう。

平熱は個人差が大きい

まず、平熱というのは個人差がとても大きいもの。

大人でも平熱が35℃代だと、37℃の熱が出ると結構体がダルくなってしまい風邪のような症状でしんどくなってしまうこともありますが、平熱が36.5℃くらいの人だと37℃くらいでは特に変わったことはないですよね。

これは赤ちゃんでも同じことが言えますので個人差は最初に理解をしておきましょう。

赤ちゃんの平熱

では、赤ちゃんの平熱について書いていきますが、1歳くらいまでは36.5~37.5度くらいが平均です。

ただし、赤ちゃんも大人同様に個人差がありますので、36.5度に近い赤ちゃんもいれば、37.5度よりの熱になる子供もいますね。

そのため、赤ちゃんの平熱を把握するうえで大事なことは「あなたの赤ちゃんは何度なのか?」ということです。

ママが「うちの子は平熱が高め」と理解をしていれば、体温を測ったときの熱の差で体調が悪いのか?平常通りなのかということが簡単にわかりますね。

平熱の見分け方

でも、生まれたばかりではなかなか平熱はわかりませんよね。

そんなときには赤ちゃんの熱を同じ時間に測るようにして記録をとっておきましょう。

その平均を計算してみると大体の赤ちゃんの平熱を把握することができるようになりますので次に赤ちゃんの体温をはかるタイミングと回数について書いていきますので参考にしてください。

タイミングと回数について

熱を測るタイミングとしては「朝起きたとき」など一番変動がしにくい時間に赤ちゃんの熱を測る習慣を付けておくと良いです。

お昼や夜でも構わないのですが、食事をしたり、お風呂上りだと赤ちゃんは冷暖房の影響も受けやすいので一定に熱がなりませんので朝起きたときが一番平熱を把握しやすいですしね。

しかし、一回だけだダメですので一日4回くらいを目安にすると平熱も把握しやすいです。

4回は「起床時」「午前中」「午後」「夜」のタイミングになりますがついつい忘れてしまいそうなので、タイミングを決めましょう。

起床時はそのままですが、午前中は11時、午後は15時、夜は20時のお風呂の前などタイミングを決めておくとよいです。

ダメなタイミング

ただし、タイミングを間違えると平熱がきちんと測れないなんてことになりますので以下に熱をはかるタイミングとして間違っているタイミングがあります。

それは「食後」と「眠たい時」です。

この2つのタイミングは体温が上がっているタイミングとなりますのであまりおすすめはしません。

できれば食前、元気に起きているときの方が変動も少なくてよいでしょう。

→ 感染症の種類と症状一覧!子供がかかりやすい病気と出席停止について

新生児期の赤ちゃんの平熱は高い?

しかし、大人と比較をすると赤ちゃんの方が体温が高いといわれることが多いですが平熱が先ほども書いたように36.5~37.5度となっていますね。

そんな赤ちゃんが新生児でも同じなのですが新生児期は特に体温調節がうまくいかないといわれていることから外の影響で体温が変化しやすい特徴をもっています。

大人が寒ければ走ったり、動いたりすれば体温が上がることもありますが赤ちゃんの場合は運動をするということはできません。

そのため、「褐色脂肪」という胎児期からある脂肪を分解することで熱を補っており、1歳くらいまでこれは続きますので新生児期に限らず1歳までの赤ちゃんは抱っこをすると高いと感じることがあります。

成長とともに汗をかいたり、体を動かせるようになることから体温は徐々に安定をしてきますね。

赤ちゃんは体温調節ができない

とくに新生児期の赤ちゃんは体温調節がうまくできないといわれています。

本来は体温調節をうまくコントロールしていくために自律神経の「体温調節中枢」という部分が働くのですが、赤ちゃんの場合はその神経が未発達な状態となっています。

また、赤ちゃんは体も小さいことから気温や環境の影響を受けやすく、外気温が高ければ体温が上がりますし、寒ければ体温は下がったりと外の気候にも左右をされます。

そのため、新生児期からしばらくは衣服や室内の気温を大人がこまめに調節をしてあげなければなりませんね。

いつから体温調節できるの?

では、赤ちゃんはいつから体温を調節できるのでしょうか?

これは体をしっかりと動かせる時期である8ヶ月ごろからだといわれています。

この時期になるとハイハイをして動くようになることから少しずつできるようになりますが、自律神経の「体温調節中枢」がまだまだ未発達となりますので2歳になるまでは暑い、寒いといった環境の場合には大人が配慮をしてあげましょう。

この時期の赤ちゃんから子供は自分で「暑い・寒い」ということを伝えることはできません。

そのため、大人が配慮をしなければとても体が冷えていたり、逆にものすごく熱が体にこもっていたりすることにもつながりますので大人が気を配ることが大事ですね。

赤ちゃんの体温の調節方法

環境や気温に左右をされるのが赤ちゃんの体温ですが、調節する方法についても書いておきましょう。

方法は以下に書いておきます。

・衣服で調節

・水分で調節

・気温をコントロールする

この3つになりますね。

気温は適温に室内をしておけば問題がありませんので、暑いならクーラーや扇風機を、冬ならばエアコンやストーブをつかって調節をしましょう。

衣服は暑いならば1枚脱がせたり、寒いならば1枚羽織らせたり毛布やブランケットをかけたりしてみるとすぐに変わってきます。

また、暑い夏だけは熱中症になると怖いのでお白湯やお茶を多めに飲ませたり、ミルクを飲ませたりして水分補給をして体温を調節してあげると良いですね。

赤ちゃんの体温の測り

では、次の赤ちゃんの体温の測り方について書いていきましょう。

実は保育士のころからよく相談をされていたのですが、赤ちゃんが動いたり、泣いて嫌がるのでなかなか体温を測れないという声をもらっていました。

そこで上手に赤ちゃんの熱を測るコツも含めて書いていこうと思います。

あとは、私も娘の時にたくさん購入をしたおすすめの体温計もご紹介します。

実は娘の時に耳式、非接触式などいろいろな体温計を購入したのですが結局あとから購入した1つの体温計だけをずっと使っていますので失敗談も含めて参考にしてください。

体温の測り方

体温の測り方はいろいろな場所があります。

一番スタンダードな方法はワキですが、ほかにも耳と首がありますので順番に紹介をしていきましょう。

脇の測り方

脇は一番定番の方法で大人も脇で熱を測る人がおおいでしょう。

もちろん体温計は脇専用のものを使うと一番確実に測ることができますので一番おすすめです。

体温の測り方は以下に書いています。

1,ワキのくぼみの中央に体温計の先端をあてます。

2,体温計が上半身に対し30度くらいの角度になるようにしてワキをしっかり閉じます。

※この際にワキをぎゅっと締めずに優しく閉じてあげてください。寝ている際にもそっと添えるだけでも十分です。

3,そのまま動かさないようにします。

※予測式体温計なら電子音が鳴るまで待ちます。

※水銀体温計ならば10分以上たってから取り出します。

水銀の体温計は一番確実な体温がわかるといわれていますし、今でも保育園で発熱がある子供の熱は水銀の体温計で測ってからお迎えを依頼する保育園もあるほど信頼性は高いです。

耳の測り方

耳の測り方も簡単です。

耳の穴に「耳専用の体温計」を入れるだけで測ることができますがその際に大事なことは奥まで入れすぎないことです。

そっと添える程度にしてあげると良いでしょう。

ただし、泣いたり、暴れたりするときは危険ですので耳の体温計はあまり使わない方がよいでしょう。

首の測り方

次に赤ちゃんの熱の測り方でおすすめは首です。

私もこれは保育園の看護師の先生から教えてもらったのですが、ワキで測っても首で測っても体温は同じだったので正直驚きました。

赤ちゃんが寝ているとき、衣服をたくさん着ていて脱がすのが大変なとき、ワキで熱を測れるのを嫌がるときには使ってみてください。

予測式体温計の先端の部分をななめにして赤ちゃんの首にそって当ててみてください。

もし、首にしわがあるのならばそこに差し込めば問題はないでしょう。

前が難しい場合には首の後ろでも同様に熱を測ることができますので寝ているときにはおすすめの方法です。

体温計の選び方

次のおすすめ体温計も紹介をしていきましょう。

私も娘が生まれたときにいろいろな体温計を購入したのですが、体温計によってはものすごく不安定な体温計が1回目に測ってみると38.0度で驚いたのに、次に測ってみると36.8度とかものすごく差があるものもあります。

体温計の選び方としてはできるだけ確実性が高く、正確で早く測れるものが重要となりますのでうまく使っていきましょう。

体温計購入の失敗談

これは私も経験上ですが、耳、おでこで2秒などの短時間で測れる体温計などはおすすめしません

たしかにその場で知りたい程度ならばよいのですが「早く測れる=正確性に欠ける」というのは数ある体温計を使ってきた感想です。

個人的には最低でも20秒以上ははかれる体温計の方が確実性が高いですし、新生児のことから使っていれば多少時間がかかったとしても赤ちゃんが体温計を嫌がるということも少なくなるのはおすすめです。

私は娘が熱を測るのを嫌がるため耳の体温計で2秒で測れるものを購入したのですが、あまりにも不正確であったためすぐに使わなくなった経験がありますので最初から確実に測れるものを選びましょう。

では、おすすめの体温計を紹介していきます。

テルモ病院用 電子体温計


この体温計は私も保育園で使っていましたがとにかく正確なのでおすすめです。

テルモは医療関係の会社で、体温計から薬など多くのものを作っている会社なので信頼性も高いです。

予測検温時間は平均約30秒と多少は時間がかかりますが、確実性が高いという点でテルモの体温計はぜひ使ってください。

難点は電池交換ができないため10000回の使いきりになってしまう点ですが・・・。

これを持っておけば他の体温計は必要ないというくらい安全性と正確性は高いです。

オムロン 電子体温計けんおんくん


次はオムロンのこちらの体温計です。

検温をした数字が大きなまま表示をされるのでみやすいというのはもちろんなのですが、約20秒という早い時間で熱を測れることもおすすめの理由です。

オムロンは大手の電気機器のメーカーですので信頼性は高いです。

→ ワンオペとは?育児に疲れたときの対処法7選

赤ちゃんは何度で病院へ行くの?

実はこれはものすごく難しいのが正直なところです。

熱だけで判断をすると、先ほども書いているように赤ちゃんはちょっとした環境や室温で体温が変動をすることになりますのでわからないですね。

例えば、熱が39.0度あると思っても室内で暖房をたくさんつけて、厚着をしていれば体温は高くなって当たり前です。

そのため、できれば機嫌や普段との様子との比較などで判断をしましょう。

病院受診の基準

例えば、熱があったとしても機嫌よく遊んでいたり、食欲もあるのならば今だけ熱が上がっているだけの可能性もあります。

それに対して平熱なのにものすごく機嫌が悪い、ぐったりしているというときもあるので、赤ちゃんに限らず子供の熱というのはあまりアテになりません。

そのため、熱だけで判断をするのは間違いなので以下のような症状がある場合には病院への受診を検討して、普段赤ちゃんを見ているママが判断をしてください。

病院へ行ってはダメいうことはありませんので迷うならば念のため受診をすることをしておくと安心できますし「何もなく大丈夫」という言葉を病院の先生から聞けるとものすごく安心ができますよね。

・明らかに高い発熱

・生後5か月以下の児の発熱

・咳が続く

・痙攣

・嘔吐

・意識障害

・呼吸困難

・いつもと違って明らかにおかしい時

・ぐったりしている など

特に「いつもと違っておかしい」というときは育てているママとパパにしかわからないことなのですが「おかしい」と思ったらすぐに受診をしましょう。

赤ちゃんの体温のまとめ

赤ちゃんの体温や平熱について書いてきました。

赤ちゃんの平熱や体温をしっておくというのはとても大切なことです。

普段から見ているママはもちろんなのですが、保育士さんの多くは担任の子供の平熱ってだいたい把握しているんですよね。

基本の熱からの変化をみてあきらかにおかしいという判断ができますし、「今日は熱が高めだからお風呂はやめておこう」という判断もできますのでここの情報を参考に赤ちゃんの体温を測って平熱をしっておきましょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

スポンサードリンク

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る