赤ちゃんの歯磨きはいつから?やり方と嫌がるときに対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

デビューはいつ?タイミングや回数がわからない赤ちゃんの歯磨き

赤ちゃんの歯磨きをするとなった際にいつどのくらいの回数をすればよいものか迷ってしまうこともあります。

そもそも赤ちゃんが生まれていつから歯磨きを始めればよいのか迷ってしまうことも多いですよね。

たしかに保育園では歯磨きを始める年齢はバラバラ。

保育園の考えによるのですが、乳児(0歳児~2歳児)までは一切せず年少から開始をするという保育園もあれば一切歯磨きをしないなんて保育園もあります。

もちろん保育園ならばそれでも良いのかもしれないのですが、自宅で歯を磨くとなるとそんな簡単なものではありませんので赤ちゃんの歯磨きの開始時期について書いていきましょう。

歯の成長は重要

人間にとって「歯」は命です。

その理由としては、物を食べるために歯はが必要ですし、会話をするときも歯がないとうまく話せません。

また人とあって話をしたりするときに歯が汚かったりすると印象もよくありません。

そんな風に歯は何度も生え変わるわけではないので一生大切にしていかなければならないものなのです。

しかし、子供は自分で歯を守るということはできないため最初はママやパパの親がしっかりと守ってあげる必要がありますので歯磨きを始めるタイミングはとても重要です。

歯磨きはいつから?

そんな歯磨きですがいつからすべきなのでしょうか?

これについては「歯が生え始めたタイミング」というのが正しいタイミングとなっています。

赤ちゃんの歯の生え始めはもちろん個人差はあるのですが6ヶ月~1歳くらい歯の生え始める時期だと言われています。

しかし、いきなり歯が生えてくるわけではなく前歯が少し生えてくる程度で徐々にいろいろなところから歯が生えてきます。

最初は口に中に何かをいれる。

つまり、異物を入れることとなるためママがガーゼや綿棒などで歯に触れて歯を拭いてあげるという動きから開始をしていくことになりますね。

慣れてきたらブラシではなくゴム状の柔らかい歯ブラシがあるのでそれで歯を磨く練習をしていきましょう。

歯磨きのやり方

本当に知らない人はいきなり歯を歯ブラシで磨き、赤ちゃんの歯茎から血が出たなんて話を聞いたこともあるのですがそれは避けてあげるためにも準備とやり方というものがありますので紹介をしていきましょう。

赤ちゃんにするということはすべてが初体験ということになります。

そのためいきなりするのではなく少し様子をみて進めていってあげましょう。

特に赤ちゃんの口や舌というのはとてもデリケートな部分となるため余計に気を遣うようにしておきたいものですね。

そのため、最初の歯磨きは順番に取り組んでいくと良いでしょう。

1,顔や口の周りに優しく触れて「気持ちよい」と思わせる。

2,慣れたら口の中はしっかりと消毒をした指で口の中を触れる。

3,ガーゼで口の中や歯、下を拭く。

4,親や兄弟などが歯ブラシをしているのを見せて興味を持たせる。

口の中はとてもデリケートで敏感な部分となるためいきなり始めないことがコツです。

不快にさせないことがポイント

最初に不快に思わせると嫌がることも多いので、ポイントとしては「楽しい」「気持ちよい」ということを感じさせてあげることが重要です。

私は自分の長女でいきなり口の中へ指を入れて泣かれた経験があり、しばらくすると近寄るだけで泣かれるようになってしまいました。

その経験を活かして次女では丁寧にゆっくりと歯をきれいにするようにしたので遊び感覚で初めて行くと良いですね。

月齢別の歯磨きの方法

歯磨きをしていくためには赤ちゃんが嫌がらないことが大事なのですが、月齢は歯の生え始めによってもことなりますので、次に月齢別の歯磨きの方法について書いていきましょう。

もちろん個人差がありますので参考程度にしてくださいね。

歯の生え始め

赤ちゃんの歯というのはおもしろいものでいきなり生えてくるものではありません。

しかし、歯が生え始める兆候というものはありよだれが急に出てきたり、何でも口に入れて噛みだすと今まで何もなかった口の中に歯が生えてくるという気持ち悪さがあることから歯の生え始めのサインだといわれていますね。

この時期は個人差があるのですが、0ヶ月~6ヶ月ごろで遅い赤ちゃんでも1歳になるころには生えてくるといわれています。

歯の生え始めに時期には口の周りや口の中に指をいれたり、触られたりすることに慣れさせることがなので「慣れさせる」ということをポイントに進めていきましょう。

生え始めのケアのポイント

この時期は特にデリケートなので慣れさせるということから始めていきましょう。

・唇に触れられることに慣れさせる。

・ミルクや母乳でも口の中にはカスが溜まったりするものなので丁寧に取り除いてあげてましょう。

・口の中はガーゼでふき取ってあげましょう。

こんな風に口の中をきれいにする、口の周りや口の中を触られることを嫌がらないようにするという点を意識してみると良いでしょう。

下の歯が生えだした時期

次は下の歯が生えだしてくることになります。

これは歯の生え始めから少し経過をした時期で6ヶ月~1歳くらいが目安となってくる時期となります。

下の歯が生えだしてきたらガーゼから歯ブラシに移行をしていく時期だといわれていますので歯をきれいに手入れをしていくことを意識していくと良いですね。

下の歯が生えだした時期のケア

この時期も上記の時期同様に歯のケアをしていきましょう。

・ガーゼや乳児用の歯ブラシを使って歯をふき取りましょう。

・離乳食も始まってくる時期なので食べ物のカスが残りやすいですので、飲み物を飲ませて食べカスを流しましょう。

・赤ちゃんが自分でカミカミできる歯ブラシを渡すのもありです。

下の歯が生えだす時期は離乳食も開始の時期となりますので、口の中の食べかすをきれいにするというのはとても大事です。

そのためにも食べたら口の中をきれいにするというのを意識しましょう。

おすすめは殺菌作用があるお茶です。

保育園では歯磨きをしない代わりに食後には必ずお茶を飲ませるようにしている保育園もありますので自宅でも飲ませてみてはいかがでしょうか?

前歯が2本は生えてくる時期

1歳の前くらいになってくると上下の前歯が2本ずつ生えてくる時期となります。

見た目はリスみたいになりますが、とてもかわいい時期ですね。

そんな前歯の上下が生えてきた時期には本格的なケアが必要になりますので、お手入れをしっかりとしていきましょう。

この時期のケアの方法としては赤ちゃんように歯ブラシを渡してカミカミさせます。

あと大事なことは「仕上げ磨きをすること」ですので、嫌がっても必ず仕上げはママかパパがしてあげましょう。

4本ずつ生えてくる時期

先ほど紹介をした上下2本から4本にかわってくる時期となりますのでさらにケアに気を使わなければなりません。

歯がこれだけ生えてくるのは1歳を超えてからになるのですが、食べ物が口の中に挟まることがあったり、歯と歯の間に食べ物がはさがってしまうこともあります。

そのため、食後にはお茶で口の中をきれいに。そして寝る前には歯磨きを習慣化していきましょう。

この時期になるとミルクを飲んでいても哺乳瓶からコップへ移行をさせていきましょう。

また、遊び食べやダラダラと食べることもでてきますのでおやつや食事の時間をある程度決めて回数も決めていきましょう。

ちなみに保育園だと食事の時間は長くても30分以内として保育をしてきたので無理強いをして食べさせる必要はありません。

奥歯が生え始める時期

奥歯まで生えてくると歯はしっかりと生えそろってくるので食べ物を口に入れることも多くなります。

奥歯となると溝もあるのでそこに食べかすがはさがったりすることもあるので、しっかりと念入りに歯磨きをしていきましょう。

前歯はまだ唾液の自浄作用できれいにされるのですが、奥歯に食べ物のカスがはいるとなかなかきれいにならない事も多いです。

嫌がることもありますが、奥歯は歯の中でも咀嚼の意味でも重要なのでしっかりと仕上げ磨きを行いましょう。

食後にはお茶を飲ませるなどして清潔にしておき、寝る前には歯磨きの習慣化が必須です。

しかし、自分でもやりたがるので自分でも楽しく歯磨きをさせておき仕上げ磨き用の歯磨きでママが仕上げをしてあげましょう。

嫌がる時の対処法

歯磨きはとても重要です。

歯磨きの開始の時期は赤ちゃんの歯が生え始めた時期になるのですが、それ以外にもママの仕上げも重要です。

もちろん最初に嫌がらせないということは大事なのですがどうしても嫌がってしまうこともあると思います。

そんな時の対処法について書いていきましょう。

嫌がって歯磨きができないとそのまま虫歯などになってしまうためそれは避けたいところ。

そんな嫌がるときの対処法について書いていきましょう。

好きなキャラクターの歯ブラシを用意する

まず、一番手っ取り早く効果を出したいならば好きなキャラクターの歯ブラシを購入してみましょう。

アンパンマンやトーマス、ヒーローものなど何でもかまいませんので、子どもが好きなものを選ばせて歯ブラシをしてみましょう。

私も娘も歯磨きは嫌がることがあったので、一緒にスーパーに歯磨きを買いに選ばせるようにしました。

それ以降は自分で好きな歯磨きを選んでみると気分もかわるのでよいですね。

歯磨き後にシールを張らせる

これはご褒美系のやり方になります。

歯磨きをしたらシールを張れるといううれしさを感じさせられるものですが効果は絶大です。

赤ちゃんや言葉を少し理解する時期には最適な方法です。

寝る前に「歯磨きしよう」というのではなく「今日もがんばってシールはろうか」というと赤ちゃんも嫌がらず喜んで歯磨きに来るようになるので効果は絶大です。

好きな音楽をかける

好きな音楽をかけるというのも1つ。

私の娘はNHKの歯磨きの歌があるのでそれをうたったり、DVDにその番組に動画を見せながら一緒に歯磨きをするということをしていました。

DVDを見せながらに関しては賛否両論あると思いますが、目的は歯磨きの習慣化や嫌がらないようにするための方法なのでまずはそこへ向けてしていくと良いですね。

ママも一緒に歯磨きをする

赤ちゃんや子供だけだと歯磨きを嫌がる場合もあります。

そんなときにはママやパパも一緒に歯磨きをしてみると良いですね。

一人でするのは嫌だけれどもみんなするのならと赤ちゃんや子供も一緒にしてくれるケースも多いです。

タイミングはいつでも良い

歯磨きは大人になっても必ず毎日しなければならないもの。

最初にも書きましたが「歯」は命なので、そこのポイントを抑えてしっかりと歯磨きを習慣化させていきましょう。

歯磨きをするタイミングはいろいろとありますが、夜の寝る前は必須。

他の時間帯に関してはどちらでもよいと思います。

何よりも毎日歯磨きをするという習慣を身につけさせましょう。

虫歯になると大変

歯磨きをしていても虫歯になることはあるのですが、毎日の習慣化で歯磨きをさせることで虫歯になることを未然に防ぐことは可能です。

毎日コツコツと磨いていくことで歯をきれいに保つこともできますし、虫歯を防ぐことにもなりますね。

元保育士としておすすめする歯磨きのタイミングですが夜の寝る前の1回は必須。

それ以外にも甘いものを食べたあとは歯磨きをするほうが良いです。

特にアメやグミなどは食べた後に奥歯のスキマなどに食べかすが挟まっている場合も多いので歯磨きをしておきましょう。

1人知っているのですが、アメを食べながら昼寝をしてしまったのでそのまま寝かせたら起きてから歯の状態が悪化し最終的には全部虫歯になってしまったということもあります。

虫歯菌は甘いものを好むの甘いものを食べた後は歯磨きがベターですが最低でも口の中をきれいにすることを心がけましょう。

赤ちゃんの歯磨きのまとめ

ここでは赤ちゃんの歯磨きのタイミングややり方について書いてきました。

もちろん個人差はあるですが、赤ちゃんの歯が生えたタイミングで歯を磨くのは必須。

そこから習慣化をしていき、大きくなってもきれいな歯を保てるようにしていきましょう。

子供の歯がきれいなまま育つかは最初のママやパパの歯磨きの対応がとても重要となりますので肝に銘じて歯磨きをしていきましょうね。

乳歯から永久歯へと変わるとしても乳歯の歯をきれいに保っておきたいものです。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

スポンサードリンク

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る