サンドイッチのレシピと作り方!ポケットサンドは簡単にできる!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

サンドウィッチはいろんな具材で楽しめる

お好みの具材を挟んだり、季節の具材を挟んだり。

サンドウィッチは、好きな物を好きなように使って作れるパンとおかずのおいしいコンビネーションです。

お弁当に入れたりしてランチに。

ちょっと小腹がすいたときのおやつに。

いつもより豪華な朝ごはんに。

みんなで集まるホームパーティーや持ち寄りパーティーにサンドウィッチが出て来るシーンはかなり多くあります。

今回紹介するのはそんな“サンドウィッチ”の作り方なんですが、普通のサンドウィッチとは少し違った作り方の「ポケットサンド」というサンドウィッチの作り方です。

ポケットサンドを1度知ってしまえば、この方法じゃないと作れなくなっちゃいますよ!

サンドイッチの由来

サンドイッチとはパンにお肉や野菜を挟んだり、のせてある料理のことをいいます。

パンにはさむだけなので誰でも手軽にできる料理として人気を集めていますね。

サンドイッチの誕生の由来にはいろいろとあるのですが、一番有力をされているのは「一八世紀の英国の政治家、第四代サンドイッチ伯ジョン・モンタギュー(一七一八~九二)は、食事の時間も惜しんで賭け事に没頭することがしばしばあった」ため手軽に食べられるものを探していたため。

サンドイッチが誕生をしたと言われています。

サンドイッチのレシピでおすすめはポケットサンド!

ポケットサンドとは、普通のサンドウィッチと違いパンにポケットを作ってはさむサンドウィッチのことです。

サンドウィッチはパンの耳は捨ててしまいますが、ポケットサンドならパンの耳を活用。

パンの耳があるからこそ作れるポケットがとってもいい仕事をしてくれるんです。

ポケットサンドにはメリットが2つ

サンドウィッチの作り方をポケットサンドにすることによって得られるメリットは2つ。2つだけですが、この2つがとっても便利で、

特に子供に食べてもらうにはピッタリなんです。

子供でも食べやすい

ポケットサンドにはたくさんのメリットがあります。

お子さんにサンドウィッチを作ってあげたときはもちろん、自分でサンドウィッチを食べているときも、かぶりついたら具材が反対側から出ちゃった!なんてことはありませんか?

具だくさんなサンドウィッチであればあるほど、具が向こう側から出てしまってこぼれてしまうことがあります。

ワックスペーパーなどを巻いていればまだましですが、そうでないと大惨事になってしまうこともありますよね。

ポケットサンドにすれば、そんな心配は一切なくなります。

反対側から出るという概念がなくなるので、キレイにさいごまでサンドウィッチを食べられるようになりますよ。

お母さんも作りやすい

ポケットサンドは、ポケットを作って入れるだけなので普通のサンドウィッチを作るよりずっと楽に作れるんです。

分厚いサンドウィッチを作ったりするのは、カットするのが大変だったりしますが、そういった心配もありませんよ。

食べてもらいやすく、作りやすいサンドウィッチの作り方なんて、取り入れるしかないですよね!

ポケットサンドの作り方

ポケットサンドがどんなものか、ポケットサンドのメリットがわかったところで、簡単にポケットサンドの作り方を説明したいと思います。

1.サンドウィッチの具とパンを用意する

まずはサンドしたい具材と、パンを用意しましょう。

ポケットサンドを作る場合は、普通のサンドウィッチで使う薄いタイプの物ではなく、なるべく分厚いものを用意するといいでしょう。

分厚いものを使った方が、ポケットを作りやすくなりますよ。

今回用意した具材は卵マヨネーズと無限ピーマンコーン入り。

卵はゆで卵ではなくスクランブルエッグとマヨネーズを合わせて作りました。

ゆで卵を作るより短い時間で作れて、かなり時短できるのでとっても楽チンです。

無限ピーマンの作り方はまた別の記事で紹介しているので、そちらもチェックしてみてくださいね。

関連記事ピーマン嫌いでもバクバク食べる!?“無限ピーマン”のレシピを覚えよう!

2.パンをお好みの大きさにカット

パンをお好みの大きさにカットします。たっぷり具材を入れたかったリ、大きめが好きな場合は半分。

小さくて食べやすいサイズを作るのであれば4つにカットがおススメです。

カットする際は、耳がなるべく半分以上の面を覆っているようにした方が、切れ目をいれやすいですよ。

パンはトーストしてからカットしても作ってからトーストしても、トーストしなくてもOK。

お好みの食べ方を見つけてくださいね。

3.パンの中央に切れ目を入れる

パンをお好みの大きさにカットしたら、つぎはパンに切れ目を入れます。

パンをまな板に置いて、平行に包丁を入れると切れ目を入れやすいですよ。

この時に全部カットしてしまわないように注意が必要。

耳があったほうが、切りすぎる心配がないので安心ですし、耳部分は破れてしまう心配がありませんよ。

4.具材を詰める

切れ目を入れたら具材を詰めましょう。

なるべくたっぷり、ギュッギュと詰めていくのがポイントです。

お好みの具材がたっぷり詰まったらポケットサンドは完成。トッピングをしたい場合は、トッピングをして彩ってあげてくださいね。

ポケットサンドにチャレンジ!

いつものサンドイッチがちょっとだけランクアップする「ポケットサンド」をぜひ皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

サンドウィッチは作りにくいから避けていたという人も、この作り方ならチャレンジできるかもしれませんよ!

おいしくて食べやすいサンドウィッチを作って、みんなを驚かせちゃいましょう。

持ち運びも便利

このポケットサンドの良いところは、下から具材がこぼれにくいという点です。

そのため、気軽にお弁当箱へ詰めて持っていけるという点も魅力となりますね。

小さな子供でもパンだけならば食べやすいですし、アレルギーもなく離乳食が終わっていれば普通にパンならば食べられますので公園へ持っていくお昼ご飯にも最適ですのでおすすめです。

家ではなかなか食べてくれない子供も外へ行くと驚くほど食べてくれることもありますのでそんなときのためにぜひチャレンジしてみましょう。

関連記事公園デビューはいつから?親子で遊べる遊具もチェックしよう

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

kaoruライター

投稿者プロフィール

保育士ライフのライターをしているkaoruです。
1歳と5歳の男の子の二児の母で料理とダイソーをこよなく愛する30代!

子育てって大変なのですが、みんなやっぱり子供が好き!そんな好きのお役に立てるような記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る